志村 けん 予言。 志村けんが2020年に死ぬという占いを出していた方は居ますか?...

【2062未来人】”世界の志村けん”に!?42年後の未来はこうなる

志村 けん 予言

室町時代創建の東京・東村山市にある古刹。 その一角に、ひときわ大きな墓がひっそりとたたずんでいる。 きれいに掃き清められ、花立てには彩りにあふれた真新しい花が供えられている。 線香の燃え跡が残り、周囲にはまだ香りが漂っていた。 その傍ら、先祖代々の戒名が記された墓誌に、先日、新たな戒名が刻まれた。 「瑞心院喜山健徳居士」 ここには、3月29日に新型コロナによる肺炎で急逝した、さん(享年70)が眠っている。 最愛の母・和子さん(享年96)と共に。 訃報から2か月余り。 突然の別れとなった長兄の知之さん(73才)は、「まだ亡くなった実感がない」としながらも、「納骨が終わってホッとした」と複雑な胸の内を口にする。 「四十九日の前に、家族のみで納骨しました。 新しく建てたのではなく、先祖代々250年続くお墓です。 けんは妻も子供もいなかったので、両親や、じいちゃんばあちゃんたちと一緒にゆっくりしてもらえればと思ってね」 先祖代々の墓は、長男が受け継ぐケースが多い。 志村さんのように3人兄弟の末っ子で妻子がなく、突然の死を迎えた場合、墓問題は迷走することも少なくない。 ましてや、志村さんは遺言も残していないとされている。 葬送・終活ソーシャルワーカーの吉川美津子さんが言う。 「先祖代々のお墓に、長男しか入れないという決まりはありません。 そのお墓を管理している祭祀継承者が了解すれば、入ることができます。 志村さんの場合はお兄さまや親族との関係が良好だったので、揉め事もなく、スムーズに入ることができたのでしょう」 生前の志村さんは多忙の合間を縫って、正月には母・和子さんと知之さん一家が暮らす実家を訪れている。 結びつきが強かった兄弟らしく、葬儀や納骨などは兄らが取り仕切ったという。 葬儀で使われた志村さんの遺影も、知之さんが住む実家に戻っている。 その遺影の話題になると知之さんの表情が緩み、懐かしそうにこんなエピソードを教えてくれた。 「遺影にした写真は10年くらい前のもので、鶴瓶さん(・68才)と一緒に撮った一枚なんです。 母親が、鶴瓶さんとけんのテレビ番組に出演したことがあるんですけど、その撮影の合間に撮った写真なんです。 出来上がった写真を見て、いい笑顔だなって思ってね。 ほかにも写真はたくさんあるんですけど、この鶴瓶さんと写ってる写真がいちばんいい。 あのけんの表情が、ずっと頭に残っていたんですよ」(知之さん) 志村さんと鶴瓶は50年来のつきあいで、1998年からは年に1度、正月の特別番組で共演している。 プライベートでも仲がよく、鶴瓶は志村さんの母親とも親交を深めていた。 その間柄は、晩年の志村さんに大きな影響を与えている。 志村さんは今年、NHKの連続テレビ小説『エール』への出演や、映画『キネマの神様』の初主演など、70才を機に俳優業に力を入れていた。 それでも鶴瓶さんは、志村さんの俳優姿を見たいと口にしていたんです。 面と向かっては言いませんが、そのやりとりが、志村さんの中にずっと残っていた。 となると、遺産の行方も気になってしまう。 「けんが飼っていた2匹の愛犬は、有難いことに知り合いが引き取って世話をしてくれています。 決まったのはこれくらい。 三鷹にあるけんの家にはもう誰もいませんが、今後あの家をどうするか、遺品をどうするのか、遺産はどれくらいあったのか、まだまだ話し合いもできていない状況です」(知之さん) 志村さんの死後の手続きは、まだ始まったばかりのようだ。

