古希祝い 人気。 1分でわかる!「古希って何?」「お祝いの方法」

ご存知ですか?「古希祝い」のマナーと意味

古希祝い 人気

古希は英語でどう説明する?正しい表現方法を解説 古希は、中国発祥のお祝いのため、主にアジア圏を中心に行われています。 海外に古希祝いは存在しませんが、年齢によってお祝いを行う習慣があります。 もし、古希を英語で説明する場合、成り立ちを説明するのか、それとも年齢を優先して伝えた方がいいのか、迷いどころです。 基本的には、70歳を祝う記念日と伝えるのがいいでしょう。 古希は、中国・唐の詩人・杜甫(とほ)の曲江という詩の一節「人生七十古来稀なり」が由来ですが、ここまで詳しく説明する必要がありません。 【古希の英語表現】 ・70th birthday / Seventieth birthday ・Happy 70th birthday / Happy seventieth birthday! 古希という表現よりも、祝う年齢である70歳に着目した表現が多いです。 基本的には、70歳を用いた表現がわかりやすくておすすめです。 古希に英語でメッセージを送る際は、上記の表現を利用してください。 古希に英語で送りたいメッセージ文例集まとめ ここでは、古希に英語で送りたいメッセージを10個紹介します。 各メッセージを自分流にアレンジして、古希祝いに英語のメッセージを送りましょう。 日本語訳も用意したので、意味を理解したうえでメッセージを送ってください。 My best regards to you! Thank you for always being a great support! I pray that you will be forever happy! You are so special to me! Thank you a lot for always being on my side! Wishing you birthday blessings! Best Wishes. 「古希祝いおめでとう!幸運を祈っています。 to the best mother. 「古希祝いおめでとう!最高の母へ。 」 どの例文も、古希をお祝いする気持ちやこれからの生活を願う気持ち、感謝の気持ちが伝わってきますね。 相手に合わせて自分流にアレンジすることで、より古希の方に気持ちが伝わりやすくなります。 日本語にしても英語にしても 気持ちが伝わるのが一番なので、文例を参考にしながら最適なメッセージを贈りましょう。 古希祝いに英語で贈りたいプレゼントまとめ 古希祝いのプレゼントの中には、メッセージを添えたり、名入れできたりするものが存在します。 これらのプレゼントなら、英語でメッセージを伝えることが可能です。 ここでは、古希祝いに英語で贈りたいプレゼントを紹介します。 ・花束とメッセージカード お祝いの場を華やかにするものとして人気があるのが花束のプレゼント。 花束は、古希祝いをはじめとした記念日のプレゼントの定番です。 そんな花束に英語のメッセージを添えれば、おしゃれに気持ちを伝えられます。 古希祝いに花束を贈るなら、 テーマカラーである紫を基調としたものがおすすめです。 紫のバラや胡蝶蘭、ダリアなどは古希祝いに適しています。 特に、通常の赤いバラと比較して、紫のバラ自体が珍しいので特別な古希をお祝いするのに最適です。 花屋で注文する際は、古希祝いであること、そして紫を基調としてほしいことを事前に伝えておきましょう。 花束の予算は 3,000〜1万円ほど。 5,000円ほどあれば、それなりの大きさの花束がプレゼントできます。 1万円程度用意していれば、好きな花を入れた豪勢な花束が贈れるので覚えておいてください。 ・名入れタンブラー タンブラーは、飲み物の温度を保ってくれる優れた存在です。 ビールやウイスキーといったお酒はもちろん、コーヒーや紅茶の温度を一定に保ってくれます。 タンブラーにはデザインや機能が豊富なものが多いですが、 真空断熱のタンブラーなら、冷たいドリンクに入れた氷が溶けづらくなるなど温度をキープしやすいというメリットがあります。 また、 ステンレス製のタンブラーだと保冷・保温に優れており、お手入れも簡単なので長持ちしやすいので古希祝いにおすすめです。 タンブラーの中でも、名入れ仕様のものなら、古希を迎えた方の名前やその方に向けたメッセージを添えられます。 タンブラーに英語のメッセージを添えれば、おしゃれなプレゼントを贈ることが可能です。 最近では、文字の書体を選べる商品も多いので、理想のタンブラーに仕上げることもできます。 名入れタンブラーの相場は 3,000〜1万円ほど。 お手頃な価格でプレゼントできるため、古希祝いを含めた年祝いで人気のアイテムです。 ・名入れ酒 贈る時にはサプライズに、古希祝いの後は記念品として最適なのが名入れ酒のギフト。 名入れ酒は、お酒のラベル部分に名前やメッセージを入れられるお酒のことです。 自分の名前や自分へのメッセージが入ったお酒というのはなかなかもらう機会がありませんので、サプライズ演出にピッタリ。 オリジナルの文字を入れれば、 世界にひとつだけのプレゼントができます。 名入れ酒は、お酒が好きな方へのプレゼントに最適です。 当サイトでは、古希祝い用の名入れ酒を販売しています。 古希祝いのテーマカラーである紫のボトルが使われており、同じく紫色の風呂敷に入ったものをプレゼントできます。 また、名入れ酒には無料で70年前の新聞が添えられますので、家族で思い出を振り返る際にもおすすめです。 当サイトの名入れ酒は、 1万3,800円から販売しているので、ぜひ古希祝いのプレゼントに検討してみてください。 もし、どんなメッセージを送ればいいのかわからない場合は、本記事の文例集を参考にしてください。 誰でも簡単に利用できるメッセージのみを厳選してまとめました。 また、古希祝いに英語のメッセージを入れたプレゼントを贈ると喜ばれやすいです。 今回紹介した3つのプレゼントを参考に、どんなアイテムがいいか考えてみてください。 それでは、古希を英語で説明・表現する方法を知って、大切な人の古希祝いを盛大に祝いましょう。

