しらたき保存。 「しらたき(糸こんにゃく)・こんにゃく」の下ごしらえなど、意外と知らない豆知識!

しらたきご飯の炊き方 ギャル曽根流は他のレシピとどこが違うの?

しらたき保存

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

こんにゃく・しらたきについて

しらたき保存

(板こんにゃくの場合はしっかりモミモミします。 これで、こんにゃく臭さも取れます。 (板こんにゃくの場合はしっかりモミモミします。 鍋物や煮込み料理に使うときは、この方法がおすすめです。 しらたき(糸こんにゃく)・こんにゃくの下ごしらえ後の保存方法 下ごしらえ前のこんにゃくをもし開けて保存する場合は、一緒に入っていた水を使うようにしましょう。 下ごしらえした後のこんにゃくは浸している水を毎日替えながら、3日以内には使いましょう。 食感が牛すじのように変わってしまいますが、冷凍保存もできます。 冷凍保存は、1ヶ月ぐらい長持ちします。 こんにゃくは腐るとドロドロ感が出てきて、悪臭がします。 食材はなるべく早めに使いようにしましょうね。 しらたき(糸こんにゃく)・こんにゃく仲間たち 板こんにゃく 一般的にスーパーで売っている商品です。 長方形にカットされたこんにゃくで、幅広く使われています。 西日本では黒いこんにゃく、東日本では白いこんにゃくが一般的なようです。 糸こんにゃく 糸こんにゃくは「白滝(しらたき)」のことで、細い糸状のこんにゃくです。 一年を通して流通しているが、年末に需要が一気に上がり、春頃になると下がる傾向があります。 カロリーが低いので、ダイエット食材として需要が増えつつあるようです。 玉こんにゃく 丸い玉状になっているこんにゃくです。 スーパーなどではあまり流通していないかもしれませんが、味が付いている「さしみ玉こんにゃく」という呼び名で売られていることがあるようです。 「さしみ玉こんにゃく」は唐辛子や醤油で味付けされてた商品が多く、夏場によく見かける商品です。 つきこんにゃく 板こんにゃくを型に沿って、押し出して作られたこんにゃくです。 糸こんにゃくよりも太く、黒いこんにゃくが使われています。 さしみこんにゃく 夏場によく流通するこんにゃくで、一年を通して売られてはいません。 商品としては、青海苔が入っているものが多く、緑色をしたものが多いようです。 からし酢味噌などをつけて、お刺身感覚で食べます。 粒こんにゃく ご飯粒のように小さい粒状のこんにゃくで、あまり知られていません。 ご飯と一緒に炊いて耐えるもので、ダイエットや健康食品として扱われています。 麺こんにゃく 「こんにゃく麺」・「こんにゃくそうめん」・「こんにゃく中華麺」などのこんにゃくです。 ダイエット目的に使われることが多く、麺類の代用品として需要が増えているようです。 しらたき(糸こんにゃく)・こんにゃくの話 こんにゃくは、こんにゃく芋を使って作られていますが、こんにゃく芋とはジャガイモと同じように種芋(たねいも)というもので、2〜3年かかると言われています。 サトイモ科の植物で、日本に渡来したのは縄文時代と言われていて、ミャンマー・マレーシア・インドなどの東南アジアから、薬として伝えられたようです。 春に植えたものを秋に収穫し、低温に弱いこんにゃく芋は風通しが良く、最低気温が13度以下にならない場所で保存します。 そして、また春に植える作業を3年ほど続けて、やっとこんにゃくに使えるこんにゃく芋に育つのです。 では、どうやってこんにゃくを作っているかというと、こんにゃく芋の断面に見える白い粒々。 この粒が「マンナン細胞」で、その中にたくさんの「コンニャクマンナン」が含まれています。 この「コンニャクマンナン」を茹でてすりおろし、たっぷりの水を含ませ、のり状にしたものにアルカリ性の灰汁を加えることで固まったものが「こんにゃく」です。 現在、食べ物として使われているのは日本だけだそうです。

次の

しらたきご飯の炊き方 ギャル曽根流は他のレシピとどこが違うの?

しらたき保存

しらたきが冷凍できるとは意外に思うかもしれないが、実際に試してみると解凍後はコリコリとした硬めの食感になって、食べごたえがアップする。 ただし、冷凍前には下茹でをしてアク抜きが必須。 アク抜き不要なものでも、原料のコンニャク芋に特有の、匂いやエグミが気になることもあるので、下茹でしておくと安心だ。 熱湯で2分~3分茹でた後はザルに上げて水を切り、粗熱を取ったら大きめのファスナー付き保存袋に広げるように入れて、冷凍庫にできるだけ平らに置いておこう。 保存期間は約1カ月だ。 ちなみに、冷凍したしらたきがコリコリとした食感になる理由は、しらたきの約97%が水分であることによる。 水分は冷凍の過程で膨張するので、しらたきの食物繊維(グルコマンナン)の分子を圧迫して変形させ、一部に空洞のような場所を作る。 そこから水分が抜け出て凍っていくので、ギュッと縮んだようになる。 そのような状態になったものを解凍するゆえに、硬くコリコリとした食感になるというわけだ。 しらたきのツルツルとした食感をイメージして食べると、ちょっと違和感があるかもしれないが、次に紹介するように、サラダやスープ、炒め物などに大いに活用してもらいたい。 冷凍したしらたきを解凍する時は、冷蔵庫で自然解凍させるか、ファスナー付き保存袋に密閉したまま、水を張ったボウルに入れ、水道水を細く流して流水解凍しよう。 解凍後は、春雨と同じように、酢醤油とゴマ油を利かせた中華風サラダや、鶏ガラ出汁の卵スープの具材として使える。 もちろん炒め物にもグッド。 「五目ビーフン風」なら、豚肉、ニラ、人参、キクラゲなど。 「中華焼きそば風」なら、鶏肉、えび、タケノコ、椎茸、白菜など。 「ソース焼きそば風」に仕上げるなら、豚肉、玉ねぎ、キャベツ、青のりと炒め合わせると美味しい。 パスタの代用品としても大活躍。 トマトソース、バジルソース、たらこソースなど、お好みのソースとしらたきをよく和えて炒め、味をなじませてから食べよう。 パスタと比較すると歯ごたえがやや物足りないかもしれないが、こんにゃく芋が原料のしらたきは、小麦が原料の中華麺やパスタ、米が原料のビーフンより、ぐっとカロリーも糖質も低い。 低カロリーなのに満腹感が高い稀有な素材だ。

次の