保険 会社 転職。 転職、健康保険証に空白期間が!これを知らないと切り替えで損をする?|kirrinのネタ帳

【損害保険会社への転職】有利な資格や志望動機の書き方などご紹介

保険 会社 転職

私は、新卒で国内大手損害保険会社に入社しました。 その会社には15年間、勤めましたがいろいろな事情により転職をしました。 一般的には国内大手損害保険会社では、世間一般に比べ、離職率はそれほど高くはないと思います。 20代、30代でざっと20%くらいの離職率だと思います。 損害保険会社の主な転職先 損害保険会社で営業を担当していた人が、転職する先の多くは同業である外資系損害保険会社です。 外資系損害保険会社は、中途入社組がとても多く中途入社のハンデが全くありません。 また、実力主義の考え方が多いため、前職でそれなりの実績を残した人であると魅力的な報酬を提示される場合があります。 また、一度、外資系損害保険会社に入社をすると、一定期間で外資系損害保険会社を渡り歩く人が多いのも特徴です。 さらには一度、A社という外資系損害保険会社を退職してB社という外資系損害保険会社に転職した人が、数年後またA社に戻るというケースも珍しくありません。 外資系損害保険会社は間口が比較的広いようです。 あまり日本の企業ではなじまないようですが、実力を評価して採用する外資系保険会社ではこういったことは頻繁に行われています。 私が現在勤めている損害保険代理店は、外資系損害保険会社の商品を扱っています。 当社に出入りしている外資系損害保険会社のある営業担当者は頻繁に転職を繰り返しています。 転職先も外資系損害保険会社なのですが、驚くことに転職先でも引き続き、当社を担当しています。 最近ではその営業担当者が今はどの保険会社に所属しているのか分からないといった笑い話があるくらいです。 外資系損害保険会社にとって当社は重要な損害保険代理店なのです。 その当社の情報や人脈をその営業担当者は持っており、それらが魅力だから外資系損害保険会社は中途採用をしているのです。 当然、そういった背景で転職をしていきますので、引き続き転職先でも当社を担当し続けるという事態が起こる訳です。 損害保険代理店も転職先の一つ 私は、国内大手損害保険会社を退職後、損害保険代理店に転職をしました。 損害保険代理店であれば、それまでの経験は活かすことができますので、私同様、損害保険代理店に転職するケースも多いようです。 また、実力に自身がある方は、自身で損害保険代理店を開業されることもあります。 損害保険以外の金融機関 損害保険会社は金融機関の一つです。 そのため、転職先として証券会社、銀行、生命保険などへの転職される方もたくさんいます。 特に営業としてのスキルはそれら業種でも通じる部分がとても多いので採用される確率はとても高いです。 地銀などでは、地場の中小企業の社長を相手に営業をして回ることが多いのですが、これには損害保険会社で経験したような個人代理店営業のノウハウを生かすことが出来るのです。 個人代理店の営業にあたっては、代理店の社長が何に困っているのか、我が社に何をして欲しいのかということを社長の懐に飛び込んで聞き出すのがコツなのですが、そういったノウハウは地銀での営業にも大いに流用出来ます。 法人担当の場合は、担当先の企業にヘッドハンティングされることも 最近はどの企業も自社のリスクマネジメントには力を入れています。 そのため、外部のリスクマネジメント機能である損害保険会社社員に優秀な人がいると、自社のリスクマネジメント部門にヘッドハンティングをするというケースも見受けられます。 私の周りでも、損害保険会社の営業担当者として東証一部上場の企業を担当していた経緯から、その企業よりスカウトされ転職をしたという人が数名いました。 このように、損害保険会社は同業である他損害保険会社への転職もしやすく、また、リスクマネジメントというノウハウを評価されヘッドハンティングを受ける場合もあります。 総じて、世間一般で通用するキャリアを形成することが出来る業種ですので、転職先に困ることはない仕事であると言えます。

