デュアル カレンシー 債。 外国債券の種類

新発外国債券

デュアル カレンシー 債

払い込み:円• 利払い:外貨• 償還:円 払い込みが外貨建ての場合• 払い込み:外貨• 利払い:円• 償還:外貨 リバース・デュアル・カレンシー債の特徴 リバース・デュアル・カレンシー債はできるだけ利回りを高くしたいものの、元本を確保したいという思惑から生まれた仕組債です。 元本の償還を払い込みと同じ通貨にすることで、償還に関する為替リスクを回避し、発行体のデフォルトなど特殊な場合を除き、元本が確保できるように設計されています。 一方で、保有期間中の利払いに関しては、外貨建てにすることによって利回りを高めています。 ただし、利払い部分に関しては為替リスクがあります。 リバース・デュアル・カレンシー債は、異なる通貨間での金利(利払い)部分を交換するクーポンスワップ(円債をベースとする場合)やによって組成されます。 リバース・デュアル・カレンシー債投資のメリット リバース・デュアル・カレンシー債投資では、購入時の払い込みが円建ての場合、満期時の元本の償還も円建てとなるため、元本を確保しやすくなっており、安全性を重視する投資家でも投資しやすいことがメリットです。 元本が円建てなので元本割れしづらい リバース・デュアル・カレンシー債は、日本円で購入時に払い込みをする場合、元本の償還も円建てとなります。 そのため、発行体のデフォルトなど特殊な状況を除けば元本割れするリスクが小さいため、安全性を重視する投資家にとって投資しやすい投資対象となります。 海外の高い金利を利用すれば利回りが高くなる リバース・デュアル・カレンシー債を利用すれば、海外の金利が高い国の高金利のメリットが得られるようになります。 日本の金利水準が低く、海外の金利水準が高い場合には、クーポンスワップによって高い金利で利払いを受けられる可能性があります。 日本で通常の債券投資を行う場合よりは利回りが高くなることがあるのです。 リバース・デュアル・カレンシー債投資のデメリット リバース・デュアル・カレンシー債投資では利払いの部分に為替リスクがあることなどがデメリットとなります。 クーポン(利息)の支払いに関して為替リスクがある リバース・デュアル・カレンシー債では、購入時の払い込みと償還は同じ通貨で行われますが、利払いは別の通貨で行われます。 日本円で購入時の払い込みをする場合は、利払いは外貨建てとなるため利息(クーポン)部分に関しては為替リスクを負うことになります。 為替の変動次第では円換算した場合の利息が少なくなってしまうことがあります。 元本部分で為替リスクを取らないので利回りは限定的 リバース・デュアル・カレンシー債は、元本部分で為替リスクを取らない仕組みになっているため、低金利の時に日本円建ての通常の債券投資を行うよりも利回りが高くなる可能性がありますが、利払い部分のみで為替リスクを取るため、利回りはそれほど高くはならないのが現実です。 中途半端な投資対象となってしまう可能性があるのです。 流動性リスクが相対的に高い リバース・デュアル・カレンシー債などの仕組債は基本的に流通市場が発達していないため、途中で売却をしようと思っても思ったように売れなかったり、悪い条件でないと売却できないリスクがあります。 まとめ• リバース・デュアル・カレンシー債(逆二重通貨建て債)とは、購入時の払い込みと満期時の償還が同じ通貨で行われる一方、保有期間中の利払いの通貨が異なる債券のことを意味します。 リバース・デュアル・カレンシー債は、日本円で購入時に払い込みをするものは、満期の償還も日本円となるため、元本割れを回避しやすい仕組みになっており、安全性を重視する投資家でも投資しやすいことが特徴です。

