食べ放題 寿司。 東京都内のおすすめ寿司食べ放題の店まとめ22選【安いお店やランチも】

【東京】寿司食べ放題9選!超ビッグな“大ネタ”から高級寿司まで【Lets】レッツエンジョイ東京

食べ放題 寿司

寿司が好きでたくさん食べる人にはとってもありがたい、寿司の食べ放題。 リーズナブルなお店から高級店まで寿司食べ放題のお店はたくさんあるが、正直言ってなかなか「これだ!」という店に巡りあうことはあまり無い。 最近は新宿の『』がウニやいくらがタップリ乗った『特選きづな丼』を990円で食べ放題という信じられない価格で提供しているが、東京・神楽坂にもまた素晴らしい寿司食べ放題の店を発見したぞ! そのお店の名前は『神楽坂すしアカデミー』。 名前だけ聞くとちょっとヘンな感じに聞こえるかもしれないが、ここは寿司職人を養成する学校『東京すしアカデミー』が経営している。 つまり寿司職人の学校が経営する寿司食べ放題店なのである。 神楽坂すしアカデミーの料金は、120分50種類の寿司と20種類以上の一品料理食べ放題で2980円(税込)。 よくある寿司の食べ放題店が4000円程度なことが多いのを考えると、1000円以上安くたいへんリーズナブルだ。 そのため締め方が程よく、パックで売られている小肌では決して出せない絶品の味に仕上がっている。 また、その他の青魚も特有の生臭さを感じさせない仕事をしてあり、アジなどもたださばいただけでなく薄い塩水で洗うことで、食べた時にまったく臭みを感じなかった。 マグロも赤身はスジがなく旨味を感じる良いものだし、トロも口の中ですーっとトロけるウマさだ。 ただ、1点だけ残念なことを挙げるとすればホッキ貝がメニューでは生ホッキだったのに、注文して出てきたのはボイルだったこと。 なかなか2980円で生のホッキ貝を出すのは難しいかもしれないが、メニューと違ったものが出てきたのはちょっとショックだった。 どれも食べ放題だからと手抜きをしておらず、カマ焼きはジューシーでたこポン酢は生ダコが柔らかく仕上がっていた。 また、デザートも抹茶とバニラのアイス、杏仁豆腐の3品が食べ放題に含まれており、大満足のラインナップだ。 別にお店に頼まれて原価の安いものをススメているわけではなく、このカニサラダはよくあるカニサラダとは全く違う激ウマなものだからオススメしているのである。 カニサラダというとカニはカニカマを使用しマヨネーズだらけのあぶらっこいものを思い浮かべるが、神楽坂すしアカデミーのカニサラダはお店で作っており、マヨネーズはあまり入っておらずカニのほぐし身などがタップリ入った、カニを贅沢に感じる素晴らしいカニサラダだ。 お寿司が好きな人は寿司屋でカニサラダを頼むなんてとんでもないと考えているかもしれないが、騙されたと思って一度注文してみて欲しい。 総評としては、「寿司食べ放題店としては都内トップレベルのクオリティとコストパフォーマンス」を感じることができた。 寿司職人を育てる学校が経営しているだけあり、2980円だからといって一切妥協を感じることがない寿司と料理を提供するお店である。 お寿司だけでなく一品料理からデザートまで食べられてどれも美味しいので、単純な寿司食べ放題店というよりは「2980円で食べ放題の寿司と和食コースをいただけるお店」と思って行くと良いだろう。 食べ放題というとたくさん食べる人でなければ損するイメージがあるが、そんなに食べられない人でもきっと大満足できる、非常に良い店であった。 ちなみに記者(私)は自己記録となる50貫を達成! みんなも私の記録に挑戦してみてくれよなッ! レポート: Photo:Rocketnews24 訪問店舗:.

