大森 寿美男。 大森美香とは

大森美香

大森 寿美男

フジテレビで今夏放送される、市川海老蔵の十三代目市川團十郎襲名を記念した特別企画ドラマ『桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長~(仮)』に広瀬すずが出演することが決定した。 海老蔵が織田信長役、三上博史が信長の最大の強敵・今川義元役、黒木瞳が信長の実母・土田御前役を務める。 また、本作の脚本を、広瀬がヒロインを演じたNHKの朝ドラ『なつぞら』の大森寿美男が手がける。 広瀬が時代劇初挑戦で演じるのは、信長の正妻・濃姫役。 道三は油売りの商人から知力と謀略の限りを尽くし、一国の大名にのし上がった程の実力者。 織田家にとっては婚姻関係ができたからといって全く油断ならない存在であり、両家は常に緊張状態にあった。 そのような状況の中で濃姫は、信長がいかに素晴らしい武将であるか頻繁に文を送るなど、両家の関係に心を砕く優しい女性として描かれる。 これまでさまざまな濃姫像が数多く映像化されてきたが、本作では、濃姫は実母の愛に飢える信長を優しく包み込む女性、そして本当の信長を理解する唯一無二の存在としても描かれる。 『なつぞら』を終えた後に、何か新しいこともやってみたいな、と考えていたので、このタイミングでこのお話がいただけてよかったです。 (脚本の)大森さんが『なつぞら』の執筆の後、休まずにこの脚本を書かれていたということも聞いて、さらにやってみたいなと思いました。 つい目で追ってしまうような存在感も、多分共通しているところだと感じました。 視聴者へ見どころ 濃姫の強くて、でもはかないところは、現代の女性にも共感していただけると思います。 戦のシーンは私も一視聴者として楽しみにしています。 このドラマでは、濃姫は信長の唯一の理解者で、それがすごく救いになっています。 そこの描写がよいと思いますし、演じていて、濃姫の前だと信長も自然と素直でいることができたのだなと感じました。 海老蔵さんも見事に若々しい青年信長を演じてくださっているのもありますが、広瀬さんも、ほぼ倍の年の差を全く感じさせない、むしろ2ショットのシーンでは、しっかりと夫を包み込む母性、信長の唯一の理解者となろうとする愛情の深さ、芯の強さがきちんと出ていて、画面の中のお二人はすごくお似合いの夫婦になっていました。 fujitv.

次の

『なつぞら』脚本家・大森寿美男が明かす、広瀬すずとなつの共通点 「僕の中では分け難いもの」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