次の

「志村けんさんはクラブで感染」デマで誹謗中傷 お店も風評被害

志村 けん 予言

2020年3月23日未明、お笑いタレントの志村けんが新型コロナウィルスに感染。 陽性と判明し、現在に至るまで闘病を続けている。 志村は重度の肺炎で、現在は人工心肺をつけて治療にあたっているといい、国民的人気者の病状を案じるファンや芸能界だけにとどまらず、各界からも心配の声が多く相次いでいる。 志村は新型コロナウイルスで倒れる直前まで仕事をしており、『天才! 志村どうぶつ園』や『志村でナイト』などのレギュラー番組を抱えているほかにも特番などにも出演、3月4日にはフジテレビの『志村けんのだいじょうぶだぁ』に登場するなど元気な姿を見せていた。 さて『志村けんのだいじょうぶだぁ』だが、実はこの日の放送において、志村が新型コロナウイルスに感染する未来を予測していたシーンが放送されていたのではないか、という都市伝説が話題になっている。 この日の『だいじょうぶだぁ』では、志村が演じる名物キャラのひとつ「ひとみばあさん」が登場。 千鳥・大吾と「ひとみばあさんのマッサージ」をテーマに丁々発止のやり取りを演じていた。 ひとみばあさんは設定は高齢ゆえ、ところどころに体の不調のあるキャラクターなのだが、この日ひとみばあさんは大吾を目の前にして強く咳込むと、思わず大吾が「ばあさん!肺壊れてんのか!」と思わず突っ込むというシーンがあった。 もちろん、この時点では志村がコロナウイルスに感染している訳ではない。 また、人前で咳き込むひとみばあさんというのも、このコントではお馴染みのギャグであるため、全くの偶然と思われる(今改めて見ると、なんともドキっとさせられるギャグではあるが……)。 しかし、このように奇しくも自分の近将来を予測したかのようなシーンであったのだ。 全国の子供からお年寄りまでがおそらく同じ気持ちであるだろうが、ここに稀代のスーパースター志村けんの早期回復を願う。 (文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部) 画像『 』.

次の

【2062未来人】”世界の志村けん”に!?42年後の未来はこうなる

志村 けん 予言

(71)がさん(享年70)の代わりに映画「キネマの神様」で主演を務めると発表された。 ネットでは「最高の代役」と喜ぶ声が上がっている。 山田洋次監督(88)が「家族」をテーマに制作する同作だが、志村さんが亡くなったことや緊急事態宣言の影響で撮影が中断している。 各メディアによると、そんななかで制作陣は「作品を完成させることが志村さんへの供養になる」と考え沢田にオファー。 沢田はこうコメントしているという。 「志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です」 もともと同じ事務所の先輩後輩という間柄だった沢田と志村さん。 テレビやラジオ、そして舞台で何度も共演してきた。 「ブレイクの時期が重なる2人は当時、風貌も似ていると話題でした。 それを活かし、沢田さんが志村さんの鏡に写された姿を演じるというコントもありました。 沢田さんはアイドルにもかかわらず、志村さんの無茶振りにきちんと対応。 そのことが、沢田さん人気をさらに押し上げたのです。 何より志村さんも晩年に『すごかった』と沢田さんのコントスキルを讃えていました。 2人は01年から1年半ほどラジオ番組『ジュリけん』(文化放送)でレギュラーを共にしていましたが、そこでも仲睦まじい様子でした」(芸能関係者) そのため今回の代役にもネットでは《志村さんからジュリーへ! このバトンの引き継ぎはグッとくるものがあるな!》《二人のこれまでの縁、信頼があってこその配役で、志村さんもきっと安心しているんじゃないかなぁ》《志村からジュリーへ!こんな最高な代役ないだろ。。。 ジュリーは男だなあ》と喜ぶ声が上がっている。 沢田にとって14年ぶりの映画出演となる今作。 さらに特別なものとなりそうだ。 外部サイト.

次の