愛媛 県 コロナ ニュース。 【愛媛県】新型コロナウイルス感染者一覧!感染経路まとめ【最新版】|ゆるぴっく

【愛媛県】新型コロナウイルス感染者一覧!感染経路まとめ【最新版】|ゆるぴっく

愛媛 県 コロナ ニュース

まず、この「緊急事態宣言」解除後の国の方針についておさらいします。 政府は、5月25日から7月31日までの約2か月間を移行期間と定め、この期間で、感染の状況を確認しつつ段階的に社会経済の活動レベルを引き上げていくことにしています。 この移行期間における『外出自粛』、『イベント開催制限』、『施設使用制限の要請』等について、6月1日~、6月19日~、7月10日~のそれぞれの段階ごとに緩和されます。 このうち、『外出自粛』について、見てみます。 この『外出自粛』については、『県をまたぐ移動』と『観光』に分けられて示されています。 まず、『県をまたぐ移動』について、6月1日~18日は、5月25日に「緊急事態宣言」が解除された東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、北海道の5都道府県の相互間と、5都道府県と他の府県間の不要不急の移動については、慎重な検討を求められています。 そして、6月19日~全面的に緩和される予定です。 続いて、『観光』については、5月25日~6月18日、県内での観光を徐々に再開。 6月19日~7月31日、県をまたぐ観光についても徐々に緩和。 そして、8月1日~全国的に観光が緩和される予定です。 このため、5月25日の『緊急事態宣言』の全面解除を踏まえた6月1日以降の愛媛県の対応に注目が集まっていました。 こうした中、5月29日に中村知事からその方針が発表されました。 中村知事は、『緊急事態宣言』の全面解除と、松山市内の病院の大規模クラスターの発生などを踏まえた上で、警戒レベルについて、「市中に感染が広がっている状況にはないと判断するものの、現時点で警戒を緩めて、ただちに【感染縮小期】に移行することは適当でない」などとして、6月1日~18日まで【感染警戒期】を継続することとしました。 その上で、この期間を【感染縮小期】への移行期間と位置付けています。 まずは、『事業者』についてです。 さらに首都圏や北海道などへの出張には注意し、テレワークや時差出勤の継続を求めています。 続いて、『観光』についてです。 愛媛県は、3密回避などの感染防止策を徹底し、まずは、県内観光の振興から徐々に取り組んでいきたいとしています。 言い換えれば、県をまたぐ観光は、6月18日までは控えて欲しいということです。 その理由について、松山市の野志市長は、「道後温泉本館は、非常に誘客力があるところなので、開けてしまうと、県外から来る方もいるのではないかということから判断した」としています。 この道後温泉本館の臨時休館については、5月11日までの期限が5月31日に延長されていたものが、さらに6月18日まで再延長されたことになります。 この状況について、道後の旅館や土産物店などの関係者は、「段階的に自粛が少しづつ緩和していく、一歩進んだという意味で、まずは、一つの安心。 しっかり対策を徹底して、第二波、第三波に向けてもウィズコロナの中で買物客が安心できる環境を作りたい」などと、前向きな意見がある一方、「本館が開かないと道後に客が来てくれない。 延期がずっと続くと残念」などと、再開延期に肩を落とす意見もありました。 さらに、松山市に対して、「できれば再開する場合でも延期する場合でも、1週間から10日前に発表してもらわないと店の準備ができない」などといった、切実な意見もありました。 最後に『休業要請』についてです。 愛媛県は、5月31日まで、パチンコ店やカラオケ店、バー、スナック、ライブハウスなどの遊興・遊技施設に対して、条件付きの休業を要請していました。 これについては、6月1日から休業要請をしないこととしました。 一方で、ドアや窓の解放、来客数の制限などの3密回避策の徹底や感染防止に向けた業種別ガイドラインの実践などについて、協力を求めることにしています。 全国的に緩和ムードが広がる中、北九州市でクラスターが発生するなど早くも感染流行第2波の懸念が浮上しています。 緊急事態宣言の発令などに伴う長期間の外出自粛の影響で、愛媛県内はもとより、世界的に経済は冷え切ってしまいました。 『感染拡大防止』と『経済活動の再開』の両立が大きな課題となる中で、今後は、様々な場面で、県民一人一人の慎重な判断が求められることになりそうです。

次の

コロナ差別反対 松山から シトラスリボン運動、県内で賛同の輪(愛媛)(愛媛新聞ONLINE)

