恋愛 プロファイル 診断 twitter。 恋愛心理テスト&診断まとめ あなたの恋愛力をチェック!

Twitterで拡散される”診断ツール”を作りたい人必見!事例から作り方まで解説|ferret

恋愛 プロファイル 診断 twitter

自社アカウントを分析できる公式の無料ツール Twitterが分析ツールとして提供しているのが「Twitterアナリティクス」です。 具体的にはどのような機能が備わっているのかを見ていきましょう。 Twitterアナリティクス Twitterアナリティクスは、Twitterが提供している公式ツールです。 Twitterユーザーであれば誰でも利用できますが、利用可能なデバイスはPCのみです。 利用する際は、まずTwitterにアクセスし、右上のアイコンをクリックします。 そして、出現したプルダウンメニューから「アナリティクス」を選択しましょう。 機能の詳細 ホーム画面 過去28日間におけるパフォーマンスの変動を確認できます。 具体的には、「直近28日間のツイート数」「ツイートインプレッション」「プロフィールへのアクセス数」「フォロワー数」などを確認可能です。 加えて、月ごとの「トップツイート」「トップフォロワー(フォローされている人数が多いフォロワー)」も確認できます。 ツイート これまでツイートしてきた内容すべてについて、インプレッションやエンゲージメントといったツイートアクティビティを把握することができます。 分析する日付の範囲を変更するには、「過去28日間」と記載されているボタンをクリックします。 また、「データをエクスポート」をクリックし、CSV形式のデータをダウンロード可能です。 CSVでダウンロード可能な項目は「ツイートの固定リンク」「ツイート本文」「日付と時間」「インプレッション」「エンゲージメント」「エンゲージメント率」などです。 世帯収入などの統計データに関する算出方法は不明です。 【データの主な項目】 興味関心、世帯収入、職業、純資産、消費者購入スタイル、結婚歴、教育(最終学歴)、携帯電話会社、住宅の名義 【その他項目】 クレジットカード所有者(MasterやVisa、American Express、Discoverの利用者)など イベント Twitter上で話題になっているイベントや映画など、世界中のトレンドを確認できます。 トレンドになっているキーワードを、プロモーションの参考にしても良いでしょう。 詳細 「Twitterカード」「動画アクティビティ」「アプリマネージャー」「コンバージョントラッキング」に関するデータを確認できます。 動画アクティビティでは、Twitterに投稿した動画の再生数や完了率を確認できます。 なお、コンバージョントラッキングを確認するには、ユニバーサルウェブサイトタグの設定が必要です。 自社アカウントを分析できる第三者開発の無料ツール Twitterを分析するツールには、第三者が開発したものもあります。 「自社フォロワーのアクティブな時間がわかる機能」や「自動レポート作成機能」など、Twitterアナリティクスにはない機能が備わっているので、併せて利用し、より詳細に分析しましょう。 Tweriodは、自社アカウントのフォロワーが活動している時間帯を調査できる分析ツールです。 週末・日曜日・月曜日・平日・を選択し、1時間単位でフォロワーの活動している時間をグラフで表示し、比較することができます。 また、フォロワーからのリプライが多い時間帯もわかります。 Tweriodを活用すれば、できるだけ多くのユーザーがTwitterを見ている時間帯を狙い、投稿することが可能です。 Nuzzelは、フォロワーが話題にしているニュースをまとめてチェックできるツールです。 フォロワーがどのようなことに関心を持っているのか、分析するのに役立ちます。 自社アカウントのフォロワーだけでなく、フォロワーをフォローしている人たちについてもチェックできます。 また、ビジネスに関する重要なニュースをメールでお知らせしてくれる機能もあります。 有料プランのほかに、無料トライアルが用意されています。 競合アカウントを分析できる無料ツール Twitterを効率よく運用するには、自社アカウントだけでなく、競合アカウントの分析も重要です。 競合の戦略を把握し、対策を立てましょう。 Twitter IDを入力するだけで、アカウントに関するさまざまなデータを分析できるツールです。 一日のツイート回数やツイートの多い時間帯、ツイート内容の平均文字数、ツイートの間隔(日数)、フォローの状況などを知ることができます。 両思い(相互フォロー)や片思われ(一方的にフォローされているフォロワー)、片思い(一方的にフォローしているフォロワー)といった分類でフォロワーの状況をチェック可能です。 user chartは、Twitterアカウントの特徴や傾向を簡単に分析できるツールです。 主な機能は以下の通りです。 ポジション user chartが解析しているユーザーの中でも、対象のアカウントがどれくらいのポジションに位置するのかを可視化してくれます。 数値が高いほど、レベルが高いことを示します。 