ジョイフル 本田 ガソリン。 【おすすめ】全国ホームセンターの価格を比較してランキングにしてみました。1番安いのはここです!大型・小型・売上高は関係無しのガチンコ対決です

ジョイフル本田

ジョイフル 本田 ガソリン

業者 [ ] 独立系の事業者、業態は多岐にわたる。 大手では、流通系の、会員制小売のが全国展開している。 地方では限定だが、のが有名。 昔の無印スタンド時代から継続する業者は少ない。 多くは石油メーカー(大手元売)系列であったが、仕入れ価格の不透明、ディーラーヘルプの曖昧さなどから、独自ブランドに代わったもの。 総合商社ブランド(、、)を掲げるものも少なくない。 2010年代後半以降、大手元売の業界再編と製油所の集約化もあり、業転玉の流通量が減ったため、大手元売りの系列に入る業者も出ている (先述したジョイフル本田も、スタンド事業をに譲渡している )。 利点 [ ] と呼ばれる業者間転売品を取り扱っていることが多く、元売りの系列スタンドより数円/L程度安いことが多い。 品質の安全性確保 [ ] (8年)に、ガソリンスタンドの法律 揮発油販売業法)が「」に改称されて、石油元売系列に属しないスタンドは「10日に1回の分析」が義務付けられた。 から指定された分析業者が、スタンドで販売サンプルを回収して、やはり指定機関で詳細分析している。 石油元売系では「元売が保証」しているという理由で「1年に1回」の分析であるため、 最近の品質問題は元売系列スタンドで発生しがちである。 [ ] リスク [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2018年4月) 劣化 [ ] ・・は、の多い日本では劣化しやすく、などの異常燃焼や、プラグかぶり、バルブ汚れ、燃料ポンプやの腐食に繋がりやすい。 業転玉は、複数の元売業者の出荷拠点を転々とした後にされることが多いことから、劣化している場合もあり [ ]、そうしたものを使用すれば、前述のような不具合が生じる可能性がある。 ただし、元売り会社の看板を掲げながら業転玉を扱うスタンドも実在するので、注意が必要である。 しかしながら、無印スタンド全部が全部業転玉だけを扱っていることは無く、誤解を生じ易い。 なぜなら、業転玉がそうしょっちゅう入手できる訳ではなく、無印ローリーを使って元売から調達することが多々ある [ ]。 ただ、後述の不正ガソリン取締り強化により、無印スタンドのイメージが悪化したため、元々元売とコネクションを持っていたスタンドは、正式に元売系のスタンドに看板を変えてしまうケースが多い [ ]。 日常的に行くスタンドには、搬入に元売り会社のロゴが入ったが来ているかどうか観察しておくと良い とする指摘もあるが [ ]、 その元売会社のロゴは、ゴム磁石を切り抜いて印刷したものなどであり、手で剥がして他の石油元売会社のロゴに簡単に変更し、また戻す事ができるようになっている [ ]ため、タンクローリーのロゴを観察することはあまり意味を持たない。 ただ少なくとも、「 無印ローリー」と呼ばれるロゴが入っていないタンクローリーが頻繁に出入りしているところは業転玉の可能性が高い と言える [ ]。 も劣化したものを使用すれば、煤が発生したり、異常燃焼を起こして、機械が故障するので注意したい。 混入ガソリン [ ] 「安ければ良い」という技術的知識の無いユーザーに対し、ハイオクガソリンとしてレギュラーガソリンを混ぜたり、レギュラーをハイオクと称して販売したりする等、悪質なケースが近年でも見られる が、こうした行為は一概に行為とは言い切れない。 