かさね が ふち。 累

真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)とは

かさね が ふち

怪談噺 ばなし。 三遊亭円朝 えんちょう 21歳(1859)の作といわれ、当初の演題は『累ヶ淵後日 ごにち の怪談』。 説教話材『祐天上人 ゆうてんしょうにん 一代記』(累解脱 かさねげだつ 物語)に取材した先行の累狂言を潤色、脚色した長編。 円朝は1872年(明治5)素噺 すばなし に転向したのち口演するに際し、文明開化に怪談は通用しないとの漢学者信夫恕軒 しのぶじょけん の意見を入れ、「神経」をもじった「真景」の題で評判をよんだ。 速記により活字化されている。 安永 あんえい 2年(1773)12月20日、根津 ねづ 七軒町の鍼医 はりい 宗悦 そうえつ が、貸し金の催促から旗本の深見新左衛門に殺されるのが発端。 新左衛門はその亡霊と誤って妻を殺し、乱心のうえ非業の死を遂げる。 深見家は改易になり、長男新五郎と乳飲み子の次男新吉は別れ別れに成長、新五郎は勤め先の質店 しちみせ に奉公する宗悦の次女お園にほれるが、嫌われたすえ誤って殺して逐電、のち召し捕らえられて打ち首になる。 20年後、新吉は宗悦の長女で富本の師匠、豊志賀 とよしが とふとした縁でわりない仲になるが、豊志賀は年上の女の悋気 りんき から、若い女弟子お久 ひさ と新吉の間を疑ったあげく、腫物 できもの から面相も変わり、新吉の女は7人まで取り殺すとの遺書を残して悶死 もんし。 新吉はお久と下総 しもうさ 羽生 はにゅう 村に落ち延びる途中、豊志賀の霊に悩まされてお久を殺し……と、因果の糸に操られた新吉は深見の家に縁ある人々を次々と手にかけたすえ、輪廻 りんね の恐ろしさに自害する。 1898年(明治31)歌舞伎 かぶき 化されて以来たびたび舞台にもかけられているが、噺のほうでも上演頻度の多い「豊志賀の死」のくだりを中心とすることが多い。 [関山和夫] 『『三遊亭円朝全集1』(1975・角川書店)』 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の

真景累ヶ淵~三遊亭圓生・桂歌丸【動画】

かさね が ふち

近代落語の祖・三遊亭圓朝の代表作のひとつ『怪談 真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)』は、人間の色と欲、そしてさまざまな因縁が複雑に絡み合った一大巨編として名高い傑作です。 桂歌丸は生前この噺に熱心に取り組み、2008年、5枚シリーズとして一度世に出しました。 その作品は当然、完成度の高いものでしたが、師はこれに満足せず、さらに磨きをかけ、2012年から2014年にかけて収録した高座を7枚のシリーズにまとめ直したのが、本作〔語り直して〕シリーズです。 こちらのCD全集では、師の迫真の高座を音声でお楽しみいただけます。 より上質な作品を追求する師の良心と意欲の溢れたこのシリーズは、思わず聞き漏らしてしまいそうな人物の機微、目に浮かぶような事件の場面描写、「なるほど!」とうならせる名場面……などなど、桂歌丸の真骨頂とも言える、生き生きとした高座となっています。 冒頭からその落ち着いた語り口にすっと噺の世界に引き込まれ、あっという間に物語が進んでゆく……。 まさしく名人の域に達した師の落語世界に、存分に酔いしれることができます。 桂歌丸『怪談 真景累ヶ淵』CD全7巻 お支払い方法は、 クレジットカード支払いが選べます。 こちらの商品は、クレジットカード決済(一括払い)となります。 お届け時間帯のご指定可 返品について 商品到着後8日以内でしたら、お客様の返送料のご負担のみでキャンセル・返品を承ります。 なお、一部商品について、8日以内でも返品不可の場合がございますのでご注文前に本商品ページにてご確認ください。 万一、商品に不備・不良があった場合は、責任を持って良品と交換いたします。