次の

寿司職人の学校が経営する寿司食べ放題『神楽坂すしアカデミー』がマジウマで激安! 東京最強の寿司食べ放題かも

食べ放題 寿司

(写真=高級寿司食べ放題「雛鮨」) 高級寿司食べ放題「雛鮨」は、食べ放題寿司の草分け的存在。 中トロやうにといった高級ネタから人気の穴子一本握りまで、約60種類もの豊富なメニューの中から好きなネタを一貫ずつ注文できる。 それを職人が一つ一つ丁寧に握って提供してくれるのだ。 そんな雛鮨が「雛鮨 六本木」を5月24日にオープンした。 月替わりで旬の素材を味わえる「今月のおすすめ」や「極み限定の一貫」(一人一貫限定)など、毎日漁港から直送される鮮度抜群なネタを堪能できると話題だ。 タッチパネル式のセルフオーダーシステムは、雛鮨チェーンとして初めて導入した。 価格は高級寿司食べ放題(お味噌汁付き)で3,990円、子ども料金は6歳~10歳未満が1,990円、4歳~6歳未満が990円。 1人あたり890円をプラスすれば刺身盛り合わせを、990円をプラスすればずわい蟹などをつけることができる。 手巻き寿司など子どもが喜ぶネタも豊富なので、家族でリッチな寿司を味わいに行くなら押さえておこう。 「やま幸」といえば、まぐろの初セリで4年連続最高値で落札しているまぐろ仲卸である。 新宿東宝ビル店ではLIVE JAPAN AWARDS グルメ部門で3年連続日本一を受賞するなど、訪日外国人の評価も高い。 「板前寿司 上野店」は、東京都内の同系列店で唯一で寿司食べ放題を実施している店舗だ。 「やま幸」の本まぐろの大トロやいくら、うにを始めとした高級ネタはもちろん、肉寿司や高級魚のどぐろまで、約50種類以上が食べ放題。 食べ放題は毎日開催されている。 料金は男性3,980円、女性3,480円、小学生は1,980円だ。 1500円をプラスすれば、ビールやウイスキー、ハイボールといったお酒やジュースなどが飲み放題になる「スーパー飲み放題」もつけられる。 5名・8名様用の個室完備でスマホを充電できるUSB端子もあり、サービスも至れり尽くせり。 目利きが吟味した本まぐろを、家族で気兼ねなく楽しんではいかがだろうか。 高級な肉も魚も両方食べたいという欲張りな人におすすめだ。 寿司食べ放題だけを味わいたいなら、職人が握る本格寿司&サイドメニュー食べ放題の3,980円(日曜限定・17時までの来店・祝前日不可)コースがある。 寿司だけでなく、国産野菜のサラダや海鮮グラタン等の逸品料理やA5和牛カレー、サービスデザートまでついた全90種類が食べ放題になる。 お肉も食べたいなら、高級寿司90種類と黒毛和牛のしゃぶしゃぶ食べ放題の8,000円コース。 さきほどの高級寿司食べ放題に、特選豚バラ、ロース、A5和牛ロース、A5和牛炙り寿司までたっぷり堪能できる。 お誕生日祝いには2,000円でバースデー寿司ケーキも用意してくれる。 公式HPから24時間ネットで予約できるので、ゆったりとした完全個室で、家族みんなで寿司を食べながら楽しいひとときを過ごせるだろう。 母体となっている東京すしアカデミーは、日本で最も歴史の古い寿司専門学校。 ここで日本の食文化をしっかり学んだ一流の寿司職人たちが握る寿司が評判だ。 もちろんネタにもこだわっている。 毎日豊洲市場から仕入れる新鮮な魚介類を、絶妙な温度と塩加減で提供している。 全60種類ある食べ放題メニューは中トロ、赤身、赤貝など定番のにぎりや、炙りサーモン、炙りしめサバなどの炙り、いくら、ウニの軍艦や各種手巻きなど豊富。 フライドポテトやサラダ、茶わん蒸し、デザートなどの一品料理はすべてビュッフェ台から提供される。 金額は男性が3,780円、女性3,380円、小学生2,000円、小学生未満1,000円で、3歳以下は無料。 平日のランチタイムは男性3,480円、女性2,980円とリーズナブルになるのも魅力だ。 ここの売りは、とにかく豊富なメニュー数だ。 寿司だけでなく、一品料理を含む100種類ものメニューの中から好きなものをオーダーできる。 気になるメニューは、脂がのった本マグロやアジ、トロトロで濃厚なウニといった高級ネタや手巻き、軍艦など。 ビールのおつまみに合う鮭ハラス焼きや厚焼き玉子、子どもが喜ぶポテトフライや鶏の唐揚げもすべて食べ放題だ。 女性に嬉しい豆腐と野菜のサラダといったヘルシーなメニューも取り揃えている。 価格は、寿司食べ放題&一品料理食べ放題コースで男性3,980円、女性3,480円、小学生以下は2,000円。 女性のみのグループ・お子様連れの家族はソフトドリンクの飲み放題付き。 このコスパの良さは一度訪れる価値があるだろう。 文・武田真那実(旅&グルメライター) 【関連記事】 ・ ・ ・ ・ ・.

