コインランドリー経営 チェーン。 コインランドリー経営を強力サポートする開業支援会社リスト

コインランドリー経営がFC(フランチャイズ)経営に不向きな理由

コインランドリー経営 チェーン

開業前、「最新の設備を揃えた広い店舗で開業すれば近隣の競合を圧倒できる! 」という説明を業者から受けていた諏訪さん。 しかし、実際にオープンしてみると期待は裏切られ、周辺店舗から客を奪うまでには至らなかった。 「よく考えれば、洗濯機や乾燥機が最新で多少性能が良いとしても、旧型と圧倒的な差がつくわけでもありません。 いわば、どんぐりの背比べです。 わざわざ今まで利用していた店舗から乗り換える理由にはならなかったのでしょう。 結局は立地が物を言う商売ということです」 現在も客足は伸び悩んでおり、毎月の売上額は業者予想より3割以上下回った状況だ。 「出店後、認知されて固定客がつくまでには時間が必要という話を聞いていたので、当初の赤字は想定済みでした。 しかし、1年経っても黒字化の目処が立たないとは。 完全に誤算です」 さらに、毎月の経費も重くのしかかる。 「経費で特に大きいのが電気代です。 私の店舗は比較的広く、40Wの蛍光灯が30本取り付けられているので電気代が馬鹿になりません。 さらに空調も24時間稼働させているので、夏場はエアコン代も嵩みがちです。 これからの季節、毎月の電気代だけで10万円を超えます」 業者の事前予想より4割ほど高い経費が、ボディブローのように地味に効いているという。 ただ、諏訪さんにとって幸いだったのが、コインランドリーの赤字を補填してくれる家賃収入を得ている点だ。 アパートからの家賃収入が今の彼にとって精神安定剤のような存在となっている。 今後はテコ入れとして、地域へのビラまき、照明のLED化、アウトソーシング比率の見直しといった、地道な経営改善に取り組むという。 場合によってはテナント料の減額交渉もするつもりだ。 なんとしても年内の黒字化を目指すべく、背水の陣で奮闘している。 オーナーには経営者としての気概や努力が求められる。 諏訪さんのコインランドリー投資、投資家人生に汚点を残すか、きれいに洗い流せるかは、これからの頑張りにかかっている。 <文・栗林篤>.

