玉緒 の 息子。 中村玉緒

中村玉緒の子供・娘・息子は?息子は殺人事件の真相は?現在は?

玉緒 の 息子

Sponsored Link 鴈龍は親からの長年の経済的援助に甘えていた? 中村さんの息子・鴈龍さんは、1989年、さんが監督を務める映画 「座頭市」でデビューされるも、この映画の撮影中、助監督に真剣を持たされたのを知らずに、殺陣師を刺殺してしまい、 5年間の謹慎後、ようやく、1994年、映画 「不知火検校」で復帰されているのですが、1997年には、頼みの綱である、勝新太郎さんが、息子の行く末を心配しながら、65歳で他界。 その後、中村さんが、鴈龍さんを一人前の俳優にするべく、バラエティで共演したり、自分が出演する舞台のプロデューサーに頼み込んで、鴈龍さんにも役をもらったりと、尽力されていたそうですが、 鴈龍さんはというと、「父の名に恥じないような俳優になりたい」という気持ちはあったものの、プライドが高く、使いづらい俳優だったうえ、中村さんからの経済的援助で生活には困っておらず、やる気が長続きしなかったそうで、 2017年に2年ぶりとなる舞台に出演されるも、それ以降は、働く素振りを見せなかったそうです。 鴈龍さんは、若い頃(左)はスリムでしたが、大変お酒が好きで、飲み過ぎのせいか、30代から体重が100キロを超え(右)、所属事務所や関係者からダイエットを命じられたこともあったそうです。 息子・鴈龍との絶縁が報道される そんな鴈龍さんに対し、中村さんは、「きちんと仕事をしてほしい」と何十年も言い続けてきたそうですが、 中村さん自身、80歳という年齢が近づいたことで、自身の死後のことを考え、 私が面倒をみているかぎり、あの子が立ち直ることはない と、長女・真粧美さんと相談のうえ、鴈龍さんを絶縁。 経済的援助を打ち切ったというのです。 実際、中村さんの知人によると、 3年以上にわたり、玉緒さんと鴈のイベントや舞台での共演が絶えているのは事実です。 また玉緒さんが6月に出演する舞台にも鴈は出演しません。 それにプライベートのことですので。 とだけ答えられると、自宅の中に入って行かれたとのことでした。 息子・鴈龍が急逝 しかし、それから、たった2年後の、2019年11月1日には、鴈龍さんが、 「急性心不全」のため、55歳の若さで他界されていたことが、12月4日に明らかとなります。 しかも、複数の関係者の話によると、鴈龍さんは、名古屋市内で一人暮らしをされていたのですが、連絡が取れなくなったため、不審に思った知人が自宅を訪ねられたところ、すでに亡くなっている鴈龍さんを発見。 その時、死後、数日経っていたというのです(事件性はないとのこと)。 この訃報に接し、中村さんは憔悴しきっていたそうですが、 以前、インタビューで、 私はちょっと贅沢をさせて、(子供たちの)育て方を間違えたかもしれません。 でも、私にとっては、大事な子供たちです。 娘は一度結婚してすぐ離婚しましたし、息子もまだ独身ですが、早くいい嫁さんに来てもらって、孫の顔が見たいですね。 と、息子のためを思って突き放した結果、このような形で息子の訃報に接するとは・・・どのような気持ちだったのでしょうか。 勝新太郎さんの17回忌の席で。 中村さんと鴈龍さん。 Sponsored Link 鴈龍は本当に怠けていたのか? ただ、気になるのは、「働かない息子を中村さんが絶縁」との論調で多くのメディアが報じていたことに対し、元 「勝プロダクション」の関係者が、 たけちゃんが自分から怠けようとしたとは考えられない。 思うように仕事が来なかっただけではないか。 (2000年に上演された鴈龍さん主演舞台「悪名」では)嬉々として演じていた。 大張り切りだった。 役者の仕事が嫌いなわけでは決してなかった。 と、語っていたこと。 