ライバルズ スタン 落ち。 【ドラクエライバルズ】スタン落ちで影響の高そうなカードまとめ

【コラム】次回のスタン落ちまとめ 複数デッキが消滅

ライバルズ スタン 落ち

皆さんこんにちは!Riomelです。 11月下旬に新弾が発売決定しましたね。 ご了承下さい。 今回は 魔剣士編です! スタン落ちカード一覧 現環境でも見かけるカードが多いですね。 他のリーダーに関しても後日記事にするつもりですが、ピサロが一番影響を受けそう。 エイトピサロがついに終わる…? いつの時代にも一定数いたエイトピサロ。 ずっと強かったのはこの ドン・モグーラがいたからなんですよね。 終盤に爆発的な火力をだせる手段がなくなるのはかなり痛い。 同時に メガトンケイルもスタン落ちするので、ついに見かけなくなるかもしれませんね。 ただ展開力に関しては、一流なので追加されるカードや環境によっては活躍の場面もあるかも。 アグロピサロは壊滅 アグロピサロの代名詞である ゲマがスタン落ちします。 同時に、 邪神の祈りや どくやずきんといった欠かせないカードも使えなくなるので、現状ではバーストダメージを出せる手段が何もなくなります。 デボラピサロ デボラと 黄金兵長の組みあわせで、ピサロナイトを一気に展開するというデッキ。 魔界の磁場がなくなりピサロナイトのバリューが落ちることで、その展開力にも陰りがでそうですね。 ただ、黄金兵長などのピサロナイトシナジーのカードが前弾で多く追加されているので、生き残らせるためにも 代用できるカードが追加されるんじゃないかなと予想しています。 ランプピサロ つかいまがスタン落ちしますが、闇への供物などは残りますし、 最も影響の少なそうなデッキですね。 結局、エビルプリーストがまた流行るのか…!! いかがだったでしょうか??魔剣士は他の職業に比べ多くのキーカードがスタン落ちしてしまうのですが、エビルプリーストがいるのでなんだかんだ見かけそうですね。 新弾で追加されるカードにも期待です! それではまた! Riomel10dq.

