ドラクエウォーク メガモンスター 参加者確認。 【ドラクエウォーク】メガモンスター討伐の攻略と報酬まとめ【どこでもメガモンの仕様】

【こーの『ドラクエウォーク』ぷれい日記】お家で『DQ3』イベントを楽しみつつ、「伝説の勇者装備ふくびき」で王者の剣を狙ってみた!

ドラクエウォーク メガモンスター 参加者確認

メガモンスター「ゾーマ」の攻略について メガモンスター「ゾーマ」は 現在1日2回の出現です。 <1回目> 予兆発生:午前10時~午前11時の間 出現時間:午前11時~午後2時の間の2時間 <2回目> 予兆発生:午後8時~午後9時の間 出現時間:午後9時~午前0時の間の2時間 メガモンスター討伐には、 「とうばつ手形」か「特別とうばつ手形」が必要となります。 「討伐手形」: 1日1回ゴールド500で交換できて最大10個所持可能。 「特別とうばつ手形」: 100ジェムで交換できる。 メガモンスター「ゾーマ」討伐の困ったこと 実は、スラミチお助け団以外の参加者が4人以上いる場合、 下記のパーティー編成で可能でした。 つまり、賢者1人でも大丈夫だったのです。 しかも、推奨レベルが上級職50なので、 猛者が多く、 アタッカー3人でも1位をとることは難しかったのです。 <参加人数で変わるゾーマの強さ> ゾーマのHPがスラミチお助け団のみの ソロ討伐の場合はHPが55000に対して、 マックス8人の場合はHPが110000となります。 つまり、参加人数が増えていくに従い、 ゾーマはより強敵となります。 <スラミチお助け団> 文字通りソロの場合は3人となりますが、 参加者が4人以上になると 「スラミチお助け団」はきません。 <当初> ゾーマが出現した初日は、 下記の写真のパーティー編成で臨み、 参加者も猛者ぞろいで アッというまに終了しました。 <3日目以降> 掲示板などでしばしば 「寄生」という文字を目にするようになり、 私が参加する地域でもそれは起こりました。 <6人参加なのに?> ある時、参加者6人という機会がありました。 けれども、ゾーマのHPが一向に減りません。 参加者の攻撃値をみても、多くて1000、 大抵は3桁とか、ひたすらガードをしていました。 これでは賢者1人編成はかなりしんどいです。 特やくそうをいくつか使い、 総ダメージ数が88000超えとなり、1位で終えました。 2位は10000以上でしたが3位は1000台。 ああ、これが掲示板で噂の「寄生」か、と思いました。 実は家族もドラクエウォークをやっていて 基本職レベル40~50のパーティ編成です。 一緒にやっていてゾーマ戦の場合、 2回は全滅して、 ジェムでまた入ってきます。 後半は防御に徹してもいいと言いますが、 防御だけでも耐えることは厳しいレベルです。 なので、攻撃しないでひたすらガードして ゲーム終了まで残ることが可能であることは、 実はそれなりのレベルに達しているという事です。 ならば攻撃すればよい、と思うのですが、 メガモンスターあるあるで 1位よりも2位以下の方が グレードの高い心が入手できる、 ということがあります。 どうやら心狙いで そのようなことをしていると推測できます。 しかもある程度の参加人数の場合です。 ソロの場合は「D」が多いようですが・・。 ちなみに私は初日に複数参加で 1位となって「S」を入手することが出来ました。 最もその後は「D」連発ですが。 従ってソロでも討伐できるように パーティー編成を変えました。 また、討伐の時間も、 開始時間から40分以上経過した時間で行っています。 今は2時間あるので、そうした調整がしやすいです。 既に討伐が始まっている場合は、 進捗状況を鑑みて、 このままお邪魔させていただくか、 一度抜けるかを選択しています。 ソロ討伐でも「スラミチお助け団」がいるので 最長でも10分程度で済みます。 レベルが高くなくても、 出来る範囲で攻撃してほしいと思います。 ぼうぎょのみの参加なら、 「スラミチお助け団」の枠が減ってしまうので、 出来れば遠慮してほしいとも思います。 ゲーム最後まで残ることができるのは、 実は攻撃してもそれなりのレベルや強さがあるのだから、 是非ともその力を発揮してほしいと思う次第です。

