農薬 インデックス。 化学物質問題を考える:農薬インデックス

ジマンダイセン水和剤

農薬 インデックス

アグリビジネス業界ニュース/JACOM アグリビジネス業界ニュース サイトを一新 《農薬インデックス》 有 インデックス情報センター(浅野勝司代表取締役、本社:東京都千代田区)の農薬がやさしく調べられる『農薬インデックス』がこのほど、内容を一新した。 新たに新防除技術情報、生物農薬・フェロモン剤、特別栽培農産物を加え、より使いやすくなった。 『農薬インデックス』は、防除に必要な登録農薬をすばやく検索したり、病害虫・雑草防除に関する最新情報をやさしく調べられるウェブサイトとして3年前から情報提供されているが、より一層充実した内容に一新したことから、「農薬の安全使用に関する正しい情報を提供し、農薬を使用する皆様のお役に立ちたい」(浅野代表)に厚味を加えた。 防除薬剤の検索は、クリックするだけで容易に、目的の作物・病害虫・雑草に登録のある農薬を探すことができる。 薬剤は防除に必要で、かつ広く普及している262品目を厳選して搭載した。 また、推奨農薬を選定し、これらの薬剤はより詳細な情報が得られるようになっている。 今回の内容の一新では、「新防除技術情報」として新農薬や新防除技術の紹介を鮮明にした。 また、生物農薬・フェロモン剤の全製品を取りあげていることも大きな魅力。 さらに、特別栽培農産物に使用しても散布回数にカウントされない農薬の紹介も画期的だ。 『農薬インデックス』: (2005.4.6) 社団法人 農協協会 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-1-15 藤野ビル Tel. 03-3639-1121 Fax. 03-3639-1120 Copyright C 2000-2004 Nokyokyokai All Rights Reserved. 当サイト上のすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。

次の

農薬登録申請書様式

農薬 インデックス

農薬とは 他の化学物質等との 日本の農薬使用量 (OECD、2010年報告) 農薬は農業用化学物質であって、医薬品ではありません。 農薬の毒性は比較的よく調べられていますが、それでも不明な点があり、多くの被害が発生しています。 農薬の個々の毒性について記載する余裕がありま せん。 特に子どもの成長との関係に重点を 置いて考えてみます。 この章の多くの部分 は米国NRDCの報告 1 やレーチェル環境保健通信 2 を参考にしました。 農薬は英語で pesticide と言います。 この言葉は本来、 pesti(有害生物) と -cide(殺す) よりできています。 つまり有害生物(昆虫やネズミ・雑草・菌類などのこと)を殺すのを目的とした化学物質を指します。 人間や環境に害がなく、対象とする有害生物にのみ影響を及ぼす農薬の開発が進められていますが、従来の農薬はもちろん、新しく開発された農薬でも十分成功したと言い難い。 この他に、有害生物を直接殺すことを目的としないフェロモン剤や植物の生長を調節する薬剤も農薬に含まれます。 2009年4月15日、米国EPAは農薬の内分泌かく乱影響に関する検討を開始するとして、その農薬の有効成分とそれ以外の成分67種類を発表した。 [] 日本の農薬使用量は世界で飛び抜けて多く、OECD諸国内1位であったが、最近減少傾向を示し、OECDの2010年報告ではようやく韓国に次ぐ2位になった(左欄の日本の農薬使用量を見よ)。 これが一時的でなく、クリーンな農業を目指す歩みになって欲しい。 しかし、「農薬でない」?除草剤等が多量に店頭陳列されている現状を忘れてはならない。 Mott, L. et al. "Our Children At Risk . The 5 Worst Environmental Threats To Their Health", Natural Resources Defense Council, Inc. , 1997. Montague、P.

次の

ジマンダイセン水和剤

農薬 インデックス

農薬とは 他の化学物質等との 日本の農薬使用量 (OECD、2010年報告) 農薬は農業用化学物質であって、医薬品ではありません。 農薬の毒性は比較的よく調べられていますが、それでも不明な点があり、多くの被害が発生しています。 農薬の個々の毒性について記載する余裕がありま せん。 特に子どもの成長との関係に重点を 置いて考えてみます。 この章の多くの部分 は米国NRDCの報告 1 やレーチェル環境保健通信 2 を参考にしました。 農薬は英語で pesticide と言います。 この言葉は本来、 pesti(有害生物) と -cide(殺す) よりできています。 つまり有害生物(昆虫やネズミ・雑草・菌類などのこと)を殺すのを目的とした化学物質を指します。 人間や環境に害がなく、対象とする有害生物にのみ影響を及ぼす農薬の開発が進められていますが、従来の農薬はもちろん、新しく開発された農薬でも十分成功したと言い難い。 この他に、有害生物を直接殺すことを目的としないフェロモン剤や植物の生長を調節する薬剤も農薬に含まれます。 2009年4月15日、米国EPAは農薬の内分泌かく乱影響に関する検討を開始するとして、その農薬の有効成分とそれ以外の成分67種類を発表した。 [] 日本の農薬使用量は世界で飛び抜けて多く、OECD諸国内1位であったが、最近減少傾向を示し、OECDの2010年報告ではようやく韓国に次ぐ2位になった(左欄の日本の農薬使用量を見よ)。 これが一時的でなく、クリーンな農業を目指す歩みになって欲しい。 しかし、「農薬でない」?除草剤等が多量に店頭陳列されている現状を忘れてはならない。 Mott, L. et al. "Our Children At Risk . The 5 Worst Environmental Threats To Their Health", Natural Resources Defense Council, Inc. , 1997. Montague、P.

次の