次の

【ドラクエライバルズ】スタン落ちで影響の高そうなカードまとめ

ライバルズ スタン 落ち

共通カード• 最も影響が大きいのは「」• 「」や各種5コスト花嫁のスタン落ちで冒険者界隈も大きく変化あり• 「」「」や「」など、優秀な魔王がスタン落ちするので、魔王デッキも弱体化• 「おうえん」カードのスタン落ちでテンション軸のデッキも弱体化• 特殊勝利カードである「」、また各種の地形カードも全てスタン落ち カード名 カード 影響度 説明 「」 A アンルシアデッキや一部のコンセプトデッキが大打撃 くみひもこぞう D 一部の愛好者がいるカード。 「」 C 最近は比較的見かけないが、強いアグロ用カード。 アグロピサロの尖兵。 「」デッキを組む場合も重要なカード。 「」 A 通称ベビパン。 テンション軸の多くのデッキで活用。 「」関係が弱体化 「」 A 特殊勝利カードである「」。 代わりの特殊勝利カード来るのだろうか 「」 C 様々なコンボデッキで使われた違いドローのカード。 アグロピサロも弱体化。 「」デッキも弱体化。 かえんムカデ C 主に奇跡テリーで使われてた全体除去ユニット。 主にゼシカのビアンカコンボがやばかった。 「」 A ゼシカを中心に、様々なデッキで使われていた「12点の女」 「」 B アンククで採用されたりと一部で活躍 「」 B 優秀なメタカード。 「」 C 採用率は低めだが尖った性能を持つ魔王。 「」 B フィニッシャー性能を持つ魔王。 魔王デッキ弱体化 メガトンケイル B エイト軸で使われる大型ユニット 「」 S あらゆるデッキに入ってたボードクリア可能な海パン魔王。 今後は変態盤面をどう返せば良いのだろう。 戦士(テリー)• 「」は「」や「」で大活躍の武器• ミルテリーはデッキタイプ消滅の危機• ネクロバルサ、かえんぎり、剣神などのスタン落ちも辛い。 奇跡テリー辛いぞ カード名 カード 影響度 説明 B 攻撃回数を稼ぐのに非常に便利な武器。 様々なデッキで採用。 かえん斬り B 奇跡テリーの超優秀除去カード ズッキーニャ C 奇跡テリーで採用 剣神の領域 ビッグシールド B 使い勝手が非常に良いダメージ軽減+おうえんカード はじゃのつるぎ C たまに見かける便利な武器 アイアンクック B 耐える系テリーの必須カード A 優秀すぎるにおうだちユニット ダークランサー C 一部のファンデッキで稀に採用されてた。 ネクロバルサ C 奇跡テリーのキーカード的存在。 牙王ゴースネル 貫通4点を出せる優秀な人 おしゃれなバンダナ C 条件付きとはいえ2コスト2ドローの破格な性能。 いくつかのコンセプトデッキで使用されていた。 「」とか。 「」 C 魔王系テリーなら使う。 海パン魔王の色違い 魔法使い(ゼシカ)• またしても氷塊カードが消える• テンション系カードがかなりスタン落ちするので、テンション軸のゼシカは組みにくくなりそう• 共通カードの「」+「」の12点コンボをできなくなる影響も大きい• 「」は殆ど影響を受けない カード名 カード 影響度 説明 スノーモン C また氷塊パーツが消える。 ちなみにフローズンリンクも消える らせんうち C たまに使われる2体除去カード。 これで配置ケアしないで済むようになる。 配置が重視される良いカードだった! B 死亡時に魔法陣を出す効果が強力すぎるユニット 「」 B テンション貯めるのに便利な増え。 「」で基本的に使われてた。 クロックチャージ C コンボ用特技カード。 「」 B 強力な冒険者。 色々なゼシカデッキで細々と採用されてた。 C あまり見かけないが強力なレジェンド。 可愛い メラガイアー C エイト軸で使われるリーサル用特技 武闘家(アリーナ、マルティナ)• 床アリーナ終了• 「はりせんもぐら」スタン落ちは痛いが、今のアリーナなら低コスト帯はまだまだ充実している カード名 カード 影響度 説明 はりせんもぐら A 「入れ得」ユニット とうのへいたい C 床アリーナで重要。 「」 C 最近はあまり見ないが、時間稼ぐのに重要な特技 B 便利すぎる優秀特技 ベスキング C 最近開発中のアグロスライムアリーナとかで採用。 最近見かけないが、やばいカード C 取れなければ死ぬ 「」 C ナーフされたリス。 C 床アリーナのキーカード 僧侶(ククール、セーニャ)• 反転コンボ、床コンボは全カード消滅と言っても過言ではない• 回復コンボ用のカードもいくつかスタン落ち• 「」は「」の無限復活を阻害してでも採用されて居た強カード カード名 カード 影響度 説明 いやしの風 B 回復コンボで超重要なカード。 また貴重な回復カードが消える。 福音の杖 C 最近はあまり見かけないが、回復する杖 テンツク、 C 床ククールの床作成カード 冥界の霧、ましょうぐも、いやしの雨 C 反転コンボカード。 「」 A 最近超使われていた優秀特技。 貴重な消滅カードが B 殺し筆頭。 優秀すぎるドラゴン C 最近見かけないが、スタッツも優秀で反転コンボも魔王デッキも使える人。 A フィニッシャー系女子 占い師(ミネア、ミレーユ)• 各デッキのキーカードにもなっていた「」「」がスタン落ち• じゃんけんデッキはメインカードの「」がスタン落ち• 他にも「愚者」「魔術師」などの優秀な占いカードもスタン落ち カード名 カード 影響度 説明 あばれうしどり B 優秀1コスト。 占い [ B 天啓の紙域を設置可能なドラキー。 A デッキトップ操作の最高峰カード。 B 強力なおうえんカード A あらゆる状況で役立つ超強い特技 C 「」のキーカード A 強力なテンションリンクを持つパワーカード B 様々なコンボが見込めるカード。 ナーフされても強い。 愚者のタロット A 確定除去のお供 「」 C デッキトップを参照するおもしろ能力。 キーカードのコストを0にする使い方とか色々できた。 ライバルズNo1セクシーガール。

