ゲームブログ 書き出し テンプレート。 【ブログの文章構成・書き方】を初心者向けに解説! ブログ構成の鉄板テンプレート

【収益6倍】魅力的な『ブログの書き出し』5つの手順【テンプレート付き】

ゲームブログ 書き出し テンプレート

もくじ• ・テンプレートを用意したので丸パクリして下さい。 読者の心を鷲掴みにする「書き出し」の書き方 記事の書き出しは文体が重要。 読者に伝えたいことは「記事を読んだら何が手に入るか?」です。 では上から順番に解説しましょう。 読者があなたの記事を検索する理由は 「悩みを解決したいから」ですね。 たぶんこれ以外の理由で検索することって無いと思います。 なので 一番先に想定した読者の悩みを書き出します。 本記事を例に解説すると、記事冒頭 「読者にとって分かりやすい記事の書き出し方とかあったら知りたいな。 合わせてテンプレートとかもあったら教えて欲しい」 の部分ですね。 読者の悩みや疑問を読者の言葉を代弁して書きます。 そしてその直後に「こんな疑問にお答えします。 」と入れることで、 この記事は、記事の書き出し方を分かりやすく、テンプレートを使って教えてくれる記事 と読者に伝えることができます。 理由は、 読者が一番知りたいことは「結論」だからです。 先ほど読者は悩みを解決したいから記事を検索すると説明しましたが、 悩みを解決する=結論を知ることです。 先に結論を提示することで読者は 「だったら最後まで読んでみよう」と言う心理状態になります。 これで読者が最後まで読んでくれる確率が上がります。 読者を離脱させないためにも、先に結論を書くことをおすすめします。 本記事を例に解説すると、 読者の悩みの次に結論を提示しています。 「読者にとって分かりやすい記事の書き出し方とかあったら知りたいな。 合わせてテンプレートとかもあったら教えて欲しい」 こんな疑問にお答えします。 と、言った感じですね。 「なるほどこの順番で書けばいいのか。 書き方はテンプレートがあるんだっけ。 どれどれ」となるわけですね。 何故なら、 結論と理由が合致すると納得に至るからですね。 なので、結論を書いた直後に理由も書きましょう。 理由は、読者は記事を読んだことで何を得られるかを知りたいからです。 こんな感じです。 結論の後に理由がないと「なんで?」となってしまいますが、理由があると納得といった具合。 本記事を例に例えると、 上記を深堀します。 本記事を読めば読者の心を鷲掴みできる書き方を学ぶことができます。 太字の部分ですね。 読んだ後に何を得ることができるか分かりますね。 読者の悩みが解決できそうな結論であればその記事は読まれるようになりますよ。 執筆時の迷いを無くす:テンプレートを配布・テンプレを使った例文も ブログ書き出しの道しるべとなるテンプレートを無料配布します。 テンプレに当てはめて書いていけば良いので簡単ですね。 テンプレを配布します テンプレートはこちら。 上記に当てはめるだけです。 思考停止で作業できます。 合わせて武器性能や入手場所も教えて欲しい。 上記の通り。 テンプレに当てはめて書いていけば、書き出しはいとも簡単にできあがります。 書き方はの説明は以上。 では、最後にまとめます。 理由は、読者は書き出しで「記事を読んだことで結果どうなるのか?」を知りたいからです。 書き出しのまとめとポイント ・その書き出しは読者にとって最後まで読む意味があるのか伝わるか? ・その書き出しを読んで読者は安心できるか? ・その書き出しから読者にとって魅力的な記事ということが伝わる? ここを意識して書いてみましょう。 書き出しを覚えたら「本文」の書き方も覚えよう 合わせて本文の書き方も覚えると良いですよ。 実は本文にもテンプレートがあります。 本記事で解説した「書き出しのテンプレ」と「本文のテンプレ」を覚えてしまえばどんな記事も簡単に書くことが可能となります。 こちらの記事に詳細を書きました。 diamond-start. 以上で説明はおしまいです。