もしかしたら、何か裏の事情があったのかもしれません。 さて、いかがでしたでしょうか。 中村さんの、• 年齢は?出身は?身長は?本名は?家系図は?• 幼少期は舞伎界の名門で何不自由ないお嬢様• 長谷川一夫に頼み「大映」に入社• 大映の映画スターとして• 出演作品(映画)• 出演作品(テレビドラマ)• 夫・勝新太郎と馴れ初め• 勝新太郎と結婚• 市川雷蔵とも相思相愛だった• 夫・勝新太郎が映画制作と豪遊で湯水の如く・・・• 勝新太郎はアヘン所持、長男長女は大麻密売で逮捕• 借金は14億• 長男が誤って真剣で殺陣師を刺殺• パンツの中に大麻とコカインを隠していた• 勝新太郎が懲役2年6ヵ月執行猶予4年• バラエティ番組「さんまのまんま」のオファーを受ける• 「さんまのまんま」では台本を作ってもらっていた• 「さんまのまんま」でのさんまとのやりとりでブレイク• 着物ブランド「中村玉緒のきもの」が大成功• 14億円もの借金を完済• 勝新太郎への一途な想い• 勝新太郎が黒澤明監督作品「影武者」を降板させられる• 勝新太郎が「世界のクロサワ」にダメ出し?• 試写会を夢見てドレスを用意していた• 娘は奥村真粧美• 息子は鴈龍• 鴈龍は俳優として芽が出ず• 鴈龍は親からの長年の経済的援助に甘えていた?• 息子・鴈龍との絶縁が報道される• 息子・鴈龍が急逝• 鴈龍は本当に怠けていたのか? について、まとめてみました。 歌舞伎の名門のお嬢様として何不自由なく育つと、女優としても成功し、その後は明石家さんまさんに見いだされてバラエティでも成功された中村さんですが、その反面、夫・勝新太郎さんには散々振り回され、息子・鴈龍さんにも先立たれる不幸・・・ すでに80歳を回る高齢でもあり、今後は、娘さんとともに、心安らかに過ごしてほしいものです。

次の

【孤独死】中村玉緒の息子:鴈龍が死去!事故の俳優は加藤幸雄で逮捕は?

玉緒 の 息子

来歴 [ ] 出身。 父は映画の貴重な脇役でもあった歌舞伎俳優。 夫は俳優の、長男は俳優の(奥村雄大)、長女は。 また、兄は歌舞伎役者の、その子供に・兄弟がいる。 、本名で作品『景子と雪江』にて映画初出演を果たすものの、その後お呼びはかからなかった。 どうしても女優になりたかったため、親戚での重役も兼ねていたに頼み込んでに大映へ入社。 初年度の給料2万円は当時としては破格で、ハイヤーで撮影所通いという優遇ぶりだったが、主役は回ってこなかった。 半ばまで、幼馴染のや、らスターを支える脇役として活躍。 当時の玉緒は甲高く可愛らしい声をしており、純情な娘役を多く演じた。 にはテレビドラマの脇役として活躍。 痛々しく健気な母親役を得意とし、評価を得る。 、司会の『』などにおいて、強烈なで人気を得る。 以降、さんまが司会を務める番組の常連出演者となった。 この頃よりに名を連ね、主演ドラマや主演舞台もこなすようになった。 、に就任。 エピソード [ ] この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2010年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2010年5月) 家族 [ ] 玉緒が夫の勝と知り合ったのは、時代。 勝が熱烈に求愛し、玉緒もその気になったという。 大映側もふたりの仲を認めざるを得なくなり、玉緒が撮影中に勝が迎えに来ると、「勝さんが来ているから…」と、早めに撮影を切り上げることもあった。 勝に対しては「生まれ変わってもあの人と一緒になりたい」と語るほど一途な想いを貫いている。 勝の晩年には二人舞台『夫婦善哉』で共演した。 バラエティ番組に出始めるようになったのも、に臥している勝を励ますためだった。 その頃の勝は、もはや発声が困難な状況であり、病室のテレビで玉緒が出演するバラエティ番組を見るのが唯一の楽しみだったという。 