次の

古希祝いに人気のプレゼント|70年前の新聞付き「七〇屋」

古希祝い 人気

古希ってどんなお祝い? 古希はどんなお祝いなのでしょうか。 数え年の70歳(満69歳)でお祝いをする長寿のお祝いのひとつで、還暦と同様に中国が発祥の地です。 古希は、唐の時代に「杜甫」という詩人が「曲江」という詩の中で「人生七十古来稀」を読んだことに由来しています。 昔は50歳まで生きるのがやっとで、70歳まで生きる人は少なくて、珍しかったために読まれたといわれています。 平均寿命が長くなった現在では、現役で仕事をしている人もいるので、還暦よりも古希の方が長寿祝いの意味合いが強くなります。 古希を祝う時には、これからの人生を健康に過ごすためにお祝いをするのがいいでしょう。 古希祝いには思い出に残る旅行をプレゼントしよう! 旅行のプレゼントが喜ばれるのはなぜ? 古希祝いには、旅行のプレゼントが喜ばれています。 プレゼントを贈るよりも、一緒に旅行に出かけることで、いつもとは違った景色や料理などが楽しめて、思い出が作れるからという人が多いようです。 古希を迎える年齢になると、「欲しいものがなくなる」「必要なものは揃っている」という人も多いようです。 そういう人には、形に残る物ではなく、旅行のように思い出に残るプレゼントがおすすめです。 また、70歳でも元気な人が多いので、「旅行」を楽しみにしているという人も多く、これまで忙しくしていたお父さんやお母さんが、今後の生活を考える良い機会になるでしょう。 古希祝いにおすすめの旅行プラン 古希祝いにおすすめの旅行プランはあるのでしょうか。 家族での旅行にするか、古希を迎えた夫婦だけの旅行にするかを悩む人も多いようです。 どちらにするかは、金額的な予算や家庭の事情に合わせて決めるようにすると良いでしょう。 また、旅行券やカタログギフトを贈ることも人気になっています。 子供や孫と一緒の家族旅行や夫婦旅行 古希を迎えた夫婦だけで出掛ける旅行も人気ですが、伴侶がいない場合には、家族の誰かが一緒に行ったり、家族みんなで旅行に行くようにすると、古希の良い思い出になります。 子供や孫と一緒の家族での旅行で人気があるのは、温泉です。 温泉に入って、ゆっくりくつろいだ後は、夕食を食べながら古希のお祝いをすると良いでしょう。 ちゃんちゃんこをレンタルしてくれたり、お祝い用の料理などを準備してくれる古希祝いの特別プランがある旅館もあります。 事前の予約で、古希祝いをしたいということを伝えるだけで、ケーキやお花の準備をしてくれたり、持ち込みがOKだったりする旅館もあるので、相談してみると良いでしょう。 小さい子供がいる時には、遠出をするのではなく、近場の温泉にいくのが便利です。 旅行券やカタログギフトを贈る お父さんやお母さんが元気に動けるうちに、いろいろな所へ旅行に出かけて、たくさん思い出を作って欲しいと考えている時には、旅行券やカタログギフトを贈ると良いでしょう。 「旅行・体験カタログギフト」には、日本全国の有名な温泉施設やリゾートホテルの宿泊プランがたくさん掲載してあります。 その中から、自分の行きたい場所を選ぶことができるので、贈られた方は、とても喜ぶプレゼントになります。 旅行会社で販売している旅行券は、旅行会社のツアーでしか利用できないことが多く、使う側からすると、使いにくかったりするので、贈る時には注意が必要です。 