猫 膀胱 炎 治療。 猫の膀胱炎、症状と原因、治療法は?自然治癒できる?治らないときは?

猫がかかる膀胱炎には2つある?! 膀胱炎の症状・原因・予防について

猫 膀胱 炎 治療

猫がかかりやすい病気の一つとして膀胱炎があげられます。 膀胱炎になると排尿時に痛みを感じる猫も多く、放置してしまうと尿路閉塞(尿閉)という命に関わる状態になる可能性もあるので、特に日頃から気をつけてあげたい病気です。 今回はそんな膀胱炎についてまとめてみました。 膀胱炎とは? 膀胱はおしっこを一時的にためておくための臓器です。 その膀胱になんらかの原因で炎症が生じた状態を膀胱炎といいます。 膀胱は風船のように膨らんだりしぼんだりすることで、尿を貯めたり排尿することができますが、炎症が生じると尿を貯める過程で刺激が生じ、十分に膨らむことができず頻尿などの症状がでてしまいます。 膀胱炎の原因は? 膀胱炎の原因は主に3つに分けることができます。 細菌性膀胱炎…細菌が外陰部から尿道を伝って膀胱に感染することによって起こります。 皮膚に存在する黄色ブドウ球菌や便を介して大腸菌などが感染します。 尿路はメスの方がオスより短いので細菌感染が起こりやすいと言われています。 膀胱炎といえば細菌感染というイメージが強いかもしれませんが、実は単純性の細菌性膀胱炎が起こる頻度はそこまで多くないです。 むしろ以下の2つの膀胱炎が原因で二次的に細菌感染が起きてしまうことが多いです。 尿路結石による膀胱炎…食生活や生活習慣などが乱れると、尿の性状 pH や尿に溶け込んだ成分に変化が生じ、尿結石ができてしまいます。 膀胱にできた尿結石は膀胱の粘膜を傷つけるため膀胱炎が生じます。 膀胱結石は時に尿路閉塞(尿閉)の原因になります。 また、一度結石ができた子は再発しやすいため、早期の治療と再発予防の日常ケアが重要になっていきます。 特発性膀胱炎…さまざまな検査を行っても原因がはっきりわからない膀胱炎です。 猫の膀胱炎の約半分がこれにあたると言われています。 その原因として、ストレスや膀胱粘膜の生理学的異常などが考えられています。 二次的に細菌感染や結石が生じることも多いです。 治療により細菌や結石がなくなっても膀胱炎の症状が続く時は、背景としてこの特発性膀胱炎が隠れていることが多くあります。 膀胱炎の症状は? 膀胱が十分に膨らむことができなくなるため、多くの子で頻尿になります。 何度もトイレに行くのに少量しか排尿しなかったり、排尿姿勢をとるもののなかなか排尿しないといった症状があれば、膀胱炎の可能性が非常に高いです。 その他には、血尿、膿尿、尿の匂いがきつくなる、排尿時痛みが生じるので鳴いたり苦痛な表情をするなどです。 膀胱炎の検査は? まずは尿検査を行い、尿の性状 pH を調べたり、尿中に細菌や結晶が出ていないかを顕微鏡で確認します。 必要に応じて超音波エコー検査やレントゲン検査などの画像検査、血液検査などを行います。 膀胱炎の治療は? 膀胱炎の治療で重要なのは、「原因の除去」と「膀胱内の清浄化」です。 原因の除去…細菌感染が認められる場合は抗生剤による治療を行います。 結石が認められる場合はその結石の種類を調べて、それに応じた治療を施します。 食事療法や時には外科手術による摘出などが必要になります。 特発性膀胱炎の場合は食事療法や生活環境を改善することで、ストレスを軽減することが治療になります。 膀胱内の清浄化…飲水量を増やし、新鮮な尿をたくさん作ることで膀胱内を洗浄していくイメージです。 そのためには、飲水場やトイレの環境を整えることが重要です。 しかし、猫の場合なかなか飲水量を増やすことは容易ではないため、皮下点滴や膀胱洗浄などの処置を行うことが多いです。 膀胱炎の予防は? 膀胱炎はとても再発しやすい病気です。 そのため、治療が終了してもいつまた膀胱炎が再発するか心配な飼い主様も多いと思います。 膀胱炎は適切な食生活と生活習慣を心がけることで予防することができます。 食事についてはその子その子によって適切な療法食が異なってくるため動物病院と相談の上決めていきましょう。 また、日常的に飲水量を増やすための生活をおくることも大切です。 飲水場やトイレを常に清潔に保ち、適度な運動を行うことで飲水を促します。 また、肥満傾向にある猫はダイエットが必要です。 まとめ 膀胱炎は放っておくと命に関わる病態へと進行する可能性がある病気です。 おしっこに関して何かしらの変化がみられたらすぐに動物病院に相談しましょう。 膀胱炎の診断には尿検査が必須ですので、可能であれば病院に新鮮尿を持参するのが良いでしょう。 病院内でおしっこを取る方法もあるので必ず尿を持参しないといけないことはありません 膀胱炎の発症と生活環境は密接に関わっています。 愛猫が膀胱炎にかからないための生活環境の改善で何かお困りのことがございましたら当院までご相談ください。

