神戸 山口組 山健 組。 【山健組】神戸山口組

“寝返り”山健組・中田組長逮捕で神戸山口組は存続危機|日刊ゲンダイDIGITAL

神戸 山口組 山健 組

来歴 [ ] を源流としている。 三代目山口組(組長・)の若衆・がに結成。 山本はその後、山口組若頭補佐に就任し、に山口組若頭・梶原清晴が海難事故で急逝すると、その後任に就任した。 その際、山本健一と、同じく若頭補佐のによる決選投票が行われ、投票の結果一度は山本広に決定したが、山本健一の直訴により田岡から山本健一が指名された。 田岡の山本健一への寵愛ぶりは有名で、山本健一自身は田岡の後継者と目されながらも田岡の後を追うように病死したが、死後も山本健一の遺志をふまえ、山健組の出身者は山口組の主要ポストに起用されていった。 に四代目山口組組長に就任したは、直参昇格間もない二代目組長を異例の早さで若頭補佐に抜擢した。 渡辺は翌1月、竹中とともに山口組若頭・が暗殺されると、2月に編成された暫定執行部体制の下で後任の若頭に就任し、直参昇格から3年足らずの間に山口組ナンバー2の座まで上ることとなった。 のちに六代目山口組体制においてが直参昇格からわずか4ヶ月で若頭に就任し、この記録を破っている。 に渡辺が五代目山口組組長に就任すると、三代目を継承したの他、会長・ら最高幹部10人が同年のうちに本家(山口組)直参へ昇格、翌90年には桑田と中野が山口組若頭補佐に就任して山健組の勢力を磐石なものにし、山口組内の最大派閥へと押し上げた。 、桑田の懲役7年の判決が確定すると、若頭・会長を組長代行に昇格させ、四代目会長・井上邦雄を後任若頭とする組織改編を行った。 、橋本と前舎弟頭の相談役・会長が本家直参へ昇格し、橋本は山口組若頭補佐に就任した。 同年、を首領に据えた六代目山口組が発足すると、桑田が引退し若頭・井上邦雄が4代目を継承、井上は山口組幹部(「幹部」という名称の役職)に就任した。 同年11月には、舎弟頭・会長と舎弟頭補佐・会長森尾卯太郎が本家直参へ昇格した。 さらに同年12月には、井上が幹部から山口組若頭補佐兼阪神ブロック長に昇格・就任している。 六代目体制下にあっても山口組の最大派閥であり執行部メンバーも輩出しているが、同体制の司忍組長、高山清司若頭がともに出身であることから、山口組内では弘道会の発言力が増してきていた。 、五代目健竜会会長である中田広志が五代目山健組組長として継承した。 山口組離脱・神戸山口組結成 [ ] 2015年8月、山口組六代目司忍組長のの出身母体「」を中心とした組織運営に不満を募らせ、山健組を含む下部団体が離脱に動き始めたことから、山口組執行部側から離脱派の組長10数人が絶縁・破門の制裁処分を受けた。 これを受けて山健組は他の離脱派の団体とともに新団体を組織し、四代目山健組組長井上邦雄が、神戸山口組組長に就任した。 2017年4月30日、山健組の副組長であったが神戸山口組を離脱し、新たにを組織した。 山口組ナンバー2、の出所直前のタイミングである、山健組本部事務所前で弘道会系幹部の手により組員2人が射殺される。 実行役は、現場で殺人未遂容疑で逮捕された。 