ハリケーン ランタン。 ハリケーンランタンのおすすめ9選。アウトドアシーンを彩るアイテム

【感想】ハリケーンランタン使ってみた【初心者でも簡単】

ハリケーン ランタン

【優れた耐風性】ハリケーンランタンのおすすめ人気ランキング10選 ハリケーンランタンは、その名に「ハリケーン」と付いている通り、強風下でも使用できる優れた防風性を有しているのが特徴でし。 また、ハリケーンランタンがあればキャンプや登山などのアウトドアシーンにおいて、夜中でも手元を明るく照らしてくれるため昼夜を問わず作業ができます。 その上、デザインもアンティーク調のものが多く、インテリアから本格的なアウトドアシーンまで根強い人気を誇ります。 また、さまざまなメーカーより複数のラインナップが発売されているため、なかなか選びづらいという方も多い製品でもあります。 そこで、ハリケーンランタンの選び方に加えてハリケーンランタンのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。 ハリケーンランタンは「ホヤ」と呼ばれるガラス製の筒野中に燃焼用の芯があり、平たい形状をしていることから 「平芯」 と呼ばれています。 そこで、ハリケーンランタンを選ぶ際はこの大きさに注目するのがよいです。 また、基本的にハリケーンランタンはこの平芯の太さによって燃焼時の明るさが決まります。 そして通常、この平芯の太さは 約6mm程度の 2分芯 〜約21mm程度の 7分芯 まで種類があり、7分芯の製品は使用時に読書ができるほど明るく周囲を照らすことが可能です。 そのほか、製品によっては芯を引っ張り出して火力を調整できるものがあります。 しかし、 あまり出しすぎると異常加熱や発煙の原因となるため注意が必要です。 そのほか、芯が太いものはそれだけ燃焼速度が早いため、オイルタンクの容量にも気をつける必要があります。 一般的なモデルは500ml程度の燃料タンクでおよそ24時間ほど使用可能です。 燃料の消費は大きくなりますが、大きいものほど芯が太くなり周囲を明るく照らすことができます。 ハリケーンランタンはレトロ調なデザインが人気の製品でもあります。 また、主にアウトドアシーンを想定して造られているため、鉄やジュラルミンを用いた製品が多いのが特徴です。 優れた携行性と強度を有しているため、 山岳登山などのタフな利用シーンにも耐えられます。 しかし、ハリケーンランタンはお洒落なインテリアとしても重宝します。 例えば、レトロさを演出するために 真鍮やブロンズを使用しているものも存在し、お部屋に飾っておくだけで一味違うお洒落アイテムになります。 また、 非常時にはしっかりと照明としても使用できる実用性も兼ね備えています。 自身の使用目的に合ったハリケーンランタンを探してみるのも楽しみのひとつです。 お気に入りの製品を見つけることができれば、日々の生活がきっと楽しくなります。 ハリケーンランタンは燃料を燃焼することで周囲を明るく照らします。 そして、大型のものはそのぶん明るさが増しますが、収納スペースや燃料の重量が問題になりがちです。 特に単独での登山では少しでも重量を削減したいものです。 最近はハリケーンランタンのバリエーションも豊富になり、小型の製品は 容量300ml程度の軽量な製品も存在します。 また、 300mlでも約20時間ほどの使用が可能なため、短期間のキャンプや登山などでは充分に対応可能です。 しかし、軽量性を重視したものは耐久性に乏しい場合もあります。 そのため、 ホヤ部分が耐熱ガラスを使用しているのか、本体は鉄製なのかはしっかりチェックし、自身の用途に合った製品を選びましょう。 ハリケーンランタンで使用される燃料は主に 灯油か パラフィンオイルです。 そして、灯油は安価で取り扱いも簡単ですが、使用時にススや臭いの発生が気になることも多くあります。 また、その点においてパラフィンオイルは臭いやススの発生がほとんどなく、使用感は圧倒的にパラフィンオイルのほうが快適です。 灯油よりは多少高価ですが、手軽に購入できるボトル入りのタイプもあるため一度は試してみることをおすすめします。 そのほか、一部では似たような製品でガソリン対応のランプが存在します。 パフォーマンス重視で見ればガソリンも同様にススの発生が少なく極めて強い灯りを発することができるため優秀です。 しかし、 ほとんどのハリケーンランタンはガソリンの使用を想定していないため、ガソリン対応の記載がないモデルに対しては 絶対にガソリンを使用しないように注意しましょう。 画像 商品名 YOGOGO 気化灯油ランプ加圧式石油ランタンプレッシャーランタン500CP デイツ社 R. DIETZ BEL055-BL 替芯付 ハリケーンランタ大型-デイツ 2500 ジュピター 青 HL1ストームランタン 12322 PETROMAX ペトロマックス 灯油ランタン HK500 ブラス 【日本正規品】 12198 ホルムガードHOLMEGAARD オイルランタン DESIGN WITH LIGHT Hurricane lantern 4343541 キャプテンスタッグ CAPTAIN STAG キャンプ 防災用 ライト 照明 ランタン オイルランタン 中 CSブラックラベル UK-504 オランダ製 真鍮マリンランプ オイルランプ・ランタン・デンハーロッテルダム社 アンカーライトM真鍮 [S. fields. inc] 灯油ランプ ランタン テーブルランプ オイルランプ ガラス レトロ アルコールランプ クリア ロゴス LOGOS No. 74410000 ブロンズランタン L 白灯油 使用 FEUERHAND フュアーハンド フュアー ハンドランタン 276 ジンク 12562 価格 6,800円 5,180円 未定 442円 21,600円 1,620円 38,800円 2,480円 2,138円 3,636円 商品ページ 商品ページがありません 商品比較ページ ハリケーンランタンの売れ筋ランキング ハリケーンランタンの選び方やハリケーンランタンのおすすめ人気ランキング、ハリケーンランタンを安く借りられるハリケーンランタンレンタルなどを一通りご紹介させていただきました。 気になるハリケーンランタンが見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販でのハリケーンランタンの売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。 まとめ ハリケーンランタンの選び方やおすすめ人気ランキングなどをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか? ここでご紹介させていただいたハリケーンランタン以外にも多くの商品があるのでお気に入りのハリケーンランタンがあるのか探してみるようにしましょう。 旅行・レジャーのおすすめ記事.