次の

ドラゴンクエストウォークとは (ドラゴンクエストウォークとは) [単語記事]

ドラクエウォーク メガモンスター 参加者確認

0以降、 199. 4以降、 12. 5以上 その他• 対応 とが共同開発したで、やなどに代表される、のをもとにしてするとなっている。 観としてはのと々のいるがなんらかのでし、にのが出現するようになった…という設定。 はを救うとしてに出る。 のとがしているため、はにされていたり、などの有名スポットの周りにがたむろしていたり…という間が広がっている。 本作として、のスラミチがの冒険をしてくれる。 の使いとしてにされたスラミチが持つ導きのによって、冒険の行く先を示してくれる。 そしてスラミチはを持っており、でも冒険に役に立つをしてくれる。 (後述の関連より) に発表。 同日に版のを募集し後にが実施された。 に開始。 システム ゲームモード フィールド上で戦う 今作は上の戦うことによりを上げていく。 自体は。 やなどのおなじみの、かえんぎりなどの特技を使い分けたり、さくせんを示したりすることも可。 また上の(以下回復スポット)にすると・を回復させたり・を入手することができ、のをするとウォーくマイレージ(後述)を入手することが出来る。 なおは必ずがとなり、「にげる」を選んでもから離脱することが出来る。 はを進めることで最大四人までに加わる。 の名前や顔はあるがいつでも変更できる。 はにしたりなども可。 また「ウォード」を設定することで一定で移動中に自動でとしたり、・の回復やの入手などができるかいふくスポットを自動で触れたりする。 これにより起動中は画面を見ないままでもをすることができる。 を倒していくと自分のが上がるとともに、冒険者も上がっていく。 冒険者を10にすると上に自宅を設置することができ、冒険者12になるとする事ができる。 登場するはではあるが、DQウォーク最大の特徴として倒したは「図鑑」に登録され、倒した数によって報酬がもらえたり機が解放される。 その為の地域にしか出ない地域限定(例:では「ナイト」では「ももいろ」が登場)や季節限定(に「」が出現)と、コレ要素も兼ねている。 特に地域限定はまれにする「の」(後述)が非常に優秀なので、遠征してでも獲得したいも少なくない。 強敵モンスターに挑む 上のの絵柄に近づくと強敵が姿を現す。 強敵はがあり、最初は1から始まりしていくと敵のが1づつ上がっていく(中のは最大0、は最大)毎に初回報酬が設定されているのと、強敵を倒す毎に討伐が獲得するすることが出来る。 に応じて報酬がもらえる。 なお強敵は序盤のうちはでも倒せるが、中盤あたりから手動での操作になり、終盤ともなれば上級者でも一筋縄では勝てなくなるくらい強くなる。 その為倒すのが理と感じたら強敵のを調整することができ、自分のにあった強敵と常に戦うことができる。 メガモンスターに挑む 冒険者10から参加することが出来る。 で言う所の「」にあたり、最大8人で挑むことが出来る。 参加するには「とうばつ」「特別とうばつ」が1枚必要となる(初めて冒険者10に到達すると報酬で1枚もらえる。 それ以降は交換所で1枚で1日1回交換することが出来る(討伐が購入できるは))なお最大5まで所持することができる。 「特別とうばつ」はの代わりにを使用して購入するが、購入の制限や所持数の制限はない。 はの場所(・施設・ショッピンール・・・)に登場し、が発生している場所が登場の場所となる。 出現時間は登場後分では参加者の攻撃に応じてが表示される。 その為上位に食い込むのが難しかったり、逆に途中参加したに上位を取られてしまう場合がある。 またの場合、終了間際に参加しても自体はが終了しても実施されるが、DQウォークの場合は出現時間が過ぎると、すでにとであっても、終了間際から参加してを開始しても時間が経てば終了となる。 その為の考えで討伐に参加すると痛いにあう可性があるので注意が必要である。 