ガハママ。 ガハおば 出直し海星スレ(ID:4356416)10ページ

ガハマさん (がはまさん)とは【ピクシブ百科事典】

ガハママ

弊社が刊行する出版物・販売商品に関するお問い合わせは《》からお願い致します。 米国法人 が運営する洋雑誌のマガジンワールドと相互リンクしています。 (*弊社とは別法人です。 ) ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 登録番号 第6091713号 です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧は。 表紙や誌面を撮影し、SNSやブログにアップすることは法律で禁止されています。 弊社刊行物の表紙、掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、 許諾なくブログ、SNS等に公開する行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、 場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。 ご注意ください。 Magazines• Web Magazines• Books and Mooks• Shops•

次の

神山まりあのガハハ育児語録 神山まりあ

ガハママ

祝、八結SS、800件突破!わーいわーい。 ご無沙汰していますF-2Aです。 久しぶりの投稿となります。 とある日の休日、ガハママからのメールが届き八幡が翻弄されるお話しです。 ガハママと連絡先交換済とする必要があったため旧作の以下の4P目を加筆修正致しました。 「結母「ヒッキーくん結衣とはもうエッチしちゃった?」八幡「ブー!」」 時系列的には由比ヶ浜、比企谷家を攻略す! 後のお話しになります。 このシリーズは原作幕間のメール描写をSS化したものです。 SSで繰り広げられるメールの寸劇をお楽しみ下さい。 MiyaBi様の『ガハマちゃん』イラストを表紙として 使用させて頂いております。 ありがとうございます! 2016年09月08日付の[小説] 男子人気ランキング24位 に本作がランクインし、また30users入りを達成したしました。 いつも応援ありがとうございます!• ---------------------------------------------- FROM 八幡 15:27 TITLE ヒッキーくん今暇?Re3 いえ結構です。 もっと食い付いてきてよ~。 今結衣はシャワー中。 そして私は脱衣所にいま~す。 結衣の下着が目の前にありま~す。 見せてあげましょうか? ---------------------------------------------- FROM 八幡 15:33 TITLE ヒッキーくん今暇?Re9 いえ、だだだだだ大丈夫です。 入りません。 はい送信しました。 あとちょっとセクシー過ぎる……。 今の私の下着だったわ~。 はい送信。 おばさんから送ってきたんだぞ。 1000件突破も夢じゃありませんね! 新作お待ちの皆様、更新が滞っており申し訳ございません。 作品を書いていないわけでなく中々完成までたどり着けていないのが現状です。 プライベートと遅筆なのも相まって投稿頻度が落ち気味となりますが、 抱えている分はいつかちゃんと表に出したいと思います。 それまで気長にお待ち頂けると幸いです。 現在クリスマスに向けて再び八結祭を計画中。 着々と計画が進んでおります。 ご期待下さい! それではまた次回!.

次の

[B!] Belko@3日目南テ

ガハママ

もちろん空気の読める俺は風呂には毎日入って姉ちゃんとは入ってないと言っといた。 おい早く返事してやれよハッチーとやら。 ミツバチだったりみなし子だったりするのかしら?強く生きろよハッチー 俺は他人のフリしながら通り過g.... 今日は由比ヶ浜家か。 だんだんこの生活が当たり前になりつつある自分が怖い。 」 ガハママはこちらをジッと見ている。 しまった つい考え込んで挨拶忘れてた 「はじめまして お世話になります 由比ヶ浜おばさん」ペコッ 「うーん?」 すると笑顔のまま顔をコテンッと横にする。 なんか物足りなさそうな表情...... やっぱりガハマさんはダメなの?君のハッチーよりマシなセンスしてると思うけど 目の前ではクスクスとガハママが笑っている。 このカレー.... 一時は再び毒を喰らう覚悟を決めた俺だったが、ガハママさんの目に見えない努力のおかげであろう食えるカレーが出てきた。 少し味付けは甘めでまだまだ改良の余地はありそうだが、甘いの好きな俺にはむしろプラス査定だった。 なんというガハマジック 俺は風呂から上がり寝巻きに着替えリビングに顔を出す。 ガハマ一家はもう全員パジャマで後は寝るだけ。 今は各自でくつろいでいる様子 「ハッチー こっちおいで」 すろと目ざとく俺を見つけた由比ヶ浜が自分の座るソファの隣をポンポンと叩く。 隣に座れということか 俺は由比ヶ浜に近づく するとポンポンと叩いているものがソファから、由比ヶ浜の太ももに変わった。 耳かき特有の重く低い音が鳴り響く。 まぁ耳掃除してもらってるから顔確認できないんだけど っていうかコイツ意外と耳かき上手いな。 全然痛くないし力加減もちょうどいい。 というか由比ヶ浜の太ももにしがみついてしまった。 何これ恥ずかし過ぎる。 ッチー君眠た... うね」 ガハママが俺の様子に気付いたようで、声をかけてきた。 「あっ... 」 瞼が重い。 ドンドン意識が薄れていくそれでいて心地よい感覚に包まれる 「... わ、おや... い」 もうダメだ... 意識を保っていられない 「..... 時刻は10時半過ぎ。 普段より少し早いけど、ハッチーが寝るには良い時間かもしれない 「じゃ、私ももう寝るね お休み ママ パパ」 「結衣、矢幡君運ぼうか?」 「大丈夫だよパパ。 ハッチーまだちっちゃくて軽いから一人で運べるし」 それにハッチーあったかくてなんだか気持ちいい。 離れたくないもん 「そう、わかったわ。 ちゃん」 ハッチーがポソリと呟く。 ちゃんと風呂入ってる?」 「・・・。

次の