発言傾向 Twitter上での発言傾向を分析して表示してくれます。 「ツイート多め」「URL多め」「リプライ多め」「RT多め」という4つの軸があり、発言内容からマッピングされます。 よくつぶやく単語、ブランド 「よくつぶやく単語」では、ツイート内容で頻繁に言及されているキーワードを1位から10位まで把握できます。 「よくつぶやくブランド」では、当該アカウントがTwitterでよく言及しているブランド名が表示されます。 ブランド名をクリックすると、そのブランドについて言及しているユーザーを確認できます。 Twitterのトレンドを分析できる無料ツール Twitterの運用においては、トレンドを把握することも重要です。 ターゲットとしているユーザーのトレンドを把握し、それを意識した内容の投稿を行えば、自社アカウントに興味を示してくれるかもしれません。 ついっぷるトレンドは、「HOTワード」や「画像」「ツイート」など、テーマごとにトレンドをランキング形式で確認できるサイトです。 主なランキングは以下のものが挙げられます。 画像ランキング• HOTワードランキング• ツイートランキング• 有名人ランキング• まとめランキング• ニュースランキング• エンタメランキング 多角的にトレンド情報を取得する上で役立つでしょう。 TwTimezは、「勢い順」「人気順」「新着順」「トレンド」のランキングを確認できるサイトです。 「勢い順」はリツイートされる速さを時速で表し、ランキング化しているものです。 「人気順」では、リツイート数の大きいものから上位に表示されます。 現在注目のツイートだけでなく、過去に反響の大きかったツイートを検索することもできます。 meyou(ミーユー)は、TwitterトレンドやGoogle急上昇ワードなどを一度にチェックできるサイトです。 「企業・メーカー」や「メディア・ニュース・ポータル」「社長・実業家」など、カテゴリーごとに分けて人気のアカウントを確認できます。 Twitterアカウントまとめ一覧では、「新聞・地方新聞のまとめ」「おすすめ仮想通貨のまとめ」など、共通するカテゴリーのアカウントをまとめて把握することができます。 また、プロフィール検索機能を使用し、特定のキーワードが自己紹介文に含まれているユーザーを検索することも可能です。 Twittrendは、東京・大阪・札幌など主要な都市ごとに分けて、ツイートによく含まれているキーワードやハッシュタグを確認できるサイトです。 日本国内だけでなく、海外の都市を選択することも可能です。 都市ごとに、現在・1時間前・3時間前・6時間前・12時間前・24時間前・2日前・3日前の8つの区分で調べることができます。 Trends24は、指定した地域のトレンドを1時間ごとに最大24時間前まで調査できるサイトです。 日本は東京、横浜、千葉、仙台、大阪など、日本全体を含む22エリアをチェックできます。 地域を指定すると、そのエリアでよくツイートに含まれているキーワードやハッシュタグを10個表示してくれます。 日本国内の主要都市だけでなく、世界中のトレンドをチェックすることができます。 Twitterのトレンド機能 特別なツールを使わなくても、トレンド情報をすぐに把握できるのがTwitterのトレンド機能です。 ツイートに使用されている回数が多いキーワードやハッシュタグがピックアップされるため、Twitter上でリアルタイムに話題となっている事柄を知ることができます。 デフォルトの設定では、フォローしているアカウントや位置情報などをもとにトレンドが表示されますが、特定の地域を選択して表示させることも可能です。 人気のハッシュタグを分析できる無料ツール Twitterでツイートする際に記載するハッシュタグは、ツイートを拡散させる上で重要です。 どのようなハッシュタグが人気であるかを把握し、ツイートに記載してみましょう。 HASHTAGIFYは、指定したハッシュタグが含まれているツイートや、そのハッシュタッグへの関連性が強く、影響力のあるアカウントを調べられます。 指定したハッシュタグが含まれているツイートの数を先月分と比較したり、特定の地域のハッシュタグに関するランキング(1カ月分)をチェックしたりすることも可能です。 TweetReachは特定のハッシュタグについて分析し、データを表示してくれます。 リーチ数やツイート数などをチェックすることができるので、使用したいハッシュタグの影響力がわかります。 また、ハッシュタグだけでなく、アカウント名やキーワードを入力して調査することも可能です。 Hashflagsでは、現在使用できるハッシュフラッグを確認することができます。 ハッシュフラッグとは、特定のハッシュタグに期間限定で付けられる絵文字のことを指します。 特定のイベントや話題を盛り上げるために、Twitterが設定しています。 そのため、どのハッシュタグを使用するとハッシュフラッグが付くかは、Hashflagsを利用して確認すると良いでしょう。 Twitterを分析できる有料ツール 有料のTwitter分析ツールには、どのような機能が備えられているのでしょうか。 