次の

猫の膀胱炎の症状と原因!3つの治療法や繰り返す場合の予防法も解説

猫 膀胱 炎 治療

猫がかかりやすい病気の上位に入ることが多い「膀胱炎」。 人間でもよく聞く病気ですが、猫の場合はどのような点に注意すべきか、三宅先生に詳しくうかがいました。 猫に泌尿器系の病気が多いのは、身体的本能からきているようです。 猫の膀胱炎の場合、オスは特に注意が必要です。 猫のオスはペニスがボールペンの先端程度の太さで、尿道がものすごく細いのです。 そのため、膀胱炎により、尿中に膿や血餅(けっぺい)ができることがあり、それらが尿道に詰まるおそれがメスよりも高くなります。 また、結晶ができるタイプの膀胱炎では結晶が尿道の粘膜を傷つけることにより、尿道が腫れてしまい尿が出にくくなることもあります。 違和感からペニスを舐めることも多く、その刺激でペニスの先端も腫れてしまい、さらに尿は出にくくなります。 膀胱は尿ではちきれそうなのに排尿できない状態になると、急性腎不全を起こし、尿中の毒素が身体中にまわってしまいます。 「おしっこの出がちょっと悪いのかな」というくらいの気持ちで受診をしたところ、完全に尿道閉塞を起こしていて急性腎不全のため点滴入院となることは多く、びっくりされる飼い主さまも少なくありません。 「おしっこが出ないだけなのに」と思っていらっしゃる飼い主さまが多いのかもしれません。 猫は泌尿器系の病気が多いことは知られていますが、オスは特に注意が必要というレベルまでなかなか浸透していないようですね。 まさに私自身も知りませんでした…。 その他に注意してあげることはありますか? やはり日頃のおしっこチェックですね。 回数だけでなく、1回の量や排尿姿勢を取ってからスムースにおしっこが出ているかなど見てあげてください。 回数や頻度だけでなく、スムースにおしっこが出ているか、という点も大事なんですね。 また、寒い時期と太っている猫も注意が必要です。 猫は寒くなると水を飲む量が減りますが、太っているとあまり動かないので、水を飲まなかったり、おしっこが面倒で我慢するので尿が濃くなり結石ができやすくなります。 11月の寒い頃になると膀胱炎にかかった太った猫が増えるようです。 冬は太ったねこちゃんは要注意!?キャットタワーにお水を置くなど、運動量を増やしましょう。 でも、「おしっこが出ない」という時点で、すぐに病院に行かなければならない場合が多いので、どれくらいおしっこが出ていないか聞いて、かかりつけの病院を受診するようにお伝えします。 猫の膀胱炎で通院の場合、どのくらいの期間がかかりますか? 軽度の場合は1週間分の薬を処方され、1週間後に再診という程度で通院回数も少なく済みます。 膀胱炎の際は、たくさん水を飲んでどんどん膀胱内を綺麗にすることが大切ですが、猫に積極的に飲水させるのは困難なため、皮下補液と言って、皮下に点滴液を貯め水分補給する方法も多くとられます。 皮下補液の通院で1〜2週間かかることもあります。 ねこちゃんのおしっこが1日出てないなと気づいたら、要注意です。 処方食は結晶が原因の膀胱炎と診断された時に出される、ミネラル成分やイオンバランスを特別に調整した療法食です。 ただ、例えば猫によくできやすいストラバイトという結晶は尿がアルカリ性に傾くことによって起こるため、それを改善させる処方食を与えますが、知らぬ間に今度は酸性に傾きすぎてしまうこともあります。 