マッドハッター 声優。 アリスとマッドハッターのコンプレックスは父親との過去? 新作『アリス』で明かされる秘められた真実 | ガジェット通信 GetNews

【解説】マッドハッターは何者?帽子の秘密やコスプレも!アリスに登場するディズニーキャラクター

マッドハッター 声優

スポンサーリンク サンジの声優はジョニー・ディップの平田広明! サンジの声以外にも膨大な作品に出演されている平田氏。 ざっと見ていくだけでもこれだけの作品が挙がってきます。 吹き替えも多くて、ジョニー・デップに至ってはジョニー・デップ公認声優なんですよね。 ぼーっとしながらサンジの声を聞いているとジャック・スパロウに聞こえてきます。 ちなみに工場の中の庭園や芝生が美味しそうだった映画「チャーリーとチョコレート工場」。 その工場長のウィリー・ウォンカ役は平田氏ではありません。 劇場版が「クレヨンしんちゃん」野原ひろし役の藤原啓治氏、日本テレビ版が「DEATH NOTE」夜神月役の宮野真守氏でした。 サンジの子供時代はチョッパーの大谷育江!粗忽屋名義でカルーも担当 サンジの子供時代の声優さんはチョッパーの声優さんと同じ大谷育江さんです。 かわいいですよね〜。 サンジの出番が少ない時にはワンピース中の他のキャラクターも演じています。 カルー、犬ッペ、マグラ、デマロ・ブラック (偽ルフィ)、チュチューン も平田氏が担当しています。 名義は「平田広明」ではなく「粗忽屋」。 「粗忽屋」というのは、ワンピースのレギュラー声優さんが、自分たちの出番が少ない時に、自分の担当キャラとは別のちょいキャラを演じる時に使っている名義です。 平田氏が「粗忽屋」さんで他のレギュラー陣は「粗忽屋〜店」というふうに言っています。