勝の葬儀では、玉緒は晴れ晴れとした笑顔で弔問者を迎え、勝を明るく見送った。 祭壇のセットにが組まれる異例の葬儀で、の記事では「東京タワー葬」と表現された。 家庭内での玉緒と長女は大変なおしゃべりで、豪放なイメージのある勝のほうが閉口していたといい、「世間は私たちが勝を我慢していたように思っていますが、本当は勝が私たちを我慢していました」と語っている。 子供たちのことを溺愛しており、長男と長女が揃って逮捕されたときには「罪は憎くても子供は憎めない」と語った。 長男の初舞台では「息子の出番が少ない」と脚本を自ら書き直すほどのぶりであった。 子育ては厳しく、幼い頃の鴈龍は靴紐が結べないことで往復ビンタされたという。 人物 [ ] 渡哲也の『くちなしの花』がお気に入りでありこの曲に関するエピソードがある。 、の除去を受け、全快した。 勝と同様に喫煙者であり、結婚する際の条件は「煙草をやめること」であったという。 退院会見の際、「(喫煙を)やめなかった罰が当たった」と述べている。 手術後に初めて禁煙に成功した。 酒好きであった勝とは違い、酒は飲まない。 大映の「二枚看板」として常に勝と比較されていたとは、その前身が父と同じ歌舞伎役者であることから、父の楽屋に出入りしていた頃からの幼なじみで、深い親交があった。 早世した雷蔵のことを、玉緒は現在でも兄のように慕っている。 放送の『』にゲスト出演した際、次のようなエピソードを語った。 『シリーズ』で共演しているに店へ連れて行ってもらい、その味が忘れられなかった。 その後、また同じしゃぶしゃぶ店に行きたくなった玉緒が「ねーねー佐川さん、今度 しゃぶしまへんかー」と佐川を誘った。 玉緒は「しゃぶしゃぶ」を縮めて「しゃぶ」と言ってみただけだったが、佐川はこれをのである「シャブ」と勘違いしたため、「俺が人前で話しているときに、 シャブって何だよ!」と困惑し憤慨したという。 放送の『芸能人常識チェック あなた、ヒトとしてどうなのよSP』で、の名前を当てるクイズに挑戦した。 を「じゃなくて?」と答え、共演者から爆笑をさらった。 放送の『』内『』に出演し、予選ペーパーテストで当番組名物の6人組(、)全員の点数を下回る3点を取り、とともに最下位になってしまったが、玉緒はジミーと一緒に喜んでいた。 なお、当番組の最下位の最高齢記録更新となった。 それまでの記録は、の63歳であった。 タレント活動 [ ] 本職は女優であるが、からバラエティ番組やに出演するようになった。 特にとの共演が多く、トークなどの相性の良さで非常に人気を博した。 、のシリーズのキャラクターになり、若い世代からも「 玉緒っち」の愛称で人気を得た。 、より「玉緒でドッカン!! 」を発表。 なお、玉緒自身もパチンコに足繁く通っており、とはよく一緒にパチンコをする友人同士である。 、にあるの名誉村長に起用される。 秋に開催されたコントライブ『』に、女優で初めて演者として出演した。 玉緒はをもっていないため、自身が1994年から担当するCMのフレーズ「ちゃん」をギャグとして連発した。 さらに、「中村玉緒物語」と題したコントを「デビュー編」「結婚式編」「勝新太郎臨終編」の3部構成で敢行した。 次の公演にも出演する予定だったが、「体力的に無理」という理由で参加していない。 放送の特番『どこよりも超スゴい!ギネス世界記録公認!びっくり超人100連発』内の企画で、司会を担当した玉緒自ら登録に挑戦した。 出演者ら12人から1分間に87回のを手の甲に受け、「手にキスを受けた記録」として申請した。 当該の項目はそれまで申請がなかったため、収録現場に公式認定員が立ち会い、その後新たな項目として登録され、晴れて記録保持者となった。 