次の

ブログ記事の書き出しはテンプレート化しよう【4つの要素を抑える】

ゲームブログ 書き出し テンプレート

バケットリストの作り方 さぁリストを作るぞ、と思っても「やりたいことと言われても…」と困ってしまう人もいると思います。 バケットリストを作るのは意外と簡単。 まずは作り方のコツを見ていきますね。 とりあえず洗いざらい出してみる とりあえず、思いついたどんな小さなことでもいいので洗いざらい出してみるのがいいです。 「人生」というくくりで考えるのが難しければ、「 今読んでいる本を読み終わる」とか「 コートを買う」などといった「 今やりたいこと」から始めてみましょー。 あとは、 実現できなさそうだなーと思うことでもOK。 例えば「 エベレストに登る」とか「 宇宙に行く」とか、もうとんでもない夢でも何でもいいんです。 とりあえず、どんどん、どんどん、洗いざらい出してみましょう! カテゴリーに分けて考えてみる ある程度出してくれば「やりたいことを考える」のに慣れてくるはず。 そうなってきたら、今度はカテゴリーに分けて考えてみるのがオススメです。 今回の記事で使っているテンプレートでは、• 買い物• 人間関係• 自分のこと といったカテゴリーで分けています。 テーマに絞って考えてみると、ただ漠然と考えているときよりも「やりたいこと」がはっきり見えてくるかもしれません。 連想ゲーム感覚で楽しく 「やりたいこと」を考えるのって、「 連想ゲーム」に近いんですよね。 お金を貯めたい!• 貯めたお金で旅行したい• 旅行するなら温泉がいい• 温泉行くなら家族で行きたい• 家族で行くなら旅行をプレゼントしたい のような感じで、「〜するなら…」と考えていけば、やりたいことって、もう、永遠と出てくる気がします。 Bucket List まずはバケットリストから。 余計なものは省いたシンプルな形にしました。 装飾もほとんど入れていないので、男女問わず使えるテンプレートだと思います。 ひとつにまとめる 洗いざらい出していく「やりたいこと」をどんどん書いていけるように、1ページに100個書けるようにしました。 テンプレートを作るにあたって、色々な方のブログやリストを参考にさせていただいたのですが、とりあえず100個書く!という方が多かったです。 カテゴリー別 基本の形は同じで、右上にカテゴリーを付け加えたテンプレートもあります。 カテゴリーで分けて考えてみることで、より自分のやりたいことが見えてきますし、人生設計にもつながりますね。 それに、達成したらその感動を覚えておきたい。 まず、バケットリストに連動した内容をタイトル部分に書いていきます。 バケットリストの番号• やりたいこと 次に 具体的な計画(Plan)を書いていきますよー。 バケットリストに追加した日にち• 達成目標日• 具体的な計画• 続いては キロク(Achieve)です。 計画を立てて実現に向かってずんずんと進み、やりたいことが実現したら感動や色々なことをキロクしておきましょー。 次の計画や振り返った時の参考になりますよ。 達成した日にち• バケットリストに書いてから達成までにかかった期間• 達成までの思い出や覚えておきたいこと• テンプレートのダウンロード もし使ってみたいなーという方がいれば、こちらから無料でダウンロード出来るようにしているのでどうぞ。 Noteshelf2やGoodNotes4にノートページとして挿入して使うことを想定して、PDF形式にしています。 ノートアプリだけじゃなく、プリントアウトしても使えるので、iPadを持っていない方でもノートや手帳に貼ったりして使ってみてくださいねー。 実現するかしないかなんて関係ない。 とりあえず、書いたもん勝ちです。 もしかしたら、書くことで実現するかもしれないし。 人生、欲張っていこう。

次の

ブログが簡単に書ける「記事の書き方テンプレート」|クロネのブログ講座

ゲームブログ 書き出し テンプレート

バケットリストの作り方 さぁリストを作るぞ、と思っても「やりたいことと言われても…」と困ってしまう人もいると思います。 バケットリストを作るのは意外と簡単。 まずは作り方のコツを見ていきますね。 とりあえず洗いざらい出してみる とりあえず、思いついたどんな小さなことでもいいので洗いざらい出してみるのがいいです。 「人生」というくくりで考えるのが難しければ、「 今読んでいる本を読み終わる」とか「 コートを買う」などといった「 今やりたいこと」から始めてみましょー。 あとは、 実現できなさそうだなーと思うことでもOK。 例えば「 エベレストに登る」とか「 宇宙に行く」とか、もうとんでもない夢でも何でもいいんです。 とりあえず、どんどん、どんどん、洗いざらい出してみましょう! カテゴリーに分けて考えてみる ある程度出してくれば「やりたいことを考える」のに慣れてくるはず。 そうなってきたら、今度はカテゴリーに分けて考えてみるのがオススメです。 今回の記事で使っているテンプレートでは、• 買い物• 人間関係• 自分のこと といったカテゴリーで分けています。 テーマに絞って考えてみると、ただ漠然と考えているときよりも「やりたいこと」がはっきり見えてくるかもしれません。 連想ゲーム感覚で楽しく 「やりたいこと」を考えるのって、「 連想ゲーム」に近いんですよね。 お金を貯めたい!• 貯めたお金で旅行したい• 旅行するなら温泉がいい• 温泉行くなら家族で行きたい• 家族で行くなら旅行をプレゼントしたい のような感じで、「〜するなら…」と考えていけば、やりたいことって、もう、永遠と出てくる気がします。 Bucket List まずはバケットリストから。 余計なものは省いたシンプルな形にしました。 装飾もほとんど入れていないので、男女問わず使えるテンプレートだと思います。 ひとつにまとめる 洗いざらい出していく「やりたいこと」をどんどん書いていけるように、1ページに100個書けるようにしました。 テンプレートを作るにあたって、色々な方のブログやリストを参考にさせていただいたのですが、とりあえず100個書く!という方が多かったです。 カテゴリー別 基本の形は同じで、右上にカテゴリーを付け加えたテンプレートもあります。 カテゴリーで分けて考えてみることで、より自分のやりたいことが見えてきますし、人生設計にもつながりますね。 それに、達成したらその感動を覚えておきたい。 まず、バケットリストに連動した内容をタイトル部分に書いていきます。 バケットリストの番号• やりたいこと 次に 具体的な計画(Plan)を書いていきますよー。 バケットリストに追加した日にち• 達成目標日• 具体的な計画• 続いては キロク(Achieve)です。 計画を立てて実現に向かってずんずんと進み、やりたいことが実現したら感動や色々なことをキロクしておきましょー。 次の計画や振り返った時の参考になりますよ。 達成した日にち• バケットリストに書いてから達成までにかかった期間• 達成までの思い出や覚えておきたいこと• テンプレートのダウンロード もし使ってみたいなーという方がいれば、こちらから無料でダウンロード出来るようにしているのでどうぞ。 Noteshelf2やGoodNotes4にノートページとして挿入して使うことを想定して、PDF形式にしています。 ノートアプリだけじゃなく、プリントアウトしても使えるので、iPadを持っていない方でもノートや手帳に貼ったりして使ってみてくださいねー。 実現するかしないかなんて関係ない。 とりあえず、書いたもん勝ちです。 もしかしたら、書くことで実現するかもしれないし。 人生、欲張っていこう。

次の