次の

【夢100】マッドハッター(甘い誘惑のルージュ)覚醒&スチルネタバレ

マッドハッター 声優

, LTD. ロードオブヴァーミリオン4(以下LoV4)の創魔ユニット考察、第15回は第2弾創魔【 マッドハッター】を見ていきます。 【マッドハッター】の原典は「不思議の国のアリス」。 「狂ったお茶会」の場面で登場し、奇妙な言動でアリスを困惑させた帽子屋。 女王より時間殺しの罪に問われ、罰として午後3時で永遠に時が止まってしまっていますが、それを利用してひたすらお茶会を楽しんでいます。 「帽子屋のように気が狂っている」という言い回しから創作されたキャラクターだそうで、ルイス・キャロルの文中で「マッドハッター」という名称では呼ばれません。 LoV2から登場し、魅力的なキャラクターと強性能ですぐに大きな人気を得た【マッドハッター】。 「意味が無いことが意味」だという意味深で意味不明な言動で原作同様【アリス】達を困惑させます。 その正体は「初代・夢の管理人」。 【アリス】の先輩にあたる、実はすごい人でした。 かつて「夢の管理人」だった彼は、夢の世界を危機に追いやった「魔女」を1人の少女の夢の中に封印し、世界を救いました。 しかし少女を犠牲にしてしまったことを悔やみ、自ら「管理人」の役職を降ります。 その後【アリス】が現れるまで、「夢の管理人」は不在でした。 やがて「魔女」は復活してしまい、その力を狙った「混沌の勢力」の魔の手が夢の国に迫ります。 「魔女」を封印していた少女【~久遠の眠り姫~】を目覚めさせるために、自ら彼女の「夢」となった【レッドクィーン】。 さらにその【レッドクィーン】を助けるために、【アリス】は「夢の管理人」を辞め、「帽子屋」を踏襲。 「帽子屋」でなくなった【マッドハッター】は「新たなゲーム」の最後の鍵を握る「謎」となり、その後2人は行方をくらませてしまいます。 そして新たなゲーム「かくれんぼ」の最中、【ダークアリス】達は対峙していた3人の錬金術師たちとの「犯人当てゲーム」で惜しくも「犯人」を当てることができませんでした。 「用意された答え」ではなかった【ファウスト博士】ですが、彼の帽子から現れた【アリス】が、「彼はかつて少女に魔女を封印した罪を持つ『犯人』である」と導き出します。 【ファウスト博士】の正体は、記憶を消し、己をも騙していた【マッドハッター】だったのでした。 CVはハイバリトンボイスが素敵な古島清孝さん。 「僕のヒーローアカデミア」の瀬呂範太や、数多くのポケモンの声を担当しています。 「カラスと書き物机が似ているのはなぜだぁい?」という謎掛けのセリフが好きです。 ちなみに【ファウスト博士】のCV担当は内匠靖明さんです。 イラストレーターはアリスシリーズ担当Tomatikaさんです。 【レッドクィーン】に続いてイケメン帽子屋を今回も素敵に描いて下さいました。 , LTD. 【イージス】と並んで50コストとしては低すぎる結晶武装時の攻撃力が気になります。 終始防御重視のステータスですが、アビリティは攻撃的なものになっています。 【キング・ソロモン】のような「ツインアタック」のアビリティに近いんですが、「攻撃対象の周囲」の範囲が結構広いです。 マジシャンの攻撃範囲ぐらいは余裕であります。 また、範囲内の最高コストを参照するので、敵根元ユニットに攻撃を吸われることがなく、効率よくダメージを与えることが出来るのが特徴です。 そして もう1体に与えるダメージは、【マッドハッター】の攻撃力の1. 3倍相当になります。 直接殴ったユニットより、高い威力でツインアタックできる訳です。 もともとの攻撃力は低いですが、1. 3倍ともなると、攻撃力200前後のダメージを出せますので主力級の活躍が期待できそうです。 また、以下で説明する種族別のEXアビリティはどの種族も「攻撃を与える2体の敵ユニットに追加効果を与えるもの」で統一されています。 基本アビリティと同じく「直接殴った敵ユニットより、巻き込まれた敵ユニットへの効果が高い」という、【マッドハッター】のチグハグ具合を上手く表現したトリッキーなアビリティになっています。 , LTD. 人獣 EXアビリティ:穴空きのティーカップ 攻撃対象と、攻撃対象の周囲にいる最も召喚コストの高い敵ユニット1体に、「一定時間、移動速度を下げる効果」を付与する。 このとき、周囲にいる同敵ユニットに与える効果は、攻撃対象よりも上がる。 攻撃対象と、巻き込まれたもう1体にも速度低下を与えることが出来ます。 地味に「通常攻撃で速度低下が発動する」点が使いやすくていいですね。 速度低下効果はスロウアタックと重複するので、外さないに越したことはないんですが、操作が追いつかないような場面でもしっかりディフェンダーの仕事が出来るのは安定感があります。 しかし、追加ダメージも無い攻撃力150のユニットなのでタイマン戦では火力不足が目立ちます。 人獣には同コストのディフェンダーにタイマン戦で優秀な【ミミララ・レイア】がいるので、目的に合わせて使い分けましょう。 【人獣マッドハッター】は2体速度低下を活かして味方ユニットと上手く連携を取れれば、大きくプレッシャーを与えることができると思います。 