東明 高校 大分。 アーチェリー、男女とも東明優勝 大分県高校新人大会

大分東明高校についてです。私は、東明の特奨に受かりました。偏差値が...

東明 高校 大分

概要 [ ] 向陽中学校及び大分東明高等学校は、併設型の中高一貫教育校として、「質の高い教科指導をおこなう」、「コミュニケーション能力を高める」、「社会的な視野の広さを養う」、「豊かな人間性を育てる」という4つの指針のもと、少人数での個別教育を行っている。 教育方針 [ ] 独創性・・精神をそなえた「新たな人材をひらく人材」の育成 沿革 [ ]• 1952年(27年) - 平松商業高等学校設立• 1954年(昭和29年)3月 - 学校法人平松学園創設。 大分平松高等学校設置(商業科・普通科)• 1957年(昭和32年) - 家庭科設置• 1961年(昭和36年)4月 - 工業科(電気科・機械科)設置。 平松中学校設置• 1962年(昭和37年)4月 - 平松中学校を向陽中学校に、大分平松高等学校を大分東明高等学校にそれぞれ校名変更。 工業科(電子科・自動車科)設置• 1964年(昭和39年) - 農業科設置• 1965年(昭和40年)2月 - 衛生看護科設置• 1977年(昭和52年) - コース制設置• 1991年(3年) - 普通科に歯科衛生コースを、商業科に情報処理コースを開設• 2002年(平成14年) - 衛生看護科に衛生看護専攻科を設置し、5年一貫看護師養成課程開始。 看護教養科医療系進学コースを設置• 2006年(平成18年)4月 - 向陽中学校を再開(向陽中学校と大分東明高等学校を併設型中高一貫6年制とする)• 2009年(平成21年)4月 - 大分東明高等学校商業科の商業・介護福祉コースが介護福祉士養成課程の指定を受ける 設置形態 [ ]• 向陽中学校• 大分東明高等学校• 特別進学コース(特別奨学生・向陽出身クラスの通称「特々進」と、普通科入試において一定の成績をおさめた「特進」がある)• 準特コース• 普通コース• 国際コース• 歯科衛生コース• 商業・介護福祉コース• 情報処理コース• 5年一貫コース• 看護教養科• 医療系進学コース 教育 [ ] 定期とは別に、「国語基礎力テスト」、「英語基礎力テスト」、「数学基礎力テスト」(理数系のみ。 特進クラスでは文理関係なく受ける)というテストが存在する。 通称「国基」、「英基」、「数基」。 成績優秀者は廊下に張り出される。 朝のでは英語の単語テスト(通称朝単)[毎朝]、帰りのホームルームでは古文単語テスト(通称古単)[火・金のみ。 クラスによっては毎日]がおこなわれる。 学年やコースによっては帰りのホームルームに数学(通称"夕数")、英作文、天声人語などをするところもあり、クラス担任によって様々。 女子の制服はによるデザイン。 男子の制服はスーツタイプである。 向陽中学校も東明高校と似た制服であり、通学鞄がある。 高校は女子のみ学校指定の靴。 特別進学コースでは7・8限目があり(平成22年度は9限目を設置したが翌年度より廃止)、土曜にも午前中授業(第1・3・5週のみ)がある。 加えて、夏休み・春休み・冬休みは成績に関わらず補習があり授業を進める。 このように同コースでは授業時間が豊富である。 特別進学コースは成績(主に模試の結果)に基づいてクラス編成を行う。 普通科国際コースではへ1週間の・がある(その他のコースの生徒も参加可)。 また、の高校生と交流する機会や、を学べるなど、国際的に豊かな人材を育てることに特化している。 学校行事 [ ]• 4月 -• 6月 -• 10月 - 向陽祭()• 12月 - 強歩大会• 1月 - 百人一首大会(カルタ大会とも呼ばれ、三学期始業式の日に行われる) 部活動 [ ] 運動部、文化部ともに様々な部活動がある。 特に駅伝、アーチェリー、バトントワリング、吹奏楽は全国レベルである。 また、部活動とは関係はないが、・U-18の選手の受け入れも積極的に行っており、多くのユース所属の選手が在学している。 交通 [ ]• 下車、徒歩約12分• 新川停留所下車、徒歩約2分 高校関係者 [ ]• - 教諭・サッカー部監督。 主な出身者 [ ] サッカー [ ]• - ()、経験者• - プロサッカー選手()、日本代表経験者• - サッカー指導者、元プロサッカー選手(など)• - 元プロサッカー選手(大分トリニータなど)• - プロサッカー選手()• - プロサッカー選手()、日本代表経験者• - 元サッカー選手()• - プロサッカー選手()• - プロサッカー選手()• - プロサッカー選手()、• - プロサッカー選手()• - サッカー選手()• - プロサッカー選手(大分トリニータ)• - プロサッカー選手()• - プロサッカー選手()• - プロサッカー選手()• - プロサッカー選手()• - プロサッカー選手()• - プロサッカー選手()• - サッカー選手()• - プロサッカー選手()• - プロサッカー選手(大分トリニータ)、日本代表経験者• - 元プロサッカー選手(いわてグルージャ盛岡など)• - プロサッカー選手(藤枝MYFC)• - サッカー選手()• - プロサッカー選手(大分トリニータ) その他スポーツ選手 [ ]• - 女子銅メダリスト。 (100 km)世界最高記録保持者。 - 元選手、陸上競技指導者。 - 元フットサル選手(等)、元• - 選手( その他 [ ]• - 俳優・タレント・歌手。 - 俳優。 - アナウンサー。 - ブロガー、エッセイスト。 - YouTuber 脚注 [ ] [].