次の

【累

かさね が ふち

原作 漫画 「累 -かさね-」松浦だるま 監督 佐藤祐市 出演者 土屋太鳳、芳根京子、浅野忠信、横山裕 公開時期 2018年 ジャンル サスペンス 累 -かさね- あらすじ 淵累 ふち・かさね は、大女優・淵澄世の娘として生まれながら、子供の頃、顔に大きな傷を負ったことで、自分の容姿に激しい劣等感を抱えて生きていた。 累は、母・澄世から不思議な口紅を受け継いでいた。 その口紅を塗ってキスをすると、キスをした相手と顔が入れ替わるのである。 澄世の13回忌法要の日。 澄世の知人である羽生田という男が現れ、累に口紅の秘密を自分も知っていると話す。 羽生田は、芸能関係者で、丹沢ニナという美貌の女優のマネジメントをしていた。 事情があり、女優の仕事が上手くいっていないニナのために、羽生田は累に、 口紅を使ってニナと顔を入れ替え、ニナの代わりに女優をやってほしいと持ち掛ける。 累 -かさね- ツイッターの反応 これだよ、これを待っていた! 芳根京子や浅野忠信もいいが土屋太鳳が全てを喰らい尽くしていき、現代最高峰にいる若手女優の貫禄を見せつける! 後半は身じろぎすら出来ず固唾を呑むしかない圧倒的な魅力に目頭が熱くなる 本作最高の演出はEDにAimerを選んだことでしょう! 必見です! — 物語るカメ 井中カエル monogatarukame 『累-かさね-』を観てきました。 『土屋太鳳!土屋太鳳すごいよ!!土屋太鳳!!」って。 感想がそれしか出てこない。 土屋太鳳すごい。 特に、凄かったのは土屋太鳳。 彼女が演じる美貌の女優・丹沢ニナは、高飛車で意地悪。 主人公・累の容姿を醜いと罵るばかりか、ハイヒールで踏みつける悪女ぶりで、普段のイメージとのギャップに、唖然としました。 さらに、「キスで顔が入れ替わる」という設定は、土屋、芳根の二人がそれぞれ、自分の顔で相手のキャラクター 内面 を演じることを、意味します。 下手に演じると、どちらがどちらかわからなくなるところを、二人はまったく混乱させません。 顔がどちらでも、ニナはニナだし、累は累。 出来上がった作品だけ観ると簡単にやっているように見えますが、相当難易度が高いお芝居ではないかと思います。 若手女優二人のハイレベルな芝居対決を見るだけでも、「累 -かさね-」には一見の価値がありました。 ストーリーの方は、当初、若手演出家・烏合をめぐるニナと累の三角関係が中心。 てっきり烏合を巡って、ドロドロした女の争いが最後まで続く話かと思ったのですが、違いました。 烏合の件は、ほんの序章に過ぎす、累の顔の傷の秘密も絡んで、次第に ニナの人生を丸ごと乗っ取ろうとする、累の凄まじい狂気が描かれていきます。 故意にニナを昏睡させるといった非道な手段も使い、ニナの顔だけでなく、すべてを奪おうとする累。 最初の方は、不幸な累に肩入れする気持ちで観ていましたが、次第にニナが哀れに思えてきます。 どちらにも共感できず、二人が一体どうなるのか、途中から結末が気になって仕方ありませんでした。 個人的に予想していたラストは、ニナが累に反撃し、累の恐ろしい企みを回避する逆転劇です。 ところが、実際は、ニナが逆転することはなく、 累はニナの人生を完璧に乗っ取った…という形で、映画は終わります。 正直、結末には、やや拍子抜けした感はありました。 それでも、映画としてつまらなかったかと言えば、決してそうは思いません。 なぜなら、「累 -かさね-」という映画は、最初から最後まで、「何か恐ろしいこと」が起きそうな緊張感に満ちていて、 怖いけれど先に進みたい、お化け屋敷のような期待感で、観客を惹きつける作品だったからです。 言い換えれば、結末がそれほど意外でなくても、観ている間の緊張感と期待感だけで満足できるという、個人的にあまり観たことがないタイプの映画でした。 ちなみに、観る前に想像していたようなホラー要素やショッキングな映像などは、意外にもほとんどありません。 人間ドラマやサスペンスに興味があれば、幅広い層が楽しめそうな作品なので、怖そうだから…と避けている人も、心配せずに鑑賞してみてほしいと思います。 累 -かさね- を観た人にオススメの作品 「春待つ僕ら」 人気コミックを映画化した青春ラブストーリー。 一般的な土屋太鳳さんのイメージは、こちらではないでしょうか。 本作とのギャップに注目です。 当ブログの管理人です。 アメリカに住み始めたことをきっかけにNetflixを使い始めて、いつの間にかNetflixに限らず、動画配信サービス VOD にハマってしまいました。 今ではテレビを持たず、U-NEXT・Netflix・dTV・Hulu・Amazonプライム・Paravi・FOD・DAZN・dアニメストア・TSUTAYA TVの 10つのVODに登録していて、合計で月額約10,000円です。 自分でもバカだなあと思いますが、それぞれのVODにそれぞれの良さがありますし、これだけ登録していると本当に「好きな時に好きな場所で好きな作品」を観ることができます。 「好きな時に好きな場所で好きな作品」、魅力的なフレーズですね。 個人の意思が尊重される現代にはぴったりのサービスだと思います。 1つでもVODに登録しておくと暇つぶしの幅が一気に広がります。 まだVODに1つも登録していない方は、どれか1つ登録してみてはいかがでしょうか。 ぜひ、あなたに合ったVOD探し、お手伝いさせてください。

次の