セルフカット 毛先 整え方。 ロングヘアのセルフカットのやり方!女性が自分で後ろ髪を切る方法

意外と簡単!メンズセルフカットの上手な切り方のコツをご紹介【最新版】

セルフカット 毛先 整え方

こんにちは。 美容室で自分だけオシャレ雑誌じゃなくてジャンプを渡されてから10年以上セルフカットで散髪を済ましているsasakiです。 突然だけど、みんな美容室とか床屋って好き?? 私は大っ嫌いです!! あの社交辞令に満ち溢れた不毛な会話。 なんかわからんけど無駄に待たされる謎の時間。 あれっ、想像してたより短過ぎね??的なギャップ。 たかが毛切るだけで数千円とか下手すりゃ1万円以上の金額。 はい、まだまだキライな理由はいくつもありますがパっと思いつくだけでもこんな感じ。 そして、忘れねーからな俺が高校生の時 「お前はこれで十分でしょwww」的に渡してきたジャンプ・マガジン・サンデー。 いや、変なオシャレ雑誌より嬉しいけどさぁ。 違うんだよ。 そしてそれ以降美容室には行かなくなりました(笑) 文句があるなら行くな。 と自分でも思います。 だから今では自分の髪の毛をセルフカットすること10年以上。 普通にサラリーマンやってますが、特に問題なし。 完全にその辺の美容学校出たばっかりの金髪にーちゃんよりはキャリアが長いです(笑) というわけで今回は、みんながみんな美容室とか床屋さんって癒し空間じゃないんだよってコト。 あとはセルフカットって案外簡単だし、メリット多めだからおすすめ!的なコトをツラツラと書いていきます。 さっきも書いたけど、自分が思う美容室の不満はコチラ。 社交辞令MAXの不毛な会話• 髪の毛切るだけで時間かかり過ぎ• 思い通りにならない髪型• 単純に高くね?• そもそも髪洗ったり、切ったりを人前でやりたくない• etc… ざっとこんな感じ。 正直、これからも行かないね。 だって自分で切れば十分だもの。 美容室の会話って何であんなにつまらないの? えっ、みんな楽しいの? 私はあの会話がつまらなくて苦痛。 いやっ、スマホいじったり雑誌でも読んでりゃいいじゃんとか言う人いるよ。 でも1時間~2時間くらい髪の毛いじられてるのにその間無言でスマホいじってるのも個人的にはしんどい。 けど、場をもたすために 「休みの日は…」とか 「お仕事は…」とか話すのもだるい。 たまに聞くだけ聞いて、一切話広げずに終始質問攻めとかあるし。 なんで頭こねくり回されながら、あれやこれやとプライベートさらけ出さなければいけないのかと思ったり。 まぁ、言ってしまえば自分のコミュ力のなさのせいなんだろうけどつまらんものはつまらん。 ましてそれがお金払って苦行を受けてると思うともういいやってなっちゃうわけで。 髪の毛切るだけで時間かかり過ぎ もう、あの数センチ切ったと思ったらパっとどっか行ってまた帰ってきてちょっと切るみたいな謎制度なんなの?? 予約して行ってるんだから、一気に終わらせてくれよ。 あの同時並行スタイルがイライラしてしょうがない。 まぁ、高いお金払って高級な美容室とか行けば違うのかもしれないけど、あのやり方がデフォなのがどうかと思う。 まぁ、店舗の運営とか考えたら同時に複数のお客さんを相手しないといけないのはわかるけど、時間かかり過ぎ。 ただでさえ、居心地悪い空間なのにそこで切りかけの頭で何分も放置プレイは勘弁してよ(笑) やっぱ思い通りの髪型にはならないよね 別にオシャレとかも興味はないからこだわりはないんだけど、あまりに前髪短くされたり、どう考えてもミスった感丸出しの髪型をラストのワックスとブローで誤魔化されると翌日憂鬱にはなります。 かといって、切ってしまったものは戻らないからへんてこりんな頭を受け入れるしかありません。 セルフカットと違って、そんな変な頭を作り出した犯人が自分ではなくプロだと思うと余計腹も立つんです。 自分ならしょうがないと思えても、お金を払ってやられるとマジかってなるんです。 