バッファロー吾郎 つまらない。 木村明浩について

バッファロー吾郎がつまらないという人が多いですけれどどこがつまらないん...

バッファロー吾郎 つまらない

バッファロー吾郎がつまらないという人が多いですけれど どこがつまらないんですか? バッファロー吾郎がキングオブコントで優勝したのを、 吉本票だなんて言っている人が多いですけれど、 ぼくは純粋に二本目のネタはバッファロー吾郎の方が 面白かったです。 バナナマンが一本目の朝礼の ネタを決勝でやってたらバナナマンだったかなとおもいますが、 二本目のバッファローのネタはかなり面白かったとおもいます。 彼ららしいバカバカしさのある発想でかなり笑えました。 それにコント以外でも、 竹若さんは大喜利の天才で、 大喜利の大会で、板尾創路や木村祐一などの実力者がいる中で 優勝するなどかなり実力のある芸人です。 しかも運動神経もよくて、漫画やアニメやプロレスなどの 雑学もかなりあって(これは相方の木村さんにも言える) 何でもできる竹若さんと、 わざと超つまらない事を言って笑いを 起こす事が好きで(一周回った笑いってやつです) 後輩思いで、お笑いを心から愛している。 木村さんは僕はかなり好きなんですけど。 なんでこんなに嫌われているのでしょうか? 補足それに真面目で有名になりたいとかの欲があまりない 二人がKOCで後輩にひいきしてくれなんて言ってるとは 思えないです。 KOCではそれまでの知名度の無さからかなり叩かれましたけど今は必ずしもそうじゃないと思いますよ。 バラエティ番組にもコンスタントに登場してますし、だいぶテレビになじんできた印象を受けます。 今は大部分の人が彼らをそれなりに受け入れてくれてるんだと私は感じています。 もちろん未だに嫌いっていう人もいるとは思いますけど、どんな芸人でも嫌いな人は嫌いですし。 あの笑いを分からければレベルが低いとか言うファンの方がいますけど、そういうのが余計に周りが引いていく原因にはなってるんじゃないかと。 確かに一定のセンスを要することは確かですがそれが必ずしも笑いのレベルに直結するものではありません。 同じ一ファンとしてこれからも暖かく見守っていきましょう。

