コロナ ウイルス ノン アルコール 除 菌。 新型コロナ対策でアルコール消毒 あなたはどこまで除菌してますか: J

コロナウイルスにノンアルコール除菌シートは効果なしですか?Amazon...

コロナ ウイルス ノン アルコール 除 菌

この記事の目次• 消毒用アルコールは基本的に3種類 昨今の新型コロナウイルスの報道でマスクは売り切れ、次は消毒関係もだんだん品薄になってきました。 先日、ポンプ式手指の消毒の中身がなくなり詰め替え用をドラッグストアに買いに行きました。 ところがすでに手指消毒関係の棚はむなしく空間が広がっています。 ポンプ式消毒液のパッケージにアルコールと書いてあったのを思い出して消毒用アルコールが単体で売っていないか見てみました。 蒸留水や傷消毒液の棚にアルコールの500mlのボトルが並んでいます。 イソプロアルコール、エタノール、エタノールIPと3種類置いてあります。 値段を見ると エタノールが980円、エタノールIPが640円、イソプロアルコールが280円 イソプロが群を抜いて安価です。 アルコールだからどれでも同じだろうという安易な考えでイソプロを2つも買ってしまいました。 家へ帰ってポンプ式ボトルに入れようとボトルの成分表をよく見たら成分にエタノールと書いてあります。 イソプロじゃないんだ。 となんだか心配になり消毒用アルコールについて調べてみました。 種類 濃度 特色 価格 エタノール 80%前後 毒性が極めて少ない 平常時500mlで1000円前後 イソプロパノール 50%か70% 若干の毒性があり皮ふには50%器具には70%が使われる 平常時500mlで300円前後 エタノールIP 80%前後 基本的にエタノールと同じだがイソプロパノールが添加物として混入されている 平常時500mlで600円前後 新型コロナウイルスにアルコール消毒が有効なわけ ウイルスには膜状のエンベロープ(外皮)を持つものとノンエンベロープと言って膜を持たないものがあります。 エンベロープはアルコールに弱く容易に破壊されます。 膜が破壊されるとウイルスは不活性化します。 新型コロナウイルスはエンベロープウイルスでそのほかに インフルエンザウイルス、風疹ウイルス、肝炎ウイルス、エイズウイルス、ヘルペスウイルス などが エンベロープウイルスです。 つまりこれらのウイルスはアルコール消毒が有効に働きます。 エタノールとイソプロパノールの違い 毒性 イソプロパノールは脱脂性が強く毒性があるとされています。 したがって70%イソプロパノールが効果はあるのですが市販されているものは50%がほとんどです。 イソプロパノールのエンベロープを持つ新型コロナウイルスに対する効果は50%~70%の間で全く変わらないことが報告されています。 イソプロパノールで手指消毒をするとしばしば肌荒れを起こしたりします。 ですから、70%イソプロパノールは医療現場で器具の消毒に用いられることが多いようです。 また、アルコールは60%を超えると引火性があるので消防法の危険物として扱われます。 スポンサーリンク 効力 イソプロはエタノールより消毒効果が弱いといわれています。 実際、ある種の菌に対してはエタノールより消毒効果が劣ることがわかっています。 しかし、コロナウイルスに対する効果では全く同じだという実験結果があります。 また、エンベロープウイルスにはむしろイソプロ70%の方が効果的であるという報告もあります。 なぜエタノールは高いか 多くの文献で手指や皮ふの消毒用にはエタノールが推奨されています。 できればエタノールを使うことが望ましいのですが何分エタノールとなると価格がぐんと高くなっています。 その原因はエタノールはお酒の成分であるため酒税法が適用されるからです。 その点イソプロパノールは酒税法にかからないため安価になっています。 実は安いエタノールがある そこで考えられたのがエタノールに添加物としてイソプロパノールを含有させたものです。 消毒用 エタノールIPと最後にIPの文字が付いているものはイソプロパノールが添加されているという製品です。 消毒用アルコールに酒税を課税するのはおかしいということから免税措置が行われイソプロパノールが添加物で含有されていれば飲用に転化できないとして免税されるのです。 価格的にはエタノールの半額以下でしかも効果はエタノール単体とほぼ同じです。 アルコール消毒の時間 というわけでイソプロパノールを2本も買って無駄にしたのではないかと心配しましたが、今回の新型コロナウイルスに十分対応できそうなので安心しました。 ところでアルコール消毒はどのようにしていますか? ただアルコールが手につけばそれで消毒された。 ウイルスは死んでしまったと思いがちですね。 実は消毒用アルコールが新型コロナウイルスを無力化するには15秒以上かかるのです。 よく、スーパーの出口においてあるアルコールポンプでアルコールを手に吹きかけすぐハンカチやティッシュでふき取っている方を見かけます。 本当は手洗いの後、アルコールで消毒するのがいいのですがなかなかそうはいきません。 アルコールだけで新型コロナウイルスを無力化するには手にたっぷりと吹きかけそのまま手全体に 強く刷り込むように広げ自然乾燥するまで放っておくことが大事です。 できれば 最低15秒以上、液体が残る程度にアルコールを吹きかけましょう。 しかし今は公的機関でも不足している状態です。 私は歯科医師です。 大変よく調べられているので感心しました。 参考になりました。 ただ少し訂正していただきたいことがありましてメールさせていただきました。 「手にたっぷり吹きかけ軽く刷り込むように広げる」と書かれていますが、必ず「よく刷り込むように」と変えてください。 アルコールはタンパク質凝固作用があります。 ただつけただけでは表面の微生物を殺菌するだけでその深部には到達しません。 ですからよく刷り込むことが大切です。 「できれば15秒も」書き換えてください。 最低15秒です。 私のやった細菌を使った実験では10秒以内では全く効果がありません。 15秒は必要です。 これをしなければアルコールを使う意味がありませんので是非ともお願いいたします。

