エデン 零 式 1 層 タイム ライン。 希望の園エデン零式:覚醒編1 マクロ&タイムライン

希望の園エデン零式:共鳴編3 マクロ&タイムライン

エデン 零 式 1 層 タイム ライン

タイムライン中に表示される時間は詠唱バーまたは範囲が表示された時点のものです。 以降Re-の表記で区別。 ギミック中に東西南北に出現するオブジェクトや、ギミック処理の散開位置を瞬間的に把握しやすいため便利です。 このように配置できれば準備完了です! さてエデン零式1層の解説を始める前に、1点注意しておくべき仕様があります。 前述のタイムラインを見てわかると思いますが、 1層のボスは「ヴァイス・アンド・ヴァーチュー」や「デルタアタック」など技名が全く同じなのに内容が違うという攻撃がたくさんあります。 正直私は個人的にこの仕様は好きになれないのですが、これが例の新しい試みなのか、あるいは大人の都合によるもの(わかりますね?)なのか……、真意は開発のみぞ知るというところですが、これは仕様なので諦めてください。 こういうわけで1層はすべて技が固定化されていますから、ある意味暗記してしまえば楽々という考え方もあります。 わかりやすく解説するために、タイムラインの部分も掲載しながら以下で詳しいギミックを見ていきましょう! ヴァイスアンド・ヴァーチュー(DPS対象設置型範囲) 0:18 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(DPS4人にマーカー、設置型の円範囲攻撃) Re-2:49 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(DPS4人にマーカー、設置型の円範囲攻撃) この「 ヴァイスアンド・ヴァーチュー」は DPS4人が対象となる対象者中心円範囲攻撃と、着弾地点にダメージ床が発生する攻撃です。 ダメージ床は結構な間残るので、ギミック処理の邪魔にならないように端の方で捨ててください。 初回はどこで捨てても構いませんが、 最終フェーズでは直後に散開ギミックがあるため、必ず東西南北(マーカー位置)で捨てるようにしましょう。 「 エデン・グラビデ」は全体攻撃です。 「 エデン・フレア」はいわゆるダイナモで、ボス直下の円形部分のみが安地となる攻撃です。 上記画像のとおり安地は小さめなのでしっかり集合してください。 ヴァイスアンド・ヴァーチュー(タンク2名対象マーカー、直線範囲) 0:42 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(タンク2名にマーカー、直線範囲) Re-2:31 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(タンク2名にマーカー、直線範囲) の「 ヴァイスアンド・ヴァーチュー」はタンク2名にマーカーが付き、対象へ向けての直線範囲がボスから発射されます。 この 直線範囲はかなり強力で、2つ同時に受けると死んでしまうためタンクは左右へ分かれて、DPSとヒラは巻き込まれないようにボス後方に待機。 ちょうどYの字になるようにしましょう。 このY字ポジションは別のギミックでも使いますので慣れておくと良いです。 「 スピア・オブ・パラダイス」は MT(ヘイト1位)に対しての2連続強攻撃で、最初の1発には被物理ダメージ低下デバフが付いています。 そのため詠唱中に挑発スイッチが基本となります。 ちなみにこの デバフは効果時間30秒と長めなので、無敵で受けてもスイッチは必要です。 マーカーは受け渡しが可能で接触した人に移ります。 ヒーラー2名はタンク2名にそれぞれ1つずつデバフを受け渡して対処しましょう。 いわゆる アラガンロットと同じで一度感染した人は再度受け取れない仕様なので、タンクは受け取ったら無暗に動かないようにしてください。 また、他のDPSが取ってしまった場合は落ち着いてタンクに渡してください。 ちなみにこの攻撃がくる前に予めヒーラーがタンクに重なっていると楽ができます。 