これはJIS規格では無鉛レギュラーガソリンはオクタン価85以上、はオクタン価95以上と定められているが、現状各社石油元売オクタン価100のハイオクガソリンを供給しているため、95価までなら下げても(レギュラーで薄めても)触法行為と言えないためである(ただし、100価であることを謳っている場合はが成立する)。 ただしこのような行為を行っているスタンドのガソリンの質が保たれているとは言い難いため、万一給油時に異臭がしたり、車の調子がおかしくなったりした場合は混入を疑うべきである。 ではこのようなケースに遭遇した場合には最寄りのに通報するよう呼びかけている。 しかしガソリンは灯油や軽油にくらべて単価が高く運転資金が必要で、価格変動のリスクもあるため、ガソリンを在庫する事は業者にとってもっとも避けるべきであるため、中間業者は、末端の販売業者(ガソリンスタンド)から注文を受けた時点で、石油元売業者へタンクローリを配車してガソリンを引取り、貯蔵せずにそのまま末端の販売業者へ届けるのが一般的である。 末端の販売業者は、納入された時点で、タンクローリーが、どの元売業者のどの拠点で何時何分に積み込んだガソリンであるかを、積み込んだ時で発行された石油元売発行の伝票で確認できる。 何かを混入させるためには、ある程度の時間が必要となるので、積み込み時刻である程度推定できる。 したがって、末端業者の店頭で販売されたガソリンに品質問題があるとすれば、その原因の多くは中間販売業者によるものではない。 ただし、中間業者による不正が全くないとは断言できない。 国税庁はスタンドに対しても飛び込みで安いガソリンの売り込みがあった場合は注意するよう呼びかけている。 不正軽油 [ ] 灯油や重油から、いわゆる「抜き」をした(詳細は該当項目参照)を、販売店に売りつける行為も存在する。 これも、元売り直営ではないスタンドに対して多い行為である。 ただ、不正軽油自体がで違法なため、元売り系フランチャイズスタンドでは販売されていない(もし知れると、元請けからフランチャイズを解除されたり、元請けに対し膨大な損害金を支払うことになったりする)。 灯油、A重油は確かに自動車用軽油に近いが、・以降の現在の高性能ディーゼルエンジンに給油し続けた場合、悪影響が強い。 セタン価が若干だが異なる他、硫黄分が改定されている(軽油がもっとも少ない)。 特に硫黄分は、排ガス浄化装置への悪影響を取り除くためのものなので、不正軽油を給油し続けると、やはり燃料噴射装置の故障、バルブリセッション、排ガス浄化装置の故障につながる可能性が高い。 またこれらの故障は、から見ると原因が特定可能な為、不正軽油と見抜かれて通報される。 この場合、知らずに使用していた末端ユーザー自身は、逮捕・起訴まではされなくとも、不正軽油取締の為、どこで給油したのか警察や検察や国税庁から事情聴取を繰り返される可能性は高い。 不均一 [ ] の場合、様々な添加剤が配合されているが、これは石油元売り会社によって異なる。 備考(サービスエリアなど) [ ] (を含む)のまたはに併設されているのうち、下り線の店舗が無印スタンドとして営業されている(度は営業休止していた)。 (大塚隆史)、2020年4月26日(同日閲覧)。 プレスリリース , 出光興産株式会社, 2020年2月3日 , 2020年4月26日閲覧。 ダイヤモンド・チェーンストアオンライン. 2020年2月5日. 2020年4月26日閲覧。 ただしの『レーザーバーナー』は、構造上耐性がある。 読売新聞2012年4月25日 [ ]• 関連項目 [ ]• (旧・双日エネルギー) - コスモ系列になるまでは、「」のブランドで展開している例もあった。 PB この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の

