水素 吸入 器。 株式会社ミンテンテック│業界トップ 水素発生量 水素吸入器 世界での販売台数トップ

水素吸入器(水素吸引器)の効果

水素 吸入 器

細胞組織や遺伝子に大きなダメージを与え、 ほとんどの病気や老化の原因となる【ある種の活性酸素】を無害化するはたらき が動物実験などで確認されていて、医療の現場でも取り入れられつつあるんですね。 ただサロンや水素吸引器でおこなうのは医療行為ではないため、 「〇〇の効果がある」という言い方をすることはできません。 そこで気になるのが 「 実際に使った人・経験した人がどんな効果を実感したのか?」という体験談や口コミです。 今回、「水素ガス吸入」を体験したことがある方たちへのアンケート調査をしてみました。 この記事ではアンケート結果からいくつかを抜粋してご紹介していますので、水素吸引の体験談や口コミが気になる方はぜひみてみてくださいね。 この体験談を教えてくれたのは、 こりんさん 女性 31歳 会社員 水素吸引に興味を持ったきっかけは、友達の妹さんがダイエットを始めるということで、たまたま知り合いの方が水素吸引のお店をひらいたばかりで先日体験してきたみたい・・と聞いたことです。 水素水の話題はいくらか耳にしたことはあるけど、水素を吸引するということはあまり聞いたことがなかったので、新鮮でした。 話を詳しく聞いてみると、ダイエット効果だけでなく肌の調子も良くなり、健康にもよく、良いことずくめだとのこと。 さらに、水素水を飲むより何倍もの効果があるときき、そんな素晴らしい効果を吸引するだけで得られるなら、是非自分も体験してみたい・・と思いました。 肌のトーンの変化を実感、化粧ノリもよくなった 友達に水素吸入のお店を紹介してもらい、2か月に1回ペースで通っています。 1回4800円。 水素吸引をはじめてする日、 この体験談を教えてくれたのは、 N. さん 男性 51歳 会社員 40代後半から 倦怠感や集中力の低下といった体の不調を覚えることが多く、何らかの対策を講じたいと考えていました。 そんななかで頻繁にテレビや雑誌で「水素吸引」が取り上げられていたので興味を持ったんです。 ただ、医療機関やエステサロンに出向くのでは長続きしないと思っていましたし、紹介されていた家庭用の水素吸引器は20万円を超える高額なものでしたから、興味を持ちつつも直ぐには足を踏み出すには至りませんでした。 安価で家庭でも手軽に導入できるものがあればいいなと思っていました。 水素吸引器ではじめての水素吸引を体験 友人から安価な家庭用水素吸引器が発売されたことを聞かされ、友人宅で試させてもらったのが、最初の水素吸引体験でした。 その後、自分でも約7万円で水素吸引器を購入し、週に3回から4回は水素吸引を行っています。 水素吸引を行うと、体全体が非常にリラックスすることができます。 特に 頭の中がクリアになり、集中力も増してくることが体感できました。 また、 長年悩まされてきた倦怠感や偏頭痛の回数も、以前と比べると格段少なくなったことを実感しています。 1回だけじゃあまり効果がなかったかな|26歳女性の体験談 この体験談を教えてくれたのは、 M. さん 女性 26歳 教師 肌によいと聞いたので、一度試してみたいなと思っていました。 ちょうどアトピー性皮膚炎を発症し悩んでいたので、体内からきれいにすることができる水素吸引に興味を持ったんです。 また、水素吸引は肌だけでなく体にもいいと聞いたので、仕事で疲れた体を癒すことができればと思い試してみようと思いました。 効果にたいしては半信半疑 ただ正直いうと、効き目に関しては半信半疑だったんです。 水素水の効果に疑問があるとかもいわれていたし、ちょっと怖いなというの思いもありました。 でもまあ椅子に座ってるだけで施術も終わるので楽ちんだし、ためしに一度やってみようと思いました。 お試しで1回体験、料金は2500円でした。 体はなんとなく楽に・・肌への変化はなし 期待していた肌への変化はあまり感じなかったですが、体はなんとなく楽になったような気がしました。 あと、なんとなく体内がきれいになっているのかな?いう感じもありましたが、目に見えるものではないので、はっきりとした変化は分かりにくいなと思いました。 スタッフさんにも「継続して通わないと変化が期待できないですよ」と言われましたが、お店が遠方だったので体験のみで終わってしまいました。 