次の

【例文あり】生命保険会社の志望動機の書き方についてご紹介します

保険 会社 転職

私は、新卒で国内大手損害保険会社に入社しました。 その会社には15年間、勤めましたがいろいろな事情により転職をしました。 一般的には国内大手損害保険会社では、世間一般に比べ、離職率はそれほど高くはないと思います。 20代、30代でざっと20%くらいの離職率だと思います。 損害保険会社の主な転職先 損害保険会社で営業を担当していた人が、転職する先の多くは同業である外資系損害保険会社です。 外資系損害保険会社は、中途入社組がとても多く中途入社のハンデが全くありません。 また、実力主義の考え方が多いため、前職でそれなりの実績を残した人であると魅力的な報酬を提示される場合があります。 また、一度、外資系損害保険会社に入社をすると、一定期間で外資系損害保険会社を渡り歩く人が多いのも特徴です。 さらには一度、A社という外資系損害保険会社を退職してB社という外資系損害保険会社に転職した人が、数年後またA社に戻るというケースも珍しくありません。 外資系損害保険会社は間口が比較的広いようです。 あまり日本の企業ではなじまないようですが、実力を評価して採用する外資系保険会社ではこういったことは頻繁に行われています。 私が現在勤めている損害保険代理店は、外資系損害保険会社の商品を扱っています。 当社に出入りしている外資系損害保険会社のある営業担当者は頻繁に転職を繰り返しています。 転職先も外資系損害保険会社なのですが、驚くことに転職先でも引き続き、当社を担当しています。 最近ではその営業担当者が今はどの保険会社に所属しているのか分からないといった笑い話があるくらいです。 外資系損害保険会社にとって当社は重要な損害保険代理店なのです。 その当社の情報や人脈をその営業担当者は持っており、それらが魅力だから外資系損害保険会社は中途採用をしているのです。 当然、そういった背景で転職をしていきますので、引き続き転職先でも当社を担当し続けるという事態が起こる訳です。 損害保険代理店も転職先の一つ 私は、国内大手損害保険会社を退職後、損害保険代理店に転職をしました。 損害保険代理店であれば、それまでの経験は活かすことができますので、私同様、損害保険代理店に転職するケースも多いようです。 また、実力に自身がある方は、自身で損害保険代理店を開業されることもあります。 損害保険以外の金融機関 損害保険会社は金融機関の一つです。 そのため、転職先として証券会社、銀行、生命保険などへの転職される方もたくさんいます。 特に営業としてのスキルはそれら業種でも通じる部分がとても多いので採用される確率はとても高いです。 地銀などでは、地場の中小企業の社長を相手に営業をして回ることが多いのですが、これには損害保険会社で経験したような個人代理店営業のノウハウを生かすことが出来るのです。 個人代理店の営業にあたっては、代理店の社長が何に困っているのか、我が社に何をして欲しいのかということを社長の懐に飛び込んで聞き出すのがコツなのですが、そういったノウハウは地銀での営業にも大いに流用出来ます。 法人担当の場合は、担当先の企業にヘッドハンティングされることも 最近はどの企業も自社のリスクマネジメントには力を入れています。 そのため、外部のリスクマネジメント機能である損害保険会社社員に優秀な人がいると、自社のリスクマネジメント部門にヘッドハンティングをするというケースも見受けられます。 私の周りでも、損害保険会社の営業担当者として東証一部上場の企業を担当していた経緯から、その企業よりスカウトされ転職をしたという人が数名いました。 このように、損害保険会社は同業である他損害保険会社への転職もしやすく、また、リスクマネジメントというノウハウを評価されヘッドハンティングを受ける場合もあります。 総じて、世間一般で通用するキャリアを形成することが出来る業種ですので、転職先に困ることはない仕事であると言えます。

