ボルゾイ ブリーダー。 ボルゾイの子犬を探す|専門ブリーダー直販の子犬販売【みんなのブリーダー】

犬のボルゾイ、特徴や性格は?飼うならブリーダー?里親?ペットショップ?値段は子犬と成犬で違う?

ボルゾイ ブリーダー

また、押し付けがましいレクチャーなどが無かったので、聞きたい事も聞けましたし、 こちらのわがままも聞いて頂き、とても感謝しています。 これからも、何か心配な事があればお聞きをしたり、末永くお付き合いが出来そうです。 ボルゾイやダックスを希望されている方に 是非お勧めしたいブリーダーさんです。 排泄のほうもしっかりトイレトレーですることができてうちのこ天才です! 愛情たっぷりで育ち社会化も培われていて素晴らしいと思います。 近々、出産があります。 前回誕生した子達の兄妹になります。 健康で気質の良い子をお探しの方、是非ご検討ください。 素敵なご縁が繋がる事を願っております。 幼少の頃からボルゾイに魅せられ30年。 憧れのボルゾイを手にしてから17年。 ボルゾイ一筋に飼育、繁殖、ドッグショー等、ボルゾイと共に生活をしています。 容姿、性格共に良く、 飼育しやすいボルゾイの繁殖を目指しています。 子犬の犬質についてはもちろんのこと、親犬の健康面・衛生面には十分に留意して、ブリーディングをしておりますので、子犬の健康状態は万全です。 生体を取り扱っているということを強く認識し、徹底した管理をしておりますので、お渡しする子犬には自信を持っております。 優良血統でのブリーディングにより、ドッグショー、訓練等積極的に参加しています。 親犬、親戚犬、兄弟と生活しているので社会性も身に付いております。 新しいご家族の元、幸せに暮らして欲しいので成長過程での不安や心配事等ありましたらしっかりとフォローさせて頂きます。 末長く良いお付き合いができるよう心掛けてまいります。 今回、初めてこちらのサイトに登録しお世話になっています。 繁殖、飼育経験豊富なのでご質問、お問い合わせ等お気軽にご連絡ください。 犬舎見学 引用(外部サイトへ飛びます) こちらのブリーダーは ボルゾイ専門のブリーダーです。 大型犬OKの賃貸物件が見付かるまでお待ち頂けた点、 飼育に関する色々なアドバイスを頂けた点、 お迎えまでの間、画像や動画で近況報告して頂いた点、 ブリーダーさんから子犬を購入した事が無かったので その 対応の細やかさに驚きました。 お迎え時におやつやおもちゃ等まで頂いてしまい感謝しております。 躾も随分入れて頂いていた様子で、賢い子犬でした。 次にこの犬種をお迎えする時にもお世話になりたいと思いました。 この度は素晴らしい出会いをありがとうございました。 犬舎詳細• 犬舎見学:見学 OK• 犬舎所在地:千葉県長生郡睦沢町岩井• 動物取扱責任者:渡辺 義人• 動物取扱業登録番号:18-長健福607-1 (確認済み)• 実際にブリーダーさんとお会いした時も、本当にあたたかい人柄で、犬達の事を大切に思っている気持ちが伝わってきました。 家族に迎えた子犬は、おっとりした顔で……静かにイタズラをしています。 自分の名前は覚えていないのに、ご飯を食べる場所だけはすぐに覚えました(笑) フードをふやかしているとお座りをして、きゅーん…と鼻を鳴らして待っています。 この子のおかげで、 毎日笑いが溢れる家庭になりました。 犬舎見学:見学 OK 見学をご希望のお客様は、予めメールにて• 犬舎所在地:神奈川県相模原市南区大野台• 動物取扱責任者:大石 家世美• 動物取扱業登録番号:相模原市指令 生衛 第200-00102号 (確認済み)• 取扱犬種:スタンダードプードル、ボルゾイ• 出張可地域:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県 対象地域において出張での販売が可能です。 出張手数料と致しまして人件費+交通費(ガソリン代、高速料金等)をご負担いただきます。 対面時に万が一おきに召さなかった場合にはご購入の見送りも可能ですが、出張費用は発生いたしますので予めご了承下さい。 関東地区には4名ボルゾイの優良ブリーダーが居る• 関東地区にボルゾイの専門ブリーダーが1名居る• 2019年5月現在関東地区のボルゾイブリーダーの元に総数で4頭の子犬が在籍している ここまで、見た目もとっても優雅なボルゾイのブリーダーについてお話をさせて頂いてきました。 ボ ルゾイを扱うブリーダーは 決して多いとは言えません。 むしろ少ないと言えるでしょう。