次の

全国高校駅伝:大分東明 男子、躍進6位入賞 女子、力尽くし17位 /大分

東明 高校 大分

知人に東明高の特奨(つまり特別クラス)を卒業した方がいます。 かなり偏差値も高いですし、特奨に合格することはすごいことです。 上野高と比べて引けを取らないと思います。 むしろ、上野を合格した人でも、特奨に不合格の人もいるくらいです。 質問者さんの気持ち次第だと思います。 たくさんの人たちの中で、切磋琢磨してがんばるほうが向くのか(上高)、少数精鋭で丁寧に先生方から指導されて大学を目指すのか(東明特別クラス)、自分に合っているほうを選べば良いと思いますよ。 ただし、先の方も書いていますが、特進クラスとは違います。 特別クラスのことです。 上野高も良い高校です。 2月16日の奨学生説明会を聞いてから検討してもいいと思います。

次の

大分東明高校についてです。私は、東明の特奨に受かりました。偏差値が...

東明 高校 大分

ついに厚い壁を破った。 全九州高校新人ラグビー大会大分県予選は3日、大分舞鶴と大分東明による決勝が行われ、大分東明が36-5で快勝して悲願の初優勝を飾った。 全国7人制大会などで名を上げてきた東明。 15人制でも舞鶴の牙城を崩し、新人大会28連覇を阻止した。 前半だけで5トライ31点を奪って大勢を決めた。 大分東明の白田誠明監督は「最初の数分間で勝ったと思った」と振り返る。 長く君臨してきた黒衣の絶対王者に、序盤からほとんど主導権を渡さなかった。 フィジー人のNO8セコナイヤ・ブルとCTBジョアペ・ナホの大型選手が好機を演出。 だが、勝因はもちろん個人技だけではない。 SH若松主将、CTB戸高を中心にテンポよくボールを動かし、HO冨田らの突破力を生かした。 焦りからか反則がかさんだ舞鶴に対し、わき出るようなフォローでスペースを突いて優位に攻めた。 「選手が自分たちで考える主体性こそがうちの強み。 練習でも状況判断力を伸ばすことばかりを言って、消極的な動きや意図のないプレーだけは叱ってきた」と白田監督。 留学生の力だけに頼らない試合運びに胸を張った。 この1週間はインフルエンザの蔓延があり、10人が離脱するなど苦労したという。 しかしいざ試合本番になれば、前年のレギュラーが12人残るチームは自信に満ちていた。 試合後も大騒ぎする様子はなく、必然の結果を噛み締めるように喜んだ。 創部40年以上だが、白田監督を2011年に迎え、一気に力を付けた。 運動部寮が整備され、新年を迎えて人工芝グラウンドも完成。 県下随一の私学のバックアップも厚くなってきている。 監督は「チームの力を全国水準にしないといけない。 これから九州大会で揉まれて安定した力を出せるようにしたい」と充実の口ぶりだった。 一方、33年連続で花園に出場し、全国制覇の経験もある大分舞鶴は久々に県予選で苦杯。 HB団など主要ポジションで前年のレギュラーがほぼ抜け、新チームの部員数不足による実戦の乏しさも影響した。 堀尾大輔監督は「東明戦を意識した指導陣の緊張感が選手に伝わってしまったのかもしれない」と責任を背負い、「自信の無さがプレーに表れていた。 時間はあるようでない。 これから試合経験を積み、峠をいくつも越えないといけない」と話した。 試合後のコーチ陣の話し合いは深夜まで続いた。 九州大会は2位で出場するが、かつてない県での大敗に、危機感が募っている。 白田監督は舞鶴の卒業生でもあり、2003年度の花園準優勝時にはコーチとして堀尾監督を支えていた。 「OBとして見るのは複雑だが、切磋琢磨しないと互いにレベルは上がらない」 自信を深めた私立の新鋭がこのまま突っ走るのか、多くのファンが復活を待つ公立の名門が意地を見せ巻き返すか。 対照的な両雄の覇権争いが今後さらに耳目を集める。

次の