乗り物速報。 [B!] 車の運転が上手い奴の簡単な見分け方 : 乗り物速報

乗り物速報(5777ページ目)

乗り物速報

乗り物 乗り物(のりもの、: vehicle)とは、を乗せてするもの。 、、、、、、、 等々の総称。 語としては「乗り物」でを指すことも。 の「ファールツォイク」(Fahrzeug)でも総称であるが、生物 を含まない、道具としての「乗り物」を指す。 なお vehicle は、さらにはヒトが乗れないため「乗り物」ではない()を含む移動する機器類一般(の、どれか)を、指す場合もある。 「輸送機器」「輸送(用)機械」などといった類義語もあるが、これらの語はしばしば、ヒトの移動を目的とする 「乗り物」よりもむしろが移動することに焦点があてられている。 乗り物の特性と選択 [ ] 乗り物ごとに特性が異なり、用途によって適した乗り物が異なる。 迅速性…いかに速くまで人が移動できるか これは移動する場所による。 大都会の街中で移動するならば、やが短い時間で移動できる。 郊外の空いた道路で数十 km先まで移動するならやである。 数百 km先まで移動するならば、一般的には、列車、特にが早い。 は(一応、一般論として言えば)速度は最も高い部類である。 だが、旅客機は、とのアクセス、、荷物の預け入れと引き取りなどに時間がかかりすぎることがしばしば指摘されており、300 km - 400 km程度では高速鉄道とほぼ同等になる場合も多い。 それ以上の距離であれば旅客機が早く着く。 道路が無い海を越えるなら船が用いられるが、迅速に移動したい場合、、などが選ばれることがある。 一方、鉄道や道路が未発達なや、道路の建設が難しいところでは、内陸部でも速度の低いに頼らざるを得ない。 定時性…いかに安定した時間で、人が移動できるか 定時性に優れた乗り物として鉄道が挙げられ、とりわけは特に定時性に優れた乗り物として挙げられる。 航空機や船のように天候に左右されることも少なく、自動車のように交通状況に左右されることも少ないからである。 もっとも、鉄道以外のこれらの交通機関でも、企業努力などの結果、優れた定時性を示すものもある。 大量性…いかに多くの人や物を目的地まで運べるか 大量性に優れた乗り物としては、船が挙げられる。 また、旅客に対しては、鉄道は大量性に優れた乗り物といえる。 …人や物を運ぶコストの低さ 乗り物を所有するか、契約を結ぶか、それとも臨時の一乗客として利用するか 等々よって大きくことなる。 所有する場合は、比較的大きな(乗り物の購入費用、置いておく場所(、、など)の費用、定期的な費用、費)および(移動する量やなどに応じた費など)がかかる。 乗客として利用する場合は、距離、路線などによって定められたを支払うだけで済む。 自動車で、かつ移動の頻度が少ない場合は、・・などが安く済み、連日のように自動車で移動することを数ヶ月程度以上続ける場合ばを購入して自力で運転するほうが安く済むようになる。 船舶は、とを移動する場合では、便(路線)が限られ、コスト比較できるものがない場合も多い。 数百キロ以上の移動では鉄道と運賃が拮抗・競合することも多い。 なお所有に関しては、小型の等はともかくとして、などでも中規模以上のものは一般論としては、かなりのコストがかかる、とされている。 だが、一年から数年ほどかけてをするには、の乗客として移動し続けるよりも、小型のを安価に手に入れ自力で操船するほうが、かえって安あがりで済む場合もある。 鉄道(システム)は(や遊具としての等を除き、一般人が所有することはほぼ不可能なほどコストがかかり、一般に所有することは検討されず)、通常の速度の鉄道を一乗客として利用すると鉄道のは、最も安価な部類に属する。 なお、自転車で行ける距離・経路ならば、自転車がもっともコストがかからないので、人々から広く選ばれている。 …いかに安全に、人や物を目的地まで運べるか 発生率の低さでは航空機が一番安全といわれている。 航空機以外では日本のが安全性を売りとしている (新幹線の車両事故に起因する死亡はゼロである)。 快適性…いかに快適に移動できるか 乗り物のどのに座るかにもよるので、一般論は困難である。 一般に、座席の狭い乗り物、の悪い乗り物、やのはげしい乗り物などは快適ではないと指摘されることが多い。 に比べて新幹線のほうが快適だと指摘されることは多い。 低性 を出さないという点からが評価されているが、動力源の産生場所(建設やでの排出ガス、)などのを考慮すると、明確に結論を出しがたい。 利用空間における分類 [ ] 陸上 [ ]• 、、(担架)、、• 、、、、、、• レース用• (内燃機関車)• (取扱便・護送便)• (有人限定)• 水上 [ ]• 水中 [ ]• 空中 [ ]• 宇宙 [ ]• re-entry vehicle 遊具 [ ]• 固定遊具• 車輪付き陸上• 車輪なし陸上• 動力源における分類 [ ] 電動式の乗り物の分類 [ ]• (; EV)• (; BEV)• (; FCV) 電動式の自動車の分類 [ ]• 広辞苑第六版• Oxford Dictionaries, 「vehicle」• 乗用馬などのこと。 「乗り物」という語では、旅客用ではない、ヒトは乗組員しかいないヴィークルも含むことが多いが、輸送機器・機械という語はもっぱらヒトが乗組まないものを指すことが多い。 2013年3月24日閲覧。 2013年9月24日閲覧。 2013年9月24日閲覧。 2013年9月24日閲覧。 2013年9月24日閲覧。 関連項目 [ ]• - - -•