そのため、高級なお食事のプランやクルージングなどの体験ができるようなプランなど、決まったプランの中から選べるカタログギフトを贈るのもおすすめです。 古希祝いの旅行の予算はどれくらい? 両親への古希祝いの相場は、一般的には 10,000~100,000円という幅広い予算設定になっています。 また、祖父母には 10,000~30,000円、親戚には 5,000~20,000円くらいが相場になっています。 旅行をプレゼントする時には、 1人20,000~30,000円くらいの金額が相場になっています。 会食に行くと、 1人10,000円くらいかかるので、思い切って旅行をプレゼントするのも良いでしょう。 旅行では、古希をお祝いされる人や配偶者の宿泊費用や往復の交通費、旅行期間中の食事代や観光料などを負担するようになります。 よく考慮してから予算を考えるようにしましょう。 古希祝いに人気の家族旅行プラン【関西・関東】 古希祝いに人気の関西旅行は京都 京都は、海外からも人気の高いスポットで、歴史的な街並みや趣のある神社がたくさんあるのが魅力な観光地です。 京都には有名なお寺や神社「 清水寺・高台寺・建仁寺・八坂寺」などが数多く存在するので、お寺や神社めぐりがおすすめです。 ほかにも、観光名所がたくさんあり、おいしいものもたくさんあります また、歴史がある旅館も多く、観光スポットから近いホテルや旅館に宿泊すると便利です。 京都の観光スポット「渡月橋」 「渡月橋」は、桂川の北岸と中之島にかけられた橋で、人気の観光スポットになっています。 嵐山の駅から徒歩5分で行くことができ、春は桜、秋は紅葉が美しく、屋形船や鵜飼い、ボート遊びが楽しめます。 平安時代にかけられた歴史の深い橋で、鎌倉時代には亀山天皇が、渡月橋の上流で船遊びをしたときに「くまなき月の渡るに似る」という詩を読み、「渡月橋」という名が付いたと言われています。 京都の観光スポット「伏見稲荷大社」 お稲荷さんとして親しまれている「伏見稲荷大社」は、商売繁盛や五穀豊穣の神様として有名です。 全国約3万にものぼる稲荷神社の総本宮で、海外の観光客もたくさん訪れています。 願いごとが「通るように」または「通った」というお礼で、朱塗りの鳥居を奉納する習慣が広まり、「千本鳥居」ができました。 奉納された鳥居がいくつも続く「千本鳥居」を抜けた先にある「おもかる石」は、心の中で願いごとをした後で、灯籠の頭の部分の空輪を持ち上げてみて、自分が予想するよりも軽かったら願いごとが叶う、重かったら願いは叶わないといわれています。 京都の観光スポット「天橋立」 青い松と白い砂浜が美しい「天橋立」は、陸奥の「松島」、安芸の「宮島」に並ぶ日本三景のひとつです。 約5000本もの松が茂っている珍しい地形は、何千年もの年月をかけて、自然がつくりだした美しい景色で、訪れた人は感嘆の声をあげる人も多いでしょう。 実際に天橋立を散策したり、自転車やモーターボートに乗ったりして、景色を楽しむことができます。 日本百選に選ばれた天橋立には、歴史があるお寺や神社もあります。 古希祝いに人気の関東旅行は箱根 箱根は、東京から約1時間半で行くことができる人気の観光スポットです。 関東近辺に住んでいる人には、行きも帰りも楽な箱根旅行をプレゼントしてみてはどうでしょうか。 