センチメンタル 類語。 「感傷的」の正しい意味と使い方を解説! なりやすい人の特徴や類語もチェック

「エモーショナル」とは?意味や使い方をはじめ類語・対義語も解説

センチメンタル 類語

「センチメンタル」の意味とは? 「センチメンタル」のカタカナ語での意味と英語での意味を見ていきます。 「センチメンタル」とは「感傷的になりやすいこと」 「センチメンタル」とは英語の「sentimental」のことで、「感傷的になりやすいこと」「感情的な状態」「気持ちや心や弱いさま」という意味を持ちます。 精神的に弱く、感情に影響されやすい状態、気持ちが不安定で傷つきやすい様子、心に風が通るような寂しい様子を指します。 たとえば、いつも家族や友達、仲間と一緒にいることが多い人は、不意に一人になってしまった時に何となく寂しく心が不安定になることもあるでしょう。 また、心を打つようなラブソングを聞いたり、夜に思い出の詰まった写真を眺めたりすると、感傷的になることがあります。 何となく泣きたくなる、ほろりとくる、夜空や星空を意味もなくぼんやりとみつめてしまう、こういった状況や様子を「センチメンタル」と言います。 「センチメンタル」の英語の意味は「思い出の詰まったもの」 「センチメンタル」の英語での意味もほぼカタカナ語の意味と同じですが、その他に、大切な人からのプレゼントや子供のころの写真など「思いでの詰まったもの」という意味でも使われます。 他人にとってはあまり意味のないものでも、自分にとってはかけがえのないもの、お金に換えられないもの、心の支えになっているもの、これらを総称して「sentimental s 」と呼びます。 「センチメンタル」の使い方と例文・関連熟語表現 「センチメンタル」の使い方での注意点を含め、例文、関連する熟語表現を紹介します。 「センチメンタル」は精神的ダメージを受けたときに使う 「センチメンタル」は恋心や恋愛に対して使われることが多い表現ですが、その他、仕事や日常生活でのストレスで精神的にダメージを受け、心がやせ細ってしまった時に、傷つきやすい心や内面を表現する時にも使われます。 たとえば、上司と取引先と喧嘩をしたり、仕事で大失敗をしてしまった時など、心が傷ついた時に「センチメンタルな気分」「センチメンタルな気持ち」というように文脈に用いることができます。 また、心が強くポジティブに活動している時には「センチメンタル」という表現は使いません。 環境や周囲の状況、何らかの相手とのやりとりで気持ちや精神が傷つき、メンタルが弱くなった時に「センチメンタル」という表現を使いましょう。 「センチメンタル」をネガティブな意味合いで使わない 「センチメンタル」は感情に影響されやすく感傷的な状態を意味する言葉ですが、心が後ろ向きで、思考やものごとへの捉え方がネガティブであるという意味合いで使うのは適切ではありません。 あくまで「センチメンタル」は感情に動かされやすく、気持ちが感傷的になっている様子を指す時だけに使うようにしましょう。 「センチメンタル」を使った例文• センチメンタルな気分に浸るのもいいけど、いち早く復帰ることも大切だ。 上司と喧嘩をしてしまい、心がセンチメンタルになってしまった。 突然の異動通知で、驚きと同時にセンチメンタルな感情が走った。 友人からセンチメンタルな手紙を受け取り、涙が止まらなかった。 秋の夜長に悲しいラブソング。 実にセンチメンタルな気分である。 「センチメンタル」に関連する熟語表現• センチメンタルジャーニー(sentimental jurney):感傷旅行• センチメンタリズム(sentimentalism):感情主義• センチメンタリスト(sentimentalist):感傷家、涙もろい人• アンチ・センチメンタリスト(anti-sentimentalist):感傷的なことを嫌う人 「センチメンタル」の類語と対義語 「センチメンタル」の類語は「哀愁」「メランコリック」 「センチメンタル」の類語は「感傷的」や「感情的」の他、寂しく物悲しいことを意味する「哀愁」や「哀感」、「うら悲しさ」「やるせなさ」「切ない気持ち」「空白感」などが あります。 また、「センチメンタル」と同じカタカナ語の類語には、物思いにふけ、憂鬱な気持ちを表す「メランコリック(melancholic)」があります。 「センチメンタル」と「メランコリック」は使い分けが難しいですが、憂鬱でブルーな気分が強い時は「メランコリック」を使う方が良いでしょう。 「センチメンタル」の対義語は「理性的」 「センチメンタル」の正式な対義語はみつかりませんが、「センチメンタル」が理論や理性よりも感情に依拠している状態であるとすれば、対義語となるのは道理や論理が感情を超越している意味を持つ「理性的」が最も対義語に近い表現だと考えられます。 まとめ 「センチメンタル」は英語の「sentimental」のことで、「感傷的なこと」「傷つきやすいさま」「心や気持ちが弱っている」という意味を持つカタカナ語です。 一般的には恋愛や友人関係、ストレスなどで精神的に弱くなり、感情にに影響されやすいような状態を指します。 友達とワイワイ楽しむよりも、今は一人で静かに音楽を聞いていたい、訳もなくなぜか涙がこぼれてくる、というような「感傷的」な状況で「センチメンタル」を使いましょう。