「 ピュアライト」はボスが四隅のどこかへワープした後に実行するボス前方全範囲に対する即死攻撃です。 唯一の安置はボスの背面の三角形部分のみとなります。 ボスが移動したら素早く追いかけてボスの背後に回ってください。 上記画像のとおりこの攻撃はボスのターゲットサークルの半分まで来ているので、めり込んでいるとアウトの判定を食らうときがありますから気を付けましょう。 デルタアタック(散開) 1:28 デルタアタック(散開) Re-3:05 デルタアタック(散開) この「 デルタアタック」は 全員に円形範囲攻撃がくるので重ならないように散開するギミックです。 散開イメージはこのようになります。 前述したDPS4人が対象になるヴァイス・アンド・ヴァーチューの項で、最終フェーズでは直後に散開ギミックがあるため、 必ず東西南北(マーカー位置)で捨てるようにしましょうと言っていた部分がこれになります。 「 ディメンションシフト」は強力な全体攻撃。 この攻撃実行と共に上記画像のような 白玉がボス周囲に8個出現します。 この 白玉は一定時間後に各白玉から一番近い対象へ向けて被魔法ダメージ増加デバフ付きの直線範囲ビーム(ピュアレイ)を発射するというギミックがありますので、1人1つ担当ということになります。 予め担当する白玉がマクロで決められています。 そして同時に使ってくる 「 パラダイスロスト」はボスからもっとも遠い4名の足元に5連続の円形範囲攻撃を実行するというもの。 この2つの距離系ギミックを上手く処理する必要があります。 ここは処理方法が大きくわけて2つあって、全員で1ヵ所にまとまって行動しながらボス周囲をぐるりと回るようにしてAoEを捨てていくやり方と、遠隔勢が誘導するやり方が存在しますが、火力的には近接がボスに張り付いて方向指定を取れた方が良いと思うのでここでは 遠隔勢が誘導するやり方をオススメします。 具体的な動きの手順としては、• パラダイスロストの詠唱が始まったら、タンク近接はボスに張り付く• 遠隔DPSとヒーラーは担当の白玉付近で待機• AoEが足元に出たら、円を描くようにAoEを捨てていく• 5回目のAoEが出たら全員が担当の白玉に近づいて外側で待機する• 白玉から直線範囲ビームが発射される• 綺麗に8方向へ発射されれば成功 このようになります。 これで直線範囲を他の人に当てることなく、綺麗に分散させることができるわけです。 担当する白玉にしっかり密着して確実に外側へビームを誘発させましょう! 【フェーズ2】雑魚フェーズ&dpsチェック!タンクはタゲを取って外向きに。 マナブーストは必ず止めよう 「 フラゴルマクシマス」は全体攻撃に加えて、ボスがターゲット不可になり「エデンガーデナー」という雑魚が2体登場します。 前方範囲攻撃があるため、 タンクが1体ずつタゲを取って外側を向けてください。 エデンガーデナーが登場するときは距離減衰全体攻撃を行ってくるので、マーカーC位置(南)にて待機して軽減などを使うと良いでしょう。 エデンガーデナーは「 マナブースター」という詠唱を行いますが、これは強化バフとなっていてバフがかかった状態の攻撃は即死レベルになってしまいます。 事実上倒すことが不可能となるため、マナブースターの詠唱は必ず中断させてください。 この雑魚フェーズには時間切れが存在し、一定時間以内に2体のエデンガーデナーを倒せないと雑魚が強制ワイプ技を使ってきます。 dpsチェックフェーズを兼ねているのでしっかり火力を出しましょう! 2体の雑魚を倒し終わるとボスは「 エターナルブレス」という履行技を行います。 非常に強力な全体攻撃で、この 演出がめちゃくちゃ長い上に演出中は一切行動できません。 最後の エデンガーデナーを倒した直後から約5秒程度で演出に入ってしまうため、倒し終わったら即座にHoTや範囲回復を入れてください。 ちなみに履行技演出は行動不能になってから約50秒ほどあります。 あと小ネタですが、 演出中でもキャラクターをターゲットすることは可能です。 