箱根には、美術館や博物館、レジャー施設などが数多く存在し、江戸時代には箱根の関所が置かれていたこともあり、特に温泉が有名です。 箱根の観光スポット「箱根神社」 「箱根神社」は、パワースポットとして有名で、縁結びや金運に利益があるといわれている九頭龍神社もあります。 「健康でいつまでも仲良く歩めるように」という願いの入った、世界でひとつしかない「和合御守 なかよしまもり 」は、古希祝いにぴったりです。 箱根の観光スポット「芦ノ湖」 芦ノ湖は神奈川県にある湖で、遊覧船での散策がおすすめの観光地です。 芦ノ湖周辺には、箱根神社をはじめとする観光名所やリゾート施設がたくさんあり、見どころもたっぷりあります。 春には新緑がきれいで、夏には花火大会、秋には紅葉が感じられ、冬の時期には、湖面にうつる富士山の美しさが魅力になっています。 首都圏からの日帰り旅行や一泊旅行にもおすすめの芦ノ湖は、日常から離れてリフレッシュするのに最適のスポットです。 箱根の観光スポット「千条の滝」 自然に囲まれた「千条の滝」は、リフレッシュ効果が抜群の観光スポットで、岩肌を糸のように細い水が簾のように流れ落ちてきます。 水量は多くありませんが、高さ約3mの岩盤を幅25mに渡って、流れ落ちる水の音は、癒やされること間違いなしのパワースポットです。 夏にはゲンジホタルが飛びかったり、秋には紅葉の名所でもあります。 また、ハイキングコースの分岐点なので、のんびりとウォーキングしたりするのもいいですね。 古希祝いにおすすめの旅行カタログギフト 予算50,000~57,000円の旅行カタログ EXETIME(エグゼタイム) Part 5 「エグゼタイム Part5」は、旅行会社JTBが取り扱うカタログギフトです。 温泉・ホテルの掲載件数も多く、食事付きのペア宿泊券を数多く掲載しています。 日程も行く先も自由に選ぶ事ができるので、古希のお祝いに少し豪華な旅行をプレゼントしたい方におすすめです。 五つ星ホテル、有名な人気の温泉旅館や極上ディナーなど、豪華な温泉旅行がたくさん掲載されています。 贅沢な湯宿では、一流のおもてなしが受けられると好評で、情緒溢れる和風造りの旅館では、懐かしさやぬくもりを感じられます。 【購入者の体験談】 「EXETIME」のカタログに載っている素敵な温泉宿を見ながら、二人だけで楽しむのはもったいないから、私たち夫婦も一緒に行こうって誘われちゃいました。 結婚して離ればれになるんじゃなくて、家族が増えたみたいな感じ。 これを機会にそんないい関係をこれからも続けていきたいものです。 オーベルジュチケット 「オーベルジュ」とは、宿泊施設を備えたレストランのことです。 おいしいものを食べたい、旅行に行きたいという時に活躍するのが、「オーベルジュチケット」です。 自然が豊かな土地に訪れ、その土地ならではの食材を味わうことができるのが「オーベルジュチケット」の魅力です。 おいしい料理を食べて、古希を迎えた夫婦の時間をゆっくり過ごして欲しいという人におすすめです。 【購入者の体験談】 いつもお世話になっている60代後半の目上の方への贈り物としてプレゼントしました。 国内・海外問わず旅行慣れしている方への贈り物だったので喜んでいただけるか少し不安でしたが、プレゼントして数ヶ月後に「箱根のオーベルジュに行ったけれどとても良かったよ」と仰っていただくことができました。 