ここでは、Twitterを分析できる有料ツールをご紹介します。 Social Insightは、株式会社ユーザーローカルが提供している有料ツールです。 主に「クチコミ傾聴分析」 「SNSアカウント分析」 「投稿管理・ソーシャルCRM」といった3つの機能を備えています。 Twitterに関しては、自社アカウントの発言状況やフォロワーの増減状況を記録できるほか、競合アカウントのフォロワー数や発言数の推移を調べることも可能です。 料金 料金プランの詳細については、会社情報を入力するとPDFデータをダウンロードできます。 株式会社朝日新聞社やキッコーマン株式会社、日本コカ・コーラ株式会社など、日本の大手企業も導入しているツールです。 Firehose契約を締結しているため、アメリカのTwitter社が提供する、すべてのツイートデータをリアルタイムで取得できます。 アメリカの特許を取得している独自アルゴリズムを利用したセンチメント分析や、時系列推移の分析、インフルエンサー分析、頻出ワード分析、関連性(クラスター分析)、トピック分析、ライブストリーミング、アフィニティ分析といった豊富な機能を備えています。 料金 導入環境によって異なり、問い合わせが必要です。 POST365は、基本的なTwitterの分析や最適な投稿事例の検索、レポート作成といった豊富な機能を兼ね備えたツールです。 株式会社ガイアックス、株式会社コムニコなどが導入している実績があります。 主な機能は以下の4つが挙げられます。 機能 概要 投稿検索 SNSごとの投稿事例を確認できる。 アカウント検索 指定した期間について、アカウントごとの集計結果(フォロワー数など)を確認できる。 分析 業界別、投稿タイプ別、投稿時間別などの切り口で分析を行える。 ブランド検索 日本国内主要ブランドのSNSアカウントについて、開設状況とフォロワー数を確認できる。 料金 <ライト> 初期費用:10万円(税別) 基本料金:5万円/月(税別) 閲覧可能なSNS:Facebook・Twitter・Instagram・YouTubeの中から一つを選択 利用可能なユーザー数:5 閲覧可能業界カテゴリ:一つを選択 <プロ> 初期費用:10万円(税別) 基本料金:15万円/月(税別) 閲覧可能なSNS:制限なし 利用可能なユーザー数:5 閲覧可能業界カテゴリ:制限なし Social Monitorはデータセクション株式会社が提供しているツールで、365日自動でTwitterアカウントの監視を行えます。 主な機能 1. 監視するキーワードを指定 検索ワードは100文字まで設定でき、表記揺れや別称などもチェックしてくれます。 除外ワードは3000文字まで設定可能です。 監視対象は商品ブランドごとなどのリストで管理し、一つの管理画面で確認することができます。 ツールが24時間体制で監視 設定した条件に沿って、ツールが24時間365日、15分ごとに監視してくれます。 Twitterだけでなく、ブログや各種掲示板、Webニュースも監視対象に含まれています。 リスクが発生したら、アラート機能でメール通知 監視している中で深刻なリスクなどが発見された場合、設定しているメールアドレスにアラートメールが送信されます。 そのため、常時画面を確認しておく必要はありません。 また、アラートメールにはレポートファイルが添付されているため、要点を迅速に把握できます。 レポートを自動作成 ツールによって自動作成されたレポートでは、リスクの重要度や影響度の大きさ、リスクの種類ごとにグラフを確認することができます。 類似した投稿が自動的にグルーピングされるため、同じような投稿を複数回チェックすることがありません。 料金 初期費用:0円 月額費用:10万円 SocialRankは、自社アカウントのフォロワーが Twitter上でどれくらいの影響力をもっているのかを確認できるツールです。 メールアドレスを登録することで、一部の機能を無料で利用できます。 アカウントのフォロワー一覧で、各フォロワーに関するフォロワー数やフォロー数、ツイート数といった情報を確認できます。 「KLOUT SCORE」では、そのアカウントの影響力を数値で把握することが可能です。 「Most Valuable」「Most Engaged」といった項目でユーザーを並び替えたり、特定のキーワードや地域に絞ってフィルタリングしたりもできるので、大多数のフォロワーを抱えるアカウントの分析に有用でしょう。 料金 料金の詳細については、問い合わせが必要です。 ツールの併用で効率的なTwitter運用を目指しましょう Twitterの公式ツールである「Twitterアナリティクス」を利用すれば、基本的な分析は可能です。 しかし、他社が作成したツールにはTwitterアナリティクスには備わっていない「レポート作成機能」や「フォロワーの分析機能」などがあります。 Twitterアナリティクスだけを利用するのではなく、他社ツールを併用することでより詳細な分析ができるでしょう。 今回ご紹介したツールを参考に、自社に適したものを探してみてはいかがでしょうか。