次の

コインランドリーチェーンについて

コインランドリー経営 チェーン

・ 個人経営:自分自身でコインランドリーを経営する方法 ・ フランチャイズ経営:コインランドリーチェーンのフランチャイジーになって経営を行う方法 ・ 地代収入経営:土地をコインランドリー業者に貸す方法 以下、詳しく説明していきます。 個人経営 自分自身でコインランドリーを経営する方法です。 コインランドリーを設置できる建物を持ち、必要な設備を導入するだけで、簡単にコインランドリーを開業することができます。 コインランドリーの収益源は、コインランドリーを利用した方の利用料なので、多くの利用者が訪れるよう設備や立地をよく検討する必要があるのに加え、開業後は上手に広告していく必要があります。 経営がうまくいけばそれだけ収益は大きくなり、一方で、利用者が少なければ赤字となってしまう可能性もあります。 フランチャイズ経営 コインランドリーチェーンのフランチャイジーになって経営を行う方法です。 フランチャイズサービスに加盟することで、加盟料などの負担はあるにしても、最初から知名度のある状態で始めることができます。 また、コインランドリーの経営にあたっては立地調査や収益計画、店舗レイアウトなどを決める必要がありますが、フランチャイズに加盟することで、これらの作業をフランチャイズ本部に任せることもできます。 地代収入経営 土地をコインランドリー業者に貸す方法です。 全国展開するコインランドリー業者などに、土地だけ貸して賃料を受け取る方法もあります。 コインランドリー事業の成功の有無に関わらず一定の賃料を受け取ることができる一方で、受け取れる賃料は自分で運営するのと比べるとかなり安くなってしまいます。 また、基本的に長期での借地となるため、途中で土地を返してほしいと思っても、簡単には返してもらうことはできない点にも注意が必要です。 所有地がある場合は、周辺の商圏調査を行います。 こうした調査は、仲介業者に依頼することもできます。 開業にどの程度の資金が必要であるかを算出するだけでなく、開業後にどの程度の収益が見込めるかも算出します。 自己資金だけでは足りない場合には、金融機関に融資を依頼するという選択肢もあります。 機器の導入に関しては、購入するかリース(長期レンタル)するかで初期費用や毎月のコストが大きく変わります。 開業後は利用者が快適に利用できるように、定期的に店舗内の清掃や機器のメンテナンスを行うことが大切です。 開業までの大まかな流れは以上です。 個人経営とフランチャイズ経営の違い 【個人経営の場合】 コインランドリーを個人で経営する場合、上記で説明した一連の流れ(土地調査や施工の依頼など)をすべて自分で行うことになります。 経営を行う店舗選びや機器の種類、導入方法を考えるだけでなく、経営にかかるイメージや収支のバランスなど把握しておく必要があります。 「細かな計画を立てるのが好き」「店舗の経営経験がある」「自由に経営したい」と考える方は、個人経営に向いています。 【フランチャイズ経営の場合】 フランチャイズ経営の場合、立地調査や商圏調査、経営にあたってのプランニングは本部に任せることができます。 また、本部にクレームの対応を任せたり、他のフランチャイズ加盟店との情報交換ができます。 個人経営に比べ初期費用がかかりますが、副業で経営する場合など、オーナーの負担をできるだけ軽くしたい人におすすめです。 コインランドリーといっても、必要なのは洗濯機だけではなく両替機や監視カメラなど、必要なものは多岐にわたります。 なお、これらの初期費用を抑えるために設備のリースを受けることもできます。 放置すると、固定客が離れてしまう可能性もあるため、監視カメラを設置し、見つけたらすぐに対処する必要があります。 コインランドリー経営は「そこそこ」、「継続的に」収益を得たいと考えている人にぴったりの副業と言えます。 その中でも、コインランドリーでの洗濯が終わったらメールで知らせるサービスや、プリペイドカードを発行するなど細かなサービスを積み重ねて、リピーターを増やしていく努力を重ねることが大切です。 最近では、洗濯をしている最中に店内で待っている人向けに居心地の良い空間を提供するコインランドリーが増えてきています。 今後、需要が増えていくことも考えると、コインランドリーに適した土地をお持ちであれば検討する価値は充分にあります。 コインランドリー経営に向いている土地 コインランドリー経営に向いている土地として、以下のようなポイントが挙げられます。 ・住宅地(特にアパートがたくさんある土地) ・周辺に大きな商業施設がある土地 ・駐車場まで確保できる広さのある土地 住宅地(特にアパートがたくさんある土地) コインランドリーの利用者は自宅から洗濯物を持ってくる必要があるため、コインランドリーは周辺に多くの住民が暮らしている土地で始めることが基本となります。 また、幹線道路は広告効果が高いものの、利用者にとって洗濯物を運ぶのに手間となることが多く、どちらかと言えば、住宅街の中にある土地の方がコインランドリー向きだと言えます。 周辺に大きな商業施設がある土地 周辺に大きな商業施設があるような土地だと、コインランドリーで洗濯をしている時間に商業施設で買い物するといった使い方が可能となります。 また、買い物のついでにコインランドリーによるといった使い方をされやすくなり、利用者の増加を見込めます。 駐車場まで確保できる広さのある土地 コインランドリーの利用者は車で洗濯物を持ってくるのが一般的で、そのため、一度に多くの利用者に利用してもらおうと思えば、それだけ多くの駐車場スペースを確保することが重要です。 【注意点】都市計画法の「第一種低層住居専用地域」の確認 都市計画の定められる地域では、建てられる建物の種類を定めた「用途地域」が指定されますが、12種類ある用途地域の中でも「第一種低層住居専用地域」に指定された土地では、コインランドリーを開業することができません。 第一種低層住居専用地域は、コインランドリーに適した土地として挙げた「周辺に多くの住民が暮らしている土地」のあるエリアに指定されていることも多いですが、こればかりはどうしようもありません。 「計画を進めたものの、最後になって用途地域が問題でコインランドリーを始められなかった」ということのないよう、最初に確認しておくようにしましょう。 コインランドリー経営の最近の実情 一家に一台洗濯機のある現代なので、コインランドリーを使ったことがないという人も多いです。 一方で、一部の人にとっては、コインランドリーの需要があるのは昔から変わりませんが、その「一部の人」が最近になって変わりつつあります。 コインランドリー利用者の変化 これまで、コインランドリーの利用者は上京したての学生や社会人が主な客層でしたが、今後のコインランドリーの主な利用者として期待できるのは、働くお母さんや外国人利用者です。 働くお母さんにとっては、コインランドリーを利用することで短い時間で洗濯~乾燥が可能になり、外国人利用者にとっては一時的な滞在のお供に利用できます。 JTB総合研究所のインバウンド訪日外国人動向では、2010年には約860万人だった訪日外国人が、2019年には約3,190万人まで上昇しています。 これら、働くお母さんの就業率や訪日外国人数は今後も増えることが予想され、さらなるコインランドリー需要の増加を見込むことができます。 というのも、最近のコインランドリーの利用者は女性客の割合が高くなってきており、そうした需要に合わせて女性客に合わせた清潔でオシャレなスタイルのものも多くみられます。 また、洗濯機の機能も昔のものと比べるとかなり高性能になっており、自宅の洗濯機では取り切れない汚れもコインランドリーならきれいに仕上がるということも少なくありません。 フランチャイズ経営や地代収入経営の場合は、副業に向いています。 これらが軌道に乗り、大きくなってきてから横展開し本業にするという流れが一般的なセオリーです。 収入に関しては、先に書いたとおりですが、大きな収入を見込めません。 長期運営して黒字転換にしていくビジネスモデルです。 労働時間に関しては、従業員を必要としないビジネス形態のため、自由が利きます。 まとめ コインランドリー経営について、最近の動向や2つの経営方式、メリット・デメリットなどについてお伝えしてきました。 コインランドリー経営は、昔からある業態でありながら、今後増えていくことの予想される共働き世帯のお母さんや、訪日外国人を新たなターゲットとしており、これからの新規参入でも成功する可能性はあります。

