アピア グランデージ。 【NEWロッド】グランデージSTD.を購入しました。

堅実な究極の 【アピア】グランデージ [GRANDAGE] 76L STD

アピア グランデージ

グランデージ93MHの特徴 グランデージ STD. 93MHは9. 3ft、MHクラス、重量175gのシーバスロッドです。 定価は31,900円の中価格帯のロッドですね。 ルアー重量は10~45gで、12~14cmクラスのミノーや1オンス級のシンペン等が使いやすそうです。 やや短めのレングスにMHというパワー設定がマニアックな部類に入るロッドですが、落ち鮎パターンなどの秋の リバーシーバスに最適なロッドだと感じて購入しました。 ブランク特性 グランデージのブランク特性としては24t~40tのカーボン素材を使用し、 ナノレジンを含む中弾性カーボンを50%使用しているとの事。 ナノレジンということは、ナノアロイと同様にブランクに含まれる樹脂の性能を向上させて ロッドの破断強度を向上させたカーボンだと推察されます。 それで、残り50%のカーボンのうち、大部分のラインナップで20~30%を 40tの高弾性カーボンで構成されているようです。 つまり、グランデージのロッド特性としては 中弾性ロッドと言えますが、高弾性カーボンの含有率の違いによって粘りや張りといった個性を各ラインナップに与えているものと思われます。 93MHについては、HPを見ると STDシリーズの中で最も張りとシャープさがあるモデルのようなので、 40tの高弾性カーボンが多めに含まれているかもしれません。 一方で、96MHという似たスペックのロッドがあるのですが、ロッド重量が205gと93MHよりも30gも重くなっています。 これはおそらく、96MHは中弾性カーボンをブランクに厚く巻きつける事によって粘りを主眼に置いたブランク設定になっているものと思われ、同じグランデージシリーズでありながらロッド特性は93MHと結構違うのではと推察されます。 下のアピアHPの図を見ても明らかですね。 アピアHPより抜粋(一部加筆) なお、購入前に店頭で93MHとフージンADシリーズと持ち比べてみたのですが、似たようなレングス・パワーのロッドでいくと、ビーストブロウル95MHやジェイルブレーカー92MXの方が硬くて張りが強く感じ、エンゼルシューター96Mと同程度の硬さだと感じました。 ダブルナットシステム リールシート部のリールを止めるナットは、 緩み防止の2重構造になっています(ダブルナットシステム)。 私はヤマガのアーリープラスを使用していて、このロッドもダブルナットなのですが、補助用のナットが安っぽいし締めにくいしで気に入らない構造でした。 ですが、グランデージのダブルナットシステムは、作りがしっかりとしていて 剛性と高級感を感じますし、締めやすいので非常に好感を持ちましたね。 ガイドはオールシングルフット パワー系のロッドなので、バットガイドはダブルフットかと思いましたが、 全てシングルフットです。 ADシリーズでいくとジェイルブレーカー92MXが同様にオールシングルフットですね。 シャープさを優先したのかもしれません。 ガイド径は小さめ グランデージは、他社のロッドと比較するとバットガイドのガイド径が小さめでブランクとの距離も近いです。 慣れない人は小さいと感じるかもしれませんが、アピアのフージンADシリーズも同じ径ですので、アピアの標準的なガイド径と思われます。 ちなみに、ガイドリングはステンレス素材となっているので釣行後の洗浄が欠かせません。 価格帯を考えると、チタンガイドを採用するとコスト的にブランクの質が落ちたり、価格が上がったりするでしょうからステンレスで納得はできます。 実戦投入後のファーストインプレ 以下、リバーで実戦投入した際に感じた印象です。 バランス まず、リール(14カルディア3000:250g)を取り付けてロッドを持った感触を。 