じみ ぶ かい と は。 かいの意味

汗じみによる黄ばみには「弱アルカリ性」が効果的! 夏の洗濯術

じみ ぶ かい と は

汗や皮脂に効く洗濯洗剤• 弱アルカリ性の固形石けん• 弱アルカリ性の粉末洗剤• 弱アルカリ性の液体洗剤• 中性の液体洗剤• 酸性の液体洗剤 1から順番に汗や皮脂をよく落とす洗濯洗剤のタイプです。 皮脂よごれの多くを占める「遊離脂肪酸」という成分は、アルカリ性に触れると石けんのような役割に変わり、他の油汚れを抱き込みつつ水に溶けて衣類から剥がれていきます。 この特徴から、汗や皮脂汚れをすっきり落とすには、アルカリ系の洗剤が最適です。 普段は中性洗剤を使っていて、夏場に汗じみが気になるという方は、洗濯洗剤を弱アルカリ性のものに変えるだけで、汗じみによる黄ばみの悩みは劇的に軽減しますよ。 また洗うときは、お風呂の残り湯など40度前後のお湯を使ってすすぎを2回行うと、黄ばみにより効果的なのでぜひお試しください。

次の

じみや

じみ ぶ かい と は

汗や皮脂に効く洗濯洗剤• 弱アルカリ性の固形石けん• 弱アルカリ性の粉末洗剤• 弱アルカリ性の液体洗剤• 中性の液体洗剤• 酸性の液体洗剤 1から順番に汗や皮脂をよく落とす洗濯洗剤のタイプです。 皮脂よごれの多くを占める「遊離脂肪酸」という成分は、アルカリ性に触れると石けんのような役割に変わり、他の油汚れを抱き込みつつ水に溶けて衣類から剥がれていきます。 この特徴から、汗や皮脂汚れをすっきり落とすには、アルカリ系の洗剤が最適です。 普段は中性洗剤を使っていて、夏場に汗じみが気になるという方は、洗濯洗剤を弱アルカリ性のものに変えるだけで、汗じみによる黄ばみの悩みは劇的に軽減しますよ。 また洗うときは、お風呂の残り湯など40度前後のお湯を使ってすすぎを2回行うと、黄ばみにより効果的なのでぜひお試しください。

次の

汗染み(あせじみ)が目立たないワイシャツやズボンある?

じみ ぶ かい と は

スポンサーリンク 汗染み(あせじみ)が目立たないワイシャツある? 汗染みが目立たないワイシャツはあるのでしょうか? ビジネスマンにとって汗染みはとても気になるもの。 時には取引先の担当者の印象を悪くしてしまう事もあります。 だからと言って、夏の暑い時期は汗をかかないわけにはいきませんよね。 実は、汗染みが気になるビジネスマンにおすすめの、 汗染みが目立たないワイシャツというものがあることを知っていますか? それが、汗染み対策用のワイシャツなんです。 汗染み(あせじみ)が目立たないYシャツは生地に秘密が! 汗染み(あせじみ)が目立たないYシャツの見た目は普通のワイシャツと変わりません。 しかし、その生地に秘密が隠されているのです。 生地自体は綿100%で出来ているですが、特殊な織り方で汗が染みないようになっており、なおかつ着心地は抜群。 もちろん綿で出来ているので、 スポンサーリンク 汗染み(あせじみ)が目立たないズボンはあるの? 汗染みが目立たないズボンなんてあるのでしょうか? ビジネスマンといえば、やはり気になるのがワイシャツの汗染みですが、意外と目立っていても自分では気づかないのがズボンの汗染みではないでしょうか? スーツといえば、定番の色の一つがグレー。 そしてグレーは汗染みが目立ちやすい代表的な色ですよね。 確かにズボンはワイシャツほど汗染みは気にならないものの、暑いときはしっかりと汗をかきますよね。 そうすると、自分では気づかないうちにズボンに汗染みがついていて恥ずかしい思いをしたなんて言う事も。 しかも、汗染みができやすいのは熱のこもりやすい股の部分や密着しやすい脇の部分です。 ただ、残念ながら汗染み対策のできるズボンというものはありません。 しかし、夏用の物であれば通気性が良いなどの効果で多少の汗染みを抑えることはできます。 ズボンの汗ジミ対策は、ほかにも• 吸水性の高いインナーを着用する ということでだいぶ抑えられますよ。 まとめ 夏の暑い時期に汗をじっとりとかいてしまうと、気持ち悪さもありますがそれ以上に気になるのが汗染みですよね。 特に仕事の場合、汗染みがあると取引先の相手の方に不快な印象を与えてしまう事も。 そうならないためにも、見た目だけでも汗染み対策をしておく必要があります。 ワイシャツなら、制汗剤を使用したり、思い切って汗染み対策専用のワイシャツを選ぶといいですよ。 そして、意外と気にしていないのがズボンですが、スーツのズボンも汗染みができてしまう事も。 そんな時には、なるべく汗染みが目立つカラーであるグレーの物は避け、制汗剤や汗を吸い取ってくれるインナーなどを上手に活用するようにしましょう。 暑い時期だからこそ、見た目も気分もすっきりとさせたいですね。

次の