夏休み 工作 低学年。 夏休みの工作!小学校低学年向けで男の子・女の子別の簡単アイデア集!

夏休みの工作!小学校低学年におすすめなのは?

夏休み 工作 低学年

紙コップの底に穴をあけて、そこからストローを入れてキャラを飛びださせるという工作です。 作業というよりも、どんなキャラにするか考えるとか絵を描いたりすることに時間がかかると思います。 この工作も、キャラが飛び出すだけじゃなく、もし会話をするなら何て話すだろう?などと考え出すと、どこまでも頭の中で広がる深みのある工作です。 低学年の自由工作 親のサポートはどこまで? 小学校低学年、とくに1年生2年生頃は、自分でいちから計画を立てるのは苦手な子が多いかと思います。 かといって、親が率先して手をだしすぎると、どう見ても「これ完全に親が作ったんじゃ…」なんてことになってしまいがち。 そこで、親がどこまでサポートすべきかについて、見ていきたいと思います。 というのは、そもそもどんな工作があるか思いつく選択肢が限られてくるためです。 なので、上記の動画など簡単に作れる工作の例を示して、積極的に助けてあげましょう。 そこから、興味のあるものを選び、さらにより作りたいものを考えるのがおすすめです。 材料集めも同様に、その工作をつくるにはどんなものがベストか、一緒に考えてあげましょう。 計画的に何かをするのが苦手な年ごろなので、アイデア・材料集めなどしっかりサポートしてあげることが必要になってきます。 ただ、気をつけたいのが、親が実際に作業をしないことです。 多少難しい・危ない作業は代わってあげてよいと思いますが、あまり手をいれすぎると明らかに大人が作った作品になってしまいます・・・。 実際に考えたり、手を動かしたりしていると、こういったことを加えたいなど、創意工夫したりして、新たなアイデアを思いつくことが多かったりします。