酸性でできる結晶もあるので、動物病院で定期的におしっこの状態を診ながらphに合わせて処方食を切り替えていくことが大切です。 処方食はずっと続く場合もありますが、通院や入院に比べると比較的に費用を抑えることもできるのです。 膀胱炎の場合、水分補給が重要になりますが、食事から摂取してもいいのでしょうか? そうですね、ウェットフードの方がドライフードよりも1日の水分摂取量が増えますね。 最近は手作り食を与えている飼い主さまもいるようですが、それはあまりおすすめしません。 手作り食だとかえって栄養が偏ってしまう危険があり、栄養が偏ってしまうと、結石ができる可能性が高くなってしまいます。 飼い主さまが栄養学に詳しいのであればいいのですが、それ以外の方は市販のペットフードで十分だと思いますよ。 手作り食も愛情の証ですが、愛猫の健康のためにはきちんとバランスがとれたお食事を。 また、排尿時の様子がおかしい、おしっこがでないなど、飼い主さまが異変に気づきやすい病気でもあります。 一方で「おしっこが出にくいくらい大丈夫だろう」と様子を見てしまう方もいるため、急性腎不全を起こし、ぐったりしてから慌てて病院にかけこまれるケースもあります。 明らかに元気がない、という時にはすでにかなり進行している可能性が高いです。 ちょっと様子がおかしい気がするというくらいで受診されるのがちょうど良いと思います。 特に猫は病気を隠してしまうので、日頃から排尿時のチェックをおこなったり、定期的に健康診断をしていただくことが重要だと思います。 早期に発見できれば猫にも飼い主さまにも負担が少なく治すことができます。 残尿感があるので何度もトイレに行くけど尿の量が少ない、排尿姿勢を取ってからおしっこが出るまで時間がかかる場合は膀胱炎の可能性が高いです。 また、排尿痛があるためおしっこをするときに痛みを感じて鳴く場合もあります。 にごった尿をしたり、血尿のため赤い尿をしたりすることもあります。 細菌感染による膀胱炎ですが、通常は感染が起こらないように働く身体のバリア機能がなんらかの原因で衰えてしまっていることが関与していると考えられます。 結晶は、結石までには至らないきれいなキラキラとした砂粒状の物質で、リンやマグネシウム、カルシウムといったミネラルがバランスよく適切に摂取できていない場合や、食事の影響で尿が酸性やアルカリ性に傾きすぎていると結晶が形成されやすくなります。 細菌性の場合は抗生剤、炎症が強い場合は消炎剤を処方します。 結晶の場合は、おしっこのphをコントロールする薬や処方食が出されます。 日本で唯一の会員制電話どうぶつ病院「アニクリ24」院長。 都内の動物病院にて小動物臨床に従事したのち現職。 繊細なコミュニケーション力を生かし、小動物医療の現場で毎日寄せられている様々な相談に応じている。 今回はあるものを使って簡単にトイレの臭いを解決する方法と、正しいしつけ方をご紹介します。 その状態が続くと、様々な病気を引き起こしてしまう危険性があります。 猫がしっかり水分を補給できるよう、試すべき事柄をまとめました。 「うちの子は大丈夫」と思っていても、トラブルに遭う可能性は0ではありません。 人間よりも数倍早く歳をとるペットのために、飼い主が知っておきたいペット保険の基本をご紹介します。