次の

デュアルカレンシー預金と仕組預金

デュアル カレンシー 債

無登録格付に関しては、 をご覧ください。 なお、本債券について発行体は上位優先債務にあたると考えているとの目論見書の記載に基づき、上位優先債務の格付を記載しております。 詳細は、目論見書をご確認ください。 当初為替レート決定のお知らせ:国内受渡日の20時頃お送りいたします。 満期償還方法決定のお知らせ:償還通貨判定日の翌営業日の20時頃お送りいたします。 なお、「当社からのお知らせ」は、受取日より90日を経過すると自動的に削除されますのでご注意ください。 315%を基準に算出しており、小数第4位以下を切り捨てています。 お申し込みにあたっては、必ず予め をよくお読みください。 債券は金利の上昇等による債券価格の下落や発行体の信用状況の悪化等により損失を被ることがあります。 を十分ご理解いただいた上でお取引ください。 本債券の売出は、 第6章「外国証券取引口座約款」に基づいて行っております。 買付のお申し込みについて• 本債券は個人、法人を問わず、お申し込みいただけます。 本債券は売出額に限度がございますので、完売となり次第お申し込みの受付を終了させていただきます。 本債券は、「店頭デリバティブに類する複雑な仕組債の取引に係る注意喚起文書」、「契約締結前交付書面」、「目論見書」、「最悪シナリオを想定した想定損失額」のWEB閲覧、ならびに「店頭デリバティブに類する複雑な仕組債への投資に際しての確認書」(上記『目論見書または売出要項等』の最終ページにございます。 )のWEB閲覧および当該内容への同意のご通知をいただけない場合には、ご注文を受付できません。 カスタマーサービスセンターでのお申し込みは、以下のとおり承ります。 (1)目論見書等の郵送をカスタマーサービスセンターにご請求ください。 (2)目論見書等の内容をご確認頂き、別送の「店頭デリバティブに類する複雑な仕組債への投資に際しての確認書」に記名・捺印のうえ当社宛にご返送ください。 (3)当社にて確認書の受入れが確認できましたらお申し込みを承りますので、確認書のご返送から2、3日後にカスタマーサービスセンターに再度ご連絡をお願いいたします。 なお、目論見書等の郵送をご請求いただいてから、当社にて投資確認書の受入れを確認できるまでに、最短でも1週間程度の期間を要しますので、本債券が完売、もしくは、お申し込み期間が終了することもございます。 この場合には、再度ご連絡をいただきましてもお申し込みを承れませんので、あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。 当社お申し込み期間中に複数回お申し込みされた場合は、「追加のお申し込み」となります。 お申し込み受付完了と同時にご購入代金は買付余力から充当させていただきます。 毎営業日14:00〜翌営業日14:00までのご注文は、翌営業日14:00まで取消可能です。 ご注文は毎営業日14:00に約定いたしますので、約定後のご注文の取消は一切できません。 あらかじめご了承ください。 (例)営業日の16:00のご注文は、翌営業日14:00まで取消可能です。 営業日の13:00のご注文は、当日14:00まで取消可能です。 注文取消の受付時間内であっても、完売となり次第、お申し込み受付は終了となります。 完売後の注文取消(一部約定し、完売した場合も含みます)は、一切出来ませんのでご了承ください。 株式やその他商品を売却した代金を使ってご購入する際は、権利・配当落ちや休場日等の事由に伴う受渡日の関係や余力への反映するタイミングによってはお取引いただけない場合もございますので、商品毎の受渡日は予め十分にご注意ください。 特定口座を開設されているお客さまは、すべて特定口座でのお預り(特定預り)となります。 一般口座でのお預り(一般預り)はご選択いただけません。 ジュニアNISA口座を開設されているお客さまは、預り区分(「総合口座」「ジュニアNISA口座」)をご選択ください。 払出し制限についてはをご確認ください。 本債券は、1933年米国証券法(その後の改正を含み、以下「米国証券法」という。 )または米国のいずれかの州の証券法に基づき登録されておらず、今後登録される予定もありません。 米国証券法の登録義務を免除された一定の取引による場合を除き、米国内において、または米国人(U. person)に対し、米国人の計算で、もしくは米国人のために、本債券の勧誘または売り付けを行ってはならないこととされています。 なお、本項において使用される用語は、米国証券法に基づくレギュレーションSにより定義された意味を有しております。 お申し込みにあたっては、事前の国籍登録が必要となります。 本債券のお申し込みにあたっては、外貨建商品取引口座(もしくは外国株式取引口座)の開設が必要となります。 手数料等について• 本債券を募集・売出し等により、又は当社との相対取引により売買する場合は、その対価(購入対価・売却対価)のみを受払いいただきます。 本債券の償還にあたり外貨を円貨に交換する際には、為替スプレッド1. 5円がかかります。 課税関係について• 2013年から2037年までの確定申告の際には、上記の所得税と併せて合計所得税額に2. 1%を乗じて計算した復興特別所得税の申告・納付が必要となります。 個人のお客さまに適用される源泉徴収税率は、20. 315%(所得税および復興特別所得税15. 315%、住民税5%)です。 法人のお客さまに適用される源泉徴収税率は、15. 315%(所得税および復興特別所得税)です。 税制が改正された場合等は、上記の内容が変更になる場合があります。 詳細につきましては、税理士等の専門家にお問い合わせください。 本債券は、障害者等の少額貯蓄非課税制度(マル優・特別マル優)の対象となりません。 利金・償還金について• 利金(円貨) 現地利払日の翌日に買付余力に反映し、翌々国内営業日にお客さまの円建のお取引口座に入金いたします。 償還金 円貨償還の場合:満期償還日の翌日に買付余力に反映し、翌々国内営業日にお客さまの円建のお取引口座に入金いたします。 外貨償還の場合:満期償還日の翌々国内営業日に買付余力に反映し、お客さまの外貨建のお取引口座に入金いたします。 仕組債投資のリスクについて 【価格変動リスク】• 本債券は、償還通貨判定日の参照為替レートが、償還通貨判定為替レートよりも円高トルコリラ安の場合には、トルコリラでの満期償還となります。 )為替レートによっては、トルコリラでの満期償還額の円貨換算金額が投資元本を下回り、損失(元本欠損)が生じるおそれがありますのでご注意ください。 【信用リスク】 本債券の発行体や、本債券の元利金の支払いを保証している者の業務、財産または信用状況に変化が生じた場合、例えば、本債券の元本や利子の支払いの停滞若しくは支払不能の発生又は特約による元本の削減などの悪影響を生じ、あるいは本債券の価格が下落するなどの可能性があり、その結果、お客さまに損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。 なお、金融機関が発行する債券は、信用状況が悪化して破綻のおそれがある場合などには、発行体の本拠所在地国の破綻処理制度が適用され、所管の監督官庁の権限で、債権順位にしたがって元本や利子の削減や株式への転換等が行われる可能性があります。 ただし、適用される制度は発行体の本拠所在地国により異なり、また今後変更される可能性があります。 【流動性リスク】 本債券の活発な流通市場は確立されておらず、一般の債券に比べて流動性が劣ります。 当社では、原則として本債券の償還日前の途中売却は受付けておりませんので、本債券を償還日前のお客様が希望する時期に売却することが困難となる可能性及び購入時の価格を大きく下回る価格での売却となる可能性があります。 本債券に投資される際には、満期償還日まで保有されることを前提にご検討下さい。 【カントリーリスク】 トルコ共和国は新興国であるため、主要先進国に比べて政治・経済・社会情勢、信用状況等の変化が著しく、情勢の急変などにより信用不安が高まる場合、金融市場は混乱し、市場規制が発動される場合があります。 また、カントリーリスクの高まりにより、本債券の元利金、評価価値及び売却価格に悪影響を及ぼす可能性があります。 英文開示について• に掲載されている外国会社等が発行する債券のうち、国内で募集・売出しが行われた債券については、金融商品取引法によって提出が義務づけられている有価証券届出書、有価証券報告書その他の開示書類が英語により記載されています。