次の

【楽天市場】学年別 > 低学年:夏休み冬休み手作り工作宅配便

夏休み 工作 低学年

夏休みの工作で車を作れるなんて、楽しく作れそう!という低学年の男の子も多いのではないでしょうか? 可愛くデコレーションすることもできますので、もちろん女の子にもおすすめです。 低学年でも簡単に作れる定番の車であれば、やはり牛乳パックが一番いいでしょう。 紙ですから、切るのも危なくないですし、失敗しても牛乳パックならいくつか用意できそうですね。 材料: 牛乳パック、ストロー、竹串、ペットボトルのふた4つだけです。 それ以外に、デコレーションしたい場合は、シールやビーズ、マスキングテープなどもあるといいかもしれませんね!使う道具は、はさみ、キリ、セロハンテープ、接着剤、マジックでOKです。 まずは牛乳パックをしっかり洗って乾かします。 次に牛乳パックをカットしていきましょう。 マジックで下書きをしてから切るといいですよ。 簡単に切れますが、難しい場合はおうちの方に手伝ってもらってくださいね。 net ここまできたら、周りに画用紙を貼っていきましょう。 消防車にしたい場合は赤い画用紙など、車の色を意識した画用紙にするとデコレーションしやすいですよ。 窓の部分には、違う色の画用紙にするといいかもしれませんね。 そして底にはストローをセロハンテープで設置します。 ストローは動かさないので、がっちり固定してしまってOKです。 net 次にペットボトルのふたの中心にキリで穴を開けて、竹串をはめ込みます。 接着剤で固定すると、頑丈なタイヤにすることができますよ。 2つ目の車輪は、竹串をストローに通してから付けてくださいね。 ストローの中に竹串を通すことで、動く車が工作できますよ。 hanalab. co 少し形を変えれば、電車にも早変わりです!お好きな車や電車を作って、走らせてみましょう。 夏休みに走らせすぎて、提出前に壊してしまわないよう要注意です 笑 スポンサーリンク もっとかっこいい車を作りたい!という方には、簡単に作れるF1カーもおすすめです。 車好きのお子さんなら、特に食いつきそうな工作ですね。 子供だけでなく、車好きのお父さんもハマってしまうかもしれません。 材料も家にあるものや、100均で手に入るものばかりですよ。 すぐに工作に取り掛かることができますね。 途中、図面を書く工程がありますので、そこは大人が手伝ってあげましょう。 段ボールについですが、断面が波状になっているものを選んでください。 その溝に竹串を通すことで、クルクルタイヤが回るようになりますよ。 もし普通の段ボールしかない場合は、先ほどの車と同じように、ストローを貼り付けてその中に竹串を通しても大丈夫です。 ただしストローは竹串が通るギリギリまで細いものにする方が良さそうです。 道具は30㎝定規、鉛筆と赤鉛筆、カッターかはさみ、きり、グルーガンかボンドを用意してください。 カッターを使う場合は、必ずおうちの方が一緒に使うようにしてくださいね。 動画を見ても分かるように、輪ゴムを竹串に取り付けることで、勢いよく車を走らせることができます。 基本形の車がこちらになりますが、このままでは寂しいので、絵具などで色を塗ったり、画用紙を貼り付けるなどしてデコレーションをしてもいいですね。 車の上に人が乗る部分を作ってみてもいいかもしれませんよ。 ただし、あまりたくさん上にいろいろな物を載せてしまうと、段ボールが重さに耐えきれずにゆがんでしまう可能性があります。 貯金箱にも牛乳パックを使った方法がおすすめです。 貯金箱となると、どうしてもお金を入れるところを切る必要がありますが、牛乳パックなら低学年でもペットボトルよりも簡単に切ることができますよ。 com 牛乳パックにフェルトを貼り付けただけの簡単貯金箱です。 とっても簡単なので、低学年のお子様でも作ることができます。 おすすめなのは、ペットボトルの形を生かした動物の形にすることです。 たくさん切る必要もありませんし、形を生かすだけでより簡単な貯金箱が作れますよ。 材料はペットボトル、紙粘土、絵具だけです。 紙粘土は100均でも購入することができます。 ペットボトルを再利用すれば、材料費もほとんどかからずに作ることができそうですね。 作り方もとってもシンプルです。 ペットボトルにお金を入れる穴を空ける• 周りに紙粘土を貼り付けて動物の形を作る• 紙粘土が乾いたら絵具を塗る• 絵具が乾いたらお好みでニスを塗る これだけで完成です。 かなり簡単ですよね!乾かすので、ところどころで時間はかかりますが、工程自体はそこまでありませんよ。 動物なら男の子も女の子も喜ぶ貯金箱を作ることができそうです。 スポンサーリンク 子供なら誰でも好きな「仕掛け付き貯金箱」。 からくりを一つ仕込むだけで、かなり手の込んだ貯金箱に見えますよね!「からくり」と聞くと、なんだか複雑で難しそうですが、今回ご紹介する貯金箱はかなり簡単です!子供でも短時間であっという間に作れちゃいますよ。 材料は牛乳パック1本、竹串1本、ストロー1本、画用紙、これだけでOKです。 道具としてカッターかはさみ、定規、セロハンテープ、両面テープ、マジック、キリを用意しておきましょう。 カッターやキリは危ないので、大人も一緒に作るようにしてくださいね。 動画ではカエルのぱっくん貯金箱になっていますが、ロボットやうさぎ、ペンギンなどいろいろな物にアレンジすることができますよ。 「ビー玉迷路」とは、迷路を作って、傾けたりしながらビー玉を操作してゴールを目指すというものです。 迷路は想像力を育むこともできるそうですし、迷路が好きな低学年の子供にはおすすめの工作ですよ! まず段ボールを用意します。 何の段ボールでもいいのですが、厚めの物の方が断面が広くなるので、接着しやすいようです。 あとは木工用ボンド、カッター、コンパス、定規、鉛筆、ビー玉を用意しましょう。 ちょうどいい大きさの段ボールや発泡スチロールを探すのが少し大変かもしれませんね。 道具はカッター、ペットボトルキャップ、マジックを用意しましょう。 段ボールの底にペットボトルのふたを置いて、さらにカットしてください。 com 最後に切った部分は、発泡スチロールの底に貼り付け、少し傾斜を作ります。 そして発泡スチロールと同じ大きさに段ボールも切ってボンドで貼り付けましょう。 段ボールによっては下敷きの段ボール紙が入っていることがあるので、それを使うと便利ですね。 そして段ボールのところどころにつまようじを刺していきます。 下が発泡スチロールになっているので、低学年でもつまようじを簡単に刺すことができますよ。 ビー玉が止まってしまわないように、ある程度間隔を空けながら刺していってください。 下の部分に、ペットボトルの蓋でビー玉が落ちるところを作れば完成です。 夏休みも終わってしまう!という時の工作には特におすすめです 笑 迷路やパチンコは、少し頭を使いますが、せっかく工作をするのだから、考えながらやってほしいというおうちにはぴったりの工作です。