次の

ハリケーンランタンの魅力と使い方を徹底解説! 1つあればキャンプ映え間違いなし! (1/2)

ハリケーン ランタン

ランタンには使う燃料によってガソリンや灯油、ガス、電池 LED などに分かれています。 ハリケーンランタンは製品として100年を超える歴史があり、灯油を使うランタンの代表的なモデルです。 構造は下部のオイルタンクと炎を覆う「ホヤ」と呼ばれるガラス、発熱する部分のマントル、吊り下げリングなどでできており、内部で空気を循環させることで安定した明るさを持続できます。 ハリケーンランタンのメリットは風に強く安定した灯りが得られることです。 燃料に圧力をかけて使用するランタンは燃焼音がしますが、ハリケーンランタンはほぼ無音なので、静かに揺れる炎を楽しめます。 火力としては強くありませんが、暖房効果も期待できます。 デメリットとしてはほかのランタンと比べて光量が少ないこと。 ハリケーンランタンの明るさは、サイズによっても変わりますが、基本的に手元を照らし、文字が読める程度です。 キャンプサイト全体を明るく照らすメインランタンとしてはやや物足りなさを感じるので、その点は留意しておきましょう。 ハリケーンランタンの選び方 燃焼時間はタンク容量をチェック 高さ約26. 中型サイズのため、テーブルに置いても場所を取りません。 本製品は、本体が黒塗装、ホヤ周りの部品は金メッキされたデザインです。 着火後は金メッキ部分に光が反射し、場の雰囲気を盛り上げます。 素材には、防錆処理された鋼板を採用。 外観がレトロかつおしゃれで、キャンプや自宅での使用に適した製品です。 ガラスの厚みも充分に確保されているので、安心して使用できます。 ホヤは手作りのため、気泡やゆがみなどのバラつきがあるものの、味わい深いのが特徴です。 平芯サイズは4分芯 12mm で、20W程度の明るさ。 タンク容量は約340ml、燃焼時間は20時間に対応しています。 重量も約500gと軽量で、持ち運びやすいおすすめの製品です。 高さ約30. 4cmのハリケーンランタンです。 デイツの「ハリケーンランタン 30 LITTLE WIZARD」とほぼ同じサイズですが、燃焼空間は広め。 安定して燃焼でき、キレイな炎を演出できます。 連続燃焼時間は12時間のため、日帰りのアウトドアシーンや家庭での使用におすすめです。 本体の素材は鋼板を使い、その上にスズメッキや亜鉛メッキを施すことで防錆力を向上しています。 本体の支柱部分はスポット溶接を施しており、高い剛性があるのも特徴。 手作りのホヤは厚みがあり、頑丈なのも嬉しいポイントです。 芯のサイズは5分芯 15mm を採用。 8Wの電球と同等の明るさを得られます。 ハリケーンランタンの雰囲気を楽しむだけでなく、作業用の明かりとしても機能する製品。 重量は約620gで、簡単に持ち運べます。 マットシルバーでレトロな雰囲気を楽しめるモデルです。 本体トップとタンク部には、フュアーハンドのロゴマークなどが表示されていておしゃれ。 明るさは5W、燃焼時間は20時間以上に対応しています。 本製品は燃焼することで、あたためられた空気が上昇。 空気は本体横のパイプを通り、バーナー部分に供給します。 絶えず空気を得られるため、少し強い風が吹いても、安定して燃焼するのが特徴。 アウトドアシーンにぴったりの製品です。 本体は鋼板に亜鉛メッキを施しており、錆びにくい仕様。 高品質ながらも、値段はお手頃に設定されています。 初めてハリケーンランタンを購入する方におすすめの製品です。