水素サロンに通って体のケアをしたい|26歳男性の体験談 この体験談を教えてくれたのは、 H. さん 男性 26歳 会社員 インターネットのサイトで水素吸引が話題になっているのを発見したことがきっかけで、水素吸引に興味を持ちました。 そのサイトではがん治療との関連について書かれていたので驚きました。 家族もがんを経験していたので水素吸引の力を試したくなりました。 やる前は「水素吸引ってどんな感じなんだろう?」という期待と不安もありましたが、具体的な水素吸引の方法を調べてみると意外に手軽なんだと思いました。 これで健康面にプラスになることがあるのなら、早く試したいと思いました。 体がクリアになった感じ これまで続けている水素吸入は水素サロンでの水素吸引で、1回約5000円程度の料金。 頻度は一ヶ月の間で多くて5回程度行っています。 水素吸引をしていちばんよく感じるのが、体がクリアになった感じです。 気持ち的にも爽快感を感じるので、はじめてこれを感じたときは 「やっぱり水素吸引には効果があるんだ!」 と本当に嬉しくなりました。 あと、体のなかの悪いものを吐き出したような感じの体感があるときもあります。 そのときは体がリラックスして、ふわーっとした感じになります。 まちがいなく体にとっていいのは実感しているので、これからもできるだけ続けていきたいですね。 この体験談を教えてくれたのは、 H. さん 男性 36歳 エンジニア 眼精疲労や寝つきの悪さがあり、睡眠時間がどれだけ長くても疲れが取れず、寝起き後数時間は気だるい状態が続いていて悩んでいました。 改善策は無いものかとネットで調べていたところ水素吸引の記事を見つけ、自分と似たような症状に悩む人が医師の勧めで水素吸引をし、常態が改善されたという内容の口コミが多々あり興味を持ちました。 とは言え口コミも全てを鵜呑みにしていたわけではなくダメで元々、過度な期待はせず 「ほんの少しでも効果を感じることができさえすればそれでいい」 という軽い気持ちで体験してみました。 水素サロンで週2回水素吸引 水素サロンで1時間2千円で吸引できるので利用していました。 回数は週に2度ほどでした。 実際に吸引をしてみると、 吸引したそばから水素が体に染み渡るかのように感じました。 その後、次第に気持ちが落ち着いていき心身共にリラックスしているのを体感。 頭はすっきりとしていて、耳で聞こえる音や肌に物が触れる感触、嗅覚に至るまでのあらゆる感覚が研ぎ澄まされているかのようで、とても充実しているのを感じました。 1回の水素吸入体験でこれまでにない即効性を実感|31歳女性の体験談 この体験談を教えてくれたのは、 S. さん 女性 31歳 会社員 ネットで水素水専門サロンのことを知って興味をもったのがきっかけです。 先日電話予約をして一度体験をさせて頂きました。 場所は代々木公園駅のすぐ近くの水素吸引専門サロンです。 GENKiNGさんもハマっているということで、サロンさんは違いますがテレビでも紹介されていたので安心感はありましたね。 1回だけの水素吸入体験で 初めは鼻にチューブを入れたのでちょっと違和感があったのですが、すぐに慣れてきて、とても心地よくて眠ってしまいました。 1回だけの体験だったのですが、短時間でこれほどの即効性?効果を実感したのははじめてです。 すぐに眠りに落ちてしまい、起きたらずっとあった偏頭痛がスッキリなくなっていました。 しっかり定期的に通ってみたい!と思っていますが、やはり毎回数千円を払い続けるのは大変です。 家でも使えて、持ち運びができるような水素吸入できるものがあればぜひつかってみたいですね。 効果を実感して自宅用に水素吸引器を購入即|24歳男性の口コミ体験談 この体験談を教えてくれたのは、 ロイさん 男性 24歳 会社員 私が水素に興味を持ったのは、疲労にかなり効果があり、いつもダルい体が軽くなるという体験談を複数聞いたからです。 本当に水素を吸引しただけでそんな効果があるの?と思っている人はいるでしょう。 でも調べてみると水素吸引は医療現場でも採用されているし、お医者さんのなかには水素を吸入することが健康を維持するための最も効率のいい方法という方もいます。 水素を吸入することで得られる水素の量は圧倒的で、水素水を飲んで得られる量の約180倍という説もあったので、よし水素吸引を試してみよう、と思いました。 30万円の水素吸引器を購入して水素吸引を開始 知り合いのすすめで「ハイドロブレス」という水素吸引器を購入して使い始めました。 