高い防御力を活かして強気で撃破を取りにいきましょう。 神族 EXアビリティ:熱くないホットミルク 攻撃対象と、攻撃対象の周囲にいる最も召喚コストの高い敵ユニット1体に、「一定時間、攻撃力を下げる効果」を付与する。 このとき、周囲にいる同敵ユニットに与える効果は、攻撃対象よりも上がる。 攻撃対象に-20、巻き込みで-40の攻撃力ダウンで、効果時間は5秒間です。 敵ユニットの攻撃力を下げられるユニットは実はあまり多くなく、特に40も攻撃力を下げられるのは貴重。 さらに言えば大小の効果を合わせて60の攻撃力ダウン、それを行えるのは他には【モケーレ・ムベンベ】だけです。 複数体の火力を下げることができる優秀な効果ですが、【マッドハッター】の攻撃力が低めなので戦闘が長引くことが想定されます。 タイマン戦では特に決着が中々つかなくなるので防衛時にはあまり活躍が見込めません。 敵タワーで荒らす際には、攻撃力40ダウンの効果を敵の主力ユニットに与えつつ根元を攻撃できるので、なかなか重宝するアビリティになっています。 もともと高めの防御力を活かしてガンガン攻め込んでいきましょう。 スムーズに【マッドハッター】へ繋げられる【アルテミス】、防御が低いが高火力の【青面獣楊志】とかが候補ですかね。 魔種 EXアビリティ:立ちっぱなしの椅子 攻撃対象と、攻撃対象の周囲にいる最も召喚コストの高い敵ユニット1体に、「一定時間、防御力を下げる効果」を付与する。 このとき、周囲にいる同敵ユニットに与える効果は、攻撃対象よりも上がる。 攻撃対象に — 20と巻き込みで-40の防御力ダウンを5秒間与えます。 防御力を20下げるのは、他のウィーク持ちユニットと比べても決して低くない数値。 さらに40も防御力を下げられるのは非常に優秀。 防御ダウンの数値だけ見ると、デメリットを併せ持つ【ティシポネー】と同じです。 魔種は高火力ユニットが多いので長所を伸ばす意味で相性が良く、敵の軍団を一瞬で壊滅させることも夢ではない超攻撃的なアビリティです。 【マッドハッター】自身の攻撃も底上げでき、防御力が40下がった相手に1. 3倍の攻撃を打ち込めるのは中々強力。 割とどのユニットと組み合わせても腐らないので、使いやすく強いと思います。 撃破数を稼ぎやすいので、ツインアタックも重なる【キング・ソロモン】と組み合わせるのはロマンがありますが、少々難易度は高め。 自信がある方は是非。 海種 EXアビリティ:短い長話 攻撃対象と、攻撃対象の周囲にいる最も召喚コストの高い敵ユニット1体に、「一定時間、攻撃間隔を長くする効果」を付与する。 このとき、周囲にいる同敵ユニットに与える効果は、攻撃対象よりも上がる。 ディレイアタックの効果ですが、大きな効果の方が特に目に見えて強力です。 まず海種デッキに中コストで耐久力が高いディフェンダーを用意できること自体が大きな意味を持ち、さらに全体の生存力を上げられるのが【海種マッドハッター】の強み。 ウィークデッキやマジシャン主体のデッキで活躍が見込めます。 【大野明】【深きものども】【トリトン】と一緒に使ってみたところ、結構安定した戦果を残せました。 他には【オトタチバナ】と重ねると一方的に攻撃できて楽しそうですね。 不死 EXアビリティ:食えない絶品茶菓子 攻撃対象と、攻撃対象の周囲にいる最も召喚コストの高い敵ユニット1体に、一定の確率で「攻撃力に応じたクリティカルダメージ」を与える。 このとき、周囲にいる同敵ユニットに与える効果は、攻撃対象よりも上がる。 敵2体への【アンゴルモア】アタックですが、 攻撃対象に「自身の攻撃力の0. 8倍」、巻き込みで「自身の攻撃力そのまま」でクリティカルダメージを上乗せして与えます。 安定して高いダメージは出せませんが、発動した時の火力は他の【マッドハッター】や同コスト帯の他ユニットと比べても群を抜いています。 特にレイド時の手の付けられなさは目を瞠るものがありますね。 個人的には同じく複数攻撃可能な【バン・ドレイル】と合わせて使ってみたいですね。 【ティシポネー】とも相性がいいのでオススメです。 【マッドハッター】で敵ユニットを攻撃する際は、一番攻撃したい敵ユニットは狙わず、できるだけ一緒に行動している別の敵ユニットを狙いましょう。 巻き込みでダメージを与えたほうがより強い攻撃を与えられるからですが、もう1つちょっとしたテクニックがあります。 例えば、高い防御力でお構いなしに突っ込んでくる敵ユニットと、こちらの攻撃範囲に入らないギリギリのラインでウロチョロしている敵ユニット 大体アタッカーかマジシャンでしょう がいるとします。 この場合、たとえ【マッドハッター】の攻撃が、突っ込んできたユニットに対して無意味なものだとしても、後ろのユニットにツインアタックによる擬似レンジアップで攻撃することが出来る可能性がある訳ですね。 また、 2体の敵ユニットを交互に攻撃することで、「効果大のデバフ」と「効果小のデバフ」は重ね掛けることができます。 効果時間が短いので難しいですが、余裕があれば意識して狙ってみてください。 あと、 スロウアタックは本来の攻撃対象1体にしか効果が無いので気をつけましょう。