出演 [ ] 映画 [ ]• (1953年)• シリーズ• 幽霊大名(1954年、シリーズ7作) - たより 役• 人肌蜘蛛(1956年、シリーズ10作) - お千代 役• 八人の花嫁(1958年) - お六 役• 雪女の足跡(1958年、シリーズ15作) - お光 役• 美人蜘蛛(1960年、シリーズ16作) - もよ 役• 夜のえんま帳(1961年、シリーズ17作) - 染吉 役• (1955年) - 役• 復讐浄瑠璃坂・二部作(1955年) - 千春 役• お父さんはお人好し(1955年) - 五女静子 役• かんかん虫は唄う(1955年、大映) - 菊枝 役• ( Three Stripes in the Sun)(1955年)共演 (Chuck Connors)、(Dick York))、日本ロケをした映画。 月形半平太(1956年) - 歌菊 役• 白井権八(1956年) - お玉 役• 折鶴七変化(前編・後編)(1956年) - 喜美 役• あばれ鳶(1956年) - 半玉小信 役• 祇園の姉妹(1956年) - 美津丸 役• 新・平家物語 義仲をめぐる三人の女(1956年) - 公郷の姫 役• 花の兄弟(1956年) - 姪妙 役• 残菊物語(1956年、大映) - おつる 役• 源氏物語・浮舟(1957年、大映) - 侍従(浮舟の侍女) 役• (1957年) - しのぶ 役• 赤胴鈴之助(1957年、シリーズ第1作)• 月夜の怪人(1957年、シリーズ第2作)• 飛鳥流真空斬り(1957年、シリーズ第4作)• 新月塔の妖鬼(1957年、シリーズ第5作)• 一本足の魔人(1957年、シリーズ第6作)• 三つ目の鳥人(1958年、シリーズ第7作)• 南蛮寺の佝僂男(1957年) - 娘 さゆり 役• スタジオはてんやわんや(1957年)• (1957年) - 綾衣(扇屋の遊女) 役• 忍術若衆 天馬小太郎(1957年) - 藤姫 役• 空飛ぶ若武者(1957年) - 百合姫 役• 鬼火駕篭(1957年) - 琴江 役• 水戸黄門漫遊記(1958 三隅研次)(1958年) - お絹 役• 女狐風呂(1958年) - お雪(女中) 役• 花の遊侠伝(1958年) - おとし 役• 花太郎呪文(1958年) - お節 役• 伊賀の水月(1958年) - みち 役• 口笛を吹く渡り鳥(1958年) - みよ 役• 遊侠五人男(1958年) - お千枝 役• 濡れ髪剣法(1958年) - おみね 役• 江戸は青空(1958年) - おさん 役• 白蛇小町(1958年) - お菊 役• 流れ星十字打ち(1958年) - ふさ 役• 江戸っ子祭(1958年) - 妙(奥女中) 役• (1958年) - 腰元 みどり 役• (1958年、大映) - 五番町の女 役• 講道館に陽は上る(1959年) - お光 役• 鬼女系図(1959年) - 鬼堂琴江 役• 風来物語 仁侠篇(1959年) - お桂 役• (1959年) - 第四の姫 役• 天竜の鴉(1959年) - 早苗 役• お嬢吉三(1959年) - お美和 役• 関の弥太っぺ(1959年) - お小夜 役• 浮かれ三度笠(1959年) - 菊姫 役• 濡れ髪三度笠(1959年) - おさき 役• 月影兵庫 上段霞斬り(1959年) - 巡礼 娘妹 役• 千羽鶴秘帖(1959年) - みつ江 役• 次郎長富士(1959年) - お松 役• 町奉行日記 鉄火牡丹(1959年) - お玉 役• 鳴門の花嫁(1959年) - 琴江 役• 花の幡随院(1959年) - 本庄香奈重 役• 荒海に挑む男一匹 紀の国屋文左衛門(1959年) - お美輪 役• 蛇姫様(1959年) - おすが 役• よさこい三度笠(1960年) - おとめ 役• 千姫御殿(1960年) - おかつ 