次の

さんまのまんま バッファロー吾郎

バッファロー吾郎 つまらない

まず、オロナミンCという冠がついていること。 これって、コント( Conte )のCとかぶらせる意図? ロゴがCの上に冠かぶせたものだったし。 ここしかないっていうタイミング。 松ちゃんはこれだけは言わないとって、 事前に考えていたんでしょうね。 まあ、でも言ったからといって、 その状況が変わるわけでもないですけど。 MC陣がなんとか場(お客さん)を和ませようと 苦心しているのが、手に取るようにわかる冒頭のやり取り、 浜ちゃんの「(審査員)100名のみなさん、すいませんね、 今日ノーギャラで来ていただいて」とか、 松ちゃんがフジモンに振ったり、 松本「25年やってるけど、絶対CMやと思た」 そうでうよね、いくら審査員が評価するとはいえ、 お客さんの反応次第で、芸人のテンションとか 全然変わってくる。 いくら面白くでも 客の反応薄かったら、力発揮できない。 そういう意味では、いきなり登場するTKOは 正直一番不利な立場でしたね。 Aブロック TKO 2対2の合コンネタ。 いつものTKOのテイストではあるんですけど、 こういう賞レースのネタって、 強烈なインパクトが必要で、一点突破が求められると思います。 そういう意味では、ちょっと広く浅くいってる印象。 初めての大会での1番手ということで、 とにかくすべることだけは避けたいと、 いろいろなパターンを盛り込みやすいネタにしたのかも。 実際点数つける側も、そんな感じでつけてたと思うし。 で、368点。 バッファロー吾郎 とにかく100人の芸人が見ているということだけで、 完全にホームな雰囲気。 芸人に圧倒的リスペクトを受けていますからね。 それをバックに悠々といつものばかばかしいネタを 真剣にやってるのが、よかったなあ。 闇の帝王=市毛良枝ネタでしたが。 今回、特に竹若に凄みを感じました。 なんか役が乗り移ってるような。 松本「見てて思ったのは…お前らアホやろ」 460点 ザ・ギース 卒業式のフォーメーションのネタですね。 この流れでこのコントを見たときに、 「あれっ」ってちょっと思いました。 芸人が審査するってことは、 バッファローみたいな「お前アホやろ」みたいなネタのほうが、 評価高くなってしまうんじゃ…という気持ちです。 (例えば出川や山崎邦正が芸人にすごく人気あるのに、 一般の人にはあまり面白いと思われていないこととか考えると) だから、作りこんだコントを凄いテクニックで見せるというものが、 あまり評価されないんじゃないかな?と。 そういう意味ではこの400点という点数は、 上出来のような気も。 ボクはもうこのネタ3回くらい見てるけど、 芸人ではあまり見てなかった人も多かったんじゃないかな。 吉本じゃない分、情報もあまりなかったと思うし、 それがいいほうに向いた気もします。 天竺鼠 結婚式の乾杯スピーチ。 元々川原の力で持っていくネタが多いコンビだけど、 ここまで露骨なネタを持ってくるというのは ある意味挑戦的な気持ちを感じました。 当人達もまさかこれで決勝進出できるとは 思ってなかったと思います。 ただ、強烈なインパクトを与えたかったという。 そういう意味では、彼らも「アホ」ですけど。 388点 というわけで、バッファロー吾郎が決勝進出。 Bブロック チョコレートプラネット ここはもうこのローマ帝国ネタでくるしかないですもんね。 そういう意味ではやりきった。 正直、切り口が最初から最後まで一緒ですからね。 5分は長すぎることは百も承知だったでしょう。 それでも、「ユズルス」とか「ソフトバンケリス」とか、 「チキリス」とか、いろんな表現を使って、 引っ張ってて、結構楽しめました。 でも、これはハマれる人とハマれない人と 分かれるタイプのネタですよね。 松本「よーかまんとやってたよね」 こういう切り口で見てくれると、 賞レースとしてはもっと盛り上がります。 415点 ロバート トゥトゥトゥサークル。 正直、ここが一番万人受けするネタだったんじゃないかな。 しかも、出てる芸人がテレビでおなじみの人だから。 一般投票だったら、まずダントツで優勝でしょう。 ほんと、面白かった。 秋山のネタの発想につきますね。 歌のパターンが基本七五調だから、 心地いいんですよ。 計算されてる。 それにまず間に英語を挟むというのを加えて、 さらにあとに曲がくっつくのを加えて、と コントの展開も非常に考えられてる。 秋山はプレイヤーとしても、圧倒的押しの強さと、演技力ある。 ちょっと天才的です。 ただここのコント見ると、どうしても 他の2人の弱さが目に付いちゃうんですよね。 もしこの2人が他の人と組んだら、 あっさり、出来ない人になっちゃいそう。 初のコントの賞ということで、ネタのおもしろさ、発想の新鮮さに 目が行ってしまいがちだけど、ボクは、 「コントなんだから、演技力も見てほしい」と思うわけです。 単純におもろいやつ決めたらええやんけ! っていうんだったか、敢えて、「コント」というくくりで 賞を作る必要ないと思うので。 そういう意味では、面白かったけど、個人的には ここをキングにするのはまずいよな、と思ってました。 でも、バッファローの作り出した雰囲気は こういうバカコント押しのムードがありました。 