次の

東京都内・高級寿司食べ放題ランキングTOP7!実際に食べたその結果を大発表

食べ放題 寿司

中トロ、穴子一本、炙りえんがわ、いくら軍艦、うに軍艦といった高級ネタはしっかり揃っています。 1回の注文につき20カンの数量制限。 「雛一貫」という札を1枚わたされ、その日の珠玉のネタを1カン注文できます。 ex: 金目鯛の炙り岩塩 19時以降の夕飯時は混みますが、待ち時間はほとんどないとのこと。 時間帯次第では待ち時間ゼロです。 他店舗に比べると圧倒的に入店はかんたんです。 デメリットは4000円強と少々値の張る点、ネタが薄く小さい印象、運ばれるスピードが少し遅い点等、細々とあります。 ただメリットとして「雛一貫」の珠玉の1カンを楽しめる点、とりわけ待ち時間ほぼゼロの点は魅力的でしょう。 思い立ったその日に入店するなら、「雛鮨」の一択だと想います。 金曜祝日以外の土-木のみ。 にぎり寿司、細巻き寿司 まぐろ、ねぎとろ、納豆 など、庶民的な寿司を提供しています。 居酒屋なので刺身盛り合わせ、焼きとり、牛鍋なども食べ放題です。 下駄盛りはサーモンや鯛の刺身、イクラ軍艦などのセットで楽しめます。 寿司以外にもメニューは豊富。 辛とろ牛すじ、ラーメン付のホルモン鍋など多数。 席数430席。 待つことはないと思います。 予約も可。 神楽坂という立地に合わない庶民風の居酒屋は、おしゃれな内装やリーズナブルな価格帯等、メリット満載。 大人数で和気あいあいと飲み食いするのに打ってつけ。 宴会などにおすすめしたい寿司居酒屋です。 時間は無制限。 ランチではまず定食が、ディナーではまず懐石料理が振舞われます。 お寿司の追加は常に自由。 お酒も常に飲み放題。 [Lunch 11:30-14:00] 刺身・天婦羅・煮付・お汁物等の定食で5400円。 [Dinner 17:00-22:00] 席ごとに値段が異なり懐石料理の質も異なります。 「地下1F」カウンター席・テーブル席ともに17280円 「地下2F」テーブル席個室:22680円 掘り炬燵式個室:27000円 銀座本店限定新プラン:32400円 希少な芋焼酎等、豊富な種類のお酒がイチ押しゆえ、希少なお酒を頼むといいかもしれません。 懐石料理の量もあって、握り寿司は腹におさまるよう、特に食べたいネタを注文するのがよさそうです。 席数が少ないゆえ予約が望ましいと思います。 初入店の場合、ホームページで会員登録をしてメンバーズカードの郵送を待つなど、できる限り余裕をもって対処しましょう。 会員制の秘密主義がかえって魅惑的にみえる隠れ名店です。 時間無制限の配慮、お酒飲み放題、寿司追加自由など、品格のただよう高級感で、大切な人と贅沢な時間をたのしむ際、満足度は高いと想われます。 70分食べ放題 男性3800円・女性3600円・お子様1800円。 かにみそ、ホタルイカなど、ネタの種類はゆたか。 申し分なく美味な寿司ばかりです。 最初に中トロとマグロ漬を握ってくれます。 その後は注文自由。 エシャロットをつかった野菜寿司は新食感。 珍しいネタ、生穴子、クエ、黒ムツなども必見。 締めに汁物と季節のフルーツもでます。 席数14席と少なめなので予約必須です。 板前さんとの対話も寿司屋の魅力の一つ。 焦らずに一品一品、高級の寿司を味わえる70分は、ガツガツたくさんの寿司を頬張るよりも至福度が高く、思い出に残りそうです。 話すのが好きな人、ゆっくり味わうことが好きな人におすすめです。 時間制限なし。 銀座コア店では2名様から可能。 他店舗とは異なります。 時間無制限ゆえ慌てる必要はありません。 手巻寿司の元祖なので、末広手巻は味わうことをおすすめします。 35席程度。 休日の昼・夜は混みます。 予約可なので予約をおすすめします。 ペア料金や時間無制限などから、恋人・親友・家族といった大切な人といきましょう。 高級な江戸前寿司が味わえる分、寿司のおいしさは申し分ありません。 価格も一人あたり4000円前後と平均的。 時間無制限というメリットをみれば、良心的な老舗寿司商です。 120分食べ放題。 食べ残しにペナルティーあり。 あぶりとろサーモン、かにみそ軍艦など新鮮ネタ100種類。 お酒は焼酎、熱燗、ワインもあります。 席数104席。 席数が十分にあり、多くは待ち時間なし。 ただし休日の昼夜など混雑時もあり。 予約可なので予約をおすすめします。 種類のゆたかさ、入店のしやすさはメリット。 飲み放題付きで5500円ほどと良心的な価格。 食べログの評価3. 50と総合的に完成度高めの寿司商です。 鮮度のあるネタ、お酒のバリエーションなど、友人と大勢で騒げます。 友人同士や家族同士、大勢でワイワイ寿司を楽しむなら「きづなすし」が適っていると思います。

次の