役• 風来物語 あばれ飛車(1960年) - お桂 役• 源太郎船(1960年) - お浜 役• 二人の武蔵(1960年) - 悠乃 役• 月の出の血闘(1960年) - お安 役• (1960年) - かつら 役• (1960年) - お鶴(薄雲) 役• 続次郎長富士(1960年) - 猩々のお亀 役• 元禄女大名(1960年) - 琴姫 役• (1960年、大映) - 弘子 役• 不知火検校(1960年、大映) - 浪江 役• 大江山酒天童子(1960年) - こつま 役• (1961年) - お町 役• 鯉名の銀平(1961年) - お市 役• おけさ唄えば(1961年) - お君 役• 小太刀を使う女(1961年) - おたか 役• 小次郎燕返し(1961年) - 梢 役• 女のつり橋(1961年) - 絹江 役• 大菩薩峠 完結篇(1961年) - お銀 役• 舞妓の休日(1961年) - 美津子 役• (1961年) - オータミー 役• (1961年) - 八重 役• 新源氏物語(1961年) - 役• かげろう侍(1961年) - お珠 役• (1961年) - 大木富枝 役• (1961年) - お絹 役• (1961年) - お絹 役• (1961年) - 四村塩 役• 情熱の詩人啄木(1962年) - 節子(妻) 役• 化身(1962年) - 文弥 役• 女と三悪人(1962年) - お光 役• (1962年) - 蘭英 役• (1962年) - おしま 役• (1962年) - お絹 役• 裁かれる越前守(1962年) - お燕 役• (1963年) - 千佐 役• 越前竹人形(1963年) - お光 役• 現代インチキ物語 ど狸(1964年) - 千代子 役• 大工太平記(1965年) - 太田お文 役• (1965年) - お千 役• (1965年) - 檜垣ぬい 役• (1965年) - おとよ 役• ド根性大将(1966年) - お吉 役• 雪の喪章(1967年) - せい 役• (1968年) - 男(探偵)の妻 役• (1968年) - 上田幸江 役• 横紙破りの前科者(1968年) - 小づる 役• いかさま博奕(1968年) - おりん 役• 妾二十一人 ど助平一代(1969年) - 赤沢あさ 役• 商魂一代 天下の暴れん坊(1970年) - 岩崎喜勢 役• たぬき坊主(1970年) - 田坂圭子 役• (1970年) - マン 役• サマー・ソルジャー(1972年) - 清水夫人 役• 辻が花(1972年) - 小原静子 役• (1973年) - 坂田小春 役• (1974年) - 淑恵 役• (1975年) - 荻乃 役• (1976年) - 端野いせ 役• (1978年) - 月田絹枝 役• (1979年) - 千代 役• (1979年) - 北村洋子 役• 甦れ魔女(1980年) - 三木イネ 役• 山下清物語(1981年) - 母・ふじ 役• (1981年) - 女房・お栄 役• (1985年) - 「ぶらり」の里子 役• (1986年) - 童左の母 役• (1988年) - 堀千代 役• (1991年) - 加代の母親 役• 女ざかり(1994年) - 静子 役• (1999年) - 眼鏡の女 役• (2006年) - 柏屋の女房 役• (2007年) - 睦田夫人 役• (2014年、松竹)- 村上絹子 役• (2015年) - 大家のおばあさん 役• 一茶(公開未定 ) - さつ 役• (2017年) - キン 役 舞台 [ ]• 勝新太郎特別公演・夫婦善哉東男京女(1996年5月、新歌舞伎座)• 新・おんなたちの同窓会(1996年9月、名鉄ホール)座長公演• 浪花女奮闘記「まかしときなはれ」(1999年11月、中日劇場)座長公演• 