ジョイフル本田 瑞穂店(東京都西多摩郡瑞穂町大字殿ケ谷/ホームセンター)

ジョイフル 本田 ガソリン

すでに一部の店舗は看板掛け替えや改修工事が始まり、6月までに全7店舗の譲渡作業が完了する予定だ。 ジョイフル本田は千葉や茨城などにあるホームセンターのうち、7カ所でセルフ式のガソリンスタンドを運営。 15カ所の灯油スタンドも営業し、ガソリン・灯油販売で136億円の年商があった 2019年6月期。 いずれも出光に譲渡し、今後は出光の子会社が運営する。 「お客さんを根こそぎ奪われた」 店舗数こそ限られたが、ジョイフル本田のガソリンスタンドは相場よりも安く給油できる店舗として知られ、週末には給油待ちの車が多く連なった。 周辺のある元売系列のガソリンスタンド経営者は、その安売りぶりをこう振り返る。 「ひどい時には他店よりは1リットル当たり10数円安かった。 お客さんを根こそぎ奪われて、近隣にあった個人経営の零細スタンドはほとんどがつぶれたよ」。 ホームセンターが本業のジョイフル本田にとって、併設するガソリンタンドは集客装置。 ガソリンスタンド自体で儲けが出なくても、それでホームセンターへの来店客が増えさえすれば、会社としての帳尻は合う。 さらに、ガソリンの調達ルートにも安さの秘密があった。 製油所を抱える石油元売りは、自社のブランド看板を掲げる系列店にガソリンを卸す一方で、余剰分をノーブランド品として燃料商社などに販売する。 業界では前者が「系列玉」、後者は商社経由で転売されるので「業転玉」と呼ばれている。 いずれもガソリンの品質自体は同じだ。 ただし、元売りが系列スタンドに正規の価格で卸す系列玉と違って、余剰分に当たる業転玉は安く燃料商社に販売されてきた。 そうした業転玉を正規の系列玉より割安な価格で仕入れて販売してきたのが、ジョイフル本田のような独自のブランド看板を掲げた、いわゆるプライベートブランドのスタンドである。 会社側はガソリン需要の先細りが主因と説明するが、かつてのように安い業転玉の大量仕入れが難しくなったこともある。 背景にあるのが石油元売りの大きな変化だ。 近年、石油元売り業界では大きな再編があった。 エネオス系列網を有する最大手のJXホールディングスと東燃ゼネラル石油が2017年に経営統合し、JXTGホールディングスが誕生。 2019年4月には、出光が昭和シェル石油と経営統合した。 これによって、石油業界はシェア5割を握るJXTG、同3割の出光、そしてコスモエネルギーホールディングスを加えた3社による寡占時代を迎えた。 薄利の商習慣を改めた 再編を進める一方で、石油元売りは自前の製油所の能力削減を実施。 乗用車の燃費改善やHV・EVの普及などでガソリン需要が細る中、余剰な精製設備を抱えていては稼動率が下がり続け、供給過剰で価格も叩き合いになるからだ。 実際、能力削減を進めた結果、直近の国内全製油所合計の原油処理能力は、2010年当時と比べて24%も減っている。 再編による寡占化で価格支配力を強め、かつ段階的な精製能力削減で需給ギャップを解消し、需要縮小下でも安定的な収益を確保するーー。 こうした生き残り戦略を選んだ元売り各社は、業転玉についても販売のあり方を見直し、その供給量自体を絞ると同時に従来のような薄利の販売慣習を改めた。 安値で放出された業転玉はガソリン市況を崩す一因となり、結局は元売りの首を閉める形になっていたからだ。 こうした元売り各社の方針転換によって、かつてのように大量の安い業転玉が市中に流れることはなくなった。 特に大きなインパクトがあったのが、3年前のJXホールディングスと東燃ゼネラルの経営統合だ。 東燃ゼネラルはもともと製油所設備の過剰度が高く、大量の余剰ガソリンを業転玉として放出してきた経緯がある。 それを苦々しく思っていたのが、ほからなぬ、最大手で統合相手となったJ X。 2017年の2社統合後、旧東燃ゼネラルの余剰ガソリンは旧JX側の販売網に吸収され、業転玉の供給量が大幅に減った。 これで困ったのが、ガソリンスタンドの約2割を占めるプライベートブランド系のスタンドだ。 プライベートブランド系の中には元売りとの直接取引を行っているところもあるが、調達するガソリンのほとんどが業転玉だったところも多い。 従来のような条件で大量の業転玉を調達できなくなれば、最大の武器である価格競争力を失い、ビジネモデル自体が成立しなくなる。 ジョイフル本田にしても、以前のようなガソリンの安売りは採算的に難しくなっていた。 元売り系列に入る動きも ジョイフル本田に限らず、安価な業転玉によって商売が成立していたガソリンスタンドは厳しい状況に追い込まれている。 同じく本業の集客装置としてセルフ式の格安ガソリンスタンドを展開するコストコにおいても、かつてほどの安い価格設定はできなくなっているとされる。 さらに規模の小さなプライベートブランド系に至っては、「事業を継続するために看板を付け替えて、元売り系列に入る動きも出ている」 元売り関係者。 寡占化と需給調整により、元売りの収益は改善傾向にある。 2013年度にJXの石油精製事業は775億円の経常赤字、東燃ゼネラルの営業益は黒字ながらわずか17億円だった。 その後、国内ガソリン需要は1割近く減ったが、統合してJXTGになってからの全体の業績は営業利益で1687億円 2017年度 、2424億円 2018年度 と収益性はむしろ向上している。 JXTGは2020年秋に大阪製油所の石油精製を終了し、さらに原油処理能力を減らす考えだ。 ガソリン需要が細る中で、自らの生き残りのために採算重視の経営へと大きく舵を切った石油元売り各社。 寡占化と供給サイドの調整によって、その価格支配力が一段と高まり、かつてのようなプライベートブランド系を中心とするガソリンの安売り風景は姿を消しそうだ。