次の

福岡市 消毒用アルコールがない場合の消毒・除菌について|新型コロナウイルス感染症対策

コロナ ウイルス ノン アルコール 除 菌

こんばんは! 私がしている対策は、「次亜塩素酸」を使っています。 これは、介護現場でも使われていて、ノロウイルス対策に使われているものです。 商品名でいうと「ジアニスト(2. この原液を10倍希釈にして、加湿器にいれて使えば、空間除菌が出来ます。 また、アルコール消毒で手荒れが心配な人にも「次亜塩素酸」はいいですね。 自宅では、5倍希釈にしてスプレー容器に入れて使っています。 手の消毒をしたり、テーブル、ドアノブ等手の触れるところにスプレーしています。 外出時に着ていたコートにもスプレーをすれば、自宅にウイルスを持ち込むこともありません。 あと、市販マスクは花粉やPM2. 5程度は防げますが、0. 1㎛のウイルスは通してしまいますので、あまり意味がありません。 しかし、自身がした咳の飛沫を防ぐのには有効です。 そこで、エアマスクというモノもあります。 首から下げるカードタイプのマスクで、カードからは二酸化塩素が出ているので、1m以内の空間を殺菌してくれます。 私は、外出する時は、市販マスクをして、エアマスクを首から下げています。

次の

新型コロナウイルスに効くアルコールの種類

コロナ ウイルス ノン アルコール 除 菌

この記事の目次• 消毒用アルコールは基本的に3種類 昨今の新型コロナウイルスの報道でマスクは売り切れ、次は消毒関係もだんだん品薄になってきました。 先日、ポンプ式手指の消毒の中身がなくなり詰め替え用をドラッグストアに買いに行きました。 ところがすでに手指消毒関係の棚はむなしく空間が広がっています。 ポンプ式消毒液のパッケージにアルコールと書いてあったのを思い出して消毒用アルコールが単体で売っていないか見てみました。 蒸留水や傷消毒液の棚にアルコールの500mlのボトルが並んでいます。 イソプロアルコール、エタノール、エタノールIPと3種類置いてあります。 値段を見ると エタノールが980円、エタノールIPが640円、イソプロアルコールが280円 イソプロが群を抜いて安価です。 アルコールだからどれでも同じだろうという安易な考えでイソプロを2つも買ってしまいました。 家へ帰ってポンプ式ボトルに入れようとボトルの成分表をよく見たら成分にエタノールと書いてあります。 イソプロじゃないんだ。 となんだか心配になり消毒用アルコールについて調べてみました。 種類 濃度 特色 価格 エタノール 80%前後 毒性が極めて少ない 平常時500mlで1000円前後 イソプロパノール 50%か70% 若干の毒性があり皮ふには50%器具には70%が使われる 平常時500mlで300円前後 エタノールIP 80%前後 基本的にエタノールと同じだがイソプロパノールが添加物として混入されている 平常時500mlで600円前後 新型コロナウイルスにアルコール消毒が有効なわけ ウイルスには膜状のエンベロープ(外皮)を持つものとノンエンベロープと言って膜を持たないものがあります。 エンベロープはアルコールに弱く容易に破壊されます。 膜が破壊されるとウイルスは不活性化します。 新型コロナウイルスはエンベロープウイルスでそのほかに インフルエンザウイルス、風疹ウイルス、肝炎ウイルス、エイズウイルス、ヘルペスウイルス などが エンベロープウイルスです。 つまりこれらのウイルスはアルコール消毒が有効に働きます。 エタノールとイソプロパノールの違い 毒性 イソプロパノールは脱脂性が強く毒性があるとされています。 