次の

転職時に数日ブランクがある場合、国保に入るべきか? 榊 裕葵 : シェアーズカフェ・オンライン

保険 会社 転職

保険営業の給与は保証有の出来高制が多い 保険営業の給与は、最低限の保証があるうえで出来高制が多いです。 基本給プラス、営業成績や売上などを加味した歩合やインセンティブ制度などです。 また、取った契約が継続していれば、継続率も合わせて給与に反映されていきます。 そのため、 成績を取ればとるほど給与はあがります。 ただし、継続率が給与に反映されるのは2年目あたりからが一般的です。 継続率が反映され始めて、契約も取れるようになる2~3年目あたりで給与が上がっていくため、3年目にいくまでに給与が低いと感じるでしょう。 ノルマがある会社がほとんど 生命保険会社は、ノルマを設定している会社がほとんどです。 ただ、 ノルマは「目標」な場合が多く、1件も取れていない…なんて状況でない限り、達成できないからと言ってペナルティはありません。 しかし、0件が続くと、給与が下がることもあるので注意しましょう。 雇用形態は「個人事業主」が多い 保険会社の雇用形態は、個人事業主が多いです。 個人事業主とは一人社長のようなもので、自営業をしているのと同じ扱いになります。 会社の名前を借りて個人で営業している、いわゆるフランチャイズ契約のイメージですね。 朝出勤して、営業先に向かい、終業まで働く…という点では普通のサラリーマンと変わりありません。 雇用形態だけが「正社員」ではなく、「個人事業主」という扱いになっているだけです。 ただ、口コミにもあったように、 個人事業主だから会社の経費としてではなく、個人の自腹で交通費などを支払う必要があります。 また、個人事業主なため書類や顧客管理なども自分でしないといけません。 確定申告をする必要もある 雇用形態が個人事業主なため、確定申告も自分でする必要があります。 この確定申告では、その年自腹で払った費用を、経費として申告可能です。 そのため、経費が多ければ多いほど、税金の控除も増えるので、払いすぎた税金が戻ってくる場合もあります。 サラリーマンは会社が年末調整をしてくれますが、保険会社の営業の場合は、自身の確定申告を忘れないようにしましょう。 3.保険会社に向いているのはこんな人 ここまでを踏まえて、保険会社に向いている人は次のような人です。 上記に当てはまる人は、保険会社に向いていますよ。 あなたはいくつ当てはまるか、チェックしてみてくださいね。 自分自身でお金を稼ぎたい人 保険会社は、自分自身でたくさんお金を稼ぎたい人に向いています。 口コミからも判明したように、保険会社は成果主義なので、 自分自身の力でお金を稼ごうと思えば、いくらでも稼げる仕組みだからです。 例えば、下記5つの保険会社の平均年収をみてみましょう。 あいおいニッセイ同和損害保険 平均651万円 かんぽ生命保険 平均645万円 明治安田生命保険 平均626万円 第一生命保険 平均616万円 住友生命保険 平均394万円 (参考:各社有価証券から) 一番低い住友生命保険でも、394万円あり、女性の平均年収である300万円という数字を大きく上回っています。 あわせて読みたい コミュニケーション能力が高い人 コミュニケーション能力が高い人も、保険会社に向いています。 保険の営業は、自ら初対面の人に話しかける機会がとても多いです。 お話いかがですか」など声をかけます。 時には、営業許可がまだおりていない会社に対し「ここで営業をさせてくれませんか」とお願いすることも。 退職者のお客様を引き継いだ時は、担当が変わった挨拶も行います。 このように、とにかく話しかけないと仕事が進まないので、人見知りの人や初対面に積極的になれない人には向きません。 反対に、人に話しかけることや、初対面の人でも話すことが好きな人は向いている職業です。 自己管理ができる人 保険会社に勤める場合は、自己管理能力も必要です。 なぜなら、保険会社は顧客情報や契約書などの重要な情報を、個人で持つことが多いからです。 複数のお客様がいる中、間違えずにお客様に提案書を渡したり、契約書を用意する必要があります。 自己管理が得意じゃないと、個人情報をなくしてしまったり、間違えて書類を渡しまったりする可能性も。 そのため、保険会社は自己管理ができる人が向いていると言えます。 向上心がある人 向上心がある人も、保険会社に向いています。 保険会社は、状況が変わりやすいです。 例えば、保険の商品の内容はすぐに変わるため、新商品を提案してどんどん販売しないといけません。 向上心がないと、新商品が出てきても勉強をする気になれず、適切な商品の提案ができなくなっていくのです。 また、保険の商品だけでなく、会社からの指示で資格取得の勉強を行うこともあります。 保険会社は勉強の機会が多くあるので、向上心をもって日々成長できる人に向いていますね。 4.保険会社へ転職するための方法:転職エージェントを使う 保険会社へ転職する場合は、転職エージェントを利用すると良いでしょう。 転職エージェントには、保険会社の求人が多く存在します。 エージェントを利用することで、面接対策のアドバイスなどももらえるので、初めての転職でも安心して活動ができますよ。 また、転職エージェントはとりあえず選ぶのではなく、 保険会社の評判を知るアドバイザーがいるエージェントを選ぶことが大切です。 ここでは、保険会社の転職におすすめのエージェントを3社紹介します。 私自身が、保険商品に助けられたことがあり、今度は私が、一人でも多くの生活のサポートができればと思い、保険会社に勤めたいと考えました。 その商品をお客様に提供できれば、誰かが亡くなってからのサポートだけではない、「少し困った」状況でも助けられると考え、御社を志望しました。 そこでは、商品がいかに相手にとって便利か、必要なものかニーズを伝えることで、お客様に理解された上で購入いただいておりました。 その経験を活かし、御社でも相手のニーズを聞き出し、それに応える保険商品を提案できる人材になりたいと思います。 転職エージェントのアドバイザーは、上記のような志望動機も一緒に考えてくれますよ。 コツ2.資格を取る 保険会社に転職するためには、資格を取っておくのもコツの一つです。 さまざまな資格がありますが、「FP(ファイナンシャルプランナー)3級」は、保険会社入社後に取得を指示されることが多いです。 そのため、 入社前に取っておくと「入社するために勉強した」というアピールも可能です。 保険会社に入ってからだと、忙しくて勉強する時間もない…ということもあり得るので、取っておくと楽ですよ。 また、入社後、保険販売に必要な資格テストを受けることになるので、FPなどの勉強をしておいた方がためになります。 コツ3.面接ではとにかく笑顔 最後のコツですが、 面接ではとにかく笑顔でいるようにしましょう! 保険会社では、コミュニケーション能力が高い人を積極的に採用する傾向があります。 また、営業の仕事はたくさんの人と関わるので、笑顔や清潔感もチェックされます。 初対面の人に話しかける機会が多い営業なので、面接でも笑顔を保てる人はそれだけで好印象です。 笑顔は、口角を少しあげるだけで作れます。 面接の前に練習して、本番で笑顔になれるようにしましょう。 まとめ 保険会社へ転職するのは、女性にとっておすすめのキャリアの道と言えるでしょう。 向いている人は次のような人です。

次の