次の

コインランドリー開業・経営のララドリーム コインランドリーチェーン 栃木県宇都宮市

コインランドリー経営 チェーン

コインランドリーオーナーをお考えの皆さまにフルサポート体制で経営のお手伝い ご自分の時間を有効活用しながら、効果的に資産を増やすビジネスをお考えの方。 コインランドリー経営は、適切な立地であれば高い需要と利益を生み出すことができる、魅力あるビジネスです。 また、専門知識がなくてもご安心ください。 機械のことや洗剤のこと、お店の維持管理や集客方法など、それらのノウハウはすべて弊社がお客様に変わり、サポートいたします。 コインランドリー経営をはじめるにあたり 大型コインランドリーの出店は、全国的に増加傾向にあります。 中には有人店舗として、代行サービスを行ったり、集配サービスまで実施したりと、そのスタイルは様々です。 ドライクリーニングやコイン洗車場、コイン精米機、自動販売機コーナー、コンビニ、食品スーパーとの複合施設としての出店も見られるようになりました。 これまで私たちが思っているコインランドリーに対するイメージは、暗い、汚い、不潔、怖い、不安、家に洗濯機を持たない人や、学生や単身者を利用する場所ではなかったでしょうか? ではなぜそんな施設が増え続けているのでしょうか? それには下記のような理由があると思われます。 コインランドリーが増え続ける理由 その1 利用者の半数以上が家庭の主婦である事実。 それに対応するかのように、明るく、清潔で、快適なコインランドリーが増加している。 その2 不景気、家計費の節約の対策になっていると言う事です 特に大物洗いでは、クリーニング代金と比較し、コインランドリーを利用している。 家庭で洗えないものは、早く安くきれいに自分のものだけで洗いたい。 毛布、こたつぶとん、カーテン、カーペット、シーツ、タオルケット、マット類、羽毛布団、夏掛け布団等の利用が多いようです。 その3 何かと忙しい主婦の方が時間の節約しとしてよく利用していると言う事実 天気が良い日でも乾燥機だけ利用されてます。 また、2〜3日分を大型洗濯機でまとめて洗い、大型乾燥機でまとめて乾燥される方も増えています。 家に乾燥機があるにもかかわらず、時間がかかりすぎるし、電気代も高くついて不経済と言うことで利用される方もある位です。 その4 ふんわりふっくらでスピーディーな乾燥に人気が出ています 2〜3日雨が続くと順番待ちがでる位になります。 また、花粉の時期にも外に洗濯物が干せず、利用者が増える傾向があるようです。 複数のコインランドリーを経営されている理由 売り上げ好調のオーナー様におかれましては、2店舗目から8店舗出店される方も増えております。 それは下記のような魅力があるからではないかと推測します。 その1 出店そのものが、近くにお住まいの方ほど喜ばれ地域貢献型のビジネスとして認められている その2 一等地でなくても出店が可能。 地域密着型のビジネスであり、通りすがりのお客様を対象としていないからです。 その3 毎日確実に現金収入があり、洗濯は日常的なものであり、景気に左右されにくい その4 無人店舗の場合が多く、セルフサービスのため人件費がほとんど不要で、人の問題で頭を抱えることが少ない その5 最新の洗濯設備の導入で、手軽に形ができる。 専門的な知識や特別な洗濯知識は不要です。 どれくらいの利益になるの? 収支シミュレーション コインランドリーの事業収支は立地や運営規模等によって変わりますが、日々現金で利用されるサービスなので、回収漏れなどの心配もなく、確実に売上を上げることのできるビジネスモデルです。 お客様の定着や販売促進によって売上を伸ばしていくことができ、ここ最近の不況にあっても拡大している市場のため、確実な現金収入を得ることができます。 以下に収支モデルとしての例を記載いたしますのでご参考下さい。 立地条件などによっても収支は変わりますので、詳細の試算をご希望の場合はお気軽に弊社までお問い合わせください。 収支モデル・設備投資 2000万円の場合(テナント出店例・立地条件・季節によって変わります) 月間売上 800,000円 600,000円 地代家賃 150,000円 100,000円 水道光熱費 182,000円 136,500円 消耗品 洗剤等 24,000円 18,000円 管理費 本部委託 30,000円 30,000円 通信費 10,000円 10,000円 リース料 10年・設備投資 184,000円 184,000円 経費計 580,000円 478,500円 利益 220,000円 121,500円 コインランドリーの機械の紹介 ほぼ全てのメーカーに対応 ほぼ全てのメーカーをラインナップ(AQUA・TOSEI・山本製作所・エレクトロラックス・岡崎産業など) ララ・ドリームは、ほぼ全てのコインランドリーメーカーと提携しています。 