次の

夏休み簡単工作♪小学生低学年(男の子・女の子)おすすめ10選

夏休み 工作 低学年

子どもの夏休みの宿題といえば、自由研究や自由工作を思い浮かべる人が多いかもしれません。 どんなことに取り組むべきか悩む子どもの相談に乗ったり、過干渉にならない範囲で作業を手伝ったりするママ・パパもいることでしょう。 自由工作では、どのようなものを作れば良いのでしょうか。 小学校低学年の夏休みの工作は、家にあるものや捨ててしまうものなど、身近なものを材料にして作るのがおすすめです。 大人の手助けが多いものやあまり懲りすぎないもので、小学校低学年でも簡単に作れる工作が良いでしょう。 工作は、作ったあとに遊べたり飾ったりできるものが人気のようです。 子どもが頑張って取り組んだ工作は、夏休みの素敵な思い出になりますね。 これが1つの車輪になります。 同じものを4セット作ってください。 貼り付けたフタの側面に片面段ボールを貼り、タイヤらしさをプラスします。 4つの車輪すべてに竹串を通すため、中心に穴を開けます。 2.車体となるトイレットペーパーの芯には、車輪を通すための穴を4ヶ所開けます。 3.ストローに竹串を通し、車体と車輪にはめ込みます。 4.後輪の車軸に輪ゴムを取り付け、車体の前方まで輪ゴムを引き出します。 輪ゴムは、車体の前方にクリップで固定します。 5.羽翼を取り付けたら完成です。 穴をあける位置を決めるときは、ママやパパが手助けしてあげると良いでしょう。 車体には、好きな色を塗ったり絵を書いたりすることで、オリジナルのレーシングカーが完成しますよ。 トイレットペーパーの芯1本を幅3cmほどに縦に切って洗濯ばさみを取り付ければ、取り外し可能な羽翼にすることができます。 割りばしと輪ゴムだけで作れる簡単な鉄砲です。 男の子が喜びそうな工作ですね。 割りばし鉄砲で遊ぶときは、顔に向けないよう注意してあげましょう。 3.左向き2本の割りばしの後方に、2分の1サイズの割りばし2本を使ってグリップを作ります。 グリップは割りばしを前後に固定し、2本の先を輪ゴムでまとめて、逆三角形の形にします。 4.最後に、グリップの手前に4分の1サイズの割りばしを輪ゴムで固定し、引き金を作れば完成です。 手作りの鉄砲で的あてゲームをするなど、遊びの幅が広がる工作ですね。 紙コップで作るロケットは、ふたつの紙コップを重ねて手を放すと、ロケットのように輪ゴムの力でジャンプします。 2.切り込みに2本の輪ゴムをかけて、セロハンテープで固定します。 このとき、輪ゴムは十字の形になります。 3.何も手を加えていない紙コップの上に、輪ゴムで固定した紙コップを重ねます。 手を放すと上の紙コップがジャンプします。 空き箱と段ボールを使って迷路を作り、ビー玉を転がすゲームです。 好きな形の迷路が作れるので、ママやパパとアイデアを出しながら作ると楽しいですよ。 5cm幅の長方形に切ります。 2.空き箱の底に鉛筆で3~3. 5cm間隔の線を引きます。 線は等間隔で格子状にします。 3.空き箱の底に書いた格子状のマスを目安に、自由に迷路を作ります。 不要な線は、消しゴムで消します。 4.作った迷路の線の上に、3. 5cm幅の段ボールをボンドで貼り付け、迷路の壁を作ります。 5.すべての迷路の線の上に段ボールを貼り終えたら完成です。 スタートとゴール地点が一目でわかるように、迷路に印を書いたり爪楊枝で作った旗を立てたりしても良いですね。 牛乳パックと割りばし、輪ゴムで作る船です。 ゴムの力で羽がくるくると回って水の上を進むので、完成したら子どもが達成感を得られそうですね。 2.牛乳パックの底のほうの左右に、割りばしを一本ずつ5~7cmほど飛び出した状態で接着剤で貼り付けます。 さらに布ガムテープなどで上から補強します。 3.もう1個の牛乳パックを5~6cmの幅に切ります。 それぞれの辺の中央を内側に折り、十字の形になるようにホッチキスで止め、羽(スクリュー)にします。 4.羽に輪ゴムを2本クロスさせるように引っかけ、割りばしに取り付けます。 5.牛乳パックの残った部分で船体を装飾して完成です。 6.