痩せ 菌 を 増やす 食材。 【つまり】話題の痩せ菌って!?増やす方法と痩せ菌ダイエットについて調べてみた!【どういうことだってばよ】

痩せ菌の効果を増やす食材はコレ!納豆やヨーグルト他10選!

痩せ 菌 を 増やす 食材

同じ食べ物を食べているのに、やせている人と太っている人がいます。 それはすべて腸内細菌のしわざ。 やせている人の腸内は【やせ菌】が優勢で少々食べ過ぎてしまっても、太りにくい腸になっています。 一方、太ってしまう人の腸内には【デブ菌】が住み着き、ちょっと食べるだけで「デブ菌」のエサになってしまうんです。 【デブ菌】が多い腸は、少しの食べものでも大量のエネルギーを吸収してしまうので、【やせ菌】の好物を選んで食べて、腸内の善玉菌を増やせばちょっと食べ過ぎても太らない体になります! 【やせ菌】の好物は、高食物繊維や低脂肪・低糖質のもの。 これを1種類ではなく、2~3種類組み合わせて毎日食べるのがおすすめです。 ヨーグルトにできる上澄みの水分、ホエイ。 実はこれ、腸を元気にして健康的にやせられる、最強のダイエットドリンク! ヨーグルトには、健康に良い面がある一方、「デブ菌」のエサである脂肪分を含んでいる難点も。 でもホエイは脂肪分がないうえ、細胞の原料になるたんぱく質が豊富に含まれています。 このたんぱく質には、「インクレチン」という、ホルモンの分泌を促す成分も! この「インクレチン」は、別名やせホルモンと呼ばれ、食べたものが胃から小腸へと送られるスピードを抑え、小腸の吸収をゆるやかにする作用があります。 すると、体はエネルギー不足となるため、エネルギー源として、お腹まわりについた脂肪を使うように! 毎日ホエイを飲むことで、やせやすいカラダを作るのです。

次の

痩せる食材厳選13選!お腹いっぱい食べても痩せられるって本当?

痩せ 菌 を 増やす 食材

食生活をちょっと見直すだけ! 痩せ菌の働き 食べ物から摂った栄養は腸から吸収されます。 食べ物に脂肪分が多いと、腸内でうまく処理しきれず、細胞内に脂肪としてどんどん溜まっていきます。 しかし腸内に痩せ菌・善玉菌が多くいることで、細胞に脂肪が蓄積されることを阻止してくれるのです。 余分な脂肪細胞を体外に排出してくれる働きをしてくれるのです。 痩せ菌優勢の腸内環境をつくれ! 腸内には100兆個もの細菌が住んでいます。 そして善玉菌だけでなく、もちろん悪玉菌もいるのですが、腸内の状態によっては善玉菌、悪玉菌のどちらにも傾いてしまう日和見菌がいます。 実はその数が最も多いのが日和見菌で、約70%を占めるとも言われています。 今現在、善玉菌が多い状態であっても、食生活の偏りによっては、すぐに腸内環境が悪玉菌優勢になってしまうことも考えられるのです。 悪玉菌が優勢になるということはデブ菌が増加し、太りやすくなるということだけでなく、免疫力が低下するため病気になりやすくなるんですね。 痩せ菌・善玉菌が優勢になるようにいつも腸内環境を整えておくためには、やはり食べ物がとても大切です。 腸内環境を整えて痩せ菌を増やすには? もともと腸内にいる善玉菌にエサを与えて、どんどん増加させることが必要です。 エサとうのは善玉菌を増やすために役立つ食べ物のことです。 また、善玉菌を増やすだけでなく、ジャンクフードや、脂肪分の多い食事も極力控えるという、意識的な努力も必要ですね。 オリゴ糖って聞いたことありますか?オリゴ糖はシロップのような甘味料で、スーパーなどでも普通に売られていますが、善玉菌であるビフィズス菌のエサとなる甘味料なのです。 であるからと言って、オリゴ糖だけをガバガバ飲むわけにはいきません。 バランスのとれた食事の中で、どのような食べ物を摂ると痩せ菌が優勢になり、太りにくい体質になるのか、その食べ物を紹介します。 スポンサーリンク 痩せ菌を増やす食べ物ベスト6とは? 納豆 腸内環境を整える食品で、忘れてはいけないのが「納豆」です。 納豆菌は納豆キナーゼという名前でも知られていますね。 納豆の食物繊維と納豆菌というのは前述で紹介したオリゴ糖を増やす働きをするため、ビフィズス菌のエサとなり、結果的に腸内に 痩せ菌・善玉菌が増えることにつながります。 それだけでなく、特殊な酵素によって便秘や下痢になどの 腸内トラブルを改善してくれます。 また、納豆菌は熱や酸に対しても強い耐性があるため、生きたまま腸までしっかり届くのです。 乳酸菌のように摂取したうちの少ししか腸まで届かないということはないのです。 血管内にこびりついた脂肪を排出する作用もあり、 血液サラサラ効果もあるのです。 納豆は腸内環境を整える、非常に優れた食品ですから、納豆が嫌いな人であっても、是非毎日食べるように心がけたい食品です。 ヨーグルト 腸内環境を整える食品としてまず思い浮かぶのはヨーグルトではないでしょうか。 ヨーグルトの乳酸菌が腸内環境を整えることで、余分な脂肪分の吸収を抑えて、 「痩せ菌」として働いてくれるのです。 ヨーグルトの乳酸菌は非常に多くの種類がありますので、目的に応じて選ぶようにしましょう。 コレステロールを低下させる作用があったり、プリン体の摂取を抑える働きをしたり、便通の改善に有効であったりと、様々なヨーグルトが市販されています。 市販のヨーグルトを購入するなら、 「トクホ(特定保健用食品)」と表記された商品がいいかもしれません。 「お腹の調子を整える効果」を謳えるのはトクホの商品なのです。 味噌 味噌は主に大豆と米麹から作られる発酵食品です。 植物性の乳酸菌が豊富なため、 生きて腸まで届き、腸内環境を整えてくれます。 味噌にはオリゴ糖が含まれているため、善玉菌のエサになり腸内で善玉菌を増やします。 さらに、腸内にたどり着いた味噌の乳酸菌は、乳酸を法主して腸内を弱酸性の状態に保ってくれるため、腸の働きを正常にしてくれるのです。 納豆や、漬物と並んで、日本食は本当に体に良い働きをしてくれるのですよ。 漬物 漬物も発酵食品ですから「乳酸菌」が含まれています。 腸内細菌を増やし腸内環境を整えるだけでなく、 便通の改善にもとても役立つ食品なのです。 糠漬けやキムチなどは、植物性の乳酸菌で、酸に強いため胃酸にやられることなくしっかりと腸にまで届きます。 漬物は食物繊維も同時に摂ることができるため、 乳酸菌との相乗作用でより腸内環境を整える力があるのです。 食物繊維を含む食品• 水溶性食物繊維 水溶性食物繊維は、腸内の善玉菌のエサになり、善玉菌を増やす働きをします。 食べカスを排泄する時には、便を柔らかくするという特徴があります。 水溶性食物繊維を含む食品には、こんにゃく、きな粉、納豆、アボカド、干し椎茸、オクラ、ごぼうなどがあります。 腸内で痩せ菌・善玉菌を増やすのはどちらかというと水溶性食物繊維です。 不溶性食物繊維 食べカスを排出する際、腸内で便のカサを増やすことで、腸に適度な刺激を与えて、腸の蠕動運動を活発にして、便通を改善します。 その際に体内の有害物質も吸着して体外に排泄してくれる重要な役割もあります。 ただ、不溶性食物繊維は水分を吸収しやすいため、しっかりと水分を摂取しておくことも大切です。 かぼちゃ、いんげん豆、小豆、トウモロコシ、切り干し大根、おからなどに不溶性食物繊維が多く含まれています。 まとめ 参考記事: 痩せ菌を買ってきて、サクッと痩せたいものですが、そんなわけにはいかないのですね。 やはり 食べ物に含まれる善玉菌の力によって、腸内環境を整えることが最も大切なのです。 一見遠回りのようですが、腸がキレイであると、体が快適であるだけでなく肌質もアップして美肌を保つことにもつながります。 もちろん脂肪の吸収を抑えて、太りにくい体質にしてくれるのですから、まずは「腸内環境を整える」ことですね。