歴代組長 [ ]• 初代(1961年 - 1982年):(三代目若頭)• 二代目(1982年 - 1989年):(初代会長)• 三代目(1989年 - 2005年):(二代目健竜会会長)• 四代目(2005年 - 2018年):(四代目健竜会会長) 執行部 [ ] 役職 氏名 率いる三次団体 本拠地 組長 中田広志 兵庫県神戸市中央区 若頭 與則和 兵庫県神戸市兵庫区 若頭補佐 中橋勝久 中橋組 長崎県長崎市 若頭補佐 藤森吉晴 二代目松藤組 愛知県名古屋市中区 若頭補佐 水田忠好 三代目村正組 兵庫県姫路市 若頭補佐 物部浩久 三代目 岡山県岡山市中区 その他の組員 [ ] 舎弟 [ ]• 砂子宜優(砂子会 会長)• 和田茂平(和田組 組長)• 藤田一夫(東龍連合 組長)• 疋田春男(疋田組 組長)• 福原辰広(邦楽会 会長)• 山田浩二(愛誠会 会長) 幹部 [ ]• 酒井康夫(酒井組組長)• 西住孔希(邦竜會会長)• 山之内健三(会長)• 橋本憲一(橋本会会長)• 中村啓一(二代目南進会会長)• 池田真吾(池田会会長) 若中 [ ]• 小林 茂(五代目副会長 小林会会長)• 山田光竜(光竜会会長)• 田辺泰之(健竜会若頭)• 岡本朝夫(岡本事務所総長)• 岡田典之 中政組若中• 牧野元義(牧野興業総長)• 松岡昌幸(勢道会会長)• 池田 修(池田総業組長)• 大石真人(大真会会長)• 矢野英昭(二代目本江組組長• 牟田秀次郎(牟田一家総長)• 樺山典正(樺山総業総長)• 金岡英二(金岡組組長)• 竹内正夫(二代目竹内組組長)• 永野一雄(國竜会会長)• 石川正勝(二代目川村会会長)• 元満志郎(二代目安倍組組長)• 亀瀧一朗(亀瀧連合会長)• 野崎秀夫(四代目伊藤会会長)• 松下功(五代目紀州連合会会長)• 福富弘(健仁会会長)• 五十嵐善彦(善盛会会長)• 高山秀樹(高山実業組長)• 笹川啓三(二代目鷲坂組組長)• 石澤重長(石澤組組長)• 出崎勉由(四代目春駒組組長)• 福田康廣(福田組組長)• 斉藤浩一(二代目宮鉄組)• 原重明(三代目今倉組)• 岩崎尚介(二代目道志会会長)• 加茂輝幸(輝侠会会長)• 沖征史(沖征興業組長)• 河合哲男(天網会会長)• 田中勝彦(二代目矢倉会会長)• 菊池右祐(二代目北竜会会長)• 山本實(二代目橘会会長)• 土屋清嗣(二代目兼生会会長)• 関戸政信(二代目太成会会長)• 島田潔希(二代目兼昭会会長)• 坂上明弘(三代目石湊会会長)• 植野雄仁(二代目兼一会会長)• 松岡武(四代目西川会会長 主な出身者 [ ]• 二代目 舎弟頭・浅川一實(総長) - 後に五代目山口組若中• 二代目 若中相談役・松下靖男(組長) - 後に五代目山口組若中• 二代目 若中相談役・杉秀夫(健心会会長) - 後に五代目山口組若中• 二代目 舎弟頭補佐・中野太郎(会長) - 後に五代目山口組若頭補佐• 二代目 舎弟頭補佐・(会長) - 後に六代目山口組若中• 二代目 舎弟頭補佐・松本敏久(松本組組長) - 後に五代目山口組若中• 三代目 舎弟頭補佐・根本辰男(二代目組長) - 後に六代目山口組若中• 三代目 舎弟頭補佐・中村伍男(組長) - 後に六代目山口組若中• 三代目 舎弟頭補佐・鈴木秀具(鈴秀組組長) - 後に五代目山口組若中• 三代目 舎弟・大関大(二代目会長) - 後に五代目山口組若中• 三代目 舎弟・前田英明(二代目北岡会会長) - 後に五代目山口組若中• 三代目 舎弟頭・金澤膺一(金澤組組長) - 後に臥龍会会長、五代目山口組若中• 二代目 若中・井奥文夫(会長) - 後に中野会会長代行、六代目山口組若中• 二代目 若中・岡本久男(岡本組組長) - 後に二代目松下組組長、六代目山口組若中• 三代目 組長代行・(会長) - 後に六代目山口組若頭補佐• 三代目 相談役・太田守正(会長) - 後に会長、六代目山口組若中• 四代目 舎弟頭・(会長) - 後に六代目山口組若中• 四代目 舎弟頭補佐・森尾卯太男(会長) - 後に六代目山口組若中 脚注 [ ].