羽を回してゴムを巻き、水中で手を離すと船が前に進みます。 トイレットペーパーの芯と好みのビーズやカラーセロハンを使って、きらきら光るオリジナルの万華鏡を作ることができます。 万華鏡は、女の子に人気の夏休みの工作ですよ。 2.トイレットペーパーの芯の底面(穴が空いている部分)に、底面よりも大きく切ったビニール袋をマスキングテープなどでフタをするように貼り付けます。 3.もう一本のトイレットペーパーの芯を1cm幅に切り、切込みを入れます。 さらに残った部分を切り開き3等分にします。 3等分にした芯は、側面にアルミテープを貼り付け、三角形を作ります。 4.ビニール袋を貼り付けた芯の内側に、1cm幅に切った芯とビーズやカラーセロハンなどの飾りを入れます。 その上にフタをするように丸く切ったプラ板を入れます。 5.アルミテープを貼った三角形の芯を入れます。 6.万華鏡の底より一回り大きい色紙を用意します。 色紙とプラ板を両面テープで貼り、パンチなどでのぞき穴を作ります。 7.ビニール袋を貼り付けた芯の反対側に、6で作った色紙とプラ板でフタをします。 色紙ははみ出るので、切り込みを入れて芯に貼り付けたら完成です。 ペットボトルを使って簡単に作れる風鈴です。 ペットボトルだけでは音が鳴らないので、鈴を下に付けてくださいね。 2.ペットボトルの底の中心に穴をあけます。 3.穴に毛糸を通したら、ビーズを上下に2個結び付けてペットボトルから糸が抜けないようにします。 4.シールや油性マジックを使い、ペットボトルに模様を描きます。 5.画用紙で短冊を作り、上下にパンチで穴をあけます。 6.ペットボトルに通した毛糸の先端と短冊の上部を結びます。 短冊の下の穴に糸で鈴をつないで完成です。 マニキュアを使って絵を描いても良いですね。 ペットボトルのキャップを使って簡単にできるマグネットです。 麻ひもをキャップに巻き付けるだけで、涼しげな麦わら帽子のマグネットが完成しますよ。 切り離した円の中心にマグネットを貼り付けます 2.マグネットにかぶせるように、ペットボトルのキャップをボンドで貼ります。 3.貼り付けたペットボトルのキャップ全体にボンドを塗り、麻ひもをキャップの中心からぐるぐる巻き付けます。 4.麦わら帽子のように、帽子の頂点からつばまで麻ひもを巻きます。 巻き終えたら、麻ひもの先端は斜めにカットしてボンドで貼ります。 5.カラー麻ひもを巻いてリボン結びにしたら完成です。 カラー麻ひもの代わりに、リボンを巻いてもかわいいですね。 裏面は牛乳パックの模様が見えてしまうので、気になるときは色紙を貼って隠すのがおすすめです。 お土産屋さんなどで目にすることが多いスノードームは、100均で集めた材料を使って簡単に作ることができます。 夏休みの工作に、涼しげなスノードームは人気がありますよ。 瓶のフタを裏返し、接着剤でスポンジを貼ります。 2.スポンジの上に、好みのオーナメントを接着剤で貼り付けます。 3.瓶に6~7分目まで水を入れ、液体のりを加えます。 液体のりは、瓶の8分目ほどまで入れます。 4.瓶の中に、スノーパウダー・ビーズ・ラメを入れます。 5.最後に、オーナメントがついた瓶のフタを閉めて完成です。 ビーズやラメなど好きな装飾を加えることで、オリジナルのスノードームが完成しますよ。 100均の写真立てに、100均のモザイクタイルを貼り付けるだけで、おしゃれなフォトフレームが完成します。 材料は100均で簡単に揃えられて、低学年の小学生にもチャレンジしやすい工作です。 2.写真立てに接着剤を薄く塗り、先に決めておいた配列でモザイクタイルを貼ったら完成です。 組み合わせてカラフルな写真立てを作るのもおすすめです。 夏休みの旅行で行った先の貝殻や石を持ち帰り、写真立てに貼るのも素敵ですね。 100均では、デコレーションに使えるアイテムがたくさんあります。 写真立ては、ペーパーナプキンを貼ったり、リボンやデコレーションパーツを組み合わせたりしながら、女の子が楽しく取り組める工作です。 プラバンは、プラスチックの板に好きな絵を描いたり色を塗ったりして、オーブントースターなどで焼いたものです。 