この吸引器は小型なのでリビングで仕事しながらとかテレビを見ながら、夜は寝室に持って行って使用できて、たまに気がつくとタイマーが終わっていていつの間にか寝てしまっています。 デザインも機能も理想的な吸引器です。 体が軽くなってスッキリした実感 水素吸引器を1日30分体験してみて得られた効果は、 体が想像していた以上に軽くなっているということです。 水素は体内の悪玉活性酸素を抑える働きがあるため、水素を体内に取り入れたことによってすくなくない効果があったように感じます。 実際にどれくらい悪玉活性酸素の量が減っているかはわかりませんが、外出するときの体が軽くなってスッキリした用な感じが実感としてあります。 市販の水素吸引器の口コミを調べてみた ここまではアンケートの結果をご紹介しましたが、amazonや楽天で販売されている市販の水素吸引器の口コミもチェックしてみましょう。 まずはamazonから。 Amazonで購入 体の中から綺麗に浄化される感じ。 色々と良い効果があるように思います。 毎日使っています。 楽天の口コミもみてみましょう。 (出典:) 購入後1ヶ月のレビュー購入後一か月のレビューになります。 基本的には寝る前に60分タイマーで使用。 起床前にも可能であれば使用しています。 <効果> ・寝つき・寝起きがよくなり、熟睡できるようになった気がします。 ・ニキビなど肌のトラブルが減り、肌つやも良くなったように思われます。 ・身体も軽く感じる気がしますが、これは一か月では分からないので長期でみていきたいと思います。 使用して半月ですが、入眠前に使うと眠りがすごく深くなり、また肌艶もよくなりました。 長く使えばもっと色々な効果が期待できそうです。 お酒を飲んだ後や、寝る前など、水素吸入や水素水を飲用した時は、体が軽く感じます。 (二日酔いをしなくなりました) (50代女性購入者) 買ってしまった。 水素吸引にとても興味があり購入、早速家族で吸引。 翌朝の目覚めが違うがと皆んなが感じました。 (休みの朝でした)集中力?勉強が捗る頭がスッキリ。 の意見があり。 月曜の朝が楽しみです。 うちではこちらの水素吸引器を愛用しています。 amazonの口コミをご紹介してみましょう。 自分なりに調べたところ、 10万円台前半でガス濃度等の性能からすると、国内で間違いなくトップクラスと思い購入しました。 効果的なものはまだまだこれからなので期待も込めて星5。 購入前も後もとにかく販売代理店の方がとても真剣に親切に何度も対応してくれます。 こういうものは、信頼できるところ以外に購入したくありません。 水素ガス考えてる方は、こちらをおすすめします。 夫の体調管理のため思い切って購入しました。 容器がしっかりとしていて使い方も簡単でした。 特に色が変化するライトが美しく、見ているだけでとても癒されます。 吸引後は目がスッキリしたような気がしました。 しばらく家族で続けてみます。 販売元の対応も丁寧です。 使用後は爽快感があり、運動後の疲労回復に使用しております。 水素ガス吸引をお考えの方には値段、機能性でお勧めです。 製品も顧客対応も最高です。 末期癌治療の姉の助けになればと購入。 以前は水素発生剤を使うタイプの水素吸入をしていましたが、最初の購入費用は安いですがかなりコストがかかりました。 こちらは 水素吸い放題なので、すごくコスパが良いです! 水素を吸っていると癌の痛みが薄れるというので、一日中使ってます。 炎症にも効いているのか赤みも薄くなってきたようです。 前まで痛さで動けない日が多かったですが、今は元気に喋ったり動いたりしています。 水素も泡立つくらい沢山出てすごいです!発生剤とは全然違います!本当に良い商品に出会えて感謝です。 ずっと使い続けたいと思います。 水素吸引の人への効果についてはまだ研究途上であり、水素吸引器も医療機器ではないため「〇〇の効果がある」とうたうことはできません。 ですが 実際に使用するなかで、さまざまな効果を実感されている方は少なくないようですね。 私自身が感じている効果については下の記事も参考にしていただけると思います。

次の

水素吸入器(水素吸引器)の効果

水素 吸入 器