松本も「みんなアホですねー」とそれを後押し。 点数は473点と高得点。 「う〜ん」と思いつつも、次はバナナマン。 バナナマン テレビでも何度もやってた校長先生のお話を聞く生徒ネタ。 やっぱり演技うまいなー、というのと、 この2人のコント見てて、今までやってた人たちが 結構言葉のやり取りだけで面白くしていることが 多かったことに気づきました。 バナナマンのコントって、接触が多いんですよね。 会話じゃなくて、動作によるやり取りが 受け答えになってるという。 なんかそのあたりを、「これぞ漫才じゃなくてコントならではのもの」 と感じてしまった。 考えてみれば、いわゆる「ドリフ」的なコントって 殴ったり、抱きついたり、お互いに動きのやり取りをするのが基本でした。 そういうことを思い出させてくれた。 ボクがジャルジャルとか好きなのは、そういうところですね。 「会話じゃなくて動きで会話する」みたいな。 ただ、そのことをどう評価するのかというのは また別問題ですから。 浜田「余裕でしょ」 点数は482点とロバートを上回る。 プロデューサーはほっとしてた? ロバートVSバナナマンということでこうなりましたが、 ブロックが違って、ロバートVSバッファロー吾郎となってたら、 バッファローの勝ち、と安心してみてられたんだろうけど。 そういう意味では組み合わせの妙ともいえるか? 2700 お笑いライブの熱狂的ファンと芸人。 ライブ時の掛け合い。 この番手で、ロバートとバナナマンが暖めてくれてよかったですね。 そうじゃなかったら、大事故の可能性もあった。 「楽しかった〜」という感想に、 浜田「本番ちゃうかったらドツいてるぞ」 327点。 ここまでの感想。 板倉「ロバートがルミネで見るよりもウケてて。 …ずっと博をこれで操ってました。 前半失敗しましたけど」 松本「ロバート批判とも思えるような…」 決勝の舞台の大道具とか、どうしたんですかね? 2700の決勝ネタの設定用の、背景ボードなんかも 一応用意したんですかね? ここまでの流れを見たら、決勝はどう考えてもバッファロー有利ですよね。 それはファイナリストに吉本8人中5人、ということも当然ですが、 場の空気が、バッファローに勝たせてあげたい…という感じに。 そんななか、バッファローとバナナマンのプロレス的絡み面白かった。 設楽「なんだったらここでやってもいいぞ!」 それに対して松本「からみがベテランやねん」 そして、浜田。 カンペ出してるスタッフに、 浜田「なんやねん。 早よせー早よせーって、 しゃべっとんねんこいつら!」 いいですね、こういうノリ。 バッファローはアンドロイドネタ。 作られた記憶が父・高倉健、母・キャメロンディアス。 くだらなさの極限ですね。 浜田「中学生やんか」 松本「なんかもお〜って言いたくなるよね」 浜田「お楽しみ会みたいな」 バナナマンは宮沢りえと食事。 このコントでもやはり絡みますね、この2人。 バナナマンは敢えてこのキングオブコントで わりとおなじみなネタをやってきました。 これは新鮮なインパクトではなく、 実力でみてくれという意思表示ともとれます。 それも含めて、コントというものに対する考え方が違うんでしょうね。 面白かった。 ただ、尺が短い感はありましたね。 長いバージョンでみたことある人は みんなそう思ったんじゃないですか。 芸人自らが決めるというコンセプトで、 決勝進出者が自分の名前を言うところが、 ある意味コントっぽい感じがして、意外と面白かった。 キングオブコントにふさわしいかも。 でもそのあとのファイナリストが一人一人発表していくところは、 どうかと思うところも。 もう、バッファローの優勝は間違いないと思ってましたが、 吉本以外の芸人が誰を選ぶのかを注目してました。 で、最初がいきなりTKO。 彼らがバッファローを選んだのが、さっき書いた「場の空気」ってやつです。 発表のされ方はわからなかったと思いますが、 バッファーローVSバナナマンが5:3になってしまうのは あまりにも露骨。 みんながホントにこっちが優勝だと思ったということで、 なんのひっかかりもなく、祝福してあげるためにも、 TKOのバッファローへの投票は必然でした。 松本が言ったような「八百長感」をなくすためにも。 バッファローがもっと、お約束で優勝でしょ?的なヒール役になるような 展開だったら、また違ったんでしょうけど。 本気で悲願の優勝を狙うっていう流れの中では、 吉本の若手、天竺鼠、チョコレートプラネット、ロバート、 2700がバッファローを落とせるはずはないですから。 というわけで、生放送で何が起こるかわからないと 冒頭言われた割には、 ほとんどの人の予想通りに進み、 決着をみたキングオブコントでした。 しかし、番組中トークを振られたFUJIWARA、 インパルス、次長課長なんかは、 審査なんかしてる場合じゃないだろ、と思いますよね。 結局、バッファローを優勝させるために 彼らを落としたともいえるわけですから。 来年以降もこの方式で、 順番に一組ずつ決勝に入れて、 あとは吉本の若手芸人で埋めて…ということを 繰り返したら、この審査形式だったら、 バナナマンは永遠に準優勝かも知れませんね。