次の

格安のガソリンスタンドが消えていく事情 ジョイフル本田が給油事業を出光興産に譲渡

ジョイフル 本田 ガソリン

ジョイフル本田の運営するスタンドは買い物したついでに給油するお客さんが多かった(記者撮影) 関東地盤のホームセンター大手、ジョイフル本田がガソリンスタンドの運営から撤退し、2020年4月から順次、元売り大手の出光興産に店舗を譲渡する。 すでに一部の店舗は看板掛け替えや改修工事が始まり、6月までに全7店舗の譲渡作業が完了する予定だ。 ジョイフル本田は千葉や茨城などにあるホームセンターのうち、7カ所でセルフ式のガソリンスタンドを運営。 15カ所の灯油スタンドも営業し、ガソリン・灯油販売で136億円の年商があった(2019年6月期)。 いずれも出光に譲渡し、今後は出光の子会社が運営する。 「お客さんを根こそぎ奪われた」 店舗数こそ限られたが、ジョイフル本田のガソリンスタンドは相場よりも安く給油できる店舗として知られ、週末には給油待ちの車が多く連なった。 周辺のある元売系列のガソリンスタンド経営者は、その安売りぶりをこう振り返る。 「ひどい時には他店よりは1リットル当たり10数円安かった。 お客さんを根こそぎ奪われて、近隣にあった個人経営の零細スタンドはほとんどがつぶれたよ」。 ホームセンターが本業のジョイフル本田にとって、併設するガソリンタンドは集客装置。 ガソリンスタンド自体で儲けが出なくても、それでホームセンターへの来店客が増えさえすれば、会社としての帳尻は合う。 さらに、ガソリンの調達ルートにも安さの秘密があった。 製油所を抱える石油元売りは、自社のブランド看板を掲げる系列店にガソリンを卸す一方で、余剰分をノーブランド品として燃料商社などに販売する。 業界では前者が「系列玉」、後者は商社経由で転売されるので「業転玉」と呼ばれている。 いずれもガソリンの品質自体は同じだ。 ただし、元売りが系列スタンドに正規の価格で卸す系列玉と違って、余剰分に当たる業転玉は安く燃料商社に販売されてきた。 そうした業転玉を正規の系列玉より割安な価格で仕入れて販売してきたのが、ジョイフル本田のような独自のブランド看板を掲げた、いわゆるプライベートブランドのスタンドである。 会社側はガソリン需要の先細りが主因と説明するが、かつてのように安い業転玉の大量仕入れが難しくなったこともある。 背景にあるのが石油元売りの大きな変化だ。 近年、石油元売り業界では大きな再編があった。 エネオス系列網を有する最大手のJXホールディングスと東燃ゼネラル石油が2017年に経営統合し、JXTGホールディングスが誕生。 2019年4月には、出光が昭和シェル石油と経営統合した。 これによって、石油業界はシェア5割を握るJXTG、同3割の出光、そしてコスモエネルギーホールディングスを加えた3社による寡占時代を迎えた。 薄利の商習慣を改めた 再編を進める一方で、石油元売りは自前の製油所の能力削減を実施。 乗用車の燃費改善やHV・EVの普及などでガソリン需要が細る中、余剰な精製設備を抱えていては稼動率が下がり続け、供給過剰で価格も叩き合いになるからだ。 