葵龍雄。 [B!] 「クソガキどもを糾弾するホームページ」とは?葵龍雄の正体…実名事件簿HP

クソガキどもを糾弾するHP

葵龍雄

取材・文 はじめまして。 京都 嶋原 末廣屋の葵太夫と申します。 たんとの方に、正しく知ってもらえたらええなぁと思うてます。 どうぞよろしゅうおたのもうします。 まず最初に、「嶋原(しまばら)」とは? というところからお話させてもらいます。 日本最古の花街である「嶋原」は、遡ること600年程前の室町時代に「傾城町(けいじょうちょう)」という遊里(ゆうり)が許可され、ここに「傾城局(けいじょうきょく)」が置かれたのが核となっています。 その後、応仁の乱などの戦火にまみえながら転々としている内に、豊臣秀吉が天下を統一。 一応の落ち着きを見せたものの、都は荒れ、盗賊なども現れておりました。 そんな都を建て直すのは並大抵ではあらしまへん。 実はその手段として正式に花街が造られたんどす。 場所は二条柳馬場。 柳のたおやかさを生かし、町が整備されます。 そしてここが、日本初の「公許花街 柳町(こうきょかがい やなぎまち)」として誕生しました。 遊びをここに集約し、男性も女性もここで浮き世を忘れて遊んでも、一歩外へ出るとしっかり仕事をする。 その後、徳川家康の時代になり、二条城の造営にからみ南の方へ移転。 「六条三筋町(ろくじょうみすじまち)」となります。 ここは大層繁栄し、有名な吉野太夫や夕霧太夫もこの頃どす。 太夫とは、「正五位」の別称で、これは十万石の大名に相当し、帝の宴席にも呼ばれる身分どした。 町衆文化から生まれた芸妓・舞妓のお客様は、町の旦那衆。 それに対し、太夫は公家文化から生まれ、お客様は公家や大名。 この「六条三筋町」には公家のお通いも多く、太夫も御所へ出入りをしておりました。 そんなあるとき事件が起こります。 御所へよく出入りをする女性の車。 どこかのご摂家の奥方だと思っていた、時の所司代・板倉周防宗重が、花街の太夫と知り大いに憤慨。 風紀上良くない!と「朱雀野(しゅしゃかの)」へ急な移転を命じます。 この移転騒動の様子が長崎で起こった「島原の乱」に似ている……というので、ここは「嶋原」と呼ばれるようになります。 寛永18年、1641年のことどす。 移転先の「朱雀野」の周りは田んぼや畑ばかり。 人家も無く、「嶋原の 塀も染まるや 藍畑」という歌まで残っている京の都の外れどす。 一時は繁栄した時代もありましたが、地の利には勝てず、祇園等の他の町におされてしもぉて、衰退していきます。 そしてとうとう映画でも有名になってます「輪違屋」、一軒残すのみとなってしまいました……。 うちもここに所属をしてました。 皆さんに支えられ、2014年に母である司太夫が葵太夫とともに独立をし「末廣屋」という置屋を始めました。 さて、次回は「太夫」について等、お話さしてもらおうかと思います。 またぜひ見とくれやす。 おおきに!! 京都支部/京都嶋原 末廣屋 葵太夫 【おすすめ記事】.