次の

哀愁の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

センチメンタル 類語

「エモーショナル」の意味とは? 「エモーショナル」の対義語• 「エモーショナル」の英語 解釈• 「エモーショナル」の使い方• 「エモーショナル」を使った例文・短文 解釈• 「エモーショナル」の類語や類義の表現 「エモーショナル」の意味とは? 「エモーショナル」の意味は、 「感情的なさま・情緒的なさま」や 「感情に動かされやすいこと・強く感情に訴えかけてくるさま」になります。 「エモーショナル」というのは 「言葉・理屈・理論などではなくて、直接的に感情・心に訴えかけてくるようなさま」を意味しているのです。 「エモーショナル」という言葉は、物事に感動 感激 しやすい感情的な心理状態、あるいは頭でっかちにならずに感情・気分を揺り動かされるダイレクトな体験などを意味しています。 例えば、 「エモーショナルな芸術作品によって圧倒的な感動を味わうことができた」や 「理性だけで考えるのではなく、エモーショナルに感じることも大切です」といった文章で、 「エモーショナル」の言葉の意味を確認できます。 「エモーショナル」の対義語 「エモーショナル emotional 」の対義語として、 「ラショナル rational 」や 「ロジカル logical 」を上げることができます。 「ラショナル」の言葉の意味は、 「合理的な・理性的な・分別のある」になります。 「ラショナル」というのは、 「感情・情緒・気分」に基づいて反応しやすい 「エモーショナル」とは反対の意味を持っています。 「ラショナル」は 「理性に依拠した合理的な判断・行動」を意味しているのです。 「ロジカル」の言葉の意味は、 「論理的な・論理学上の・筋が通った・必然的な」になります。 「ロジカル」というのは、 「エモーショナルな感情・情緒」ではなくて 「必然的な論理 論理学 ・筋道に従って考える態度」のことを意味しています。 その意味から、 「エモーショナル」の対義語として 「ロジカル」を指摘できるのです。 「エモーショナル」の英語 解釈 「エモーショナル」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