夫婦うどん(2000年7月、名鉄ホール)座長公演• 浪花女奮闘記「まかしときなはれ」(2000年10月、新橋演舞場)座長公演、第55回参加• 女の居場所(2001年8月、明治座)座長公演• 女の居場所(2001年10月、全国公演)座長公演• 浪花女奮闘記「まかしときなはれ」(2002年4月、新歌舞伎座)座長公演• 浪花弁天ものがたり(2002年6月、新橋演舞場)座長公演• 夢の淡雪 浪花弁天ものがたり(2002年10月、中日劇場)座長公演• 浪花弁天ものがたり(2003年3月、松竹座)座長公演• 夫婦漫才一代記「年上の女」(2004年4月、新歌舞伎座)座長公演• (2004年11月、明治座)座長公演• リニューアル記念公演(2016年、博多座)『梅と桜と木瓜の花』- さくら 役 テレビドラマ [ ]• 春ふたたび(1964年1月1日、)• しのぶという女 (1964年、)• (第371回)「女優シリーズ 残り福」(1964年1月12日)• (第424回)「四角い玉子」(1965年1月17日)• (第440回)「雀の涙」(1965年5月9日)• (第451回)「あほんだらシリーズ その1 爪の垢」(1965年7月25日)• (第470回)「あほんだらシリーズ その3 夫婦屋台」(1965年12月5日)• (第489回)「あほんだらシリーズ その4 おつむてんてん」(1966年4月17日)• (第511回)「あほんだらシリーズ その5 へだる」(1966年9月18日)• (第531回)「あほんだらシリーズ その6 猿かに合戦」(1967年2月5日)• 孤独な扇(1964年4月11日、)• 西郷隆盛(1964年、CX)• 風雲児半次郎 唐芋侍と西郷 (1964年、MBS)• ちよ銘仙 (1964年、KTV)• 雪しずかに(1965年、KTV)• うなぎ繁盛記(1965年、)• おばさまと娘たち(1965年、)• 京の川 (1965年、KTV)• 宮本武蔵 (1965年、)• 源氏物語 (1965年 - 1966年、MBS)• 明治天皇(1966年1月〜6月、)• (YTV)• 「乗っ取るで!! 」(1966年1月15日)• 「お客さん、お泊りはこちら」(1967年7月1日)• うちらの青春 (1966年、YTV)• 「」(1966年、KTV) - さだ子 役• 山本周五郎アワー (KTV)• 「野分」(1966年3月29日)• 「しじみ河岸」(1966年4月5日)• 「四日のあやめ」(1966年4月12日)• 「山椿」(1966年4月26日)• 「釣忍」(1966年4月19日)• おもろい男(1966年5月21日、NHK)• オーイわーいチチチ (1966年、NTV)• 「愛とこころのシリーズ 妻ありて」(1966年8月5日、ABC)• 雨のひまわり (1966年、)• おもろい夫婦 第1シリーズ(1966年 - 1967年、CX)• 立ちおくれ(1966年、CX)• (NHK)• 「」(1967年) - 役• 「」(1969年) - 役• 「」(1972年)- 役• 「」(2003年)• シオノギテレビ劇場 「山本周五郎シリーズ 法師川八景」(1967年1月26日、CX)• 女ひとり (1967年、ABC)• 春のぼたん雪 (1967年4月8日、NHK)• おもろい夫婦 第2シリーズ(1967年 - 1968年、CX)• 松虫鈴虫くつわ虫 (1967年、NHK)• 蝶子はん (1967年、KTV)• たすきをかけた女 (1968年、ABC)• 新・おんな大学 「批判なすべからず」(1968年2月1日、NTV)• カツドウ屋一代 (1968年、MBS)• (1968年、NHK)• 第6シリーズ 第24話「白刃有情」(1969年、CX) - 雪絵 役• (1969年、ABC)• 