3-1. 現状では 「口から吸入」と「鼻から吸入」の差を科学的に立証するようなデーターはありませんね。 というお答えをいただきました。 吸収率の違いは考えなくていいようですね。 鼻からのほうが安定して吸い込みやすい ただ実際に水素吸入を体験すると、 鼻から吸うほうが「自然な状態で、安定して継続的に吸入できる」という感じはします。 タバコを吸う人はわかると思いますが、口から吸い続けるってけっこう大変ですよね? 水素吸入の効果を最大限受け取りたいのであれば「鼻から吸入」のほうが効率はいいかもしれません。 そんな方にはとくに大事なのが 「連続吸引はどれくらい可能なのか?」というポイントです。 家庭用の水素吸引器は「5分まで」「30分まで」といった制限があるのが普通なので、要チェックポイントです。 「どんなところがオススメできるのか?」についても解説しているので、参考にしてみてください! 1. H2ヒーラー のスペック一覧は以下のとおりです。 現状、個人的にはもっとも使ってみたいと感じるのが「H2ヒーラー」です。 こちらのページでは 「 MHG-2045」という水素吸入器(1分あたりの水素ガス発生量:45ml)の「カニューラの先の水素ガス濃度」を測定しています。 使用している測定器は 「UX4」。 その結果は 20,000〜25,000ppmとなっています。 いっぽうこちらはH2ヒーラーで、同じ 「UX4」を使い、おなじ 「カニューラの先の水素ガス濃度」を測定した動画。 これによると、 39,000ppm以上となっています。 H2ヒーラーについては 「1回1時間連続吸引したら1時間休む」という目安が公式サイトに掲載されています。 水素濃度:0. 001333) となります。 鼻カニューラを使わないので、人前で違和感なく吸えるのはいいですね。 5分吸引したら、 少なくとも10分間はあいだをあける必要があります。 水道水など一般の水を使う場合は塩素ガス発生のリスクがありますが、専用の電解液を使うので 塩素ガス発生の心配はないと考えて大丈夫でしょう。 交換頻度は「1日5分x5回」の使用ペースで約半年となっています。 選べるフレーバーは3種類、 ネックセットを使う場合は水素が拡散してしまうけど、見た目が気になるときにはいいかもね。 そのためでしょうか、連続吸引についての時間制限についてはとくに記載はありません。 ただしラブリエエランもそれほど大きな機器ではないので、 本体が熱をもたない程度に気をつけてあげたほうがよいでしょう。 「専用液」に何が入ってるかは企業秘密で公開はしないとのことですが、水道水・天然水は使わないので、 塩素ガス発生の心配はないと考えて大丈夫でしょう。 ラブリエエランのサイズ感: サイズ:115x77x135mm 重量:600g 600gがどれくらいかというと、雑誌のヤングジャンプくらいですね。 直方体っぽい形なのでカバンには入れづらいかもしれませんが、スペースさえあれば持ち運びもそれほど苦にならないでしょう。 ラブリエエランの総評 「H2ヒーラー」や、この後ご紹介する同メーカーの「ラブリエリュクス」とくらべると、 水素ガス発生濃度は約半分しかありません。 値段的・性能的には「H2ヒーラー」のほうが優れていますが、 「鼻につけるカニューラはかっこ悪いからネックセットで水素吸入したい」 という方は検討してみてもいいと思います。 部屋やキッチンに置いて使用する水素吸引器 おすすめの水素吸引器3選をご紹介しましたが、その他の水素吸引器についても上記3機種と比較できるようご紹介してみます。 まずは持ち運びタイプではなく、 部屋に置いて使うタイプをみていきましょう。 ラブリエリュクス ラブリエリュクスのスペック一覧は以下のとおりです。 価格 275,000円(税込) 吸引は口から?鼻から? 鼻 水素ガス濃度 1. ただ「H2ヒーラー」のように 「水素吸引中にできた水素水が飲める」というわけではないので、それぞれ別に時間をとってつくる必要はあります。 ・電気分解をスムーズにするための「電解補助液」【1ヶ月ごと交換】:667円(税別) ・電気分解に使う「精製水」【1ヶ月2本目安】:200円(税別) ということで 1ヶ月867円(税別)が目安となります。 ちなみに専用の「精製水」以外の水を使ってもいいか?という質問については、公式サイトに以下のような回答がありました。 市販の殺菌済み蒸留水でしたらご利用いただいても問題ございません。 ラブリエリュクスをご利用になる際は、本体内部への雑菌の混入を防ぐため、 殺菌されたイオン交換水または蒸留水をご使用ください。 