履行技終了後はバラバラの位置に着地するためヒーラーをターゲットしておけば素早くヒーラーのもとに駆け寄って回復してもらうのに便利だったりします。 ヴァイスアンド・ヴァーチュー(タンク対象先頭デバフ頭割り) Re-0:11 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(タンク2名マーカーの直線頭割り、先頭のキャラにデバフが付くのでHTDDの順で受ける) Re-4:54 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(タンク2名マーカーの直線頭割り、先頭のキャラにデバフが付くのでHTDDの順で受ける) このフェーズ3から使ってくる「 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー」はタンク2名にマーカーが付きます。 その対象に対してボスから直線頭割り攻撃が行われますが、このとき 頭割りの先頭にいたプレイヤーには被物理ダメージ増加デバフが付与されます。 このデバフがタンクに付いてしまうとまずいので、 ヒーラーが一番先頭に立って4:4で頭割りすることでデバフをタンクに付けないようにすることができます。 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(DPS4名対象マーカー。 ペアで頭割り) Re-0:24 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(DPS4名にマーカー、2名ずつペアで頭割り) Re-5:07 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(DPS4名にマーカー、2名ずつペアで頭割り) この部分の「 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー」は DPS4名にマーカーが付与され、その対象へ向けての頭割り円形範囲攻撃となります。 2名で受けないと死んでしまうため、ここは タンクヒーラーとDPSでペアを作って頭割りします。 被魔法ダメージ増加デバフが数秒間付くため、他のペアの範囲に巻き込まれないように注意。 Re-0:39 デルタアタック(ダイナモ+タンク2名強円範囲+ランダム1名頭割り対象) フェーズ3の「 デルタアタック」も同様に技が変化しています。 このデルタアタックは ボス周囲のみ安地となる範囲攻撃(ダイナモ)、タンク2名に円形範囲攻撃(サンダガ)、タンク以外ランダム1名に付く頭割り(ファイガ)で構成されています。 序盤にもやったY字散開が役に立ちます。 基本は上記のようになっていれば特に問題なく処理可能。 ファイガは頭割りですが、いつもの頭割りマーカーは表示されませんので タンク以外はボス背面に固まっておきましょう。 回転ピュアレイの具体的な処理方法 では詳細な処理方法をみていきましょう。 白玉からは 45度ずつ間隔の空いた3本の直線ビームが発射されますが、 もっとも近いキャラクター位置に中心の直線がセットされて、以降はそこから回転しながら10連続攻撃を行います。 具体的な動きをgifアニメ化しました。 まずはこちらを見てください。 3方向直線範囲を誘導することでフィールド中央に安地ができるということと、どのように直線ビームが回転するのか視覚的にわかりますよね! 誘導役の遠隔勢4人は予め自分の担当する白玉がマクロで決まっています。 ここでは南北がヒーラー、東西が遠隔DPSとしています。 白玉がどちらに回転しているかは毎回ランダムとなっているので、その都度配置位置は異なるわけですが、どこに立てば良いのか忘れてしまうという場合は次のように覚えてください。 自分の担当する白玉と同じ位置に立つ• そこからカメラをボスに向けた状態にする• 青い矢印ならそのまま左側にずれる• オレンジ矢印ならそのまま右側にずれる このステップで覚えれば暗記で「青ひだり、オレンジみぎ」と唱えれば簡単にベストポジションに付けるので試してみましょう! 