第1シリーズ(1970年、TBS)• (1970年、NHK)• (1970年、)• 第12話「まごころ」(1971年8月2日) - 浪江 役• 第5話「無情の捕縄」(1972年7月10日) - お種 役• 第11話「花嫁泣かせた出生の秘密」(1986年1月6日) - おしん 役• (1972年) - おくら 役• 第25話「晒されて候」(1974年) - お陽 役• (1975年) - おこう 役• 第24話「あんたこの替玉をどう思う」必殺シリーズ通算200回記念(1976年)- 水をかけた女 役• (1973年、NHK)• (1974年 - 1975年、YTV)• 第2シリーズ 第1話「兇悪のアリバイ」(1974年) - 田村志津子 役• 第2シリーズ 第123話「償い」(1977年) - 山野富江 役• 第131話「火を招く狼の群れ!」(1974年)• 第490話「涙の仇討赦免状」(1981年)• 第25話「珊瑚玉の女」(1975年、NHK)• (1975年、NHK) - 倉橋節子 役• 第11話「黄門さまの縁結び -出雲-」(1975年6月9日) - おもよ 役• 第8話「情け紡いだ西陣織 -京-」(1990年12月24日) - お園 役• 第18話「大人もビックリ! 天才少年 -枚方-」(2000年7月17日) - おさわ 役• 第3話「肝っ玉おかみの決闘 -喜連川-」(2002年1月21日) - お玉 役• 第19話「浪花女は銭の神様 -三春-」(2005年5月30日) - おしか 役• 第19話「わははオヨヨの珍道中 -三島-」(2008年5月26日) - おかね 役• 第6話「お鶴が渡る隅田川」(1976年) - お鶴 役• 第90話「良薬は苦すぎた」(1978年) - お文 役• 第1シリーズ第17話「母子道に灯がともる」(1977年) - おたき 役• 第3シリーズ第12話「虹のかけ橋」(1979年) - おすま 役• (1977年、TBS) - 役• (1978年 - 1979年、CX) - 佐々木よし江 役• 第28話「明日に咲いた影の花」(1978年7月29日) - お美代 役• 第50話「女だてらの荒療治!」(1984年) - 中本かく• 〜(1979年 - 2004年、2008年) - の生母 お由利の方() 役• (1979年、MBS)• (1979年、TBS)• (1979年、)• (1980年、NHK) - 梶井ムラ 役• (1981年、CX)• (1983年、TBS)• (1985年、ABC)• (1986年、YTV) - 木下志津 役• (1991年、NTV)• (1992年4月 -2006年5月 、MBS) - (主人公)杉原園絵 役• (1992年 - 1993年、YTV)• (1993年、) - 尾形八重 役• (1994年、TX)• (1995年、TX) - 役• (1997年1月、TBS)• 「悪霊学園」(1997年、CX) - お玉さん 役• L) - おせい 役• (1998年、TBS)• (NHK)• (1999年) - 川村とし 役• (2010年 - 2011年) - ナレーション• (2016年 - 2017年) - 坂東トク子 役• (2000年 - 、TBS)• (2001年、テレビ朝日) - 梅田菊代 役• (2002年、YTV) - 松田キン子 役• (2007年11月26日、TBS) - 福本華恵 役• (2008年1月、MBS)• ドラマスペシャル (2008年3月15日、EX) - 大政所 役• (2011年10月10日、NTV) - 行商のあばちゃん 役• (2013年、THK) - 桂木さくら 役• 第6話(2013年5月18日、CX) - 御手洗さおり 役• 第9話(2014年11月28日、) - おはま 