愛媛 県 コロナ ニュース

5月14日更新 現在愛媛県の新型コロナウイルス感染者は68名です。 死亡者は3名。 4月21日より、一週間以上連続で コロナ 陽性ゼロでしたが、5月3日にまた感染者が出てしまいましたね。 一度は落ち着いたと思われた愛媛県のコロナウイルス。 しかし、5月13日に松山市の牧病院で集団感染。 5月14日現在で20人の感染が発表されています。 3月2日に愛媛県コロナウイルス初の感染者が出てから、続々と感染者が増えています。 【新型コロナ 愛媛で感染初確認】 愛媛県は2日、同県愛南町の40代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 複数の感染者が確認された大阪市のライブハウスを訪れていた。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics あまり発表されていませんが、愛媛県でも死亡者が出ています。 感染経路や、感染者をまとめ、随時追記しています。 読みたい場所へジャンプ• 愛媛県のコロナウイルス感染者一覧 愛媛県のコロナウイルス感染者の一覧です。 松山市:26名• 愛南町:6名• 砥部町:2名• 内子町:2名• 新居浜市:3名• 西予市:1名• 不明:4名 日付 居住地 年代・性別 3月2日 愛南町 40代女性(会社員) 3月4日 松山市 30代女性(会社員) 3月17日 松山市 30代女性(海外勤務会社員) 3月26日 新居浜市 40代女性 3月30日 松山市 50代男性(自営業) 3月30日 松山市 60代男性(自営業) 3月30日 松山市 80代男性(無職) 3月30日 松山市 80代女性(無職) 3月30日 松山市 4月2日 松山市 80代男性(無職) 4月2日 松山市 40代女性(会社員) 4月2日 新居浜市 50代男性(団体職員) 4月3日 砥部町 60代女性 4月3日 砥部町 60代女性 4月3日 松山市 0歳 4月3日 新居浜市 50代女性(無職) 4月3日 4月3日 4月3日 4月3日 4月4日 内子町 50代男性(公務員) 4月5日 愛南町 50代女性 4月7日 松山市 30代男性(会社員) 4月8日 内子町 10代男性(高校生) 4月8日 松山市 30代男性(公務員) 4月9日 松山市 30代女性(無職) 4月10日 愛南町 60代女性(自営業) 4月10日 愛南町 60代男性 4月11日 松山市 女性(公務員) 4月11日 松山市 4月13日 松山市 40代女性(会社員) 4月13日 松山市 50代男性(会社員) 4月13日 松山市 50代女性(会社員) 4月13日 松山市 60代男性(会社員) 4月13日 松山市 60代男性(会社員) 4月13日 愛南町 40代女性 4月13日 愛南町 10代未満女性 4月14日 松山市 50代男性 4月14日 松山市 40代女性 4月15日 松山市 50代余生(会社員) 4月16日 松山市 30代男性(会社員) 4月18日 松山市 90代女性 4月18日 松山市 90代女性 4月18日 西予市 60代男性(会社員) 4月19日 松山市 20代女性(会社員) 4月20日 松山市 20代女性(会社員) 4月21日 松山市 50代女性(松山中央病院の看護師) 5月3日 松山市 50代女性 5月13日 松山市 5月13日 松山市 5月13日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 5月14日 松山市 愛媛県のコロナウイルス感染経路まとめ• 大阪市のライブハウス• 東京都からの転勤• 葬儀場• 横浜旅行 3月2日 大阪のライブハウス 【新型コロナ 愛媛で感染初確認】 愛媛県は2日、同県愛南町の40代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 複数の感染者が確認された大阪市のライブハウスを訪れていた。 — Yahoo! 県内の感染者は計12人に。 男性は3月30日に東京から転勤先の新居浜市に転居。 4月1日に38・5度の熱やだるさを訴え、「帰国者・接触者相談センター」に相談。 2日に陽性が確認された。 全員が葬儀場での集団感染のケースを含めた濃厚接触者。 — Yahoo! 県立内子高校の50代男性教諭。 先月末、横浜市に私用の旅行。 今月1日、2日は学校に勤務し部活動を指導も、 昨日発熱、検査の結果、今日陽性判明。 愛媛県内での陽性確認は、 今回の1人を含め20人となった。 昨日までに3人の感染が判明、この病院の関係者の感染は計20人となった。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics コロナウイルスに感染したらどこの病院を受診すべき? 愛媛県民でコロナウイルスに感染したら、どこの病院に受診しればいいのかまとめました。 愛媛大学医学部付属病院 住所:東温市志津川454 電話番号: 代表 愛媛県新居浜病院 住所:新居浜市本郷3丁目1番1号 電話番号: 西条中央病院 住所:西条市朔日市804 電話番号: 今治市医師会市民病院 住所:今治市別宮町7丁目1-40 電話番号: 愛媛県立中央病院 住所:松山市春日町83番地 電話番号: 松山赤十字病院 住所:松山市文京町1 電話番号: 西条市と今治市は現在まだコロナウイルス 感染者の発表はありませんが、それ以外の病院には、 コロナウイルスに感染した人が受診、または入院しているということになりますね。 現在、どこの病院に行っても、コロナウイルスのような症状はないか?確認をとられます。