誘導のコツというか注意点ですが、 最初の3方向ビームのAoEが表示された時点で誘導位置が確定するので、それまでは指定場所で待機しておいてください。 確定したら中央へ退避。 この間も隕石が落下してくるため、魔法陣を壊しながらの作業となります。 近接が殴れるように、特に南北を担当するヒーラーは白玉に密着しておきましょう。 エデン・プライムが使ってくる技はここまでで全種類です。 あとは既出技の再登場ですから、時間切れまでにエデン・プライムを削り切れば、エデン零式覚醒編1層クリアとなります! エデン零式覚醒編1層マクロ例紹介。 ピュアレイ担当位置や散開場所を最初に確認しておこう! 野良で見かけたマクロなどを参考に、当ブログ記事の攻略方法に準拠したエデン零式覚醒編1層のマクロです。 コピペしてすぐに使うことができます。 PTや固定によって配置が違う点もあると思いますので、その際は改変等含めて自由に行ってください。

次の

【FF14】スペスペタイムライン~エデン零式1層~

エデン 零 式 1 層 タイム ライン

フォーティーンチャージボルトは最後尾のプレイヤーの攻撃が届きません。 DPSを出す場合ギリギリまで粘り、ボスの詠唱が7割までには定位置に付いておくように心がけましょう。 フィールドマーカー例 東西南北にA,B,C,Dを配置し、チェインライトニングの配置を13側と24側で分けたフィールドマーカーです。 チェインライトニングの立ち位置がわかりやすくなっています。 大きい杖3つから範囲攻撃が出るので、小さい杖の四隅に移動する。 (配置はランダム。 避雷バフが一番多い人を追いかけるので、STが雷玉を3個取り分離体から逃げる。 分離体に当たると即死。 途中赤いマーカーがつき、強攻撃。 雲係はフィールド四隅にそれぞれ散開し、雷係はボス下で散開する。 雲係はマーカーが消えたら中央に戻り、雷係は雲の下まで行って範囲攻撃に当たってから戻る。 フィールド縦ラインのノックバック攻撃。 チャージボルトのありなしで吹き飛ばされる距離が変化する。 4人ずつ2回に分けてプレイヤー中心範囲攻撃。 避雷バフが一番多い人を追いかけるので、STが雷玉を3個取り分離体から逃げる。 分離体に当たると即死。 途中赤いマーカーがつき、強攻撃。 元いた位置から離れて回避。 ㉒ 思念体生成 フィールド外の片側に馬が出現。 馬と反対側の杖の横にST以外の7人が並ぶ。 正しく位置取るとノックバック先で杖が壊れ範囲攻撃を回避できる。 ㉓ セントールチャージ ボスが外周に移動し、ボス正面に円範囲出現。 ST無敵orフルバフで受け、コンテンツアクションで「ふんばる」。 (失敗すると全滅。 ) ㉔ (チャージボルト) 次の攻撃強化( 雷玉を1個取る) ㉕ ステップトリーダー チャージあり:プレイヤー中心のドーナツ型範囲攻撃 チャージなし:プレイヤーがいた場所に小円範囲着弾 ㉖ チェインライトニング ヒーラーに受け渡し型のデバフ付与。 タンク以外で3:3の2グループに分かれ、デバフ受け渡しリレーをする。 避雷バフが一番多い人を追いかけるので、STが雷玉を3個取り分離体から逃げる。 分離体に当たると即死。 途中赤いマーカーがつき、強攻撃。 4人ずつ2回に分けてプレイヤー中心範囲攻撃。 馬と反対側の杖の横にST以外の7人が並ぶ。 正しく位置取るとノックバック先で杖が壊れ範囲攻撃を回避できる。 ノックバックで上下の馬を回避したら、左右の馬を見て1箇所だけある安置に駆け込む。 ST無敵orフルバフで受け、コンテンツアクションで「ふんばる」。 (失敗すると全滅。 雲係はフィールド四隅にそれぞれ散開し、雷係はボス下で散開する。 雲係はマーカーが消えたら中央に戻り、雷係は雲の下まで行って範囲攻撃に当たってから戻る。 タンク以外で3:3の2グループに分かれ、デバフ受け渡しリレーをする。 このとき雷担当者の範囲に当たると麻痺状態になるため、当たらないよう迂回して戻る。 