パッケージも手が込んでいるので贈った瞬間も喜んでいただけたのですが、体験型のギフトであれば体験時・体験後にも2度目の喜びのピークがやってくるのがとても素敵だなと思いました。 また次の贈り物の際にも、今度は別の商品を試してみようと思います。 予算30,000~35,000円の旅行カタログ EXETIME(エグゼタイム) Part 4 「エグゼタイム Part4」は、旅行会社JTBが取り扱うカタログギフトです。 宿泊プラン・レストラン・スパや贅沢な産地直送品、ゴルフプレーを数多く掲載しています。 日程も行く先も自由に選ぶ事ができるので、古希のお祝いにおすすめです。 ラグジュアリーホテルでのレストランの中から和食・洋食・中華から豪華なディナーを満喫できるようなプランが人気です。 また、美しい自然の中で湯めぐりを楽しんだり、2人のオリジナルの陶器を作ったりするようなプランも喜ばれています。 【購入者の体験談】 よっぽど温泉旅行が楽しかったらしく、旅行から帰ってきた早々「今度はみんなで行こう!」と大興奮。 両親から旅先での話を聞くにつれ、私たち夫婦もすっかり行ってみたくなってしまい、今度はみんなで温泉旅行に行くことになりました。 予算20,000~25,000円の旅行カタログ EXETIME(エグゼタイム) Part 3 「エグゼタイム Part3」は、旅行会社JTBが取り扱うカタログギフトです。 日帰り温泉・高級レストラン・体験ギフトなどを数多く掲載しています。 日程も行く先も自由に選ぶ事ができるので、古希のお祝いにおすすめです。 日帰りプランでも贅沢な気分を味わえる「エグゼタイム Part3」は、美肌効果のある温泉やディナークルーズなどを満喫できるようなプランが人気です。 【購入者の体験談】 お父さんがなくなってからは、女手ひとつでわたしたちを育ててくれたお母さんに姉と2人で70歳のお祝いに「EXETIME」をプレゼントしました。 久しぶりの女3人の温泉旅行。 お母さんもすごくよろこんでくれ、大きくなった孫のことなど話がつきることがありませんでした。 古希祝いの旅行先で楽しめるプレゼント 旅先でプレゼントしたいお酒や酒器 古希を迎えた方が、お酒が好きなら、お酒や酒器を旅先でプレゼントしたいものです。 お酒は、長寿の源とも呼ばれていて、お酒を飲まない人よりも、お酒を適量飲む人を比べたら、お酒を適量飲む人の方が長生きするようです。 また、お酒には、ラベルの部分にメッセージや名前を入れてプレゼントすることができ、普段から飲んでいるお酒よりもワンランク上のお酒をプレゼントすれば喜ばれます。 そのうえ、飲み終わった後は、部屋に飾ることもできます。 特に、日本酒は神事にも使われていて、縁起が良いお酒として周知されていたので、古希祝いには最適なお酒ともいえます。 縁起のよい富士山のお酒と江戸切子のセット 縁起のよい富士山のお酒は、富士山の銘水と厳選されたお米だけで作られたおいしい日本酒です。 優しい口当たりの日本酒は、肉や魚の料理とも相性が良くて、冷やしてもそのままでもおいしく味わうことができます。 ガラス職人さんが丁寧に作った切子グラスには、古希の人の名前1文字や好きな1文字を彫刻できます。