次の

ボルゾイのブリーダー ボルゾイ子犬販売のシルヴィ

ボルゾイ ブリーダー

運動はかかせないが、飼い主とのコミニュケーションも大事。 ボルゾイは、おとなしく優しい性格の持ち主。 ボルゾイは超大型犬なので、なかなか飼いづらいと思っている人がいるかもしれませんが、この超大型犬は一度心を開いた友人に対して最後まで心から信頼を寄せてくれます。 ただ、気まぐれで自分本位のところがあるので、いつも存在感をアピールし続けているラブラドールやゴールデンを愛するタイプの人には向かない犬種です。 あまりにベタベタした関係を望まない人にはぴったりです。 いるだけでその存在を感じるのがこの犬種です。 お互いが快適な関係であったならば、これぼど素敵な家族、姉妹、兄弟、友人はいないでしょう。 ボルゾイの性格は優しくておとなしく、繊細で落ち着いています。 またその一方で、荒々しく気むずかしい性格のボルゾイがいるのも事実です。 ボルゾイは飼い主さんの育て方によって性格が変わってきます。 実際に飼ってみると、意外と甘えん坊だったりもするのです。 おとなしくて優しい性格に育つか、あるいは他人に無愛想で、警戒心を持つようになるかは、飼う人の育て方しだいなのです。 サプリメントとしてビタミン・カルシウム剤を加えています。 さぁ、いよいよ我が家にボルゾイがやってきました。 でも、1日に何回くらい、どのようなものを食べさせれば良いのでしょうか? 健康な成犬のボルゾイならば、1日の食餌回数は2回が適当です。 一定量を2回に分けないと、食べ残すかもしれませんし、たとえ、一度に全部食べたとしても、胃に負担がかかってしまいます。 ドッグフードを与えるなら、やはり保存料や合成着色料などの添加物が入っていない、ナチュラルフードがおすすめです。 とくに原材料に羊肉(ラム、マトン)を使っているものは、アレルギーを起こしにくいとされています。 ドッグフード 健康のことを考えると、やはりナチュラルフードがおすすめ。 ただし、添加物が入っていないだけに酸化しやすいのが欠点です。 できるだけ新鮮なものを選ぶようにしてください。 肉 肉類を与える場合は、脂身の少ないものを選んでください。 新鮮な牛肉、馬肉、羊肉以外は、火を通したほうが無難です。 とくに豚肉はよくボイルしましょう。 魚 火を通し大きな骨をとってから与えましょう。 また、カルシウム不足を防ぐためにも煮干しやシラスなどを加えてもよいでしょう。 野菜 刺激の少ない一般的な野菜(大根、ブロッコリー、カボチャ、イモ、白菜など)を細かく刻み、煮込んでから食べさせます。 乳製品 整腸作用のあるヨーグルトやペット用ミルクなどは毎日のメニューの中に加え、チーズや卵の黄身(卵黄)などは週に1〜2回くらいのペースで、与えるとよいでしょう。 普通の牛乳は脂肪球が大きいため、下痢をする恐れがあるので与えないほうが無難です。 換毛期には、毛がたくさん抜けます。 ブラッシング用にブラシ、コームなどを用意しましょう。 子犬は特に病原菌や寄生虫などがつきやすく、感染すると栄養障害などを引き起こす危険性もあります。 そうした病気を予防するためにも、生後3ヶ月を過ぎるころまでは、月に2回くらいのペースで検便を受けさせるとよいでしょう。 検便やワクチンなどは、動物病院でやってもらえますが、その他にもみなさんが家でできる健康チェック法があります。 まず、ボルゾイのために「健康日誌」を1冊作ります。 そして食欲があるかどうか、体重の変化、体温(耳が熱くないか)、鼻が乾いていないかなどをよく観察し、記録していきます。 こうした日ごろの「観察」によって、異常を早めに発見することができます。 その小さな発見が、大きな病気の早期発見につながっていくのです。 飼う前に知ってほしいこと さて、ボルゾイをみなさんが実際に飼う前に、ぜひ心にとめておいていただきたいことがあります。 みなさんの中で、もし衝動的に「ボルゾイ」を飼いたい!」と思っている人がいれば、次のことをよく考えてください。 飼い主になるためのチェクリスト• ボルゾイの世話に、どのくらい時間をかけられますか?• 飼うスペース(広さ)は、どのくらいありますか? 庭をお持ちのお宅なら、昼間は外に出してあげ、夜は室内に入れて飼うとよいでしょう。 また、マンションにお住まいの方でも、定期的に散歩に連れていけば、飼うことはできます。 ボルゾイのためにどのくらい費用をかけられますか? これはボルゾイだけでなく、どんな犬を飼うにしても大切な問題です。 犬を飼うときにかかる費用としては、少なくとも犬の代金をはじめ、エサ代、エサ入れ、首輪、リード、ゲージなどの代金が必要です。 その他、駆虫薬やワクチンなどの医療費もあります。 犬は病気になったら、それなりの治療費がかかってしまいます。 こうしたお金が犬の一生を通してかかるのです。 もう一度、具体的によく考えてみましょう。