使用する水についてはすこし気をつける必要がありそうですね。 とはいえ、「186x190x408mm」というサイズは 大きめの 電気ポットより省スペースなので、部屋においても邪魔になりにくいサイズですね。 ラブリエリュクスの総評 ラブリエリュクスは携帯型ではなく値段も高めですが、 水素発生量はラブリエエランの倍(H2ヒーラーと同等)ということで、水素吸入効果をがっつり受け取りたいという方にはオススメできます。 また、 他の機種にはない「コーヒーやお茶など、いろんな飲み物を水素飲料にできる」という特長に魅力を感じる方は、ラブリエリュクスが第一候補になるでしょう。 スイソニア(FRJ-X) ・週一回程度のタンク内の水の入れ替え ・使用300時間ごとのヒーターカートリッジの付け替え となっています。 重量も12kgなのでそれなりの重さです。 スイソニアの総評 スイソニアについて調べて意外だったのは、水素ガス濃度が思ったほど高くなかったという点。 水素ガス濃度に限っていえば、よりコンパクトな他の機種のほうが高いんですね。 スイソニアが業務用として人気が高いのは、水素ガス濃度というよりも 「長時間何人もの人に使い続けられる機械としての安定性」にあるのかもしれません。 その他の携帯可能な水素吸引器 その他の携帯型水素吸引器についてもご紹介してみましょう。 ダブル水素ボトル ダブル水素ボトルのスペック一覧は以下のとおりです。 価格 184,800円(税別) 吸引は口から?鼻から? 鼻 水素ガス濃度 1. 水素ガスの濃度は 「H2ヒーラー」と同じレベルで、申し分ありませんね。 ただ大きな機器ではないので、本体が熱くなるなどした場合は休んだほうがよいでしょう。 そのため水道水やミネラルウォーターなどの水をそのまま使用すると、塩素ガスが発生する可能性がゼロではないと考えられます。 そしてそのためかどうかはわかりませんが、 「使用する水」の条件はかなり限られたものとなっています。 1〜1年半ごとにコアユニット(充電バッテリー部分含む)の交換が必要: 18,000円(税別) となります。 毎月の細かい消耗品はありませんが、1〜1年半ごとに大きめの費用がかかる感じですね。 また、交換時には本体をメーカー(日省エンジニアリング)まで送る必要もあるため、その手間もかかることを知っておきましょう。 ただ、 このサイズで190gはちょっと軽すぎるのでは?、という印象も個人的にはありますね。 「H2ヒーラー」が490gで、わりとしっかりしたつくりなのに比べると(それでも500mlペットボトル分くらいの重さですが)、プラスチック製で安っぽく感じるのではないかと・・ 実際、おなじボディを使っている「マイ神透水」という水素水生成器のを見ると、「3台とも3ヶ月以内に故障しました」という声もありました。 税込で17万円を超える値段のわりには、ボディの頑丈さや耐久性にちょっと物足りなさを感じるかもしれません。 ダブル水素ボトルについての総評 ダブル水素ボトルは発生する水素ガス濃度は申し分ありませんが、安全な水素ガスを発生させるためには 「使う水の種類を(かなり)選ぶ」 ところがすこしネックに感じます。 ( ミネラルウォーターでも「硬度60以下」じゃないとダメなど・・) あとamazonの口コミにもあった「」という、価格と品質のバランスがどうなのかも気になりますね。 「日本製じゃないと絶対にムリ」という方でなければ、「H2ヒーラー」のほうをオススメしたいです。 ビューティフライ ビューティフライのスペック一覧は以下のとおりです。 吸引する水素ガスの濃度を比較すると、 ビューティフライ 約0. ビューティフライは値段が安めな分、水素濃度も控えめになってます。 「少しでも長く連続して吸引し続けたい」という方にはちょっと使いづらいかもしれません。 注意事項を守って「精製水のみ利用する」ようにすれば、塩素ガスが発生するリスクはないと考えて大丈夫でしょう。 発生した水素ガスをコップの水に注入して水素水にするという、「ラブリエリュクス」と同様の水素水生成方法ですね。 「H2ヒーラー」のように「水素吸入中に使った水を水素水として飲める」わけではありません。 水素濃度と生成時間は、 ・1ヶ月に1回交換必要な「電解補助液」:1回分500円(税別) ・電解補助液の水位が下がったときの補充や洗浄につかう精製水がたまに必要 ということで、1ヶ月ほぼ500円(税別)のランニングコストしかかかりません。 