クエスト を進める際にの商店や地などの的地を選び、その場所に実際に足を運ぶことでが進行する。 的地は「導きの」というを使えば地からある程度離れたの場所であればどこでも的地に設定できる。 なお的地の中には私有地や立入禁止の場所、有料施設の中といった場所もあるので、その際は「おき直し」をすることで的地を変更することができる。 メインクエスト このの。 を開放するには「導きのかけら」というが必要になる。 導きのかけらはを倒したり、遠くの場所に設定設定するとかけらを多く手に入る。 5章10話まで解放されている。 サブクエスト 「獲得」「そうび強」「導きのかけら」といった小稼ぎとなる1日1回限定やうで試しにちょうどいい「うで試し」等がある。 これらは初級・中級・上級とが設定されており、同様、遠くの場所に設定するほど導きのかけらが多く手に入る。 イベントクエスト 週末に実施される「週末」をはじめ、期間限定のや記念等がある。 同様、遠くの場所に設定するほど導きのかけらが多く手に入る。 ご当地クエスト 全に定された施設(で言えば・)に訪れるとご当地が解放される。 的地を選びそこに訪れると報酬として「」がもらえる。 は有償で最大5個まで購入することができ、と交換することができる。 ご当地は1に4つ定された場所があり、全にのがありそれを8つのにわけ、1のをすべて集めると「のの置物」が自で集めると「のの置物」がもらえる。 なお、ご当地が定されている場所の中には最北端の地や離といった行くだけで困難な場所(・・町)や入場料が必要な場所(・ といった場所もある。 そうびとふくびき ふきびきについて はや防具を装備できる。 や特技はのに加えての種類によって使えるものが変わってくるため、一つの装備を使い続ければよいというわけでもない。 や防具は装備すると装備品のがそのまま反映される。 DQウォークの装備品はの報酬品・の報酬品・交換所で交換・・・と入手できるが、装備品のおよそ9割近くが「ふくびき」で手に入れることになる。 ふくびきは常時開催中の「SP装備ふくびき」と期間中に開催される「〇〇装備ふくびき」(以下限定装備ふくびき)と2種類のふくびきがある。 どちらも3から5と装備があり、3は・4は・そして入手できるが低い5は色のに入っている。 SP装備ふくびきの注は、単体・全体攻撃に優秀な「」、系が使える「パラ」、生・全体回復が使える「の」、敵単体に攻撃のを放つ「」などがある。 限定装備ふくびきは、期間中に登場するに有効な装備品がナップされる。 直後は・に大を与えられる「装備」、「」ではのをはじめとした「」、からの攻撃にかなりの耐性をもつ「装備」がふくびきに登場し、の心を、この装備を獲得する為に大規模に投資したも少なくない。 そして上記に上げた装備品以外にも様々な装備品を獲得することができ、これらの装備品でを進めていくことにある。 ふくびきはかふくびき券を使用し1回か10連の2種類から選べる。 1回ふくびきを行うのに個・もしくはふくびき券10枚必要で、10連の場合は0個・ふくびき券枚となる。 なおで10連を行った場合、1回毎にに捺印が押され装備10個以外にもやがもらえるほか、連で5装備が1確定、連でされている5装備品がで1つ確定でもらえる仕組みになっている(なおふくびき券で10連やってもに捺印はされないので注意) ・・・とは言っても「ふくびき」とは銘打ってもやはり 式であることに変わりがない為、お当ての装備が何連やっても出てこず、同じ装備品が大量に溜まっていく…というのもである。 ジェムとふくびき券の入手方法 上記で述べたようにふくびきを実施するにはかふくびき券が必要となるが、それらはどこで手に入れるかを下記に記載する。 1、・・で入手する DQウォークにすると「」として・・そしてがもらえる。 またの初回の報酬やのの報酬、のをするとを獲得することができる。 2、図鑑の報酬で入手する 見たことがないに遭遇・倒すと図鑑の報酬としてを10個、そしてそのをの数を倒し図鑑の色が色になれば追加報酬としてが10個獲得することができる。 