175gと一般的なシーバスロッドとしては決して軽くない重量なのですが、 ロッドバランスが良くて持ち重りも感じず、そこまで重さは気になりませんでした。 グランデージは大手のロッドと比較して重さがな~、と感じている方も多いと思うのですが、実釣において重要なのはタックルバランスだと実感しました。 重要なのはスペック上の数値では無く、実釣性能ですからね! キャスト これはもう、クセが無くて本当にキャストがしやすいです。 張りが強すぎてリリースポイントが狭く、眼前にドボンといった様なピーキーさは皆無ですね。 かといってダルさを感じる事も無くて、そこそこ張りがあってシャープに気持ちよくキャストができます。 次に、ルアーの適正重量に関してですが、10g~45gになっています。 このうち、最も適正があるのは15g~30g位のルアーだと思います。 10g前後の軽量ルアーの場合は、ティップに重みが乗りづらいので垂らしを長めに取ってやれば問題なくキャストが可能でした。 また、30gを超える重量級のルアーに関しても、ペンデュラムキャストでしっかりキャストが可能です。 10gちょっとの80mmサイズのシンペンから、177mmで43gのラムタラジャイアントまでロッド1本で快適にキャストできちゃうんですね。 つまり、全体として ルアー重量に対する適正範囲が広く、様々なルアーを使用できる汎用性の高いロッドだと思います。 大体のシーバスルアーをカバーできる感じですね。 感度 必要十分だと思います。 少なくとも同価格帯である手持ちのアーリープラス92XMLより良かったです。 (恐らく)セイゴがショートバイトした際に「ガチン」とかなり硬めの反響を感じたのですが、これは今までに無い感触でした。 この価格帯、中弾性カーボン主体のロッドとしては良い部類ではと思います。 ファイト ファイトに関しては、アピアが謳っている 「よく粘り曲がり込む」という言葉がピッタリです。 初釣行では55cm前後の川ヒラを2匹という釣果でしたが、グイグイと粘りで簡単に寄せる事ができました。 肝心のランカーとのファイトですが、台風後の増水パターンで80cmのランカーをキャッチしました。 私の体感した中では、フッキング直後の ファーストランを止められるという感触ですね。 止めるというよりも、魚を反転させないので結果的にフッキング直後にランしないというイメージでしょうか。 なので、強い流れの中やストラクチャー際でランカーを掛けた際、ファーストランで突っ込まれることなく、ロッド操作で条件の良い場所に誘導しやすいと感じます。 あと、意外だったのが、 50cm以下の小さい魚でも思ったほどバラシが少ないという事です。 このサイズだと、高反発・高弾性なロッドでは曲がらずバラシが増えると思いますが、このロッドは中弾性なのでファイト中にある程度曲がって粘りが効いているのかもしれません。 おわりに 今回入手したグランデージSTD. 93MHですが、 全体の印象としては、粘りと張りの設定が絶妙で クセが無くて非常に扱いやすいパワーロッドだと思います。 ナノレジンを含んだ 中弾性カーボンの粘り強さを基礎として、高弾性カーボンを付加する事でダルさの排除と シャープなテイストを与えたような感じでしょうか。 3万円クラスの価格帯としては、申し分の無い性能のロッドだと思います。 また、ルアー重量の適正範囲が広いので、特殊な条件下を除けばオールシーズン使えるんじゃないかと思う汎用性も良いですね。 アピアのロッドは初めてでしたが、 想像以上に良い印象を受けましたし、使っていて心地良さや安心感があります。 8ft~9ft前半でMHクラスのロッドって幅広い層に使われるロッドではないので、現行品では5万円オーバーのハイエンドロッドがほとんどです。 そんなマニア向けのロッドを私でも手の届くこの価格帯で発売してくれたアピアには本当に感謝ですね。