次の

デュアル・カレンシー債、外国投資信託とは

デュアル カレンシー 債

私は以前1年もののデュアルカレンシー商品を契約したことがあります。 質問者さんがご検討されている商品のパンフレットより今少し円高が進み77. 5円くらいです。 8円が判定為替で利率1. 本来は、為替、オプション市場の円コールオーバーの度合いや、ボラティリティーを見ながら設定日を自分で選択したいところで、14日に受け渡して20日のレートで決まるところが、運任せになります。 仮に80円台に上がると、契約為替が70. 3円になるので。 考えようですが余裕資金であれば、転換されなければ利率の高い定期預金、転換された場合は、豪ドル円68円前後のレートで為替手数料なしで豪ドルを買えたと思って長期的に持っておけば、そんなに悪くないと個人的に思います。 アドバイスとしては、転換された後、どのような運用商品があるか、逆パターンのデュアルカレンシー商品はあるか、などは事前に調べて下さい。 もしかしたら、豪ドルから運用する際の手数料がものすごく割高で、この商品は餌という可能性がないことはないので。 転換される確率は、他の方のご指摘の通り3割ぐらいあると思います。 ちなみに私の場合はあっさり転換されました。 逆の(豪ドルスタート、円で判定の)デュアルカレンシー商品1ヶ月ものを契約して円に戻しました。 「豪ドル デュアル・カレンシー債券への投資」について はじめまして、K2 Investment の眞原と申します。 ご質問にお答え致します。 まずは商品性をまとめた私のブログ記事がありますので、併せてこちらからご確認ください。 もし質問者さんが、今後1年間において「豪ドル高円安になっていく」という相場観を持たれているのであれば、投資されても良い債券だと思います。 ただ、今後も円安になるとお考えであれば、わざわざこのような金利の低いデュアルカレンシー債券へ投資せずとも、為替(AUD)に投資をすることで為替差益を得るほうが投資効率も良く為替の分散投資に繋がります。 また、投資は自己責任ですので、最後の判断はご自身でお願いします。 少しでもお役に立てますと幸いです。

次の