次の

世界トップレベルのホテルと子犬のブリーダー|富里市・ドッグリゾート成田

ボルゾイ ブリーダー

この記事でまとめたこと• ボルゾイの特徴は? ボルゾイはロシア原産でロシアン・ウルフハウントと呼ばれており、オオカミを狩る猟犬でした。 走行能力が非常に優れていて、古くより皇帝や貴族に愛されていた犬種です。 一時は犬種絶滅の危機に陥りましたが、海外の貴族によって復活したといわれています。 スマートで気品のあるボルゾイは、耐寒性に優れ、絹糸のようなウェーブがかかった長毛と、柔らかいアンダーコートが厳しい寒さから身を守ってくれます。 オスで体高(地面から背中までの高さ)71cm、体重は48kgほどが標準といわれていますが、実際にはもっと大きくなる場合があります。 大型犬ゆえ運動は欠かせないので、飼育環境なども十分考慮して飼育してくださいね。 関連記事 ボルゾイの性格は? ボルゾイは大型犬特有の温厚さで飼い主にとても従順であり、物静かで吠えることが少ない犬種です。 見た目の優雅さから自立した性格のように思えますが、甘えん坊でひょうきんな一面があり、飼い主を癒す存在ですよ。 一方で、猟犬としての気質もあるため、他の動物を追いかけるなど、攻撃的な一面もあります。 性格には個体差があり、おおらかで誰とでも仲良くなれるタイプと、警戒心が強く他人には懐かず臆病なタイプに大別できます。 ラブラドル・レトリバーのような「人間大好き、遊び大好き」な性格とは対照的で、「静かに飼い主に寄り添う」タイプの犬種です。 しつけの難易度が高いとされる犬種なので、初心者には不向きかもしれません。 ボルゾイの価格は? ブリーダーから購入する場合、一般的に10~30万ぐらいが相場の目安です。 毛色や模様の配色、血筋や外貌などで値段が変わります。 チャンピオン犬の子犬になると50万ほどで取引されることもあります。 ペットショップは自家繁殖している場合を除いて、仲介業者をはさむためブリーダーよりも高くなる傾向があります。 ボルゾイは、子犬のうちは高値で取引されていますが、成犬になって売れ残ると、その後の扱いが困難になります。 そのため、成犬になりつつあるボルゾイがイベントなどで驚くほど安値で販売されることもありますよ。 価格が安いのはメリットですが、しつけがされていない状態で成犬になったボルゾイを迎え入れると、コントロールが出来ないリスクもあります。 責任を持って飼育ができるか熟考した上で購入するようにしてくださいね。 ボルゾイの販売価格や餌代などはです。 ボルゾイの入手はペットショップよりもブリーダーがおすすめ! 日本ではボルゾイの飼育頭数は少なく、ブリーダーも限られているのが現状です。 ペットショップではなかなか見かけること少ないですし、見つかってもその希少性から適正価格よりも高値で販売されていることが多いです。 優れたブリーダーであれば、ボルゾイの飼育経験、専門知識も豊富で気になることは教えてくれます。 子犬を譲り受けたあとでも気軽に質問できるのも嬉しいですよね。 ボルゾイは個体によって性格もかわるため、親犬や生まれてから今までの様子を聞くこともオススメです。 ボルゾイにおすすめのドッグフードは? カナガンドッグフード ボルゾイには、「カナガンドッグフード」がおすすめです。 カナガンには、 「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」が多く含まれ、自然下により近い理想的なバランスの栄養が配合されています。 穀物や香料・着香料は不使用なので、安心して愛犬に与えることができますね。 ボルゾイを里親から受け入れる場合は? 里親としてボルゾイを受け入れる場合、ある程度の期間がかかると考えておく必要があります。 大量に飼育されている犬種ではないので、里親募集サイトなどでなかなか見つからないからです。 飼い主が病気だったり、亡くなったりなどの事情が多いようです。 タイミングが合えば、良い出会いがあるかもしれません。 主にNPO法人などが積極的に里親探しをしていますので、連絡を取ってみると何か情報があるかもしれません。 ボルゾイは大型犬によく見られる股関節形成不全などの疾患が少なく、丈夫で飼いやすい犬種です。 胃捻転には注意が必要なので、食後の運動などには注意してください。 初心者にはしつけが難しい犬種ですが、プロの手などを借りて挑戦するのもオススメです。

次の