ボスから近い4人に雷マーカー(タンク・近接が担当)、遠い4人に雲マーカー付与(ヒラ・遠隔が担当)。 詠唱完了時に担当マーカーが確定するので、ヒラと遠隔は散開図を参考にあらかじめ中央から離れておきましょう。 ライトニングフォース 雷雲生成のあとに来る技で、ボス中心のノックバック攻撃です。 堅実魔、アームズレングスが有効なので使っていきましょう。 フォーティーンチャージボルト 雷玉を1個必ず取りましょう。 フィールドの西と東に7本ずつの杖が出現します。 その後「思念体生成」を詠唱しフィールドの片側に一定時間後、突進する馬を出現させます。 マクロの場所に従い、馬と反対側の杖の横にボス基準で1列に並びます。 丸い円の中に入るとコンテンツアクションが使用可能になりますので、マクロ等で指定されたタンク(指定が無い場合は大体がST)は防御バフか無敵技を使用しコンテンツアクションを使用しましょう。 (ふんばれないと全滅。 ) その後にラムウが真ん中に突進するので、適切な位置に立っていると杖が折れギミックが消化出来ます。 遠距離ジョブは最後尾の定位置につくと距離が遠すぎて殴れません。 どうしても火力を上げたい場合は突進技の「セントールチャージ」詠唱完了まで1つ前の定位置で粘ります。 ラムウ突進後、馬が突進し逆サイドの杖から広範囲のが発生します。 このとき、杖が1本でも残っているとそこから巨大な即死級が発生し全滅します。 STはラムウの突進が終わったら素早くパーティメンバーと合流し、範囲を避けましょう。 ステップトリーダー(チャージボルト時) チャージボルト時の「ステップトリーダー」は詠唱完了後、個人個人にドーナツ型の範囲攻撃が出ます。 遠隔DPSとヒーラーは基本散開図を基点に散開しましょう。 タンクと近接DPSはボスのターゲットサークルを基点とし、MTとSTはボス正面で散開or重なる、近接はボスの後ろに集まりましょう。 (マクロで指定があればそれに従う。 ) 事前のチャージボルトの有り、無しは必ず確認しましょう。 チェインライトニング ヒラに一番近い対象に受け渡し型のデバフが発生します。 デバフは一定時間後に一番近い対象に受け渡され、その際にダメージが発生します。 マクロで指定された誘導係はフィールドマーカーで待機している人のデバフを受け取り、次の対象に近寄り受け渡します。 誘導係はフィールドマーカーで待機している人の隣で待機し、上下に移動するだけでOKです。 受け渡し時に対象に小範囲が発生するので近すぎないように注意です。 フォーティーンチャージボルト 2回目 処理方法は基本的に1回目と同様ですが、突進する馬が横列にも出現します。 横列の馬の間に隙間があるので吹き飛ばされ杖を折った後に隙間に滑り込みましょう。 パッチ5. イシュガルド復興• レイド 零式 共鳴編• 覚醒編• ノーマル 共鳴編• 覚醒編• 宝の地図• ジョブ• タンク• ヒーラー• DPS メレー• レンジ• キャスター• リミテッドジョブ• ギャザクラ• 漆黒のヴィランズ• 討滅戦• ノーマル• アライアンスレイド ヨルハダークアポカリプス• リターントゥイヴァリース• シャドウオブマハ• クリスタルタワー• 風脈 新フィールドの風脈の場所• エウレカ• NM情報• ハウジング•

次の

希望の園エデン零式:共鳴編3 マクロ&タイムライン

エデン 零 式 1 層 タイム ライン

タイムライン中に表示される時間は詠唱バーまたは範囲が表示された時点のものです。 以降Re-の表記で区別。 ギミック中に東西南北に出現するオブジェクトや、ギミック処理の散開位置を瞬間的に把握しやすいため便利です。 このように配置できれば準備完了です! さてエデン零式1層の解説を始める前に、1点注意しておくべき仕様があります。 前述のタイムラインを見てわかると思いますが、 1層のボスは「ヴァイス・アンド・ヴァーチュー」や「デルタアタック」など技名が全く同じなのに内容が違うという攻撃がたくさんあります。 正直私は個人的にこの仕様は好きになれないのですが、これが例の新しい試みなのか、あるいは大人の都合によるもの(わかりますね?)