ペットを亡くした人にかける言葉。 亡くなった時にかける言葉の例|メール/相手別/ペット/手紙

火葬の際にどのような言葉をかけるべき?例文なども合わせてご紹介!|終活ねっと

ペットを亡くした人にかける言葉

中学生の時に、12年間飼っていた、コリー犬が修学旅行中に亡くなった時の話です。 そのコリー犬は、捨て犬でたまたま迷子犬を預かりそのまま家で飼うことになりました。 してあげれないことも多く後悔の念ばかりでしたが、 「一度は捨てられてしまったけれだ最後は人に看取られて幸せだったと思う。 あなたが居ない間に亡くなったのはあなたを悲しませたくなかった、生きている状態を覚えていてほしかったのよ。 最後のお別れをしていないからこそまた必ず会えるよ」と言われました。 悲しくて今も思い出すと悲しいですが、本当に会えました!一年に数回、夢に出てきてくれます。 必ずです。 私のその時までずっと支えてくれているのかなぁと思っています。 (ラッキー・30歳・女性) 雑種の犬の男の子で、私が中学3年生の時から、16歳と10ヶ月まで長生きしてくれました。 老衰で亡くなったのですが、ご飯を食べれなくなって、病院に連れて行き、点滴したり無理に流動食のような高栄養のものを食べさせたりしてしまいました。 いやがることをしてしまい後悔していました。 亡くなってからしばらくして、母と愛犬の話をしていた時です。 そっとしておいてあげればよかったかな。 と私が言うと、母は 「あの子はわかってくれてるよ、大丈夫。 」と言ってくれました。 犬とも気持ちは通じるものです。 長く一緒にいたので、なおさらです。 悲しいだけの気持ちだったのですが、その言葉で、一緒に過ごした楽しいことが思い出せるようになりました。 (hamayusa・37歳・女性) 子猫を里親として飼っていました。 生まれて3か月くらいから3年ほど経ったでしょうか、肝臓疾患を患い一週間ほど苦しんで亡くなりました。 初めてのペットの死に際に立ち会いました。 子ども達もペットの死に立ち会いました。 悲しかったです。 言葉も無かったです。 ペットレスと言う言葉は知っていましたが、正にその言葉がぴったり当てはまりました。 そこで里親の送り主に送られら言葉が 「あなた方が飼っていてくれなければ捨て猫は9割は死んで行くのです。 この子も3年数か月、幸せに暮らせたのですから」との言葉でした。 この子も里親に出すまでは公園の捨て猫の保護猫だったそうです。 少しですが心が救われた気になりました。 その言葉でまた里親になる気持ちにもなりました。 (バビ・58歳・男性) 小学生の時にかっていたトイプードルのココアがいたのですが、飼い始めた時から若干年寄りだったので、衰弱して眠る様に天国に旅立ちました。 ちゃんとしたお世話の様なものはお母さんがしてくれてましたが大好きだったので小学生で子供ながらにもお世話を積極的にしていたつもりだったし、気持ちの入れ方は妹がいますが妹よりも全然違ったと思います 笑 朝起きて目覚めてリビングにおりた時にお母さんがココアに寄り添っていて起きてきた私にわかるように説明してくれました。 ありがとうって優しい顔して眠ったんだよ、だから大丈夫』って優しく抱き締めながらいってくれた時は嬉しかったし今でも記憶に残っています (WGP947F・20歳・女性) 「死んでしまったのは悲しいことに違いないけど、彼は天国に行っても決して君のことを忘れたりしない。 この世で生きる楽しさを満喫させたのは君なんだから。 永遠に気持ちが繋がっているはずだよ。 」 (ごんすけ・57歳・男性) まとめ みんなが共通しているのは、ペットが亡くなってしまった時、ただのペットが亡くなってしまったというのではなく、「大切な家族」を失ってしまったという感覚でいるということですね。 ペットを飼ったことがない人にとっては、理解するのが難しいという人もいるのかもしれません。 なぐさめるというよりは、「きっとあなたと一緒にいれて幸せだったよ」ということだったり、前向きな言葉に癒されたという人が多い印象ですね。 私も犬を飼っていますが、想像するだけでも涙があふれてしまいます。 もしあなたの友人や知人にペットを亡くしてしまった人がいる時は、「大切な家族」を失って悲しんでいるということを理解してあげてください。 また、ペットを亡くしてしばらくしてもなかなか立ち直れないていないというお友達や知り合いの方がいる方はもご覧ください。