したがって70%イソプロパノールが効果はあるのですが市販されているものは50%がほとんどです。 イソプロパノールのエンベロープを持つ新型コロナウイルスに対する効果は50%~70%の間で全く変わらないことが報告されています。 イソプロパノールで手指消毒をするとしばしば肌荒れを起こしたりします。 ですから、70%イソプロパノールは医療現場で器具の消毒に用いられることが多いようです。 また、アルコールは60%を超えると引火性があるので消防法の危険物として扱われます。 スポンサーリンク 効力 イソプロはエタノールより消毒効果が弱いといわれています。 実際、ある種の菌に対してはエタノールより消毒効果が劣ることがわかっています。 しかし、コロナウイルスに対する効果では全く同じだという実験結果があります。 また、エンベロープウイルスにはむしろイソプロ70%の方が効果的であるという報告もあります。 なぜエタノールは高いか 多くの文献で手指や皮ふの消毒用にはエタノールが推奨されています。 できればエタノールを使うことが望ましいのですが何分エタノールとなると価格がぐんと高くなっています。 その原因はエタノールはお酒の成分であるため酒税法が適用されるからです。 その点イソプロパノールは酒税法にかからないため安価になっています。 実は安いエタノールがある そこで考えられたのがエタノールに添加物としてイソプロパノールを含有させたものです。 消毒用 エタノールIPと最後にIPの文字が付いているものはイソプロパノールが添加されているという製品です。 消毒用アルコールに酒税を課税するのはおかしいということから免税措置が行われイソプロパノールが添加物で含有されていれば飲用に転化できないとして免税されるのです。 価格的にはエタノールの半額以下でしかも効果はエタノール単体とほぼ同じです。 アルコール消毒の時間 というわけでイソプロパノールを2本も買って無駄にしたのではないかと心配しましたが、今回の新型コロナウイルスに十分対応できそうなので安心しました。 ところでアルコール消毒はどのようにしていますか? ただアルコールが手につけばそれで消毒された。 ウイルスは死んでしまったと思いがちですね。 実は消毒用アルコールが新型コロナウイルスを無力化するには15秒以上かかるのです。 よく、スーパーの出口においてあるアルコールポンプでアルコールを手に吹きかけすぐハンカチやティッシュでふき取っている方を見かけます。 本当は手洗いの後、アルコールで消毒するのがいいのですがなかなかそうはいきません。 アルコールだけで新型コロナウイルスを無力化するには手にたっぷりと吹きかけそのまま手全体に 強く刷り込むように広げ自然乾燥するまで放っておくことが大事です。 できれば 最低15秒以上、液体が残る程度にアルコールを吹きかけましょう。 しかし今は公的機関でも不足している状態です。 私は歯科医師です。 大変よく調べられているので感心しました。 参考になりました。 ただ少し訂正していただきたいことがありましてメールさせていただきました。 「手にたっぷり吹きかけ軽く刷り込むように広げる」と書かれていますが、必ず「よく刷り込むように」と変えてください。 アルコールはタンパク質凝固作用があります。 ただつけただけでは表面の微生物を殺菌するだけでその深部には到達しません。 ですからよく刷り込むことが大切です。 「できれば15秒も」書き換えてください。 最低15秒です。 私のやった細菌を使った実験では10秒以内では全く効果がありません。 15秒は必要です。 これをしなければアルコールを使う意味がありませんので是非ともお願いいたします。

次の