次の

それぞれ何歳? 長寿祝いの基礎知識(古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿)

古希祝い 人気

3他では手に入らない、世界でたった一つの特別な贈りもの。 お父さんの70年間の人生は唯一無二であり、壮大なドラマがそこにあります。 「お誕生日新聞オンラインショップ」は、生まれた日の新聞はもちろん、記念日などの新聞をご提供致します。 それは、おそらく今までもらったことのない希少価値のある特別なプレゼント。 表紙に名入れできる商品も数多く取り揃えておりますので、特別なオリジナル感を演出します。 おくつろぎの時間に。 ご家族と一緒の賑やかな時間に。 いつでも「お誕生日新聞」を広げて、当時の思い出を懐かしんでいただけます。 人生で一度の大切な70歳の古希祝いに、これまでの思い出を振り返るきっかけをプレゼントしてみませんか? プレゼントを渡すタイミングとオススメの場所 古希のお祝いをする場所でプレゼントを渡すのが一般的とされています。 古希祝いに限らず、長寿祝いをおこなうタイミングは、お祝いされる人の誕生日前後が一般的にようです。 一方で、全員が集まりやすい日取りを考え、お正月に親族一同集まってお祝いの席をもうける家庭も少なくありません。 古希祝いは自宅やレストラン、料亭や近場のホテルで開催する人が多いようですが、旅行に出かけるのもおすすめです。 最近は70歳でも元気な長寿者が増えていますが、体調をうかがいながら旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか。 旅行先でお祝い会を開き、その際にプレゼントを渡すとすてきなサプライズになりますね。 お祝いする側にとっても、される側にとっても忘れられない思い出になるでしょう。 プレゼントには名入れ商品がオススメ 古希祝いのプレゼントに迷っている人は、名入れをしたオリジナルプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。 一般的なプレゼントよりも特別感があり、きっと喜んでもらえるでしょう。 人とは違うプレゼントを贈りたいと考えている人におすすめです。 名入れ商品の中では、Tシャツやストールといった衣類、普段使いできるマグカップや湯飲みなどの食器、またオリジナルラベルを貼ったワインや日本酒などのお酒が人気です。 オリジナルプレゼントを贈りたいけれど、ハンドメイドは苦手という人は名入れサービスを行っているさまざまなオンラインショップのお店を比較してみてはいかがでしょうか。 なかには発送に1カ月以上かかる商品もあるので、スケジュールには余裕を持ってオーダーするようにしましょう。 古希祝いのプレゼントで 気をつけるポイント おじいちゃん・おばあちゃんの古希祝いのプレゼント。 せっかくなら喜ばれるモノを贈りたいですよね。 ここで気を付けたいのは、「縁起の悪い贈り物」を選ばないようにすること。 お茶 年配の方はお茶好きな方が多いのでプレゼントしたくなりますが、 「香典返し」のイメージが強いため避けた方が無難です。 クシ クシは「苦」と「死」を連想するため、昔からお祝いにタブーとされています。 靴 靴や靴下は「人を踏む」という意味があります。 古希祝いのような目上の方に贈るケースでは避けましょう。 老眼鏡 実用性があり良さそうですが、貰う側からすると老いを感じて傷つくことも。 お祝いとは別に贈る方が良いでしょう。 時計 時計や筆記用具など「勤勉」なイメージのあるモノは、目上の方に贈らない方が良いとされています。 ベルト 締め付けるベルトは「気を抜くな」という意味に取られます。 目上の方には贈らないようにしましょう。

次の