役• 黒星警部の密室捜査(2015年6月17日、TX) - 黒星トミ 役• (2016年2月25日 - 、) - 野々山徳枝 役• (フジテレビ)• 正月特番・(TBS)• (フジテレビ)• (フジテレビ)準レギュラー• () ドキュメンタリー [ ]• (2002年、TBS)• (2011年、NHK)• (2016年12月13日)司会 テレビCM [ ]• 洋服タンス 長女・奥村真粧美と共演• 『ガイア』イメージキャラクター• 『』(声の出演・るりこ〔声:〕の姑役)• 『オリゴのおかげ』• 『すらっと茶』• 『eoホームファイバー』• 『ビバメイト』• 『ホカロン』(2005年 と共演、2006年 と共演) 『グリーンガム』(2014年 と共演)• オーダーメイドソリューションズ 『ドクターペンライト』 と共演• 『』 受賞歴 [ ] 1960年• 第11回・助演女優賞 - 『』、『』 1963年• 第18回・女優助演賞 - 『』• 第2回 取材協力賞(と共に受賞 1967年• 第4回 - 『おもろい夫婦』(フジテレビ)、『雨のひまわり』『オーイ・わーい・チチチ』(日本テレビ) 1992年• 第5回・助演女優賞 - 『』 1998年• 第36回ゴールデン・アロー賞 放送賞 2000年• ・特別賞 2007年• 第62回・ 著書 [ ]• 『あほな女 生きてる限り、生きていく』, 1992 のち廣済堂文庫• 『玉緒の「着物」の喜び』, 2000• 『中村玉緒の平成おんな大学』 文庫 2007• 『お悩み、聞きまっせ! 中村玉緒の生き方相談室』, 2010 参考文献 [ ]• 2003年8月14日・21日夏の特大号『芸能人に学ぶ いい子育て 悪い子育て』(文藝春秋) 脚注 [ ] []• MBSドクホン第1号(2004年4月号)中村玉緒へのインタビューより。 デイリースポーツonline (デイリー新潮WEB、2019年12月9日)• シネマトゥデイ 2015年6月24日. 2015年6月24日閲覧。 デジタル毎日新聞 2018年1月11日• 映画ナタリー. 2016年10月13日. 2016年10月13日閲覧。 ステージナタリー. 2016年7月4日. 2016年7月5日閲覧。 ORICON NEWS 2010年6月17日• ドラマのナレーション初挑戦となった。 2014年11月13日閲覧。 2014年11月13日閲覧。 外部リンク [ ]• - 所属事務所によるホームページ•

次の

勝新太郎さんの息子・鴈龍さん、孤独死 55歳、急性心不全 知人が発見…母・中村玉緒は憔悴 (1/2ページ)

玉緒 の 息子

11月1日に急性心不全のため55歳で急逝していたことが明らかになった俳優、勝新太郎さん(享年65)と女優、中村玉緒(80)の長男で俳優、鴈龍(がん・りゅう、本名・奥村雄大=おくむら・たけひろ)さん。 名古屋市内で孤独死していたという。 葬儀は11月29日に近親者だけで行い、納骨も済ませた。 複数の関係者によると、鴈さんは同市で働いていたが、連絡が取れなくなったため、不審に思った知人が自宅を訪ねたところ、鴈さんはすでに亡くなっていた。 一人暮らしだったこともあり、死後数日はたっていたとみられる。 事件性はないという。 父が勝新、母が玉緒。 伯父は若山富三郎さん(1992年没、享年62)と歌舞伎俳優の坂田藤十郎(87)という芸能一家に生まれた鴈さん。 期待されながらもなかなか芽が出ず、苦節の日々を過ごしていた。 勝さんの付き人を務めた後、勝さんが製作・監督・主演を務めた1989年公開の映画「座頭市」に本名で出演し、映画デビュー。 しかし、撮影中の88年に真剣を使用し、殺陣師の俳優を誤って切りつけ、死亡させる事故を起こした。 デビュー前には薬物事件を起こしたこともあった。

次の