機械の導入から部品の取り寄せまで、全メーカーに対応しているからでこそきるメリットがあります。 オーナー様にとって最善の提案ができ、柔軟な対応ができるのもララ・ドリームの強みの一つです。 お客様自身でメーカを選択することができます。 コインランドリーを経営するにあたって、設備の導入は大きな投資の一つですが、オーナー様自身でもメーカーを選びたいというニーズがあって当然です。 一般的には提携しているメーカーのコインランドリーしか利用できないといったケースがほとんどですが、ララ・ドリームでは、ほぼ全てのメーカーと提携していますので、オーナー様にそれぞれのメーカーの特性や機能、強み弱みなどもご説明することができ、ご納得いただいたメーカーをお選びいただくことができます。 また、既に他社でコインランドリーを経営していて2店舗目、3店舗目を出す際も同じメーカーを利用したいという場合などにも柔軟に対応することができます。 ほぼ全てのメーカーに対応しておりますので、オーナー様に合わせた提案をすることができます。 故障の時でも安心 コインランドリーの部品はメーカーごとに異なる部品が多く、対応していないメーカーの部品を取り寄せようとすると在庫が見つからなかったり、届くまでに時間がかかってしまうことがよくあります。 お店は24時間動いているのに機械が止まっていたのでは、売上に悪影響を及ぼすだけでなく、お客さまからの信頼も損ねてしまう危険性があります。 ララ・ドリームはほぼ全てのメーカーに対応していますので、そのようなことを極力発生させない体制を取ることができます。 万一故障が起きた時でも、毎日のチェックと迅速な対応でリスクを抑えることができます。 私たちが清掃、集客いたします 私たちにお任せください! ララ・ドリームでは、忙しいオーナー様に代わってコインランドリーの店舗を管理する代行サービスも有料にてご用意しております。 管理代行サービスでは、代金回収やトラブルコールなどの他、清掃から機械のメンテナンス、販売促進の支援に至るまで、コインランドリー経営に必要な業務を一貫してサポートする体制で対応しております。 また、女性スタッフが来店するお客様の洗濯を代行する派遣サービスもございます。 梅雨時など忙しい時期へのヘルプサービスとしてご利用いただくことも可能です。 オーナー様が必要とされる業務についてのみご依頼いただくことができますので、必要に合わせ、お気軽にご利用ください。 コインランドリーを利用するお客様はもちろん、オーナー様との信頼関係も共に築きながら、楽しく経営できるコインランドリー経営をサポートいたします。 ララ・ドリーム有人サービスも好評 女性スタッフがお客様の洗濯へアドバイス コインランドリーといえば無人サービスというのが一般的ですが、ララ・ドリームでは店内で女性スタッフがお客様の洗濯について、アドバイスサービスも行っており、ご利用者から好評のお声をいただいております。 主婦の方の利用率が高まっている現在において、お客様の求めているサービスを提供し、喜んでいただく。 それが、お客様の定着につながってきていると実感しております。 オーナー様に対しては有料となるサービスですが、顧客満足による販売促進にもつながり、収益へとつなげることができます。 また、あいさつなどのコミュニケーションがある、いきいきとした空間づくりは、明るく楽しい空間となり、オーナー様の店舗が活性化するばかりか、お客様が毎日洗濯しに行きたくなるようなコインランドリーの誕生にもつながり、コインランドリー業界全体の利用率向上にもつなげることができます。 チェーン本部から女性スタッフを派遣 オーナー様が経営するコインランドリー店へ、有料で元気で明るい女性スタッフを派遣するサービスを行っています。 利用者の多い梅雨時期やセール期間中など、必要な時にご利用いただくことができるので、必要最小限のコストで顧客満足からのリピーターの確保、集客力アップで売上増加につなげることができます。 女性同士のコミュニケーションから広がる楽しい空間づくりもこれからのコインランドリーに必要なものだと考えております。

次の