次の

神戸山口組 宅見組からも移籍が 分裂抗争“禁断の終結条件”

神戸 山口組 山健 組

8月に神戸市中央区で指定暴力団山口組系組員が銃撃された事件で、兵庫県警葺合署捜査本部は3日夜、殺人未遂などの疑いで、指定暴力団神戸山口組の中核団体「山健組」組長、中田浩司容疑者(60)を逮捕。 4日午前3時から山本真一・暴力団対策課長と城垣敦夫・葺合署長が同署で会見した。 主なやりとりは次の通り。 -認否は。 「今後の捜査に支障があるので回答は控える」 -中田容疑者が実行犯か。 「実行犯とみて捜査している」 -逮捕時の中田容疑者の状況は。 「兵庫県警の捜査員が大阪市淀川区で発見。 中田容疑者本人と確認した上で捜査車両まで同行し、逮捕状を緊急執行した」 -大阪で何をしていたのか。 「今後の捜査に支障があるので回答は控える」 -他の組員の関与は。 「捜査中」 -拳銃は押収したのか。 「見つかっていない」 -犯行に使ったバイクや乗り換えたバイクを防犯カメラで追って、中田容疑者と判明したのか。 「山健組」(神戸市中央区)の井上邦雄組長がトップに就き、淡路市にある直系団体「俠友会」事務所を本拠地とした。 分裂の背景には、篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体「弘道会」(名古屋市)を優遇する組織運営や、高額な上納金制度などへの反発があったとされる。 双方の衝突が相次ぎ、警察庁は16年3月に「対立抗争状態」と認定。 兵庫県公安委員会は同年4月に神戸山口組を暴力団対策法に基づく「指定暴力団」とした。 同年末の構成員数は山口組約5200人、神戸山口組約2600人だった。 一方、神戸山口組では17年4月に一部組長らが離脱して「任俠団体山口組」(後に「任侠山口組」に改称)の結成を表明した。 対立は三つどもえの構図となったが、警察庁は「神戸山口組の内紛」との見方を示しており、構成員数は不明。 山口組と神戸山口組が分裂してから約2年間で、双方の衝突は約100件発生。 神戸山口組と任侠山口組の間でも2件の傷害事件などがあったほか、17年9月12日には、神戸市長田区にある、任侠山���組・織田絆誠代表の自宅付近で、代表らが乗った車を神戸山口組の組員が襲撃。 降りてきた任侠側の組員を射殺する事件が起きた。 兵庫県警は17年5月、全部署から構成する「歓楽街緊急対策本部」を設け、その実働部隊として歓楽街特別暴力団対策隊(特暴隊)を発足させた。 「みかじめ料」名目で飲食店などから金を脅し取っていたとして組員を逮捕するなど資金源の遮断にも乗り出している。

次の

神戸山口組 山健組内部方針全容 スローガンから消えた「報復」の文字 (2020年3月14日)

神戸 山口組 山健 組

建造物等以外放火の疑いで逮捕されたのは、 姫路市に住む指定暴力団「神戸山口組」系山健組武神会幹部・八軒丈弥容疑者(41)、 姫路市の建設業・奥所勇也容疑者(31)、 姫路市に住むとび職の少年(17)、 西脇市に住む型枠大工の少年(16)、 姫路市に住む建築業の少年(18) のあわせて5人です。 八軒容疑者らは去年11月、加古川市平荘町磐の農道で、47歳の男性名義のワゴン車1台に放火して全焼させ、集落への延焼などの危険を生じさせた疑いがもたれています。 車は無人で、けがをした人はいませんでした。 警察によると、周辺の防犯カメラの捜査などから5人が浮上しましたが、車の名義人の男性と連絡がつかず、車がどう使われていたのかや農道に置かれた経緯は分からないということです。 警察は、5人が容疑を認めたか否認しているかを明らかにしていません。 (関西テレビ) 神戸山口組武神会は兵庫県姫路市城見台2-1111-372に本部を置く暴力団組織で神戸山口組の3次団体です。 上部団体は山健組です。 さらに燃やした車の所有者の姫路市飾磨区恵美酒の男性(吉田力さん47歳)を殺害して福知山の山中に遺棄したとして神戸山口組の武神会幹部たちが再逮捕されました。 武神会幹部の個人的な金銭トラブルが原因だそうです。 兵庫県加古川市の農道で車が放火され、所有者の男性の遺体が京都府福知山市内の山中で見つかった事件で、兵庫県警は25日、殺人の疑いで、特定抗争指定暴力団神戸山口組直系「山健組」系組員、八軒丈弥(はちけん・たけや)容疑者(41)ら7人を再逮捕し、新たに少年2人を逮捕した。 捜査関係者への取材で分かった。 捜査関係者によると、八軒容疑者らは昨年11月27日夜、同県高砂市曽根町の路上で職業不詳、吉田力(ちから)さん(47)=姫路市飾磨区恵美酒=に暴行を加え、刃物で刺すなどして殺害した疑いがもたれている。 同30日に全焼した吉田さんの車が見つかっていた。 吉田さんは八軒容疑者との金銭トラブルを記したメモを自宅に残して行方不明となり、県警が捜査。 今月4日以降、車の放火に関与した疑いで八軒容疑者らを順次逮捕していた。 その後の調べに、関係者が「遺体を埋めるよう言われた」と供述。 県警は11日に福知山市内の山中を捜索し吉田さんの遺体を発見した。 死因は外傷性ショックだった。 モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。 東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。 7000人以上の女性を幸せにしています。 国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。 心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。 人気記事ランキング• カテゴリー•

次の