次の

深田恭子、『アリス・イン・ワンダーランド』“白の女王”日本語版声優を続投!

マッドハッター 声優

概要 [ ] 35周年のアニバーサリーイベント『』を記念するパレードである。 事前の公報資料ではディズニー映画『』のベイマックスがフロートの一部として、ライブキャラクターとしてはヒロがTDL初登場すると発表されていた。 2020年にTDLの新アトラクションとして『ベイマックス』をモチーフとしたものが計画されており、ドリーミング・アップ! での登場は予告編と捉えられている。 オリエンタルランドとの間でおよそ2年の話し合いの末に誕生した。 主導権は日本側であり、プロデュースは日米共同、総合ディレクターは『ハピネス・イズ・ヒア』の総合ディレクターも務めたアメリカ側が行っている。 使用楽曲の決定も『ハピネス・イズ・ヒア』と同じチームで行われているが、『ハピネス・イズ・ヒア』と比べてより祝祭感があり、「アップ」の名にふさわしい躍動感を盛り込んである。 各フロートも「浮遊感」を意識してデザインされており、空中をキャラクターが飛ぶイメージとなるような動きを取り込んでいるものも多い。 から同年まで、TDR35周年のグランドフィナーレとしてスペシャルバージョンが開催される。 パレードは途中で1回停止し、35周年のテーマソングに合わせて、ダンサーたちによるダンスパフォーマンスが繰り広げられる。 その後、ダンサーたちの手本に合わせて、ゲストは手振りや手拍子の練習をする。 ミッキーマウスの台詞を合図に、パレードの出演キャラクター、ダンサーとゲストは手振りや手拍子をして、35周年イベントのグランドフィナーレを一緒に盛り上げる。 なお、2019年にはメディア向けプレビューが開催された。 公演情報• 公演期間:2018年4月15日〜• 公演場所:パレードルート• 公演回数:1日1〜2回• 公演時間:約45分• 出演者数:約140人(うち、出演キャラクター:約55人) 天候などの状況により、出演者数、出演キャラクターは減ることがある。 フロート:13台 フロート構成と登場キャラクター [ ] 5ユニット、13台のフロートから成る。 夢の世界への入口 パレードのホスト役であるミッキーマウスとプルートが乗る、ペガサスと船があしらわれた『ファンタジア』のフロート、正面には「D」の文字をあしらった、オレンジの旗が掲げられている(35周年期間中は35の数字をあしらった旗が飾られていた。 笑顔があふれる楽しい夢の世界 先導役のグーフィーが乗るティーポットを被って帽子を持ったほうきのフロート、『不思議の国のアリス』の不思議な世界をモチーフにしたフロート、『ピノキオ』のゼペットがつくった工芸品があしらわれたフロート。 アリス、トゥイードルディー、トゥイードルダム、マッドハッター、三月ウサギ、チシャ猫、ホワイトラビット、ハートの女王、ハートの王、モメラス(『』)• ピノキオ、ジミニー・クリケット、ゼペット、ギデオン、ファウルフェロー(『』)• ロマンティックな夢の世界 先導役のミニーマウスが乗る王冠を被ってステージを持ったほうきのフロート、フェアリー・ゴッドマザーが導くステンドグラスの光を受けて輝くディズニー・プリンセスが乗るフロート。 シンデレラ、フェアリー・ゴッドマザー(『』)• オーロラ、フォーナ、フローラ、メリーウェザー(『』)• 白雪姫(『』)• ラプンツェル(『』)• 不思議な夢の世界 先導役のチップとデールが乗るシェフ帽を被って豪華なごちそうを持つほうきのフロート、甘いお菓子がいっぱいの『美女と野獣』の晩餐会のフロート、プーとピグレットが乗るゼンマイ仕掛けのおもちゃのフロート。 ベル(『』)• プー、ピグレット、ティガー(『』)• 永遠に続く夢の世界 先導役のドナルドダックとデイジーダックが乗るターバンを巻いて魔法のじゅうたんを持つほうきのフロート、「サンフランソウキョウ」を飛ぶヒロとベイマックスのフロート、メリー・ポピンズ、ピーター・パンとウェンディらが空を飛ぶロンドンの街並みを描いたフロート、スポンサーフロート。 