次の

火葬の際にどのような言葉をかけるべき?例文なども合わせてご紹介!|終活ねっと

ペットを亡くした人にかける言葉

飼い主にとってペットはかけがえのない存在です。 亡くなったことを知ったら、できるだけ早くお悔やみの言葉を伝えるようにしましょう。 直接の連絡を受けたのではなく、SNSやブログなどで知ったという場合は、時間が経ってしまっていることもあるかもしれません。 そういった際には、お悔やみが遅くなってしまったことのお詫びとともに弔意を伝えることが大切です。 言葉をかけるときは、亡くなった原因がわかるのであれば、その原因や状況に合わせて飼い主の心に寄り添うことを念頭に置いておきましょう。 老衰で天国に旅立ったケースと病気や事故で旅立ったケースとでは、飼っていた年数や状況、飼い主の心情が違ってくるからです。 メールやSNSを利用して連絡をする場合は、軽率な文章にならないように気をつけます。 絵文字やスタンプは使用を控えることが基本ですが、先方が先に使ってきた場合は使用しても問題ないでしょう。 ただし、多用することは避けた方が無難です。 また、人間とペットを区別せず「大切なご家族を亡くした」というスタンスで対応しましょう。 ペットが亡くなった時に言ってはいけない言葉 自分では慰めているつもりでも、飼い主を傷つけてしまう可能性のある言葉や言い回しがあるので注意が必要です。 たとえば「かわいそうに」という言葉。 相手の気持ちに寄り添っているように思えますが、飼い主は「自分のせいで、ペットをかわいそうな目に合わせてしまった」と、自責の念にかられることもあります。 これでは、せっかくのお悔やみの言葉が逆効果になってしまう可能性も。 「また新しいペットを飼ったらどう?」「他にも飼ってるネコがいるなら寂しくないね」といった言い回しもふさわしくはありません。 飼い主にとってペットが家族であり、代わりになる存在はいないということ。 単なる動物というくくりでとらえると、不快な思いをさせることになってしまいます。 その他「もう少し一緒にいる時間が長ければ、また違ったかもね」「何にでも寿命はあるから落ち込まないで」など、たとえ直接的ではなくても、飼い主の行動を否定したり飼い主の気持ちをないがしろにしたりするような言葉は慎みましょう。 ここでは、ペットが亡くなった時にかける言葉やメッセージの例文をご紹介します。 天寿を全うして亡くなった場合 飼い主の悲しみを受け止めながら、ペットと共に長く過ごした時間が「お互いに満ち足りた」と思えるような言葉をかけてあげましょう。 長く一緒に過ごせた〇〇ちゃん(ペットの名前)は、本当に幸せだったと思います 空の星になって見守ってくれていることでしょう• 病気で亡くなった場合 病気だった場合、病状によってはある程度の覚悟はできていたかもしれません。 「もっと早く病気に気づいてあげていたら」「私がもっとしっかりしていたら」など、飼い主として自分を責めてしまうこともあるでしょう。 そんな飼い主の気持ちに寄り添い、心を尽くして看病にあたったことを肯定することが大切です。 ずっとそばで見守ってもらえたこと、〇〇ちゃんはきっと感謝していると思うよ いつもそばにいてもらえて、〇〇ちゃんは嬉しかったよね• 不慮の事故など思わぬ出来事で旅立った場合 思わぬ事故などに見舞われた場合、飼い主の気持ちは混乱しているはず。 もしもそれが、自分の不注意だったりした場合はなおさらです。 このようなときは、あまり余計なことには触れずに労わるのが良いでしょう。 〇〇ちゃんが天国で安らかな眠りにつかれますようにと祈っています メッセージと一緒にお悔やみの贈り物や花を送る方法も.