大森 寿美男

なつぞらは実話なの?実在のモデルはいる? 前作の「まんぷく」は、実話となり、実在の人物をモデルとしたドラマとなりました。 インスタントラーメンを生み出した日清食品ホールディングスの創業者の安藤百福とその妻・仁子の半生をモデルにしたドラマでしたね。 今回の「なつぞら」は、実話なのでしょうか。 実在のモデルはいるのでしょうか。 調べてみましたが、 「なつぞら」は、実話ではない、ということです。 モデルはいるようで、 アニメーターの奥山玲子さん。 ただ、ヒントにしたというくらいのようです。 大森寿美男さんのオリジナル作品ということになります。 奥山玲子はどんな人? では、まず「なつぞら」のモデルとなった奥山玲子さんとは、どんな人なのでしょう。 奥山玲子のプロフィール 名前:奥山玲子 おくやまれいこ 生年月日:1936年10月26日 没年月日:2007年5月6日 70歳没 出身地:宮城県仙台市 職業:アニメーター、版画作家 宮崎駿とも仕事をする なつぞらは、時折、ジブリ作品のようなアニメーションが入りますが、 奥山玲子さんは、宮崎駿さんとも仕事をしています。 故・高畑勲氏、宮崎駿氏と共に、『アルプスの少女ハイジ』や『母を訪ねて三千里』をつくっています。 大森寿美男のプロフィール 名前:大森寿美男 生年月日:1967年8月3日 年齢:51歳 2019年3月現在 出身地:神奈川県 職業:脚本家、演出家、映画監督 大森寿美男は朝ドラ脚本の経験者? この大森寿美男さんですが、すでに朝ドラの脚本を書いている経験があります。 その作品とは、 「てるてる家族」です。 「てるてる家族」は、2003年の後期の作品で、 主演は石原さとみさん。 なかにし礼さんの小説『てるてる坊主の照子さん』が原作でした。 てるてる家族みたいな作品を作りたかった? 大森さんのインタビューによると、 今回の「なつぞら」を書くきっかけとなったのが、 もう一度「てるてる家族」のような作品を作りたかったからと答えています。 そうですね。 『てるてる家族』みたいな作品をもう一回作りたいと思ったのがきっかけです。 長く一つの物語を書くと、一つの人生を体験したような余韻が残るんですよね。 ふるさとを一つ得たというか、一時期そこに住んでいたくらいの記憶が残る。 『てるてる家族』では、見てくれる人たちともそのような感覚を共有できた気がして。 そういう体験をもう一度してみたいと思ったんです。 引用元: スポンサーリンク 朝ドラ以外の作品は? 今回、2度目の朝ドラの脚本を書く大森寿美男さんですが、 朝ドラ以外の脚本も見てみましょう。 どのような作品を書いてきたのでしょうか。 映画 お墓がない! (1998年 製作:光和インターナショナル、フジテレビジョン 配給:松竹) 39 刑法第三十九条(1999年 光和インターナショナル、松竹) 黒い家(1999年 松竹) 命(2002年 東映) 木曜組曲(2002年 製作:光和インターナショナル 配給:シネカノン) 昭和歌謡大全集(2003年 製作:光和インターナショナル、バンダイビジュアル 配給:シネカノン) 欲望(2005年 製作:光和インターナショナル 配給:メディア・スーツ) メールで届いた物語(2005年 東映ビデオ) 星になった少年(2005年 フジテレビジョン、東宝) 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル(2006年 日本テレビ、光和インターナショナル、松竹他) 寝ずの番(2006年 製作:光和インターナショナル 配給:角川ヘラルド・ピクチャーズ) 次郎長三国志(2008年 製作:光和インターナショナル 配給:角川ヘラルド・ピクチャーズ) 風が強く吹いている(2009年 製作:光和インターナショナル 配給:松竹) — 監督も兼務 劇場版テンペスト3D(2012年) 悪夢ちゃん The 夢ovie(2014年) アゲイン 28年目の甲子園(2015年、東映) — 監督も兼務 悼む人(2015年、東映) テレビドラマ 夜逃げ屋本舗(1999年、日本テレビ) 泥棒家族(2000年、日本テレビ) 女と愛とミステリー刑法第三十九条 フラッシュ・バック(2001年、テレビ東京) トトの世界〜最後の野生児〜(2001年、NHK-BS2) 長良川巡礼(2001年、NHK) 君を見上げて(2002年、NHK) 強行犯捜査第7係(2002年、NHK) 時空警察2(2002年、日本テレビ) 月曜ミステリー劇場警察庁特別広域捜査官 宮之原警部シリーズ丹後浦島伝説殺人事件(2003年、TBSテレビ) 連続テレビ小説(NHK) てるてる家族(2003年 — 2004年) なつぞら(2019年) 一番大切な人は誰ですか? (2004年、日本テレビ) クライマーズ・ハイ(2005年、NHK) 風林火山(2007年、NHK「大河ドラマ」) 黒部の太陽(2009年、フジテレビ) 15歳の志願兵(2010年、NHK) TAROの塔(2011年、NHK) テンペスト(2011年、NHK BSプレミアム) 悪夢ちゃん(2012年、日本テレビ) 鼠、江戸を疾る(2014年、NHK) 55歳からのハローライフ(2014年、NHK) 64(ロクヨン)(2015年、NHK) 精霊の守り人(2016年 — 2018年、NHK) モンタージュ~三億円事件奇譚~(2016年、フジテレビ) フランケンシュタインの恋(2017年、日本テレビ) どこにもない国(2018年、NHK) 引用元: となっています。 2000年代は、NHKの仕事が多いですね。 大森寿美男の評価は? 朝ドラというと、キャストも重要ですが、 脚本家がとても重要です。 成功するか失敗するか脚本家次第というところもあるかもしれません。 最初、観てるかたも、つまらなければ、途中で脱落してしまいますからね。 なので大森寿美男さんのこれまでの評価は気になるところです。 どのような評価をされているのでしょう。 まずは、前回の朝ドラの脚本を担当した 「てるてる家族」は、 平均視聴率が18. この平均視聴率の朝ドラの歴史の中で、16番目に低い数字となっており、 視聴率的には失敗した作品かもしれません。 しかし、2000年代の朝ドラは、低迷期に入っており、視聴率的にはどの作品も苦戦していた時期で、 メディアからの評価は高い作品でした。 放送終了前後には 朝日新聞、読売新聞、キネマ旬報などに好意的な記事が掲載され、 読売新聞コラムの同社専門委員・河村常雄さんなどは、 「近年の朝ドラでは傑作の部類と思った」 と評価しています。 また、視聴者からも絶賛されました。 一番好きな朝ドラが「てるてる家族」という人も多いです。 — きゃさりん kyasarin123 てるてる家族が一番好きです。 ちりとてちんも面白かったかな。 こちらの平均視聴率ですが、 18. こちらは、最近の大河ドラマの低い視聴率を考えますと、まあまあの視聴率です。 しかし、こちらも視聴者からの評価は高い作品です。 大河は個人的にここ数年だと風林火山が一番楽しめたなぁ。 むちゃくちゃだったけど、とにかく面白かった!!その後の大河に関しては、正直「坂の上の雲」のつなぎ作品として。。。 いや、言い過ぎたwwwでも「坂の上の雲」が一番おもしろかったからなぁ。。。 — korokoro korokoro823 ここ数年のNHK大河では「風林火山」が一番面白かった。 その次が「龍馬伝」。 「篤姫」はヒットしたようだけど、個人的には面白くなかったので、「江」もあんま観る気しない。 — fhiyoshi 株闘道場 fhiyoshi 2015年4月18日より、NHK「土曜ドラマ」にて全5回で放送された「64(ロクヨン)」では、 平成27年度(第70回) 文化庁芸術祭賞大賞(テレビ・ドラマ部門)を受賞しています。 2016年3月19日から3シーズンに渡って3部作・全22回で放送された『放送90年 大河ファンタジー 「精霊の守り人」』でも、 ATP賞テレビグランプリの 総務大臣賞を受賞したりしています。 ということで、大森寿美男さんが担当する脚本は、非常に内容が評価される傾向にあるようです。