次の

葵太夫物語~花街の道も葵(2)日本に5人しかいない「太夫」|ハッケン!ジャパン

葵龍雄

このページは一度削除されています。 削除に関する議論はをご覧ください。 記事としての問題点 [ ] 「推測されている」「推考される」「疑問視する者も後を絶たない」などといった一連のフレーズが多用されていますが、それが誰の推測(推考)なのか、誰の疑問なのかという点を曖昧にしたままの表現であり、出典が示されていないので気になります。 もしもそれが当該箇所を執筆した個人の推測や疑問であるなら、ここは百科事典なのだから、そうした個人的感懐を述べるには場違いでしょう。 あやふやな憶測や「はてな」以外に出典が出て来ないのであれば、検証可能性を満たしていないという理由から記事そのものを削除してもいいのではないかと考えております。 -- 2007年5月24日 木 22:06 UTC ・ウェブサイト運営において、身の安全を考え、正体をほとんど明かしていない。 否定的な見解の人も多いですし。 著名人などが表立って批判していないから 批判の声はない、一般人の批判は参考材料にならない、というなら削除の対象かもしれませんが。 -- 2007年5月25日 金 05:10 UTC --サインはテンパわたるが明示しました ・被害者の関係者の思惑などについての記述は私が書き換えておきました。 しかしまぁ、実際にいるもんなんですねぇ、サスペンスドラマの中の世界と現実の世界の区別がつかない人が…。 関係者の加害者への恨みや悔しさを理解もせずに「復讐を望んでいると決め付けるのは良くない」だの言っちゃってまぁ…。 -- 2007年6月3日 日 09:17 UTC 私のにコメントをいただいたので参りました。 で、どうもコメントの内容がいまいち理解できないのですが、私に対して「個人的な記述はするな」という事なんでしょうか?私は記事の初期から関わっていますが、あくまでも「WP:NOTに違反する「意見表明・個人的な考え方」などを削除」という立場で雑草取りをしたり、文体を見やすく項分けしたりをしていたので、特に加筆はしていないのですがねぇ。 できれば、私のどの修正が個人的な記述に当たるのか、明示していただきたいです。 私のでもOKです。 216さんの事でした。 主に「復讐を望んでいると決め付けるのは良くない」みたいな記述を行ったのはこの人でしたので。 ちなみに、葵の情報収集の方法にケチをつけだした人もまた別にいましたし。 ただ、テンパさんは雑草取りをする際に、これらの葵の情報収集が曖昧だと決め付けたり、被害者の関係者の事を「復讐を望んでいるとは限らない」などといった思い込み丸出しな記述に限って残したわけです。 -- 2007年6月4日 月 10:36 UTC 手間をかけて申し訳ないのですが、私がを行っている以上、自分自身の問題点も明確化しておきたいと思います。 が雑草取りの編集ですが、「雑誌などの断片的情報からの判断~」、という部分は以前からそのままの引き継ぎです。 また、 私がルールではないので、全ての雑草が抜けるとは思っていません。 そもそも、このホームページも見たことありませんから。 私がこの編集で抜いたものは、「加害者より葵はずっとまともな考えをもっている」「~葵に感謝しなくてはならない」など、あからさまに執筆者個人の主観に基づくものを抜き、後は文体の修正です。 必要があれば他の人が抜き忘れを抜くことができます。 私は加筆もしておりませんし、編集合戦もしておりません。 それに対して、私のノートには揚げ足をとるような攻撃的な文章で書き込みがなされました。 207. 171. 223さんへ。 私の方へも「テンパわたる」さんと同様のメッセージが届きましたが 意味がわかりません。 「要出典」などの項目をよく読んでください。 つけようと思えば「要出典」は何にでもつけられるわけですからキリがなくなります。 またコメントアウトも、する以上はどの記述部分がガイドラインのこれこれに該当するので 削除します。 などの説明があるべきです。 