次の

恋愛心理テスト&診断まとめ あなたの恋愛力をチェック!

恋愛 プロファイル 診断 twitter

Twitterではさまざまな面白アプリが提供されています。 ただ、ここ1年くらいで、こうしたTwitter連携アプリを危険視する声が目立つようになりました。 「そのアプリ、あなたのアカウントを乗っ取るかもしれませんよ!! 果たしてこれは正しいのでしょうか? 「乗っ取るかもしれない」という根拠は 乗っ取り説はパーミッション表示に端を発しています。 ここで連携アプリを認証すると、アプリの提供者は次のようなことが可能になります。 タイムラインのツイートを見る• フォローしている人を見る、新しくフォローする• プロフィルを更新する• ツイートする 一般的な連携アプリができること これを見ると、「プロフィルを更新すること」や「新しくフォローすること」まで許可していることに不安を覚えるかもしれません。 診断系アプリを実行しただけで、勝手にフォロワーが増えたり、プロフィルが書き換えられたりしたら困ります。 こうしたふるまいを見れば、「診断アプリを使うとアカウントが乗っ取られる!」と思ってしまう気持ちも分かります。 事実、アプリに対してそれらの許可を、あなた自身が与えることになるのですから。 「そんなに不安なら、診断アプリを使わなければいい」という声も聞こえてきそうですが、やっぱりこの手のアプリは使ってみたくなるもの。 なぜ開発者はこのような権限を要求するのでしょうか? 実はTwitterの場合、多くの診断アプリはこのような表示をせざるを得ないのです。 関連記事• 久しぶりに設定項目を確認すると、意図しない状況が見つかるかもしれません。 Twitter、Facebook、Googleのチェックポイントをご紹介します。 スマートフォンもバッテリーが切れたらただの板。 万一の事態に備えて多くの人がスマホと一緒に予備バッテリーを持つようになりました。 しかし、このバッテリー、意外と扱いに気をつかう必要があるようで……。 ネットの世界を揺るがした「WELQ」問題。 本連載をまとめた「デジタルの作法」がベストセラーになりました。