次の

広瀬すず、市川海老蔵主演の特別ドラマで時代劇初挑戦 『なつぞら』脚本家・大森寿美男と再タッグ|Real Sound|リアルサウンド 映画部

大森 寿美男

経歴 [ ] 10代で活動を始め、劇団「自家発電」を旗揚げし、作・を手掛ける。 には『男的女式(おとこてきおんなしき)』が第3回にノミネートされる。 同年『』で脚本家としてデビューした。 からまで幅広いジャンルをこなす。 映画では特にが監督を務めた作品を多く手掛けている。 10月公開の『』でとしてもデビューし 、第31回(2009年)および第19回(2009年度)において新人監督賞を受賞。 作品 [ ] 映画 [ ]• (1998年 製作:、 配給:)• (1999年 光和インターナショナル、松竹)• (1999年 松竹)• (2002年 )• (2002年 製作:光和インターナショナル 配給:)• (2003年 製作:光和インターナショナル、 配給:シネカノン)• (2005年 製作:光和インターナショナル 配給:)• アボカド納豆。 (2005年 )• (2005年 フジテレビジョン、)• (2006年 、光和インターナショナル、松竹他)• (2006年 製作:光和インターナショナル 配給:)• (2008年 製作:光和インターナショナル 配給:角川ヘラルド・ピクチャーズ)• (2009年 製作:光和インターナショナル 配給:松竹) - 監督も兼務• (2012年)• (2014年)• (2015年、東映) - 監督も兼務• (2015年、東映) テレビドラマ [ ]• (1999年、)• (2000年、日本テレビ)• 刑法第三十九条 フラッシュ・バック(2001年、)• (2001年、)• (2001年、)• (2002年、NHK)• (2002年、NHK)• 2(2002年、日本テレビ)• 丹後浦島伝説殺人事件(2003年、)• (NHK)• (2003年 - 2004年)• (2019年)• (2004年、日本テレビ)• (2005年、NHK)• (2007年、NHK「」)• (2009年、)• (2010年、NHK)• (2011年、NHK)• (2011年、)• (2012年、日本テレビ)• (2014年、NHK)• (2014年、NHK)• (2015年、NHK)• (2016年 - 2018年、NHK)• (2016年、)• (2017年、日本テレビ)• どこにもない国(2018年、NHK)• (2020年、NHK総合) オリジナルビデオ [ ]•

次の