なのか……、真意は開発のみぞ知るというところですが、これは仕様なので諦めてください。 こういうわけで1層はすべて技が固定化されていますから、ある意味暗記してしまえば楽々という考え方もあります。 わかりやすく解説するために、タイムラインの部分も掲載しながら以下で詳しいギミックを見ていきましょう! ヴァイスアンド・ヴァーチュー(DPS対象設置型範囲) 0:18 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(DPS4人にマーカー、設置型の円範囲攻撃) Re-2:49 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(DPS4人にマーカー、設置型の円範囲攻撃) この「 ヴァイスアンド・ヴァーチュー」は DPS4人が対象となる対象者中心円範囲攻撃と、着弾地点にダメージ床が発生する攻撃です。 ダメージ床は結構な間残るので、ギミック処理の邪魔にならないように端の方で捨ててください。 初回はどこで捨てても構いませんが、 最終フェーズでは直後に散開ギミックがあるため、必ず東西南北(マーカー位置)で捨てるようにしましょう。 「 エデン・グラビデ」は全体攻撃です。 「 エデン・フレア」はいわゆるダイナモで、ボス直下の円形部分のみが安地となる攻撃です。 上記画像のとおり安地は小さめなのでしっかり集合してください。 ヴァイスアンド・ヴァーチュー(タンク2名対象マーカー、直線範囲) 0:42 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(タンク2名にマーカー、直線範囲) Re-2:31 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(タンク2名にマーカー、直線範囲) の「 ヴァイスアンド・ヴァーチュー」はタンク2名にマーカーが付き、対象へ向けての直線範囲がボスから発射されます。 この 直線範囲はかなり強力で、2つ同時に受けると死んでしまうためタンクは左右へ分かれて、DPSとヒラは巻き込まれないようにボス後方に待機。 ちょうどYの字になるようにしましょう。 このY字ポジションは別のギミックでも使いますので慣れておくと良いです。 「 スピア・オブ・パラダイス」は MT(ヘイト1位)に対しての2連続強攻撃で、最初の1発には被物理ダメージ低下デバフが付いています。 そのため詠唱中に挑発スイッチが基本となります。 ちなみにこの デバフは効果時間30秒と長めなので、無敵で受けてもスイッチは必要です。 マーカーは受け渡しが可能で接触した人に移ります。 ヒーラー2名はタンク2名にそれぞれ1つずつデバフを受け渡して対処しましょう。 いわゆる アラガンロットと同じで一度感染した人は再度受け取れない仕様なので、タンクは受け取ったら無暗に動かないようにしてください。 また、他のDPSが取ってしまった場合は落ち着いてタンクに渡してください。 ちなみにこの攻撃がくる前に予めヒーラーがタンクに重なっていると楽ができます。 「 ピュアライト」はボスが四隅のどこかへワープした後に実行するボス前方全範囲に対する即死攻撃です。 唯一の安置はボスの背面の三角形部分のみとなります。 ボスが移動したら素早く追いかけてボスの背後に回ってください。 上記画像のとおりこの攻撃はボスのターゲットサークルの半分まで来ているので、めり込んでいるとアウトの判定を食らうときがありますから気を付けましょう。 デルタアタック(散開) 1:28 デルタアタック(散開) Re-3:05 デルタアタック(散開) この「 デルタアタック」は 全員に円形範囲攻撃がくるので重ならないように散開するギミックです。 散開イメージはこのようになります。 前述したDPS4人が対象になるヴァイス・アンド・ヴァーチューの項で、最終フェーズでは直後に散開ギミックがあるため、 必ず東西南北(マーカー位置)で捨てるようにしましょうと言っていた部分がこれになります。 