次の

DQライバルズスタン落ちカードに贈ることば 第5弾前編

ライバルズ スタン 落ち

『 ドラゴンクエストライバルズ(略称:DQライバルズ)』のスタン落ちする主力のカードと次弾の環境予想についてまとめています。 今回は大きく環境を変えるであろうスタン落ちの主力のカードたちを改めて紹介、そして次弾の環境をライターの「カク」が予想してみました。 スタン落ちしたカードは「グランプリルール」では使えなくなってしまうので、今まで使えていたカードが使えなくなってしまい、環境が大きく変わります。 ラーミア 『DQライバルズ』唯一の特殊勝利カードが遂にスタン落ちします。 ナーフされてから使用率は減ったようにも見えましたが、それでも環境に一定数は必ず存在し、コントロールデッキ泣かせのカードではありました。 第3弾の目玉カードでもあった「ラーミア」がいなくなった次弾の環境は、コントロールデッキが増えるのではないかと予想しています。 また「ラーミア」に続く、新たな特殊勝利のカードが追加されるのかもしれませんね。 ダークドレアム こちらもコントロールデッキ泣かせでもあった第3弾の「ダークドレアム」。 どんな盤面も必ず返すことができるので、アグロデッキ、コントロールデッキ、闘技場とさまざまなところで猛威を奮っていましたが、遂にスタン落ちです。 このカードのスタン落ちによって盤面が一掃される心配がなくなるのは良いのかもしれません。 次弾ではより一層盤面を取り合う意識が大事になってきそうです。 デスタムーア こちらは第3弾のカード「デスタムーア」。 相手を無気力状態にする効果で、対テリーや対トルネコなどさまざまなシーンで使われることが多かったカードもスタン落ちです。 次弾はテンションスキルが最大だと発動できる新システム「れんけい」のカードが実装されますが、これらを封じる手段がなくなるので、個人的には「デスタムーア」のスタン落ちは悲しいです。 新しく進化した別の形態の「デスタムーア」が実装される可能性もそのうちあるかもしれませんね! 第2弾はレア・スーパーレアの影響が大きい 第2弾のカードは主にレアカード、スーパーレアカードの影響が大きそうです。 主にレアカードは「ニードルマン」「あばれうしどり」「つむじかぜ」「ベビーパンサー」「ニフラム」など低コストで優秀なカードが多く、スーパーレアカードは「ドン・モグーラ」「キラーグース」「たたかいのドラム」などフィニッシャーのようなカードがスタン落ちします。 レジェンドレアカードは冒険者が多くスタン落ちするので、冒険者シナジーを持つ「勇者姫アンルシア」などが使いづらくなるのではないでしょうか。 環境予想 コントロールデッキが流行る コントロールデッキでは必須級の「ダークドレアム」、長期戦ほど揃えやすい「ラーミア」のスタン落ちを考えると、やはりコントロール系のデッキが流行るのではないでしょうか。 現環境からスタン落ちしたカードを考えて、影響が少なそうなのが僧侶や魔法使いなので、この辺りが次の環境では強そうですね。 「れんけい」をうまく使えるリーダーが強い 新システム「れんけい」はテンションをMAXでキープしておかないと発動することができません。 なのでテンションを基本は温存しておける僧侶にとっては相性が良いのではないでしょうか。 逆に魔剣士のようにテンションが溜まったらすぐに使うリーダーには、難しい環境になるのではないかと予想しています。

次の