次の

デイツのハリケーンランタンを種類別に紹介!使い方も合わせて解説!|山行こ

ハリケーン ランタン

フェアハンド Baby Special 276 は憧れの一品! 20代の頃からハリケーンランタンとして、ニャー(当時の名称、現在のフェアーハンド)は知っていました。 ハリケーンランタンの形はレトロで雰囲気も良かったのですが、当時はメインを コールマン286とサブランタンは、プリムスの2245を使用しており、この286が火力全開時に白熱電球120W位の明るさで、サブランタンのプリムス2245をテーブルランタンとして使用していました。 プリムスの2245をテーブルランタンとして、ディナーの時は中位の火力で、お酒タイムは火力を搾って使うととても雰囲気が良く、プリムス2245の火力を搾った時とハリケーンランタンの光量が変わらない=当時は私には合わないとなりまして、購入には至っていなかったのです。 しかし、様々なサプライヤーからも同様の形状で商品が発売されており、この独特の雰囲気が気分を盛り上げてくれるのも事実です。 現在の我が家のランタン構成は、CB缶ランタンである「SOTO ST-233」にLEDランタン「ジェントス エクスプローラー EX-777XP」と、上記記載の「ハイマウント フォレストヒルキャンドルランタン(OILランプ仕様)」の3点構成となっておりましたが、この度、晴れて「フェアハンドのBaby Special 276」を購入しました。 では、早速、箱を開けてみましょう! 商品構成は下記の4点です。 本体(ウィック(芯)は取付済み)• マニュアル 簡素ですねぇ。 でも、燃料を入れてライター等で点火するだけで使える様になってます。 紙袋が付いている理由が分かりませんが、新品なのになぜかクチャクチャな紙袋です。 紙袋については、よそ様も同様のようなのでこういう物だと認識しましょう。 フェアハンド Baby Special 276の細部を見てみよう! ここからは、写真大めで細部に渡って「フェアハンド Baby Special 276」を紹介します。 まずは、ランタンの全景から… 燃料タンク部分にあるフェアハンドの刻印。 反対側の向かって左側には、型番の276とW. GERMANY(西ドイツ)と記載。 金型が、東西統合前のためと思われます。 向かって右側。 品名のBABY SPECIALが上下2段に渡って記載されています。 ランタン上部。 新型(2014年以後)にも、昔の名称である「NIER(ニャー)」の文字がありますね。 商品のタグには、W. GERMANYではなく、MADE IN GERMANYとちゃんと書かれています。 燃料キャップを開けてみます。 結構奥までキッチリとネジが切られています。 ここから燃料を入れます。 燃料は、灯油(ケロシン)かパラフィンオイルを使用。 燃料タンクの容量はマックス340mlとのこと。 入れ過ぎは危険なので注意しましょう。 フェアハンドランタンへの点火手順 初回使用時は、燃料がウィック(芯)に染込むまでの時間が必要なので、点火する10分以上前に給油する必要があるそうです。 燃料がウィック(芯)に染込む前に点火してしまうと、ウィック(芯)が燃えてしまいます。 燃料キャップ左側にあるレバーを下に押し上げます。 下写真の様に、レバーがアームの切欠き部分にロックされるまで下げます。 レバーがロックされれば、レバーから手を離してもグローブ(ホヤ)が上がったままになります。 バーナー部分が露出しているので、ウィック(芯)は2mm程度出してから、柄の長いライターなどでウィック(芯)へ点火します。 点火を確認したら、レバーを元に戻しグローブ(ホヤ)を被せます。 