次の

「情緒的」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

センチメンタル 類語

「センチメンタル」の意味とは? 「センチメンタル」のカタカナ語での意味と英語での意味を見ていきます。 「センチメンタル」とは「感傷的になりやすいこと」 「センチメンタル」とは英語の「sentimental」のことで、「感傷的になりやすいこと」「感情的な状態」「気持ちや心や弱いさま」という意味を持ちます。 精神的に弱く、感情に影響されやすい状態、気持ちが不安定で傷つきやすい様子、心に風が通るような寂しい様子を指します。 たとえば、いつも家族や友達、仲間と一緒にいることが多い人は、不意に一人になってしまった時に何となく寂しく心が不安定になることもあるでしょう。 また、心を打つようなラブソングを聞いたり、夜に思い出の詰まった写真を眺めたりすると、感傷的になることがあります。 何となく泣きたくなる、ほろりとくる、夜空や星空を意味もなくぼんやりとみつめてしまう、こういった状況や様子を「センチメンタル」と言います。 「センチメンタル」の英語の意味は「思い出の詰まったもの」 「センチメンタル」の英語での意味もほぼカタカナ語の意味と同じですが、その他に、大切な人からのプレゼントや子供のころの写真など「思いでの詰まったもの」という意味でも使われます。 他人にとってはあまり意味のないものでも、自分にとってはかけがえのないもの、お金に換えられないもの、心の支えになっているもの、これらを総称して「sentimental s 」と呼びます。 「センチメンタル」の使い方と例文・関連熟語表現 「センチメンタル」の使い方での注意点を含め、例文、関連する熟語表現を紹介します。 「センチメンタル」は精神的ダメージを受けたときに使う 「センチメンタル」は恋心や恋愛に対して使われることが多い表現ですが、その他、仕事や日常生活でのストレスで精神的にダメージを受け、心がやせ細ってしまった時に、傷つきやすい心や内面を表現する時にも使われます。 たとえば、上司と取引先と喧嘩をしたり、仕事で大失敗をしてしまった時など、心が傷ついた時に「センチメンタルな気分」「センチメンタルな気持ち」というように文脈に用いることができます。 また、心が強くポジティブに活動している時には「センチメンタル」という表現は使いません。 環境や周囲の状況、何らかの相手とのやりとりで気持ちや精神が傷つき、メンタルが弱くなった時に「センチメンタル」という表現を使いましょう。 「センチメンタル」をネガティブな意味合いで使わない 「センチメンタル」は感情に影響されやすく感傷的な状態を意味する言葉ですが、心が後ろ向きで、思考やものごとへの捉え方がネガティブであるという意味合いで使うのは適切ではありません。 あくまで「センチメンタル」は感情に動かされやすく、気持ちが感傷的になっている様子を指す時だけに使うようにしましょう。 「センチメンタル」を使った例文• センチメンタルな気分に浸るのもいいけど、いち早く復帰ることも大切だ。 上司と喧嘩をしてしまい、心がセンチメンタルになってしまった。 突然の異動通知で、驚きと同時にセンチメンタルな感情が走った。 友人からセンチメンタルな手紙を受け取り、涙が止まらなかった。 秋の夜長に悲しいラブソング。 実にセンチメンタルな気分である。 「センチメンタル」に関連する熟語表現• センチメンタルジャーニー(sentimental jurney):感傷旅行• センチメンタリズム(sentimentalism):感情主義• センチメンタリスト(sentimentalist):感傷家、涙もろい人• アンチ・センチメンタリスト(anti-sentimentalist):感傷的なことを嫌う人 「センチメンタル」の類語と対義語 「センチメンタル」の類語は「哀愁」「メランコリック」 「センチメンタル」の類語は「感傷的」や「感情的」の他、寂しく物悲しいことを意味する「哀愁」や「哀感」、「うら悲しさ」「やるせなさ」「切ない気持ち」「空白感」などが あります。 また、「センチメンタル」と同じカタカナ語の類語には、物思いにふけ、憂鬱な気持ちを表す「メランコリック(melancholic)」があります。 「センチメンタル」と「メランコリック」は使い分けが難しいですが、憂鬱でブルーな気分が強い時は「メランコリック」を使う方が良いでしょう。 「センチメンタル」の対義語は「理性的」 「センチメンタル」の正式な対義語はみつかりませんが、「センチメンタル」が理論や理性よりも感情に依拠している状態であるとすれば、対義語となるのは道理や論理が感情を超越している意味を持つ「理性的」が最も対義語に近い表現だと考えられます。 まとめ 「センチメンタル」は英語の「sentimental」のことで、「感傷的なこと」「傷つきやすいさま」「心や気持ちが弱っている」という意味を持つカタカナ語です。 一般的には恋愛や友人関係、ストレスなどで精神的に弱くなり、感情にに影響されやすいような状態を指します。 友達とワイワイ楽しむよりも、今は一人で静かに音楽を聞いていたい、訳もなくなぜか涙がこぼれてくる、というような「感傷的」な状況で「センチメンタル」を使いましょう。

次の