次の

キングオブコント2008

バッファロー吾郎 つまらない

の「オモシロクナ~ル」シリーズです。 販売者は株式会社サンタプラネットで、発売元は株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーです。 サンタプラネットは色々な会社と提携して、キャラクター商品などを企画開発から製造、販売している会社ですね。 元はバッファロー吾郎の バッファロー吾郎A(旧芸名 木村)さんのグッズです。 オモシロクナ~ル、 ヨクスベ~ルにはバッファロー吾郎Aさんの顔イラストが付いています。 シアワセニナ~ル、 ホレヤスクナ~ル、 アツクナ~ルは後から追加された商品ですね。 人気シリーズみたいです。 全部で5種類あります。 錠剤型の飲み薬のような見た目のパロディ菓子です。 見た目は大正製薬の総合かぜ薬パブロンSのような感じですね。 乾式ラムネです。 ラムネは森永ラムネとよく似た形・大きさです。 味もよく似た、シンプルな味です。 酸味と甘さがバランス良くておいしいです。 オモシロクナ~ル 「 スベる諸症状の緩和にオモシロクナ~ル」です。 ウケテショウガアレフェンとワライトマラフェンが配合されています。 この2つが主成分ですね。 ヨクスベ~ルと対極の薬です。 この薬があれば、芸人としては成功間違いなしですね。 もし本当にあったら誰にも売らずに内緒で使いますね。 バッファロー吾郎Aさんはご自分では飲まないのでしょうか。 下記の効能や注意書きを見ると、効き目がありすぎて自分の時間が無くなったり、何を言っても受けるゲラばかりになってしまうとつまらないかもしれません。 だからあえて飲んでないのかもしれませんね。 エガオナクナール、ミンナワラワフェン配合となっています。 この2つが主成分です。 芸人には危険な薬ですね。 ライバル芸人にこっそり飲ませると追い落とせそうです。 下記の効能や注意書きをを見ると、相当やばい薬ですね。 一般人も飲むと危ないです。 特に関西人は会話にオチを付けないといけませんので要注意ですね。 ラムネはオモシロクナ~ルと同じものです。 イイコトオキルンとナンカAが配合されています。 この2つが主成分ですね。 「総合お菓子」というのは良く意味がわかりませんが、総合感冒薬のような感じでしょうか。 飲むと幸せになれる薬です。 でも、そのように書くと危ない薬みたいに読めますね。 漫画のラッキーマンのようになれるようです。 効能はちょっと微妙なものが多いですが、最後の「国と国との間に国境が無くなる」というのがいきなりスケールが大きいですね。 ちょっと個人の幸せの範疇を超えている気がします。 マイケル・ジャクソンかジョン・レノンのレベルですね。 ラムネがピンク色です。 シアワセニナ~ルとホレヤスクナ~ルはピンク色です。 ピンク色は幸せなイメージですね。 原材料の違いは果実色素だけです。 それにもかかわらず、何となく他のラムネよりも甘く感じます。 色の持つイメージのせいでしょうか。 グットクールとゾッコンエキスが配合されています。 この2つが主成分ですね。 惚れ薬です。 ちょっと危ない薬ですね。 好きな人の気持ちを薬で操りたいという気持ちはわかります。 でも、薬でコントロールされた気持ちなんて本当の気持ちじゃない、とか歌でありそうですよね。 ラムネはピンク色です。 やっぱりこういう媚薬はピンクのイメージですよね。 味は他のラムネと同じです。 色が違うだけなのですが、色のせいで何となく甘い気がします。 効能はちょっと古いネタのパロディが多いですね。 昔の曲のキャッチーさはすごいですよね。 使用上の注意で、同性との使用について言及されていますが、最近はLGBTに対して社会が寛容な方向に進んでいますので、あまり問題はないかもしれません。 でも毛嫌いする人もいますし、何より本人の意志を無視した強引なやり方は犯罪ですので、当然駄目ですね。 ラムネはシアワセニナ~ルと同じものです。 カッテショウガアラフェンとニホンイチナッタルンが配合されています。 この2つが主成分ですね。 阪神タイガースファンのためのお菓子です。 吉本興業は大阪の会社ですので、やはり阪神ファンが多いのでしょうか。 阪神ファンなら見かけたらつい買ってしまいますね。 阪神タイガースの承認を得たちゃんとしたグッズです。 金色のタイガースマークが光っていますね。 容器が他のシリーズと違いプラスチックになっています。 ちょっと安っぽくなってしまいました。 阪神タイガースの承認グッズということで、商標の使用料なんかが発生しているためかもしれませんね。 ラムネはオモシロクナ~ルと同じものです。

次の