グローブ(ホヤ)を被せてから、炎の高さを1. 5cmから2cm程度に調整し完了です。 消火は火力調整ツマミを絞って消火します。 (必ず消火を確認しましょう) メンテナンスでバーナー部分へのアプローチ方法 バーナーやウィック(芯)・グローブ(ホヤ)のメインテナンスを行う際に、バーナー部分をフルオープンで露出させる方法です。 ランタンが十分に冷えている事を確認の上で行って下さい。 燃焼中および消火直後は、灯体が高温になっているので危険です。 ランタンを消火し、十分に冷えるまで時間を置いて行って下さい。 まず、キャリングハンドルに手を掛けトップリングを持上げます。 排気筒を上まで持上げます。 排気筒を上部で保持したまま、反対側の手で、グローブ(ホヤ)部分が燃料キャップの反対側へ倒します。 この状態で、グローブ(ホヤ)はガラスサポートから外してメンテナンス出来ます。 バーナー部分のメンテナンスは、更にバーナー部分を外して行います。 下記写真の様に、2箇所のツメでバーナー部分は固定されていますので、このツメの部分からバーナー部分を外さなければなりません。 と、言っても、何ら特別な工具とかは必要ありません。 火力調節レバーを燃料キャップ側へひねるだけです。 火力調節レバーが燃料キャップ側にズレると、バーナーのツメが外れているのが確認できると思います。 この状態で、バーナー部分を持上げてウィック(芯)交換やバーナー交換などのメンテナンスを行います。 メンテナンスが完了したら、逆手順で組み立てを行い完成です。 工具類は一切使用しないでメンテナンス出来るので、初めての方でも簡単に使えると思いますし、前々から気になっていた方はこの機会にお一つ如何でしょうか。 初点灯した時に気がついたのですが、思っていたよりも暗くありませんでした。 正確に言うと、「暗い暗い…」と方々で言われているので、その先入観が強いこと。 フィールドではガスやらガソリンなどの大光量ランタンと比較してしまうことなどから、自分で「この手のランタンは暗い」と決め付けてしまっている事実に気がつきました。 確かに、サイト全体を照らすほどの強烈な明るさはありませんが、補助的な照明であるテーブルランタンとしては工夫次第で十分に使えると思います。 フェアハンド社の知らなかった事実! 今回、初めてフェアハンドのBaby Special 276という商品を購入したのですが、寸前までペトロマックスの HL1ストームランタンと迷いました。 HL1ストームランタンもフェアハンドのBaby Special 276も同じ5Wの明るさなんですが、 HL1ストームランタンは廃盤らしく、プレミアが付いているのか価格が3倍程度します。 なので、今回はフェアハンドのBaby Special 276をチョイスしました。 そして買って帰って、家でマニュアルを読んでみるとビックリな一文が!!! 「Feuerhand(ファアハンド)はドイツPetromax GmbH社の登録商標です。 」と書かれていました。 日本で有限会社というと、小規模事業者を指し示す事が多いですが、ドイツでは非上場企業的な意味合いが強いそうです。 スミマセン、脱線を元に戻します。 つまり、2014からフェアハンド社はペトロマックスのグループ企業なんですね。 以前は両社がライバル企業であった可能性がありますが、現在は同じグループ企業同士。 同じハリケーンランタン部門で顧客を取り合いしても効率が悪いでしょうから、ペトロマックスのランタン事業はハリケーンランタンから撤退し、加圧式のランタン一本に絞ったのでは…と勝手に推測して悦に入っているY 夫)でした。

次の