次の

痩せ菌とは!?名前や正体を徹底解明!デブ菌との違いや種類を大解剖してみた

痩せ 菌 を 増やす 食材

「ヤセ菌」を増やし「デブ菌」を減らせばどんな人も健康にやせられる! 腸内の細菌は200種類100兆個、この中には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌がありますが、「デブ菌」とは、日和見菌に分類される「プロテオバクテリア門」と言われるグループに属する菌のこと。 「ヤセ菌」は同じく日和見菌ですが「バクテロイデス門」の菌です。 「デブ菌」にエサを与えずに腸内から追い出し、「ヤセ菌」のエサとなる食材を食事に取り入れてどんどん増やせば、腸内環境は2週間で変わります! 『ヤセたければ腸内「デブ菌」を減らしなさい』 ワニブックスPLUS新書 で紹介した10の食材を利用した、待望のカラー版レシピ集です! 10種の買い置き、作りおきダイエットフードを上手に使いまわそう! これなら毎日続けられて、絶対飽きない! 藤田紘一郎 1939年、旧満州生まれ。 東京医科歯科大学医学部卒業。 東京大学医学系大学院修了。 医学博士。 金沢医科大学教授、長崎大学教授、東京医科歯科大学教授を経て、現在東京医科歯科大学名誉教授。 専門は寄生虫学、熱帯医学、免疫学。 1983年、寄生虫体内のアレルゲン発見で小泉賞を受賞。 2000年、ヒトATLウィルス伝染経路などの研究で日本文化振興会・社会文化功労賞、国際文化栄誉賞受賞。 主な近著に『脳はバカ、腸はかしこい』 三五館 、『腸をダメにする習慣、鍛える習慣』『人の命は腸が9割』『体をつくる水、壊す水』『ヤセたければ腸内「デブ菌」を減らしなさい! 』 以上ワニ・プラス ほか。 東京医科歯科大学医学部卒業。 東京大学医学系大学院修了。 医学博士。 金沢医科大学教授、長崎大学教授、東京医科歯科大学教授を経て、東京医科歯科大学名誉教授。 専門は寄生虫学、熱帯医学、免疫学。 1983年、寄生虫体内のアレルゲン発見で小泉賞を受賞。 女子栄養大学講師。 テレビ、雑誌、書籍を中心に活動する傍ら、企業のメニュー開発、施設やレストランのメニューコンサルタントも行っている。 簡単でおいしく、健康にもいい料理に定評がある 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです.

次の