実際、能力削減を進めた結果、直近の国内全製油所合計の原油処理能力は、2010年当時と比べて24%も減っている。 再編による寡占化で価格支配力を強め、かつ段階的な精製能力削減で需給ギャップを解消し、需要縮小下でも安定的な収益を確保するーー。 こうした生き残り戦略を選んだ元売り各社は、業転玉についても販売のあり方を見直し、その供給量自体を絞ると同時に従来のような薄利の販売慣習を改めた。 安値で放出された業転玉はガソリン市況を崩す一因となり、結局は元売りの首を閉める形になっていたからだ。 こうした元売り各社の方針転換によって、かつてのように大量の安い業転玉が市中に流れることはなくなった。 特に大きなインパクトがあったのが、3年前のJXホールディングスと東燃ゼネラルの経営統合だ。 東燃ゼネラルはもともと製油所設備の過剰度が高く、大量の余剰ガソリンを業転玉として放出してきた経緯がある。 それを苦々しく思っていたのが、ほからなぬ、最大手で統合相手となったJ X。 2017年の2社統合後、旧東燃ゼネラルの余剰ガソリンは旧JX側の販売網に吸収され、業転玉の供給量が大幅に減った。 これで困ったのが、ガソリンスタンドの約2割を占めるプライベートブランド系のスタンドだ。 プライベートブランド系の中には元売りとの直接取引を行っているところもあるが、調達するガソリンのほとんどが業転玉だったところも多い。 従来のような条件で大量の業転玉を調達できなくなれば、最大の武器である価格競争力を失い、ビジネモデル自体が成立しなくなる。 ジョイフル本田にしても、以前のようなガソリンの安売りは採算的に難しくなっていた。 元売り系列に入る動きも ジョイフル本田に限らず、安価な業転玉によって商売が成立していたガソリンスタンドは厳しい状況に追い込まれている。 同じく本業の集客装置としてセルフ式の格安ガソリンスタンドを展開するコストコにおいても、かつてほどの安い価格設定はできなくなっているとされる。 さらに規模の小さなプライベートブランド系に至っては、「事業を継続するために看板を付け替えて、元売り系列に入る動きも出ている」(元売り関係者)。 寡占化と需給調整により、元売りの収益は改善傾向にある。 2013年度にJXの石油精製事業は775億円の経常赤字、東燃ゼネラルの営業益は黒字ながらわずか17億円だった。 その後、国内ガソリン需要は1割近く減ったが、統合してJXTGになってからの全体の業績は営業利益で1687億円(2017年度)、2424億円(2018年度)と収益性はむしろ向上している。 JXTGは2020年秋に大阪製油所の石油精製を終了し、さらに原油処理能力を減らす考えだ。 ガソリン需要が細る中で、自らの生き残りのために採算重視の経営へと大きく舵を切った石油元売り各社。 寡占化と供給サイドの調整によって、その価格支配力が一段と高まり、かつてのようなプライベートブランド系を中心とするガソリンの安売り風景は姿を消しそうだ。 外部サイト.

次の