3、マイレージで交換する DQウォークを初めてすると「マイレージパス」がもらえる。 を割った数・と戦った回数・歩いた歩数によってマイレージがどんどん溜まっていく(1週間で進行度がされる) 溜まったマイレージでふくびき券を1枚()から交換することができ、10連分のふくびき券()も交換することができる。 SP装備ふくびき券のほか、限定装備ふくびき券も交換することができる。 4、有償を購入する でを払いを購入することも出来る。 額によってさまざまなパックが用意されていので、懐の都合に合わせて購入すると良いかもしれないが程々に・・・ なお有償はふくびき以外にも、の追加購入やマイレージパス()を購入する際も有償が必要となってくる。 最低限必要な装備は? 序盤であれば3装備であってもを進めることができるが、序盤の門ともいえる3章10話の「」以降は単体回復では間に合わなくなりする危険があるため、全体回復「いやしのかぜ」が必要になってくる。 その為5「の」「(入手)」4「」「まどろみのこん」「ユグシル」はぜひとも欲しい所である。 また戦の中には「」が大活躍する場面もあるので5「パラ」4「ペンステッキ」「テッキ」「(入手)」も欲しい所ではある。 なおテッキはふくびきではなく、マイレージの交換(0)で交換できるのでふくびきで引き当てられなかった場合は、交換所で入手するのもである。 装備品の強化と限界突破 装備品は強や装備品を使って装備を強化させることが出来る。 強化させると強化に応じてタス上昇・耐性強化・が使えるようになる。 また同じ装備品を重ねることによりさせることが出来る。 させるとやじゅもんを使ったを大きく伸ばすことが出来る。 モンスターのこころ モンスターのこころとは? を倒すとたまに手に入る「」も装備できる。 によって強化されるは基本的にそののに準じた形になる。 はD~Sのがあり、上位にタスの値が高くなったり、耐性や開始時による回復などを取得することが出来る。 そしてSのはテス上昇以外にもを取得することが出来る。 なころはとの相性があり、の色に対応したが装備する事によって、のに12倍の補正がかかる。 またはが設定されており、の数字が高い方が基本は強いとされいる。 ただ装備できるの合計がヤーがもつ最大以下にしなければならない為、強なを装備するには自身のを上げていく必要がある。 モンスターのこころの獲得方法とこころのグレードアップ のは基本上のを倒すとまれにを獲得することが出来る。 そして上に「かくてい」という表示があればそのからを獲得することができ、「高かくりつ」という表示があればそのから約のでを獲得することが出来る。 なおの場合はを獲得できる。 そして同じのが溜まった場合、ップをすることによってのを上げることができる。 ップには同じのが一必要となる為、捨てずに置いておくのが良いかもしれない。 効率的にモンスターのこころを集める方法 のを集める方法の一つとして共有「」がある。 これを使えば自分の周辺のののが確認でき、自ら「かくてい」「こうかくりつ」のが発生している場所を共有することも出来る。 なころを集めるのに注意べき点があり、そのが「」なのか「」なのかで出現すると獲得できるが変わってしまう。 その為共有に載ってるの場所に行っても実際に行ったら違うのだったりする事もある(例として「あくま官」の高かくりつの場所に行ったら「」の高かくりつだったというのがある) 自宅 冒険をある程度上げると自宅を設定できる。 ームみたいなもので、の中に具やを置ける。 他のの自宅を訪れることも可。 自宅ではを手に入れられる。 なお、自宅の場所は設定で他からは選んだ場所より数キロずれた地点で見えるようになったり、全に非表示にすることもできるが、個人の可性もあるので自宅の場所を選ぶのも気を付けるようにしたい。 AR撮影 で倒したは図鑑に登録され、撮を使っていつでもを使った撮ができる。 関連動画 関連リンク• 関連項目•