次の

獣医さんに聞く!猫の「尿路結石」種類や原因、治療法など

猫 膀胱 炎 治療

特発性膀胱炎の危険因子• オス猫• 純血種• ドライフード• 飲水量不足• 非凝固型の猫砂• 多頭飼い• 高い場所がない• ストレス 2012年から2016年の期間、イギリスや香港の大学などからなる共同チームは韓国のソウルにある一次診療施設を受診した猫4,014頭の中から、特発性膀胱炎と診断された58頭と同疾患を抱えていない猫281頭を選別し、病気の発症因子となっている屋内環境を比較検討しました。 その結果、「非凝固型の猫砂」では2. 62倍、「多頭飼い」では3. 16倍、そして「高い場所がない」では4. 64倍も発症リスクが高まることが明らかになったといいます。 リストの最後に挙げた「ストレス」の中には、「旅行」、「引っ越し」、「新しいキャットタワー」といった環境の変化や、「新しいペット」、「赤ちゃんの誕生」、「ペットシッターの訪問」といった新参者の存在、および「寒い」、「梅雨に入った」、「雷が鳴った」といった気候の変化など、ありとあらゆるものが含まれます。 2014年に「日本ヒルズ・コルゲート」が公表した「愛猫のストレスと病気に関する意識調査」では、ストレスと特発性膀胱炎の因果関係を示唆するような結果が出ています。 調査対象となったのは、猫を飼っている20代以上の男女536 名。 そのうち「猫はストレスを感じやすいタイプか?」という質問に対し、「あてはまる」、もしくは「ややあてはまる」と解答した人の割合は、合計49. さらに上記「ストレスを感じやすい猫」のうち、「粗相」、「血尿」、「排尿痛」といった特発性膀胱炎に関連した症状を示した猫の割合は、41. これは「ストレスを感じにくい猫」の27. 5倍に相当する数字です。 特発性膀胱炎の原因はストレスだけではありませんが、少なくとも密接な関係にあることがうかがえます。 特発性膀胱炎に伴う臨床所見• 腹部を触ると痛がる• 膀胱が小さい• 膀胱壁に肥厚が見られる• X線・超音波検査でポリープ・腫瘍・結石が見られない• 間質性膀胱炎 間質性膀胱炎(かんしつせいぼうこうえん)とは、頻尿、尿意切迫感、膀胱痛などを主症状とする難治性の病気で、40歳以降の女性に多いとされています。 猫の「特発性膀胱炎」同様、細菌など明確な原因が見つからないやっかいな病気の一つです。 特発性膀胱炎へのMEMOセラピー• エサ 水の摂取量を増やす目的でドライフードからウエットフードに切り替えてみる。 猫の食事を邪魔しないよう、食器の周辺に余計なものを置かない。 例えば空気清浄機、扇風機、エアコンの送風口、食事を邪魔しようとする他の猫など。 また近年は猫のストレスに配慮した「加水分解ミルクプロテイン」と「トリプトファン」を含んだ療法食もあるので試してみる。 水 水を飲む機会が増えるよう、水飲み場を複数箇所用意し、常に新鮮な水を補充するように努める。 水を入れる容器も清潔を心がける。 市販されている「マタタビ添加物」などで飲水量が増えるかどうか試してみる。 トイレ トイレの数は飼っている猫の数+1が基本。 おしっこやウンチをこまめに取り除く。 トイレの周辺から猫の気を散らすようなものを徹底的に排除する。 粗相しても絶対に怒らない。 非凝固系の猫砂が発症リスクを高めるというデータがもあることから、固まるタイプの猫砂を試してみる。 住空間 猫が安心して生活するためには、他の猫からの適切な距離と、すっぽり身を隠せる隠れ家が必要。 壁際+高所であればなおよい。 見晴らし台がある家庭よりも見晴らし台がない家庭の猫の方が4. 64倍発症しやすいという調査結果もあるため、壁際の高いところに棚を設けてあげたり家具を利用して、人間の目線よりも高い場所に休息場所を作ってあげる。 遊び 遊びによって猫の狩猟本能を満たしてあげることは、運動不足と共にストレスの解消にもつながる。 猫同士の関係 多頭飼いの家庭においては、猫同士の間に対立がないかどうかを常にチェックする。 もし対立がある場合は、「職場や学校における気の合わない人」のように、多大なるストレスの原因になりうる。 猫同士が喧嘩しないよう、エサ、水、トイレ、寝床といった資源を平等に分配し、場合によっては猫ごとに部屋を分割する。 人との接触 猫は孤独な動物と思われがちだが、実は非常に愛情を求める動物でもある。 特に室内飼いで刺激が不足しがちな家庭においては、定期的に猫と触れ合い十分な愛情かけることが必要。 猫用フェロモン 猫の顔から抽出したフェイシャルフェロモン(FFP)には、疾病行動を減らす効果があると報告されている。 また見知らぬ環境における猫のストレスを軽減する効果も報告されているため、場合によっては適用する。 上記した項目は、数あるストレス管理の中でも比較的優先順位が高いものです。 その他のストレス管理に関してはにまとめてありますので、あわせてご確認ください。 私達人間は気にも留めないような些細なことが、デリケートな猫にとってはストレスの原因になっていることが多々あります。

次の