次の

ロッド

アピア グランデージ

いやぁビックリです。 その28本ですが、3つのカテゴリーに分かれています。 具体的に3つのカテゴリーとは「LITE」「STD. 」「XD」の3つ。 LITEはアジ、メバル、メッキやカマスからクロダイ チヌ まで幅広いターゲットに向き合ったライトゲームロッドのラインナップでその数は6本。 STD. その中には5ピースモデルも2本、またベイトモデルも5本ラインナップされる予定。 実際、グランデージシリーズのロッドを何本か触らせてもらったんだけど、自重の軽さに加えてバランスがイイのか? とにかく持ち重り感がない感じ、で曲がりもスムーズ! で、やっぱり気になる値段ですが…。 STD. モノのよさと値段のバランスを考えると、グランデージはコスパの高いハイスタンダードシリーズといえるかもしれません! さてそんなグランデージの発売予定時期ですが、LITEは2018年秋予定、STD. は2018年4月予定、XDは2018年秋頃予定とのことで楽しみですね! これから各地のフィッシングショーなどで実物を手にする機会が多々あると思うのでぜひ、そのポテンシャルを実際に確認してみては? また、詳しいスペック等の情報などが入りましたら、またお知らせしますね!.

次の

堅実な究極の 【アピア】グランデージ [GRANDAGE] 76L STD

アピア グランデージ

コンテンツ一覧• 今回購入した96MLのメインターゲットはシーバスなんですが様々な魚種に対応できる高い汎用性を持たせたモデルとなっています。 このグランデージシリーズははシーバス以外のターゲットにも対応できるラインナップとなっています。 したがってアピアのHPでは対応魚種がオールジャンルとなっています。 ラインナップ 上記のようにオールジャンルと謳われているようにラインナップ数は46種類!! 多すぎww 大きく分けて4つのカテゴリーがあります GRANDAGE LITE ライトとモデル名に書かれている通り、 主にライトゲームにターゲットを絞ったモデルとなっております。 しかし、そこはグランデージシリーズw高い汎用性を持たせるというメインコンセプトから逸脱することなく、ターゲットは・・・ アジからクロダイ !! 広い・・・太っ腹w lenghs ロッド長 も65から90となってる。 90の長さを持たせていても対応ルアーウエイトは2gから、対応PE径は0. 3~0. 8とSTDモデルの同じロッド長のモデルとはコンセプトの違いは明白ですね。 GRANDAGE STD. 今回購入したSTDモデル。 まあ、 STDとはstanderd スタンダード =標準ということなんでしょうな・・・ 圧巻の23モデルw 多様化が進むシーバスゲームにおいて基本により忠実に、的確なパフォーマンスを発揮するクセのない使用感と軽量感に優れた操作性の高さを追求。 モデルごとに用途・目的に応じた高度な状況対応力を備えることにこだわり、張りとしなやかさの絶妙なバランスを備えた粘り強さを示す。 河川やベイエリアでのシーバスゲームはもちろん、河川・湾奥エリアからサーフ、磯に至る多様なフィールドでショアから狙える様々なターゲットに対応するソルトルアーゲームロッドの代表的なラインナップ アピアジャパンHPより リンク とりあえず私にとっては人生2本目のシーバスロッドでして、 癖のあるセッティングや極端なロッド長や硬度のロッドを選択することに躊躇がありました。 単純にエントリーモデルからミディアムクラスのロッドにグレードアップがしたかったので今回はこのSTDモデルを選択したわけであります。 GRANDAGE XD ショアジギやプラッキングでブリ、カンパチ、ヒラマサなどの 大型青物をターゲットにしたモデルです。 わたし、ショアジギに関しての知識があまりないwいつかはチャレンジしてみようと思っているんですが、今はシーバス一筋なんで今回のこのモデルの解説は割愛しますw 要はショアジギ専用機です! GRANDAGE EXTRA これはグランデージらしからぬ ? 専門性を絞った2機種になります。 マイクロショアジギングに特化したモデルと ミノージャーキングに特化したモデル どちらもスペシャルエディション的な位置づけのモデルですね!!価格もグランデージシリーズの中では同じカテゴリーの別モデルより高めの設定となっています。 