次の

どんな言葉をかけたらいいの?友人のペットが亡くなったら。

ペットを亡くした人にかける言葉

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 火葬とは、日本における主な葬儀方法のひとつで、故人様のご遺体を焼き、残ったご遺骨を葬ることを言います。 火葬の前には、棺の中の故人様と対面して、各々が故人様との最後のお別れの時間を過ごします。 そのような大切な最後の時間を過ごすご遺族に対して、 火葬の際にどのように言葉をかければよいのでしょうか。 お悔やみの言葉をかける際のポイント 火葬だけでなく、通夜や葬式において、お悔やみの言葉をかけることがあるかと思います。 ご遺族は、大切な人を亡くし、悲しみに暮れる中で葬儀を行っています。 そのため、かける言葉は慎重に考えたいですよね。 それでは、 ご遺族に対して、お悔やみの言葉をかける際のポイントを最初にご紹介しましょう。 お悔やみの言葉をかける際のポイントは、以下の3つです。 お疲れさまでした。 疲れが出る頃なので、ご自愛ください。 こちらも、ご遺族に対して、ねぎらいと気遣いの気持ちを、短く簡潔に言い表したねぎらいの言葉となっています。 ねぎらいの言葉をかける際の注意点 火葬後のねぎらいの言葉をかける際の注意点は、 お悔やみの言葉をかける際と大きくは変わりません。 ねぎらいの言葉をかける際、ご遺族には 短く・簡潔にねぎらいの言葉をかけることが重要です。 故人様の死に直面することは、哀しみもそうですが、何よりご遺族にとっては力が抜け、気を落としている状態です。 自分ではわかっていながらも、無理をしていることがあるでしょう。 また、故人様が亡くなってからはお通夜から火葬まで、ご遺族は悲しみにくれがらも、故人様を手厚く葬るために長時間かけて葬儀を行っていきます。 心配する気持ちや、励まそう、元気づけようという気持ちも芽生えるのは自然なことです。 しかし、 ご遺族の心情や疲労も考えて、端的なねぎらいの言葉をかけてあげるとご遺族の方にとっても、ありがたいものとなります。 ペットが亡くなった場合にかける言葉は? 最近では、ペットも大切なご家族の一員です。 知人・友人がペットを亡くされた場合、どう声を掛けたらよいのかわからないことって、ありますよね。 特にペットの場合は、言葉を話すことができません。 そのため飼い主さんは「この子は我が家に来て幸せだったのかな」「最期は苦しまなかったかな「最期を看取ってあげられなかった」というような、疑問や後悔の念でいっぱいになっている場合が多いものなのです。 そんな飼い主さんに対して、 どの様な言葉をかけたらよいのでしょうか。 ペットが亡くなった際にかける言葉 飼い主さんが愛するペットを亡くした際にかける言葉として、最適な例文をご紹介していきます。 参考にしてみてください。 こちらは、 どの場面にも使用できる例文です。 例えば突然の訃報が舞い込んだとしても、この言葉をかけることで、飼い主さんが抱く自責の念を少しでも和らげる効果が期待できます。 言葉をかける場合の注意点 ペットを亡くされた飼い主さんにかける言葉も、慎重に選ぶことが重要です。 「しっかり面倒見てあげなかったから」など、相手を責めるような言い回しや、他にも代わりがいるいるかのような発言、さらに客観的に見ても「寿命が来ただけ」というような言い方も好ましくありません。 ペットを亡くされた飼い主さんにかける言葉は、 相手の感情と悲しみに寄り添うことが何よりも大切なのです。 火葬の際にかける言葉についてまとめ• 故人様に対する悲しみの気持ちや、葬儀の段取りでご遺族は疲れている可能性がある。 そのため、かける言葉は、相手の気持ちに寄り添う内容を短く端的に伝えることが大切である。 NGワード(忌み言葉)が入らないように、慎重に言葉をかけることも大切。 火葬の後に声をかける場合は、ご遺族に対するねぎらいの言葉をかけると良い。 こちらも端的にすることを心がける。 ペットが亡くなったときに飼い主さんにかける言葉は、相手の感情と悲しみに寄り添いながらも、飼い主さんが抱く自責の念を和らげる言葉をかけると良い。 ペットが亡くなったときに、飼い主さんを責めるような言葉や、他に代わりがいるというような内容で、声をかけてはいけない 人間も動物も同様で、相手の気持ちに寄り添った言葉をかけることが、何よりも重要となっています。 特にペットの場合は飼い主さんが自責の念を抱いているケースが多いようです。 多少長くなってしまっても、飼い主さんに対してはより慎重に声をかけることが最良であるといえます。 ケースによって使い分ける必要がありますので、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。 また、下記の記事では、火葬にかかる費用についてまとめていますので、よろしければ併せてご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の