次の

速報

乗り物速報

乗り物 乗り物(のりもの、: vehicle)とは、を乗せてするもの。 、、、、、、、 等々の総称。 語としては「乗り物」でを指すことも。 の「ファールツォイク」(Fahrzeug)でも総称であるが、生物 を含まない、道具としての「乗り物」を指す。 なお vehicle は、さらにはヒトが乗れないため「乗り物」ではない()を含む移動する機器類一般(の、どれか)を、指す場合もある。 「輸送機器」「輸送(用)機械」などといった類義語もあるが、これらの語はしばしば、ヒトの移動を目的とする 「乗り物」よりもむしろが移動することに焦点があてられている。 乗り物の特性と選択 [ ] 乗り物ごとに特性が異なり、用途によって適した乗り物が異なる。 迅速性…いかに速くまで人が移動できるか これは移動する場所による。 大都会の街中で移動するならば、やが短い時間で移動できる。 郊外の空いた道路で数十 km先まで移動するならやである。 数百 km先まで移動するならば、一般的には、列車、特にが早い。 は(一応、一般論として言えば)速度は最も高い部類である。 だが、旅客機は、とのアクセス、、荷物の預け入れと引き取りなどに時間がかかりすぎることがしばしば指摘されており、300 km - 400 km程度では高速鉄道とほぼ同等になる場合も多い。 それ以上の距離であれば旅客機が早く着く。 道路が無い海を越えるなら船が用いられるが、迅速に移動したい場合、、などが選ばれることがある。 一方、鉄道や道路が未発達なや、道路の建設が難しいところでは、内陸部でも速度の低いに頼らざるを得ない。 定時性…いかに安定した時間で、人が移動できるか 定時性に優れた乗り物として鉄道が挙げられ、とりわけは特に定時性に優れた乗り物として挙げられる。 航空機や船のように天候に左右されることも少なく、自動車のように交通状況に左右されることも少ないからである。 もっとも、鉄道以外のこれらの交通機関でも、企業努力などの結果、優れた定時性を示すものもある。 大量性…いかに多くの人や物を目的地まで運べるか 大量性に優れた乗り物としては、船が挙げられる。 また、旅客に対しては、鉄道は大量性に優れた乗り物といえる。 …人や物を運ぶコストの低さ 乗り物を所有するか、契約を結ぶか、それとも臨時の一乗客として利用するか 等々よって大きくことなる。 所有する場合は、比較的大きな(乗り物の購入費用、置いておく場所(、、など)の費用、定期的な費用、費)および(移動する量やなどに応じた費など)がかかる。 乗客として利用する場合は、距離、路線などによって定められたを支払うだけで済む。 自動車で、かつ移動の頻度が少ない場合は、・・などが安く済み、連日のように自動車で移動することを数ヶ月程度以上続ける場合ばを購入して自力で運転するほうが安く済むようになる。 船舶は、とを移動する場合では、便(路線)が限られ、コスト比較できるものがない場合も多い。 数百キロ以上の移動では鉄道と運賃が拮抗・競合することも多い。 なお所有に関しては、小型の等はともかくとして、などでも中規模以上のものは一般論としては、かなりのコストがかかる、とされている。 だが、一年から数年ほどかけてをするには、の乗客として移動し続けるよりも、小型のを安価に手に入れ自力で操船するほうが、かえって安あがりで済む場合もある。 鉄道(システム)は(や遊具としての等を除き、一般人が所有することはほぼ不可能なほどコストがかかり、一般に所有することは検討されず)、通常の速度の鉄道を一乗客として利用すると鉄道のは、最も安価な部類に属する。 なお、自転車で行ける距離・経路ならば、自転車がもっともコストがかからないので、人々から広く選ばれている。 …いかに安全に、人や物を目的地まで運べるか 発生率の低さでは航空機が一番安全といわれている。 航空機以外では日本のが安全性を売りとしている (新幹線の車両事故に起因する死亡はゼロである)。 快適性…いかに快適に移動できるか 乗り物のどのに座るかにもよるので、一般論は困難である。 一般に、座席の狭い乗り物、の悪い乗り物、やのはげしい乗り物などは快適ではないと指摘されることが多い。 に比べて新幹線のほうが快適だと指摘されることは多い。 低性 を出さないという点からが評価されているが、動力源の産生場所(建設やでの排出ガス、)などのを考慮すると、明確に結論を出しがたい。 利用空間における分類 [ ] 陸上 [ ]• 、、(担架)、、• 、、、、、、• レース用• (内燃機関車)• (取扱便・護送便)• (有人限定)• 水上 [ ]• 水中 [ ]• 空中 [ ]• 宇宙 [ ]• re-entry vehicle 遊具 [ ]• 固定遊具• 車輪付き陸上• 車輪なし陸上• 動力源における分類 [ ] 電動式の乗り物の分類 [ ]• (; EV)• (; BEV)• (; FCV) 電動式の自動車の分類 [ ]• 広辞苑第六版• Oxford Dictionaries, 「vehicle」• 乗用馬などのこと。 「乗り物」という語では、旅客用ではない、ヒトは乗組員しかいないヴィークルも含むことが多いが、輸送機器・機械という語はもっぱらヒトが乗組まないものを指すことが多い。 2013年3月24日閲覧。 2013年9月24日閲覧。 2013年9月24日閲覧。 2013年9月24日閲覧。 2013年9月24日閲覧。 関連項目 [ ]• - - -•