GRANDAGEとの出会い 実は当初違うモデルを購入候補に挙げていたんです! それがこちら DAIWA LATEO R ダイワ ラテオR です。 リンク まあ今まで使用していたのがダイワのシーバスハンターXだったので正当なグレードアップをする予定だったんです。 一応、新製品だったし・・・ しかし、その傍らに置いてあったグランデージが無性に欲しくなって、少々予算をオーバーしましたが購入に至りました!! 釣り場の駐車場で記念撮影 ラテオのデザインも好きだったけど、アピア製品っていうのもなんかなんとなく我ながら一つのまあ、、、いいなぁとww 使用感 実釣レビュー まず最初に、、、 このインプレは約2年間使い続けたDAIWAのエントリーモデルの シーバスハンターX96MLとの比較が中心になります。 リンク もっとハイエンドモデルみたいな高級ロッドを使用している方には、 今回のインプレ、あんまり参考にならないと思いますwww さて、グランデージ。 シーバスハンターXと長さ、硬度と同じだったので正直、明白に違いが感じられるか不安だった。 が、使用してみると明らかに違いが見えてきた。 キャスト感はフルキャスト場合、 以前より5m程度距離が伸びた感じがありました。 ただし、軽い力で力を抜いてキャストした場合の飛距離が格段にアップ! おそらく以前のロッド自体の弾性が弱く、腕力でキャストする癖がついていたのだと思います。 しっかりルアーのウエイトをロッドに乗せて、しなりを意識してキャストすると気持ちよく飛んでいきます。 また、 キャストした後のロッドティップのビヨンビヨンビヨンが起こりにくいためライン抵抗が少なくなっていると思われます。 目視にて確認しても確かにこの 収束が速い! この件に関してはかのレッド中村さんが動画の中でもおっしゃっていました。 やっぱりDAIWAのエントリーモデルの方が軽いじゃんwww ちなみにもう一本競合していたdaiwaのラテオR、こちらのスペックは モデル 重量 カーボン含有率 ラテオR96ML 129g 96% ラテオR、軽い!! ラテオRもハイエンドではなくミドルクラスなので やっぱり アピアのロッドは少し重めなのかもしれません! しかし、使用感としてはほとんど重い、使いにくい、って感じはありません。 バランスがいいんでしょうか、それとも4000番台のリールを使用しているので数十グラムのロッドの重さの違いをかき消しているのでしょうかww また、色々観察してみたんです、そしたらシーバスハンターXとの明確な違いを見つけました! ガイド径は小さめ、あと、数が多い! シーバスハンターXの7個に比べてグランデージは9個! ガイドの重さがどれくらいなのかはよく分かりません。 ガイドが多いと多少だと思いますが重くなりますし、ラインに対する抵抗は増える感じがします。 しかし、それにまさるメリットとして ロッドの性能、特にティップと言われるをラインにしっかり伝え、 魚とのファイト中の急激なトルクの吸収力、魚を引き寄せるパワーの効率的な伝達力を高め、やりとりの主導権を握ることができると思います。 10gの樹脂バイブから25gの鉄板までいろいろキャストしてみましたが、キャスト時のラインのリリースポイントは少々ずれてもとりあえず飛んでいきます。 かのFOOJINはこのポイントがシビアで初心者には使用しにくいという話を聞いたことがありますが、グランデージは細かいこと考えなくてもいいw しかもよく飛ぶから無駄なキャストがなくて効率がいい気がします。 かっこええやん!! まあ、釣れるかどうかは別として・・・ 夕まずめタイムが終わりナイトに差し掛かったころに待望のヒット!! サイズはあれでしたが、難なくゲット シーバスロデム初フィッシュはグランデージの入魂でもあったw もう少しサイズの大きいシーバスでのファイト時に真価がはっきされるかもしれませんが、まあMLらしく魚とのやり取りは強引でもなければダルくもなく、全く問題なく遂行できました。 結語 経済的に3人の子持ちパパにはハイエンドロッドは購入が難しいですが、 充分にエントリーモデルとの違いを感じることができるロッドだと思います。 その気になればライトジギングやちょい投げでキス釣りなんかも難なくこなしてしまえる汎用性を兼ね備えたいいロッドだと思います!.

次の