それをノートで提示し、誰からも異論反論がなく、ガイドラインに沿っているとなれば 削除をすればいいわけで、個人的判断のみで説明もしないで一方的に削除改変を行うのは 編集合戦の泥沼に陥ります。 きちんとした説明・手順を踏んで、削除なり改変なりを行ってください。 -- 2007年6月20日 水 06:01 UTC 61から始まるIPアドレスの方が1人で何度も削除編集や偏った編集をしておられるようですが、 他のほとんどの編集者さんが、あなたの編集を「主観が過ぎる」と判断されているわけで 過去の編集を見てもノートでの議論無しに都合の悪いと思われる箇所をごそっと削除したり 編集合戦の要因となるような偏った編集ばかりしています。 wikiのルールに則り、きちんとどのような削除理由に該当するのか一度、ノートで問題提起をしたり 議論を経てから削除編集は行ってください。 ちょっと気に食わないから(自分の考え方にそぐわないから)という理由だけで 削除を繰り返しては、編集合戦の要因にしかなりません。 きちんとルールを守ってください。 -- 2007年7月10日 火 06:31 UTC あの~、「要出典」とかが貼られてた(しかも私が最初に貼ったのではない)書き込みは結局あれから出典となる資料がみつからなかったから仕方なく消しただけのことなんスけど~。 それを「自分の考えに合わない」だの「ただ単に葵を崇拝してるだけ」だの…。 それこそ心外だね。 -- 2007年7月25日 水 02:18 UTC その件に限らず、「都合の悪い文章」を61からはじまるIPのあなたが大量削除しているのは履歴を見れば明白です。 wikiでは、まず編集(特に削除)の場合は、ノートなどで削除に値する理由を述べた上で 賛同を得られるか、反対が無ければ行うべきで、自分の意に沿わないからと言って 即削除を繰り返しては編集合戦となり、保護措置などになって悪循環になるだけです。 明確な「削除の理由」が提示できないのであれば、「気に食わないから」という あなた個人の価値観・判断だけで削除をする理由にはならないのです。 (事実、あなたは外部リンクの1つを 「これの内容こそ、書いた本人による主観のオンパレード。 全く使い物にならない」という 個人的主観のみで削除しています。 ) これはこの項目だけでなく、どこの項目でも同じことです。 同じことを他の人からも言われているのに、まだ理解できないのでしょうか? 「心外」だと言うなら、何故ルールを守らないのでしょうか?よく考えてください。 -- 2007年7月27日 金 17:55 UTC あのー、Number氏から「論評は書くな」って指摘があった矢先にまたいきなり「葵の思惑に偏る」とか書いちゃっていいんすか?多分また消されまっせ。 後の「被害者遺族に許可をとってない」といった部分については葵のHP内での発言を明記してあったからこっちは大丈夫なんでしょうけど。 -- 2007年8月23日 木 03:47 UTC 確かに論評っぽくなっていたので、Number氏の削除は問題ありません。 なので、事実のみを客観的に明記しています。 葵氏のサイトで葵氏個人の判断のみによって報復・復讐の判断をされているのですから 「葵の思惑に偏る」とするのは当然でしょう。 遺族の許可や確認を取っていないと、あなたのおっしゃる通り、 葵氏はHPで明記しているわけですから。 「遺族の賛同のもと、報復活動をしている」という事実がなければ 「個人の主観に偏って行われている」というのは確固たる事実です。 百歩譲って「偏っている」を削除するだけならともかく、「遺族に許可を取っていない」という事実まで丸々削除する あなたの編集の方が「偏っている」んではないですか?何度指摘しても、都合の悪いと思われる部分を何の相談も議論もなく 大量削除するのは相変わらずですね。 -- 2007年8月24日 金 06:40 UTC 「差分」をちゃんと見ましたか?私は間隔が空きすぎてたりしてたのを埋めただけなんです。 今回は削除なんかしてませんぞ。 -- 2007年8月24日 金 12:08 UTC.