下絵が完成したら輪郭を切り抜きます。 2.穴あけパンチでキーホルダーを通すための穴を開けます。 3.色鉛筆で色を塗ったら、オーブントースターにくしゃしゃにしたアルミホイルを敷き温めておきます。 4.アルミホイルの上にクッキングシートを敷き、その上にプラ板を置いて焼きます。 5.プラ板の縮み具合が落ち着いたら取り出します。 取り出したプラ板は、クッキングシートを引いた雑誌などにはさんで平らにします。 6.プラ板が冷めたら、キーホルダーに取り付けて完成です。 色を塗るときは、油性ペンやクレパスなど、いろいろな画材で塗ることができます。 使う画材によって仕上がりが異なるので、焼いた後の完成品を見るのが楽しいですよ。 プラバンはクッキングシートを敷いてオーブントースターで焼くため、加熱しすぎると焦げる心配があります。 焼いているときは、トースターの窓からのぞいて、焼き具合を確認してくださいね。 貯金箱は、牛乳パックやペットボトルなどの家にあるもので作ることができます。 ここでは、お金を入れると手が動く、しかけ付き貯金箱の作り方をご紹介します。 底面が貯金箱のフタの役割をします。 2.フタの部分にお金を入れる穴を開けます。 さらに牛乳パックの両側面には、腕を通す穴を作ります。 3.ペットボトルは、3cm幅に切ったものをふたつ用意します。 切り取ったペットボトルは開いて、牛乳パックに差し込めるよう折り曲げます。 4.ペットボトルは腕になります。 色画用紙を貼ったりペンで絵を描いたりしてデコレーションしてください。 5.ふたつのペットボトルは、両側面に穴をあけた牛乳パックに通して、テープなどで固定します。 6.牛乳パックにお金を入れて、両腕が動くか確認したら完成です。 子どもに好きなキャラクターの顔を描いてもらっても良いですね。 2.発泡スチロールにネジを差し込み固定します。 3.水が入った透明なコップに2の発砲スチロールを浮かべます。 ネジの重さと発泡スチロールの浮かぶ力がちょうどつり合うくらいのところで、水の上に出ている部分をカットします。 4.発泡スチロールに絵を描いたり、ビニールプールで装飾したります。 5.もう一度発泡スチロールをコップの水に浮かべ、浮かび具合を調整します。 6. ペットボトルに満杯の水を入れてから発泡スチロールを入れ、しっかりふたをしめて完成です。 7. ペットボトルをぎゅっと押したときに、発砲スチロールがきちんと浮き沈みするかチェックしてみてください。 ペットボトルの中に、セロファン紙で海藻を作って入れたり、小さな貝殻や石などを入れたりすると見た目もきれいに仕上がりますよ。 ペットボトルに水を入れたら、フタをギュッときつく締めることが大切です。 宿題として提出するときは水漏れしないように、ペットボトルのふた部分をビニールテープなどでしっかり補強しましょう。 発泡スチロールの代わりに、しょうゆたれの容器やスポンジなどを使うこともできますよ。 牛乳パックや紙皿、肉や魚が入った食品トレーなどの家庭で捨ててしまう廃材を使って、いろいろな楽器を作ることができますよ。 ここでは、食品トレーやカップ焼きそばの空き容器と輪ゴムを使ってできるギターのおもちゃをご紹介します。 2.カップ焼きそばのふたを閉めます。 食品トレーを使う場合には、2つの食品トレーを中表になるように合わせ、ビニールテープでまわりを止めます。 3.輪ゴム5本をはめてギターの弦を作ります。 輪ゴムの位置が決まったら、セロハンテープで横と裏面に貼り付けます。 4.後ろからラップの芯を貼り固定します。 5.段ボールやビニールテープを使い装飾して完成です。 シールやビーズなどでデコレーションすると、見た目もきれいに仕上がりますよ。 形が作りにくい場合は、指に少し水をつけて、湿らせながらやると作りやすいですよ。 2.裏に磁石をはめ込みます。 3.1~2日乾燥させてから絵の具で色を付けます。 絵の具が乾燥したらニスを塗ってできあがりです。 紙粘土や磁石は手芸店や100均で手に入れることができます。 マグネットの代わりにブローチの土台を使ってブローチにしても良いですね。

次の