水素吸引器のなかではかなりランニングコストがかからない部類になりますね。 洗うのに精製水を用意する必要があるのがちょっとめんどくさいですが、メンテンナンスは楽なほうだと思います。 コンセントか、あるいは車載アダプターで車のシガーソケットにつないで使う仕様なんですね。 サイズ的に携帯して持ち出すことはできますが、 電源(コンセント)につなげる場所でないと使えないので注意が必要です。 ビューティフライの総評 価格が安めのビューティフライですが、その分 ・水素発生直後:最大1. 03〜0. さらに「1回の吸入時間は5〜10分」ということで、 吸入時間の短さも気になりますね。 使い切りタイプのランニングコストはどれくらい? 使い切りタイプは1回5〜10分の水素吸引のたびに 「専用カートリッジと混入液」 を消費していきます。 そのため当然ながら使い続けるにはランニングコストがかかっていきます。 H2エアのランニングコストは下記のようになっています。 価格 H2エアの専用カートリッジ+混入液セット 12回分:6,000円 42回分:15,000円 たとえばH2エアを毎日使う場合、 おトクな42回分セットでまわし、1日1回(5〜10分)だけ使うとしても、 年間コストは13万円以上になります。 水素吸入量・吸入時間が少ない点も考えると、コストパフォーマンスはあまりよくないといえるかもしれません。 「使い切りタイプ」はあくまで補助的なものとして考える 使い切りタイプは ・吸入時間が少ない ・水素発生量が少なめ という特性のため、「これをメインに水素吸入をつづけていく」ものとしてはちょっと弱い印象です。 水素吸入の効果やメリットを実感したいのであれば、たとえば 「自宅にしっかりした吸引器があって、外出先でもサッと取り出して水素吸引したいというときに便利なもの」 という位置づけの製品かな、と感じます。 ランニングコストも考えるとけっして安いものでもないので、上記のようなライフスタイルにぴったり合うようであれば検討してもいい製品だと思います。 まとめ 以上、大変長くなってしまいましたが、今回は水素吸引器の選び方について、そして主要な水素吸入器についての詳細をご紹介してきました。 3-1.

次の

水素吸入器のレンタルはリタエアー|正規取次店 BAGUS Inc.

水素 吸入 器

水素吸引は30分間の自動運転で、10分毎にランプが消えて残り時間が分かるようになっています。 水素の生成には専用液(500円/月)が必要となりますが、専用液が無くなてきたら、液交換ランプが点灯して知らせてくれます。 1分間に30mlの水素ガスを発生• 重さ600gなので持ち運びも楽• 充電式バッテリー内臓で外でも利用可 購入価格:159,000円(税別) 水素発生量 30ml/分 発生方式 電気分解式 タイプ 卓上型 ラブリエ リュクスは本格タイプの水素吸引器、1分間に生成できる水素ガスは60mlと、水素吸入サロンと変わらない性能を持つ機種です。 水素ガスの生成と同時に水素水も生成してくれる為、吸引と飲料の両方が利用でき、1日30分の吸引と、食事や運動の後などには水素水を飲むなど、状況に合わせて水素を摂取することが出来ます。 148,800円(税別)という価格で水素水生成に飽和式が採用されている点や、吸引機能を持ち合わせている点など、この価格で実現している点は非常に評価できる製品と言えます。 大半の製品が水素ガスの生成に電解液を必要としますが、ルルドハイドロフィクスは電解液を必要としない為、その点はランニングコストがかかりません。 但し、水素水の生成も行う為、カートリッジや浄水フィルターの交換が必要です。 生成する水素水に関しては第三者機関による水素濃度の試験も行われており、一般社団法人日本水素水商品販売協会が行った試験では、1. 3ppm(浄水から生成)の濃度が測定されています。 メーカーの5年保証が付いている点も非常に評価出来ます。 吸引と水素水生成の2つの機能が使える• 1分間に26mlの水素を発生• 2ppmの水素水も生成可能 購入価格:142,800円(税別) 水素発生量 26ml/分 発生方式 電気分解式(水素水の生成は電気分解した水素を水に充填する飽和式) タイプ 卓上型 MyShinTouSui-Jetは、独自の電気分解方式により分離した水素ガスのみを内蔵のポンプで押し出すことにより、自然呼吸で高濃度の水素ガスが吸入できる高性能機種です。 