「 ディメンションシフト」は強力な全体攻撃。 この攻撃実行と共に上記画像のような 白玉がボス周囲に8個出現します。 この 白玉は一定時間後に各白玉から一番近い対象へ向けて被魔法ダメージ増加デバフ付きの直線範囲ビーム(ピュアレイ)を発射するというギミックがありますので、1人1つ担当ということになります。 予め担当する白玉がマクロで決められています。 そして同時に使ってくる 「 パラダイスロスト」はボスからもっとも遠い4名の足元に5連続の円形範囲攻撃を実行するというもの。 この2つの距離系ギミックを上手く処理する必要があります。 ここは処理方法が大きくわけて2つあって、全員で1ヵ所にまとまって行動しながらボス周囲をぐるりと回るようにしてAoEを捨てていくやり方と、遠隔勢が誘導するやり方が存在しますが、火力的には近接がボスに張り付いて方向指定を取れた方が良いと思うのでここでは 遠隔勢が誘導するやり方をオススメします。 具体的な動きの手順としては、• パラダイスロストの詠唱が始まったら、タンク近接はボスに張り付く• 遠隔DPSとヒーラーは担当の白玉付近で待機• AoEが足元に出たら、円を描くようにAoEを捨てていく• 5回目のAoEが出たら全員が担当の白玉に近づいて外側で待機する• 白玉から直線範囲ビームが発射される• 綺麗に8方向へ発射されれば成功 このようになります。 これで直線範囲を他の人に当てることなく、綺麗に分散させることができるわけです。 担当する白玉にしっかり密着して確実に外側へビームを誘発させましょう! 【フェーズ2】雑魚フェーズ&dpsチェック!タンクはタゲを取って外向きに。 マナブーストは必ず止めよう 「 フラゴルマクシマス」は全体攻撃に加えて、ボスがターゲット不可になり「エデンガーデナー」という雑魚が2体登場します。 前方範囲攻撃があるため、 タンクが1体ずつタゲを取って外側を向けてください。 エデンガーデナーが登場するときは距離減衰全体攻撃を行ってくるので、マーカーC位置(南)にて待機して軽減などを使うと良いでしょう。 エデンガーデナーは「 マナブースター」という詠唱を行いますが、これは強化バフとなっていてバフがかかった状態の攻撃は即死レベルになってしまいます。 事実上倒すことが不可能となるため、マナブースターの詠唱は必ず中断させてください。 この雑魚フェーズには時間切れが存在し、一定時間以内に2体のエデンガーデナーを倒せないと雑魚が強制ワイプ技を使ってきます。 dpsチェックフェーズを兼ねているのでしっかり火力を出しましょう! 2体の雑魚を倒し終わるとボスは「 エターナルブレス」という履行技を行います。 非常に強力な全体攻撃で、この 演出がめちゃくちゃ長い上に演出中は一切行動できません。 最後の エデンガーデナーを倒した直後から約5秒程度で演出に入ってしまうため、倒し終わったら即座にHoTや範囲回復を入れてください。 ちなみに履行技演出は行動不能になってから約50秒ほどあります。 あと小ネタですが、 演出中でもキャラクターをターゲットすることは可能です。 履行技終了後はバラバラの位置に着地するためヒーラーをターゲットしておけば素早くヒーラーのもとに駆け寄って回復してもらうのに便利だったりします。 ヴァイスアンド・ヴァーチュー(タンク対象先頭デバフ頭割り) Re-0:11 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(タンク2名マーカーの直線頭割り、先頭のキャラにデバフが付くのでHTDDの順で受ける) Re-4:54 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(タンク2名マーカーの直線頭割り、先頭のキャラにデバフが付くのでHTDDの順で受ける) このフェーズ3から使ってくる「 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー」はタンク2名にマーカーが付きます。 