次の

【愛媛県】西予市で初の新型コロナウイルス感染者が確認されました。同僚も体調不良の方がいるそうです。(号外NET)2020年4月17、18日で新型コロナウイルスの感…|dメニューニュース(NTTドコモ)

愛媛 県 コロナ ニュース

まず、この「緊急事態宣言」解除後の国の方針についておさらいします。 政府は、5月25日から7月31日までの約2か月間を移行期間と定め、この期間で、感染の状況を確認しつつ段階的に社会経済の活動レベルを引き上げていくことにしています。 この移行期間における『外出自粛』、『イベント開催制限』、『施設使用制限の要請』等について、6月1日~、6月19日~、7月10日~のそれぞれの段階ごとに緩和されます。 このうち、『外出自粛』について、見てみます。 この『外出自粛』については、『県をまたぐ移動』と『観光』に分けられて示されています。 まず、『県をまたぐ移動』について、6月1日~18日は、5月25日に「緊急事態宣言」が解除された東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、北海道の5都道府県の相互間と、5都道府県と他の府県間の不要不急の移動については、慎重な検討を求められています。 そして、6月19日~全面的に緩和される予定です。 続いて、『観光』については、5月25日~6月18日、県内での観光を徐々に再開。 6月19日~7月31日、県をまたぐ観光についても徐々に緩和。 そして、8月1日~全国的に観光が緩和される予定です。 このため、5月25日の『緊急事態宣言』の全面解除を踏まえた6月1日以降の愛媛県の対応に注目が集まっていました。 こうした中、5月29日に中村知事からその方針が発表されました。 中村知事は、『緊急事態宣言』の全面解除と、松山市内の病院の大規模クラスターの発生などを踏まえた上で、警戒レベルについて、「市中に感染が広がっている状況にはないと判断するものの、現時点で警戒を緩めて、ただちに【感染縮小期】に移行することは適当でない」などとして、6月1日~18日まで【感染警戒期】を継続することとしました。 その上で、この期間を【感染縮小期】への移行期間と位置付けています。 まずは、『事業者』についてです。 さらに首都圏や北海道などへの出張には注意し、テレワークや時差出勤の継続を求めています。 続いて、『観光』についてです。 愛媛県は、3密回避などの感染防止策を徹底し、まずは、県内観光の振興から徐々に取り組んでいきたいとしています。 言い換えれば、県をまたぐ観光は、6月18日までは控えて欲しいということです。 その理由について、松山市の野志市長は、「道後温泉本館は、非常に誘客力があるところなので、開けてしまうと、県外から来る方もいるのではないかということから判断した」としています。 この道後温泉本館の臨時休館については、5月11日までの期限が5月31日に延長されていたものが、さらに6月18日まで再延長されたことになります。 この状況について、道後の旅館や土産物店などの関係者は、「段階的に自粛が少しづつ緩和していく、一歩進んだという意味で、まずは、一つの安心。 しっかり対策を徹底して、第二波、第三波に向けてもウィズコロナの中で買物客が安心できる環境を作りたい」などと、前向きな意見がある一方、「本館が開かないと道後に客が来てくれない。 延期がずっと続くと残念」などと、再開延期に肩を落とす意見もありました。 さらに、松山市に対して、「できれば再開する場合でも延期する場合でも、1週間から10日前に発表してもらわないと店の準備ができない」などといった、切実な意見もありました。 最後に『休業要請』についてです。 愛媛県は、5月31日まで、パチンコ店やカラオケ店、バー、スナック、ライブハウスなどの遊興・遊技施設に対して、条件付きの休業を要請していました。 これについては、6月1日から休業要請をしないこととしました。 一方で、ドアや窓の解放、来客数の制限などの3密回避策の徹底や感染防止に向けた業種別ガイドラインの実践などについて、協力を求めることにしています。 全国的に緩和ムードが広がる中、北九州市でクラスターが発生するなど早くも感染流行第2波の懸念が浮上しています。 緊急事態宣言の発令などに伴う長期間の外出自粛の影響で、愛媛県内はもとより、世界的に経済は冷え切ってしまいました。 『感染拡大防止』と『経済活動の再開』の両立が大きな課題となる中で、今後は、様々な場面で、県民一人一人の慎重な判断が求められることになりそうです。

次の