次の

乗り物速報(5ページ目)

乗り物速報

65 ID:fToogBoS9 カワサキ・インドネシアは2020年7月10日には新開発の4気筒250ccエンジンを搭載した新型車「Ninja ZX-25R」のオンライン発表会を行いました。 2019年の東京モーターショーで発表されて以来、多くの話題を集めてきたNinja ZX-25Rは、現在では希少な4気筒250ccエンジンを搭載したスーパースポーモデルです。 新設計のエンジンは、かつてカワサキが販売していたZXR250よりボアを広げ、ショートストローク化。 インドネシア仕様では1万5500rpmで50馬力(ラムエア加圧時は51馬力)を実現しています。 1万7000rpm以上の超高回転型エンジンを搭載したカワサキ「Ninja ZX-25R」(写真はNinja ZX-25R ABS SE) また、上級グレードのNinja ZX-25R ABS SEでは、2500rpm以上でクラッチ操作が不要なKQS(カワサキ・クイック・シフター)を標準装備。 シフトアップ・ダウン時にスムーズでイージーな操作感を実現しました。 スタイル面においては、カワサキ・スーパースポーツの最高峰モデル「Ninja ZX-10R」のイメージを投影したもので、スタイリッシュでスポーティな外観とされています。 8mm 圧縮比:11. この自然発生的なムーブメントは、インターネットが普及する前から起きていたというのですが、いったいどのような経緯で集まり始めたのでしょうか。 集会でもオフ会でもない。 始まった経緯とはどのようなものでしょうか。

次の