その対象に対してボスから直線頭割り攻撃が行われますが、このとき 頭割りの先頭にいたプレイヤーには被物理ダメージ増加デバフが付与されます。 このデバフがタンクに付いてしまうとまずいので、 ヒーラーが一番先頭に立って4:4で頭割りすることでデバフをタンクに付けないようにすることができます。 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(DPS4名対象マーカー。 ペアで頭割り) Re-0:24 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(DPS4名にマーカー、2名ずつペアで頭割り) Re-5:07 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(DPS4名にマーカー、2名ずつペアで頭割り) この部分の「 ヴァイス・アンド・ヴァーチュー」は DPS4名にマーカーが付与され、その対象へ向けての頭割り円形範囲攻撃となります。 2名で受けないと死んでしまうため、ここは タンクヒーラーとDPSでペアを作って頭割りします。 被魔法ダメージ増加デバフが数秒間付くため、他のペアの範囲に巻き込まれないように注意。 Re-0:39 デルタアタック(ダイナモ+タンク2名強円範囲+ランダム1名頭割り対象) フェーズ3の「 デルタアタック」も同様に技が変化しています。 このデルタアタックは ボス周囲のみ安地となる範囲攻撃(ダイナモ)、タンク2名に円形範囲攻撃(サンダガ)、タンク以外ランダム1名に付く頭割り(ファイガ)で構成されています。 序盤にもやったY字散開が役に立ちます。 基本は上記のようになっていれば特に問題なく処理可能。 ファイガは頭割りですが、いつもの頭割りマーカーは表示されませんので タンク以外はボス背面に固まっておきましょう。 回転ピュアレイの具体的な処理方法 では詳細な処理方法をみていきましょう。 白玉からは 45度ずつ間隔の空いた3本の直線ビームが発射されますが、 もっとも近いキャラクター位置に中心の直線がセットされて、以降はそこから回転しながら10連続攻撃を行います。 具体的な動きをgifアニメ化しました。 まずはこちらを見てください。 3方向直線範囲を誘導することでフィールド中央に安地ができるということと、どのように直線ビームが回転するのか視覚的にわかりますよね! 誘導役の遠隔勢4人は予め自分の担当する白玉がマクロで決まっています。 ここでは南北がヒーラー、東西が遠隔DPSとしています。 白玉がどちらに回転しているかは毎回ランダムとなっているので、その都度配置位置は異なるわけですが、どこに立てば良いのか忘れてしまうという場合は次のように覚えてください。 自分の担当する白玉と同じ位置に立つ• そこからカメラをボスに向けた状態にする• 青い矢印ならそのまま左側にずれる• オレンジ矢印ならそのまま右側にずれる このステップで覚えれば暗記で「青ひだり、オレンジみぎ」と唱えれば簡単にベストポジションに付けるので試してみましょう! 誘導のコツというか注意点ですが、 最初の3方向ビームのAoEが表示された時点で誘導位置が確定するので、それまでは指定場所で待機しておいてください。 確定したら中央へ退避。 この間も隕石が落下してくるため、魔法陣を壊しながらの作業となります。 近接が殴れるように、特に南北を担当するヒーラーは白玉に密着しておきましょう。 エデン・プライムが使ってくる技はここまでで全種類です。 あとは既出技の再登場ですから、時間切れまでにエデン・プライムを削り切れば、エデン零式覚醒編1層クリアとなります! エデン零式覚醒編1層マクロ例紹介。 ピュアレイ担当位置や散開場所を最初に確認しておこう! 野良で見かけたマクロなどを参考に、当ブログ記事の攻略方法に準拠したエデン零式覚醒編1層のマクロです。 コピペしてすぐに使うことができます。 PTや固定によって配置が違う点もあると思いますので、その際は改変等含めて自由に行ってください。

次の