次の

「フレンドをやめる」と「ブロックする」の違いやブロックするとどうなるか調べた結果【ドラクエウォーク】

ドラクエウォーク メガモンスター 参加者確認

稼働日初日からプレイをしていた 『ドラゴンクエストウォーク』で、今回初めて「メガモンスター」に遭遇、とうばつに成功しました。 とうばつの体験を記しておくことで、これから初めてメガモンスターイベントに参加するプレイヤーの方や、このブログの管理人が2度目以降も倒せるように(!)、「メガモンスター出現からとうばつ成功までの流れ」をまとめておきたいと思います。 間違いに気づかれた場合は是非ご指摘下さい• 「メガモンスター」イベントの流れ• 普段の戦闘との違い• この時にはまだ、どのようなモンスターがとうばつ対象になるかはわかりません。 ~接近中の文字の下に「出現まで xx:xx:xx」の時間表示が示され、実際にイベントに参加されるまでの時間が1秒ずつ減っていきます。 いわゆるカウントダウンですね。 このカウントが「00:00:00」になると次の段階へ。 この段階ではシルエットのみ。 画面をフリックしたり拡大縮小が可能なので、シルエットからどんな種族化が推測できます。 更に「とうばつ開始まで」のメッセージの上に「???」とあります。 「?」の数=文字数なので、ここから「この容姿で3文字の、ドラクエシリーズに出てくるモンスター」だということがわかるでしょう。 この段階ではまだモンスターと戦うことはできません。 カウントダウンは「00:10:00」なので、あと10分辛抱です。 そしてカウントが「00:00:00」になると、さらに次の段階へ。 「とうばつ開始まであと」のカウントダウンは1分です。 この間に、参加可能なプレイヤーが参加してきます(最大8人)。 そして準備が整ったらいよいよメガモンスターとの戦闘へ。 d.戦闘 基本は通常の戦闘(フィールド、クエストボスなど)と同じなので、違うところを箇条書きにします。 ・画面上段 ・上段中央:メガモンスターのHPゲージ。 このゲージを空にすればとうばつ成功 ・右上:メガモンスター戦える制限時間が表示。 ・左上:メガモンスターと戦ってる人数 ・画面中段あたり ・中段右側:他のプレイヤーの行動記録。 ランキングが上位になるほど、とうばつ成功で報酬が豪華になる メガモンスターのHPを0にすると次の段階(とうばつ成功)へ。 総ダメージ数の上位3人が発表されたあと、ランキング報酬が貰えます。 画像はトロルとうばつ・1位のランキングほうしゅう。 画面右下あたりの「参加者一覧」ボタンから、今回参加したプレイヤーキャラクターに対して[フレンド申請]することが可能になっています。 ちなみに今回のトロルとうばつに参加したのは自分を含めてランキングの3人だけなので、今回のトロルのHPは「4871+3342+2294=10507」。 自分も他のプレイヤーも3ケタダメージを与えていなかったので、今回のトロルのHPは「10500ぐらい」と推測できますね。 普段の戦闘との違い ・制限時間 (画面右上に表示されてる。 他のメガモンスターの時は違う時間設定かも? ・全滅した時、ジェムを200こ消費すれば、 HP・MPが全快した状態で 再度とうばつに復帰できる。 今回は1度全滅後に200ジェム消費してなんとかとうばつ成功しました。 このあたりは、自分のパーティの戦力や他の参加プレイヤーとの兼ね合いで200ジェム消費してでもとうばつを成功させるか又は諦めるかの判断が必要そうですね。 どんな準備をすればいいいか(レベル・もちもの) 「メガモンスターと初めて戦うのは不安だ、でも戦うからには必ず勝ちたい、ついでになるべく多くのダメージを与えてなるべく良いほうしゅうをゲットしたい!」という考えはあると思います。 ということで、メガモンスターと戦うときに必要だと思われる準備を考えてみたいと思います。 このレベル以上あれば、他の参加プレイヤーの足を引っ張らないだけの戦力にはなるのではないでしょうか。 ・回復アイテム(持てるだけ) 参加人数が少ない場合は全滅しないで倒すのは難しいです(自分も1度全滅した)。 なので、回復アイテムは持てる上限までもっていった方が良いです。 「交換所」>「ゴールド商品」でHP回復アイテムが販売されているので、事前に購入しておくことをおすすめします。 MP回復アイテムや死んだキャラを蘇生するどうぐである「せかいじゅの若葉」は、フィールドを移動しまくってかいふくスポット(白い*マーク)から出現するまほうの小ビンやまほうのせいすいをコツコツ貯めていくのが一番効率が良いかもしれません。 ・ジェム(全滅時に必要) レベルやアイテムを揃えてメガモンスターとの準備は万端でも、全滅してとうばつできなければ、消費したアイテムが無駄になってしまいます。 このあたりは自分のパーティの戦力や他の参加プレイヤーなどの要素もあるのですが、1度の復活で倒しきれそうな時は200ジェムを消費してしまうのはありだと思います。

次の