次の

クソガキどもを糾弾するHP

葵龍雄

復活や閉鎖を重ねるサイト ご存知ない方が多いと思いますが、インターネット上で葵龍雄と名乗る人物が「クソガキどもを糾弾するホームページ」という名のホームページを開きました。 このクソガキどもを糾弾するホームページは少年犯罪者を取り扱ったホームページとなっており、様々な問題があることから国や警察機関から閉鎖をされましたが、自然と再度葵龍雄が復活させ、「クソガキどもを糾弾するホームページ」をインターネット上に公開したりしています。 このことにより国や警察も敏感になり、守秘義務、法律を守ろうと閉鎖の試行するものの復活閉鎖を重ねているのが現状です。 さらにはこのクソガキどもを糾弾するホームページはインターネット上でも検索しない方がいい言葉、サイトといったものに認定されているほどで、観ても気分が悪くなるような内容の物ばかりです。 今回はそんなクソガキどもを糾弾するホームページについてご紹介していきます。 クソガキどもを糾弾するホームページは実名事件簿HP? 葵龍雄を名乗る人物が作るクソガキどもを糾弾するホームページですが、先ほどもご紹介したように少年犯罪者を取り上げたサイトとなっています。 これがなぜ問題なのかというとこのクソガキどもを糾弾するホームページは実名で事件簿が公開されているホームページであるということです。 本来の少年事件などは今後の子どもの未来、成長にも大きく関わってくるため、特定できるような顔、姿、実名などは伏せられるのですが、クソガキどもを糾弾するホームページでは過去に起きた少年犯罪者の実名事件簿、名簿リストが全部公表されているということです。 そのため、国や警察機関が注意視しており、見つけ次第閉鎖しているのです。 少年法が無視されている!実名事件簿名簿リストの公開「クソガキどもを糾弾するホームページ」 先ほども少しご紹介しましたが「クソガキどもを糾弾するホームページ」はかなり問題視されています。 これはなぜかというと、やはり少年犯罪者の実名事件簿、名簿リストが公に公開されていることです。 これは日本での「少年法第61条」に違反しており、日本の法律、少年法では少年の成長を妨げるとして成長発達の援助として審判を非公開にするというものを無視していることになります。 たしかに軽い重いに関わらず犯罪を犯した少年犯罪者は反省、罪を償わないといけないとおもいますが、実名で事件簿を公表、名簿リストを実名で公表してしまうとその少年犯罪者の子が改心して外に出ても社会生活に馴染めるとは到底思えません。 特に社会性を知っている大人だとそのような事実を気にしてしまうことが多くそれでなくても事件を起こした当時は噂でもちきりであろうに対して改心して出てきても同じような噂をされると思うともう逃げ場がない人生の終焉と思っても過言ではないと思います。 そのようなことがないように少年法で定められているのでどのような感情で「クソガキどもを糾弾するホームページ」を葵龍雄は開示しているのかはわかりませんが、あまり心地のいいものではないと言えます。 「クソガキどもを糾弾するホームページ」のオーナー「葵龍雄」 少年犯罪者の実名名簿リストをインターネット上で公開している「クソガキどもを糾弾するホームページ」のオーナー「葵龍雄」。 この「葵龍雄」は何者かというと正体が実はまだ分かっていません。 というのもこの「クソガキどもを糾弾するホームページ」自体が日本で開設されたものではなく、台湾で開設されているのです。 これは何故かというと、本人も自身のブログにてホームページの趣旨について語っていますが台湾で開設した理由はこの少年法第61条に引っかかることを分かりながら公表するので身元を逆探知、ばれないようにするためです。 このことからもわかるように「葵龍雄」は確信犯です。 葵龍雄や賛同者は愉快犯では? さらに「葵龍雄」は自分自身「あおいたつお」や「きりゅうゆう」、「きろんう」というように自称しています。 国籍は日本や中国、台湾ということで隠していますが、在日に詳しいことは確かだと共に日本の法律に詳しすぎる点や少年犯罪者に詳しい、実名簿リストを所持していることから日本人であることが推測されます。 この「葵龍雄」自身の身内、周りの人で少年犯罪を起こされた人がいるかもしれないのですが、過去の少年犯罪者を取り上げるとともに、過去の遺族、少年犯罪を起こした家族を無理矢理再度引き出す、正直愉快犯の犯行としか思えない状態となっています。 自分はよかっても忘れたい、触れないでほしいだろう遺族の気持ちを考えていない所から浅はかさが伺えもっと周りの人の事も真剣に考えて頂きたいです。 閉鎖、復活を繰り返す「クソガキどもを糾弾するホームページ」 国や警察機関によってプロバイダーによる閉鎖、削除をされている「クソガキどもを糾弾するホームページ」ですが、閉鎖削除されているのにも関わらず復活を繰り返します。 これは何故かというと、ホームページの管理者である「葵龍雄」と、その賛同者が復活させていると考えられます。 さらにこの「クソガキどもを糾弾するホームページ」は復活するたびに再度閉鎖、削除されないようにウイルスが流れるような仕組みになっており、サイトを開くとウイルスが自然に流れるような設定、サイトを開けばウイルスに感染して故障、探知をできる状態へと行うとされています。 このことからもわかるようにかなり悪質な対応をしているとされています。 ウイルスを仕組める時点で葵龍雄や賛同者にパソコンの知識、ウイルスの知識に長けている人がいることが分かり、消されないように抵抗、ウイルスを流しているということが分かります。 さらに問題なのはウイルスだけでなく、管理者「葵龍雄」や賛同者の身元を偽る所です。 もちろん確信犯なので偽るでしょうが、本人が「クソガキどもを糾弾するホームページ」に載せる犯罪者の基準が自分の感情ということを言っており、あたかも自分が正義の味方のような自分の事しか考えていないということが伺えます。 そして少年犯罪者は反省、罪を償うべきですが、法律に基づいた執行を受けるべきだと考えます。 クソガキどもを糾弾するホームページに対する2chの反応 クソガキどもを糾弾するホームページに対する2chの反応は正直相手にしていない人が多いです。 2ch内では確かにクソガキどもを糾弾するホームページに対してのコメント、葵龍雄やウイルスに対してのコメントが載せられていますが、結果的には封鎖を望んでいる人が多く、大変の人が相手にしていないのが事実です。 実際にも2chでもクソガキどもを糾弾するホームページのURLを張る人がいる様子ですが、2chの住人および2chの管理人によりしっかり閉鎖されているので出回っていません。 2chでの討論はあるもののやはりこのような事では感化されないのが2chの特徴だとも言えます。

次の