ヒロ(『』)• メリー・ポピンズ、バート、ペンギン(『』)• ピーター・パン、ウェンディ(『』)• アラジン、ジャスミン(『』)• ファイファー、フィドラー、プラクティカル、ビッグ・バッド・ウルフ(『』)• スージー、パーラ(『シンデレラ』) 楽曲 [ ]• 全フロート共通• Dream Up! 夢の世界への入り口• (『』より)• ブラズル・ダズル・デイ(『』より)• (『』より)• 笑顔があふれる楽しい夢の世界• ふしぎの国のアリス(『』より)• 時間に遅れた(『ふしぎの国のアリス』より)• お誕生日じゃない日のうた(『ふしぎの国のアリス』より)• カードの大行進(『ふしぎの国のアリス』より)• ハイ・ディドゥル・ディー・ディー(『』より)• もう糸はいらない(『ピノキオ』より)• 困った時には口笛を(『ピノキオ』より)• ロマンティックな夢の世界• いつか夢で(『』より)• (『』より)• 輝く未来(『塔の上のラプンツェル』より)• (『』より)• 不思議な夢の世界• 朝の風景(『』より)• ひとりぼっちの晩餐会(『美女と野獣』より)• 愛の芽生え(『美女と野獣』より)• ズオウとヒイタチ(『』より)• 永遠に続く夢の世界• ファースト・フライト(『』より)• きみもとべるよ!(『』より)• タコをあげよう(『』より) 経緯 [ ]• 、2018年度の年間プログラムが発表され、併せて昼のパレード『』の終了と新パレードとなる『ドリーミング・アップ! 』のタイトルが発表された。 『』、『』、『』、『』が登場することが発表された。 2017年、でのミッキーマウスらの新衣装の発表と共に新衣装でドリーミング・アップ! に出演することが発表された。 新衣装はにを受けたものとされる。 2018年から同年にで開催されたファンイベント『D23 Expo Japan 2018』において、取締役社長兼COOのが『ドリーミング・アップ! 』を含む新規パレード、ショーのプレゼンテーションを行った。 2018年、報道陣向けの公開が行われた。 、スペシャルバージョンの報道陣向けの公開が行われた。 から同年まで、スペシャルバージョンが開催。 抽選エリア [ ] パレード実施日は、の一部に抽選エリアが設置される。 先着ではないため、落選した場合は該当箇所での鑑賞はできない。 エリア入場には抽選に使用したパークチケットの提示が必要となる。 抽選はの「」、もしくはスマートフォン専用アプリ「ショー抽選アプリ」 「東京ディズニーリゾート・アプリ」 を使用することでパーク内の通信可能な場所からならば、どこからでも行える。 該当箇所で鑑賞を希望する場合は「トゥモローランド・ホール」では開園時刻から希望の公演回の30分前までに、「ショー抽選アプリ」「東京ディズニーリゾート・アプリ」では開園時刻から希望の公演回の1時間前までに抽選を行わなければならない。 ただし、運営状況によっては抽選を行わない日もある。 2019年1月11日からのスペシャルバージョンでも一部の鑑賞エリアは抽選エリアとして設定される。 ただし、運営状況によっては抽選を行わない日もある。 出典 [ ]• 2018年3月20日. 2018年3月28日閲覧。 2018年4月11日. 2018年4月12日閲覧。 2019年1月10日. 2019年1月24日閲覧。 林田周也 2018年1月18日. ウレぴあ総研. 2018年3月28日閲覧。 ウレぴあ総研. 2018年4月10日閲覧。 2018年4月10日. 2018年4月12日閲覧。 2017年9月21日. 2018年3月28日閲覧。 峯岸麻美 2017年11月2日. 2018年3月28日閲覧。 2018年1月18日. 2018年3月28日閲覧。 com 2018年2月13日. 2018年3月28日閲覧。 ニュース. 2018年4月10日. 2018年4月11日閲覧。 2018年4月10日. 2018年4月11日閲覧。 オリエンタルランド. 2018年3月28日閲覧。 オリエンタルランド. 2018年7月15日閲覧。 ウーマン excite 2019年1月21日. 2019年1月24日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 東京ディズニーランド.

次の