水素ガス生成量は1分間に76mLと、サロンレベルの生成量で、ボトルタイプで持ち運びが可能でありながらもサロンと同等程度の水素濃度が吸入可能です。 価格は128,000円 税別 とサロン並みの高性能機種としては非常に安価で、現在市販されている機種と比べても水素生成量は高いものとなっています。 吸引機能の他に、水素水の生成も可能で、溶存濃度1. 0ppmの生成が可能となっています。 1台で2つの機能を利用することが出来る点や価格もお手頃なことなどからもおすすめの機種と言えます。 1分間に76mlの水素ガスを発生• 水素吸引と水素水生成の2つの機能• 吸入サロン並みの性能で12万円台 購入価格:128,000円(税別) 水素発生量 76ml/分 発生方式 電気分解式 タイプ 卓上型・携帯型 KNECOSは持ち運びができる水素ガス吸引器です。 従来の吸引(吸入)器は装置が大きく屋内の限られた場所でしか使用ができなかったのですが、KENCOSは、そのスペックを下げることなく小型化を実現し、持ち運びを可能とした商品です。 2017年6月現在で、電気分解型のポータブル水素ガス発生器としては世界初の製品となっています。 KENCOS2-sは電気分解による水素ガス発生の仕組みで、その量は1分間に最大8mlと強力でかつ安定して水素を発生させることが出来ます。 KENCOS2-sは、リキッドオイルを蒸発させ、アロマティックな水蒸気を同時に吸うこともできるようになっているので、水素を吸うだけだと無味無臭で、まるで空気を吸っている様に感じてしまいますが、リキッドオイルの水蒸気を同時に発生させることで電子タバコの様に吸っている感覚を楽しむことが出来ます。 電源をオンにした後、ボタンを押している間だけ水素を発生させるようになっているので、電解液、電解槽の消耗を抑制しています。 また安全性にもこだわり、ジャイロセンサーを装備し、75度以上の角度に傾けて水素ガスの経路が絶たれる状態になると自動で水素ガスの発生を停止します。 また水素ガス経路のエアーベンチレーション機構や、水素ガス発生部と電気回路を完全分離など、強力なスペックの中でも安全性を第一が考慮されています。 持ち運び出来る世界初の水素吸引器• 1分間に最大8mlの水素ガスを発生• アロマフレーバーも同時に吸引可能 購入価格:69,500(税別) 水素発生量 最大8ml/分 発生方式 電気分解式 タイプ 携帯型 水素水サーバーMENU• 水素水飲料• 水素吸入・吸引の効果 水素吸入とは、水素を直接吸入することで、より多くの水素を体内に取り込んで悪玉活性酸素を除去するという方法です。 水素水は水に溶け込む飽和濃度が最大1. 57ppmまでと最大値が決まっていますが、直接吸い込むことでより効果的に多くの水素を体内に取り込むことが可能とされています。 水素吸入は、2016年12月1日に、「水素ガス吸入」が厚生労働省の先進医療Bとして承認されており、心停止後症候群と言われる状態を対象に医療の現場でも吸入療法が用いられています。 水素水よりも効果的な水素摂取方法として注目されています。 水素吸入器・吸引器の比較ポイント 生成できる水素量 生成能力は価格に比例 機種によって生成できる水素量が異なり、1分間で生成できる量は20ml~60mlと機種によって大きく異なります。 成人の場合、安静な状態での1回の呼吸量は約400ml、1分間の呼吸回数が約15回で、1分回に約6,000mlの呼吸量とされています。 現在家庭用として市販されている濃度の高い機種としては、1分間に60mlの水素を生成するので、同機種の場合はサロンと同程度の水素量となります。 購入価格 価格は10万円~20万円 水素吸入器はまだそれ程普及してないこともあり、価格帯も10万円~20万円程と性能に応じて価格も大きく異なります。 主に水素ガスの生成能力や、その他の機能によって異なっています。 ランニングコスト ランニングコストとしてかかる電解液 現在発売されている吸入(吸引)器の大半は、水素ガスの生成に電解液を利用しています。 電解液の価格は各メーカーによって異なりますが、費用の目安としては1ヶ月500~700円程度となっています。 水素吸入・吸引の危険性は? 水素吸入器は水素を発生させる為、発火してしまうのではないかという心配があるのではないでしょうか?水素が燃える気体となるのは、空気に4.

次の