じゅらじゅら恐竜。 みいつけた!スイちゃんの新曲は『ドンじゅらりん』作詞・作曲はくるりの岸田繁さん。

【大人向け】「ドンじゅらりん」を50回聴いて、歌詞や恐竜を徹底解説してみました(超長文)|ちがくたす

じゅらじゅら恐竜

「それニセ恐竜だ。 」(グレイ・ミッチェルのセリフより) 「ああ、本物じゃない。 」(ヴィック・ホスキンスのセリフより) 概要 『』シリーズに登場した、にも載っていない たちの手によって人工的に作り出されたの達で、操作によって創られた種族である。 表向きはジュラシック・ワールドの新たな目玉恐竜 観賞用 として創られたが、ホスキンスの話によるとサイズだけではなく、凶暴さ、知性、最新の軍事技術から身を隠せる能力まで備えている等、これまで存在したことのない「 」だと述べている。 なお、同シリーズにおいてはやを始めとする既知の恐竜達も再生の過程で他の現生生物の遺伝子を組み込んで生み出されているものが殆どであるため、ぶっちゃけ本作に出てくる恐竜もとい古代生物はだいたい全てハイブリッドと言えなくもないが、この「ハイブリッド恐竜」というのは、あくまで 太古の恐竜時代に存在しなかった恐竜たちに対する呼称として用いられている言葉である。 なお、3作目『』ではこうしたハイブリッド恐竜は登場しないことが監督から明言されている。 主なハイブリッド恐竜 初代• 名前や見た目通りとのハイブリッド種だが、玩具や『ザ・ゲーム』ではに酷似した頭部になっている。 元々はインドミナス同様ジュラシック・ワールドに登場する予定だったハイブリッド恐竜であり、コンセプトアートもつくられていたが結局ボツとなり、劇中では終盤のPC画面でモブとして映ってたり小説版で名前が出る程度だったが、玩具やゲーム等の他媒体ではデザインが異なるが出番が多い。 また、ゲームではさらにの遺伝子を融合させたスーパーハイブリッド モノステゴトプスが登場する。 アンキロドカス 名前通りとのハイブリッド種。 竜脚類の体型に鎧竜の装甲と頭部、尾のハンマーがついた姿をしている。 『アライブ』では登場しないがの ノドパトサウルスが登場する。 スピノラプトル 名前通りと 『ザ・ゲーム』等では のハイブリッド種。 スピノサウルスの幼体や帆の生えたラプトルのような姿をしている。 『アライブ』では スピノタラプトルという名称で登場するが、大きさや形質が逆転している。 余談 イラストでは、映画やその派生作品とは関係ない、オリジナルの合成恐竜のことを指すこともあるので注意が必要。 関連タグ - 似て非なるもの?実際、は2つの恐竜を合成したキャラクターだったりする。 関連記事 親記事.

次の

みいつけた!「ドンじゅらりん」が配信中です(岸田繁さんのセルフカバーも配信中!)

じゅらじゅら恐竜

恐竜などの古代生物の名前の語尾につくサウルス、ドン、トプスについて 最後に、少し逸れますが、 豆知識的な部分。 恐竜とか古代生物の名前って、よくサウルスとかトプスとかドンで終わりますよね。 これには理由がある。 恐竜の名前は国際的な取り決めで、一定の規則に従って学名がつけられている。 国際動物命名規約と呼ばれる規約があるのだそう。 なので、 全ての名前には意味がある。 そして それはギリシャ語で付けられる。 ティラノサウルスなどの「サウルス」の意味 サウルスはギリシャ語で「 とかげ」という意味。 ちなみに、ティラノサウルスは、ティラノ(支配的)、サウルス(トカゲ)。 つまり、ティラノサウルスは「 支配的なトカゲ」という意味なんです。 トリケラトプスなどの「トプス」の意味 トプスは「 顔」という意味。 ちなみに、トリケラトプスは、トリ(3つの)、ケラト(角の)、プス(顔)。 つまり、トリケラトプスは「 3つの角のある顔」という意味なんです。 プテラノドンなどの「ドン」の意味 ドンはギリシャ語で「 歯」という意味です。 ちなみに、プテラノドンは、プテラ(翼)、 アン(否定)、ドン(歯)。 つまり、「 翼があり、歯が無い」という意味なんです。 これはひっかけですよね、否定が入るなんて。。。

次の

ハイブリッド恐竜 (はいぶりっどきょうりゅう)とは【ピクシブ百科事典】

じゅらじゅら恐竜

「それニセ恐竜だ。 」(グレイ・ミッチェルのセリフより) 「ああ、本物じゃない。 」(ヴィック・ホスキンスのセリフより) 概要 『』シリーズに登場した、にも載っていない たちの手によって人工的に作り出されたの達で、操作によって創られた種族である。 表向きはジュラシック・ワールドの新たな目玉恐竜 観賞用 として創られたが、ホスキンスの話によるとサイズだけではなく、凶暴さ、知性、最新の軍事技術から身を隠せる能力まで備えている等、これまで存在したことのない「 」だと述べている。 なお、同シリーズにおいてはやを始めとする既知の恐竜達も再生の過程で他の現生生物の遺伝子を組み込んで生み出されているものが殆どであるため、ぶっちゃけ本作に出てくる恐竜もとい古代生物はだいたい全てハイブリッドと言えなくもないが、この「ハイブリッド恐竜」というのは、あくまで 太古の恐竜時代に存在しなかった恐竜たちに対する呼称として用いられている言葉である。 なお、3作目『』ではこうしたハイブリッド恐竜は登場しないことが監督から明言されている。 主なハイブリッド恐竜 初代• 名前や見た目通りとのハイブリッド種だが、玩具や『ザ・ゲーム』ではに酷似した頭部になっている。 元々はインドミナス同様ジュラシック・ワールドに登場する予定だったハイブリッド恐竜であり、コンセプトアートもつくられていたが結局ボツとなり、劇中では終盤のPC画面でモブとして映ってたり小説版で名前が出る程度だったが、玩具やゲーム等の他媒体ではデザインが異なるが出番が多い。 また、ゲームではさらにの遺伝子を融合させたスーパーハイブリッド モノステゴトプスが登場する。 アンキロドカス 名前通りとのハイブリッド種。 竜脚類の体型に鎧竜の装甲と頭部、尾のハンマーがついた姿をしている。 『アライブ』では登場しないがの ノドパトサウルスが登場する。 スピノラプトル 名前通りと 『ザ・ゲーム』等では のハイブリッド種。 スピノサウルスの幼体や帆の生えたラプトルのような姿をしている。 『アライブ』では スピノタラプトルという名称で登場するが、大きさや形質が逆転している。 余談 イラストでは、映画やその派生作品とは関係ない、オリジナルの合成恐竜のことを指すこともあるので注意が必要。 関連タグ - 似て非なるもの?実際、は2つの恐竜を合成したキャラクターだったりする。 関連記事 親記事.

次の