西成 闇市。 大阪市西成区「あいりん地区」にある安宿に滞在して見た景色

【画像】日本で一番危険!?西成「あいりん地区」に潜入。ホームレスだらけ

西成 闇市

どうも、こないだ西成に行った時に西成ののれ現場を目撃して戦慄したN里です。 あなたは西成のというものをご存知ですか。 そもそもが何か分からないという人のために…。 「闇取引の品物をを売る」 怪しさ満点ですね。 今回は、西成 朝市、泥棒市とも言われています のヤバさをお伝えします。 では、どうぞ。 西成ので売っているモノ 捨てられたモノや盗品 盗品は、完全にNGですね。 ゴミとして捨てられたモノでも拾って持ち帰るのも、厳密にいえばNGです。 しかし、盗んでいる または拾って持ち帰る ところを見つからなければOK、という感じなんでしょうね。 バレなきゃOKの精神で売りたい気持ちは、わからないでもないです。 盗品や拾得物であることの証明もなかなか難しいでしょうから、販売が理由で逮捕されることもないでしょうしね。 買う側にとっては、その商品が盗んだ または拾った モノであることなんて関係ないでしょうし。 露天商の道交法違反は、今はおいておくとして。 コピーDVD これは確実完全即アウトのやつですね…。 これは売りたい気持ちすらわからないです…。 これは見つかった時点で、即逮捕じゃないですか。 しかも逮捕と天秤にかけて得られる額が200円。 まぁでもこういった露天商は、逮捕されることを何とも思わない人が多いのでしょう。 何度逮捕されようと、また同じことをやればいいだけでしょうし。 絶対アウトなDVD これ、何かは分からないですけど、きっと違反とかのDVDとかなんでしょうね…。 西成のではそういったDVDを販売して逮捕される人がいますし。 しかし先ほどの映画などのコピーDVDと違って、本当に内容はわからないです。 番号しか書いてないですから。 ただのホームビデオのDVDだったりするかもしれませんし。 いやでも逆にそう思ったら、ギャンブル的に買ってみても面白い気がしてきました。 アウトな内容のやつだったら所持だけで逮捕されてしまうので、絶対に買いませんが…。 薬 など、本物の薬が売っています。 これも、違反で絶対にヤバいやつですね。 受給者が無料でもらった薬を転売しているそうです。 まぁ無料でもらえてそれがお金になって、その日の酒代やタバコ代になるのであれば、売る人は出てくるでしょうね…。 しっかし、ヤバい街だなぁ。 ちなみに、こういった薬の値段はだいたいこれくらいです。 1シート10錠入りで1000円。 しかし露天なので、交渉次第で安くなったりはするんでしょうね。 定価や相場なんて、あってないようなものでしょうし。 を開催している時間帯 日の出から午前8時ごろまでやっています。 これは警察の目を逃れるためだそうです。 しかしまぁ昼でも露天はあったりします。 これは私が西成に行ったときに撮った写真ですが、昼すぎでもこんな感じでガッツリ物品が置いてあります。 を開催している場所 昔は小学校・中学校との間で行われていたようです。 しかし今では小中学校ができたため、露天商はここにはいなくなっています。 じゃあ露天商は一掃されたかというとそういうわけではなく、ただ少し移動しただけです。 こういうのを見ると、仮に西成が浄化されてキレイになってもそこの住人たちは新しい居場所を求めて移動するだけになるんでしょうね。 引用サイト:、 kidsnishinari.

次の

【フライデー】ここは本当に日本なのか‼︎大阪闇市の驚くべき実態⁉︎

西成 闇市

あいりん地区は元々は広い意味での「釜ヶ崎」という街の一部を指していました。 あいりん地区という呼称は、1966年に国や自治体の行政機関や報道機関が取り決めた名称です。 釜ヶ崎の定義は次の通り。 釜ヶ崎(かまがさき)は、かつて摂津国・大阪府西成郡今宮村(のちに今宮町)に存在した字、および現在においてその一帯を指す地域通称。 現在では西日本旅客鉄道関西本線以南の西成区萩之茶屋一丁目・萩之茶屋二丁目の各一部を主に指すが、当初は同線以北の浪速区恵美須西三丁目・恵美須東三丁目・戎本町二丁目の各一部も含んでいた]。 いわゆるあいりん地区を含んでおり、同地区の通称としても使われる。 そもそも警察には身元など知られたくないのですが病院も「酒飲んで休んでいればいい」という発想から。 この病院行かずの実態が我が国ではすっかり「沈下」傾向であった結核の温床になっているそうなのです。 単なる風邪とは違い結核はきちんとした投薬が必要です。 放置すれば飛沫感染で広まります。 厚生労働省の「結核新規登録患者数・罹患率」や医療関係者が持つ資料によると、2014(平成26)年、新規登録患者数は全国で1万9615人、国内での罹患率は15. 4だった。 都道府県別では大阪府が1位、大阪市の新規登録患者数は988人、罹患率は36. 8と国内罹患率を大きく上回っている。 もっともこの大阪市の新規登録患者数と罹患率は、西成「あいりん地区」に限ると、新規登録患者数は99人、罹患率は383. 7と驚異的な数字を示す。 これでも多少マシになった方で、2010年には600を超えていたし、それ以前には700を超えていたという。 しかも女性を「性奴隷」として売買する最も非道な手口があると言われています。 その一端を、引用して紹介してみようかと思います。 明治5年に「芸娼妓解放令」が出てから、人身売買が排除され、制度のうえでは性奴隷の売買はできなくなった。 とはいえ、制度上では禁止されても「抜け穴」はいろいろあり、実態としては奴隷化も人身売買もすぐになくならなかった。 ~中略~ その流れがいまだに残っており、現在の警視庁のサイトのよれば毎年検挙及び被害報告があることが分かる。 日本での人身取引実態については、外国人技能実習制度を含むアジア人労働者における強制労働、ナイトクラブや売春などで外国人女性を働かせる強制労働、援助交際や「JKビジネス」などの慣行など、ビジネスへの関与などを問題視している。 (引用:独女チャンネル) あいりん地区の子供たちの事情は?小学校は教科書が違う?.