次の

恋愛診断/恋愛占い(無料の占い)よく当たるハニホー

恋愛 プロファイル 診断 twitter

世の中には、血液型診断や適職診断など多くの診断ツールが提供されています。 現在ではSNSを通じてその診断結果はより多くの人へと広まるようになりました。 実際に、 TwitterやFacebookの中で「〇〇診断の結果、あなたは~でした」のような投稿内容を見たことがある方もいるでしょう。 このようなツールは、 ユーザーにとっては楽しめる コンテンツであり、提供している企業にとっては自社の情報を見てもらうチャンスでもあります。 今回は Twitterを中心に、診断ツールを用いた キャンペーン事例と診断ツールの作り方をご紹介します。 実は診断ツールを作成するのに、お金や難しい プログラムの知識は必要ありません。 ぜひ自社でも取り組めるものなのか考えてみましょう。 診断ツールとは 診断ツールは医者が患者の症状を聞きとって病気を診断するように、 ユーザーが入力した情報を元にある一定の結果を出します。 血液型診断や星座占いのような感覚的なものから、適職検査やストレス診断のような学術的なものまで様々なものが「診断」に近いものとして、社会に浸透しています。 2007年には脳内メーカーと呼ばれる、 ユーザー自身の脳内を文字化して表現したツールがメディアでも話題になりました。 名前を入力しただけで、本当に脳内の状況はわかりません。 実際にホーム ページにはあくまでジョークツールであると断りが入れられています。 このような診断ツールは、 ユーザーにとっては楽しい コンテンツの1つであり、内容によっては誰か別の人に教えたくなるものです。 そのためFacebookや TwitterのようなSNSでは診断結果の投稿が行われ、 話題になるものであれば1,000万近くの利用回数となる場合もあります。 参考: 診断を用いたキャンペーン事例 診断ツールは、単なるジョークツールとしてだけでなく、企業のプロモーションの手法としても役立っています。 サービス内容と絡めたものから、利用されること自体を目的としたものまで、 4つの事例を見てみましょう。 参考: 1. 日本旅行:あなたにピッタリの旅行判断 旅行代理店大手の日本旅行では、あなたにピッタリの旅行プラン診断という、診断ツールを展開しています。 「異国情緒に浸りたい!」「話題の"絶景"見に行きたい!」などの質問に答えていくシステムで、10個答えると自分にあった旅行先の結果が表示されます。 診断結果には診断結果の旅行先に関わる情報や旅行プランへの リンクもあり、そのまま旅行の計画へと誘導するようになっています。 キャリタス就活:キャリタスQUEST 就職支援サイトであるキャリタス就活では、キャリタスQUESTという性格診断ツールを公開しています。 ロールプレイングゲーム風の画面で 「自分は陽気でノリが良い方だと思う」「相手の学歴や社会的地位を気にする方である」などの質問に答えていくと、戦士や剣士のようなゲーム上のキャラクターに例えられた診断結果が表示されます。 さらに、診断結果からは就活という冒険に出かけようという言葉とともに会員登録の案内が記載されています。 メインターゲットである学生が、詳しい適職診断が提供されているサービスに進みたくなる仕組みと言えるでしょう。 株式会社アサツーディ・ケイ:まだまだあなたが知らない裏の顔 vol. 2 広告代理店の株式会社アサツーディ・ケイでは、あなたが知らない裏の顔という診断ツールを公開しています。 「会社や組織で出世したい」「昇進や昇給のためにはつらいことも我慢する」などの38の質問に答えることで、人柄のタイプをやや辛辣な言葉とともに診断します。 自社で年1回実施している『ADK生活者総合調査』の調査データをもとにした統計的信頼度の高い結果を得ることができるのが特徴です。 あなたの「絶対フォント感」はどのくらい? 書体当てクイズ! メディアサイトのBuzzFeedでは記事の1つとして、「絶対 フォント感」を試す書体当てクイズを公開しています。 絶対音感という言葉にかけた 「絶対 フォント感」という名称が特徴的です。 書体の フォントの知識を試す二択式のクイズが5問出題され、答えていくと最後にどの程度の正解率だったか結果がでます。 大変失礼いたしました。 BuzzFeedに関しては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 参考: Twitter Twitterとは140文字以内の短文でコミュニケーションを取り合うコミュニティサービスです。 そもそもTwitterとは、「小鳥のさえずり」を意味する単語ですが、同時に「ぺちゃくちゃと喋る」、「口数多く早口で話す」などの意味もあります。 この意味のように、Twitterは利用者が思いついたことをたくさん話すことのできるサービスです。

次の