次の

西成区は「やばい」って本当?現役教員と元住民に案内してもらってきた

西成 闇市

労働者の街からバックパッカーの街へ変化を遂げたといわれることが多くなった。 事実、外国人観光客の数は急増しているものの、暗い側面は残る。 今、若い女性たちがあるクスリを求めて、あいりん地区にやってきている。 あいりん地区で撮影 2019年の3月末に閉鎖された、あいりん総合センターから南に徒歩1分。 南海高野線の高架下には、土日の朝になると、違法な露店が複数並ぶ。 この露店群は2015年に警察による一斉摘発を受けて姿を消したものの、すぐに復活。 現在にいたるまでいたちごっこを続けている。 12月の中旬頃にもガサ入れが行われたというが、なくなる気配はない。 露店では衣服や雑貨、家具などが中心に売られている。 ただのフリーマーケットのようでもあるが、細かく商品を見てみると、そうではない。 店主や客の風貌からも、けっしてクリーンな雰囲気ではないことがわかる。 DVD屋の露店はとくに人気で、店舗数も多い。 有料アダルト動画サイトで配信されている作品をディスクに焼いて、1枚数百円で販売している。 数は少ないものの、薬屋の需要も高い。 薬屋の仕入れ先は生活保護受給者だ。 生活保護受給者は医療費が免除されているため、無料で処方された薬を露店に売り、生活費を稼いでいる。 同地区にある飯場(建築現場作業員の寮)で生活している男性に、この薬屋について詳しく伺った。 デパスは1シート10錠で300〜500円。 最近値上がりして1000円になったな。 リリカも1シート10錠で300円。 今は通販でも買えるけど、リリカを通販で買おうと思ったら同じ量で3万円近くはするから、闇市で買うのは当たり前だろ」 処方箋医薬品コレクションの一部 デパス、リリカは医師の処方箋がないともらえない処方箋医薬品だ。 ネットでの販売は違法である。 当然であるが、露店での販売も違法だ。 デパスは抗不安薬、睡眠導入剤として使われ、リリカは神経障害性疼痛の鎮痛剤として使われることが多い。 男性は腰にヘルニアを発症しており、現場作業中に服用することが多いという。 「俺が普段行っている解体現場は力仕事しかないから、腰が痛くてどうにもならないときがある。 リリカは25ミリ・75ミリ・150ミリと強さが分かれているが、『もう思い切りいったれ』と300ミリ一気に飲み込んだことがある。 そのときは足場に登っていたが、目がグルグル回って本当に焦ったからな。 昔は覚せい剤も打っていたくらいだから大丈夫だと思ったんだけどな」 デパスは合法でありながら依存に陥る危険性もある。 抗不安薬、睡眠導入剤には様々な種類があるが、合法で手に入るがゆえに、乱用に走ってしまうという社会問題にもなっている。 「デパス、リリカのほかに睡眠導入剤のハルシオン、マイスリーも闇市では売られている。 問題なのは、そういった薬を求めて、最近女子大生風の若い女の子がよく露店に来ていることだな。 その子たちは不眠症のためではなく、大量に服用してトリップするために買っているわけだ。 この前もマイスリーを1シート買って、その場で3錠一気飲みしている子がいてな。 『自分、あかんで、死ぬで』と注意したが、すでに目がグルグル回っていて、話にならなかった」 薬物乱用と聞くと、覚せい剤、コカイン、MDMAなど違法薬物が真っ先に思い浮かぶが、病院で処方される合法な薬にも依存性があるものが含まれていることを忘れてはならない。 警察にはいち早く、根絶を前提とした摘発を求める。 (國友 公司 撮影=國友公司) 外部サイト.

次の