セルフカットのメリット・デメリット じゃあ、こんな美容室・床屋には行きたくない! でも髪の毛は同じペースで伸び続け、社会人として仕事をするには多少は整えなければいけなくて。 そこでかれこれ10年以上自宅でセルフカットを続けて感じた、メリット・デメリットを挙げてみます。 セルフカットのメリット 個人的に美容室や床屋に行かずにセルフカットで済ますことのメリットは大きく以下の3点だと思っています。 好きなタイミングで髪を切れる 2. 時間・お金の節約 3. 精神的なマイナスから解放される まず、髪を切るタイミングが自由っていうのは思っている以上に楽。 やっぱり、美容室に週何日も通うような人は少数でましてや私のような出不精からしてみると、出来るだけ美容室に行く頻度は少なくしたいものです。 となると、1回のカットでどうしてもある程度ガッツリと切る必要があります。 ただ、セルフカットの場合はいつでも好きな時に微調整が出来ます。 極論、毎日少しずつ調整していればほとんど髪型を変えずに数カ月は余裕で持ちます。 後でお話しするセルフカットで失敗しないためのコツでもあるのですが、1回の散髪量を少なくして微調整を繰り返すのが一番のコツです。 まぁ、あとは単純に定休日や時間など気にせずに自分の好きな時間に髪を切れるのは便利。 次に当たり前ですが、「お金・時間」はめっちゃ節約されます。 セルフカットでかかるお金といえば、一番最初に髪の毛を切る用のハサミを購入するくらいです。 私は10年くらい前からずっと、すきバサミと普通のハサミがセットで1000円ちょっとのやつを使っています(笑) ちなみに実際使ってるやつがコレ• 正直、これで十分。 ていうか、あんまりプロ仕様みたいなやつだとサクサク切れすぎて失敗する(笑) 普通に髪の毛を切るのためにかかった費用はこの10年でマジで1000円ちょっとです。 そして、自分の場合は月に1回か2回程度髪を切りますが1回のカットにかかる時間は20分から30分程度。 当然、家でカットしてるから移動や準備も無し。 普通に年間数万円の節約&大幅な時短が出来ちゃうんです!セルフカットなら。 そしてこの記事の冒頭からネチネチ言っていましたが、様々な精神的苦痛から解放されるのはありがたい! でもね、やっぱりセルフカットはいい面だけじゃなくて悪い面もあります。 セルフカットのデメリット いくら、美容室や床屋が嫌いでセルフカットが楽でもデメリットがないわけじゃありません。 約10年以上セルフカットを続けて感じるデメリットはザっとこんな感じ。 セルフカットで短髪は難しい• ヘアスタイル維持は出来ても大幅な変更が難しい まず、短髪のセルフカットは難しいです。 どうしても、ある程度ラフに切っても問題がない長髪の方が楽です。 あとミスったときのリスクがでかすぎます。 だから、仕事上の制約等で短髪にする必要がある方は素直に床屋とか美容室に行く方がおすすめ。 逆に言えば、長髪ならかなりラフにザクザク切ってもそれなりにはなっちゃいます(笑) そして、基本的にセルフカットでイメチェンレベルのヘアスタイル変更は辞めた方がいいです。 あくまでセルフカットは維持・調整です。 なので、ある程度の長さがあるヘアスタイルをセルフカットで調整しながら、維持するのは結構楽です。 正直、私のように特にこだわりがないなら全く問題ありませんが、髪型を変えて気分転換みたいなことするなら普通に美容室に行くのがおすすめです。 とまぁ、セルフカットのデメリットはこんなとこでしょうかね。 よくセルフカットは失敗が怖い。。。 という方がいますが、個人的には美容室で失敗される率の方がよっぽど高いし、むしろ慣れたら作業化してミスなんてほぼないので安心してください。 簡単セルフカットで失敗しないテクニック紹介! というわけでやっと私が実践しているセルフカットで失敗しないテクニックを紹介していきます。 やはり、セルフカット1番のハードルは失敗への恐怖だと思います。 ただ、先程も言ったようにいくつかのテクニックを押さえておくだけで格段に失敗率は少なくなるし、むしろお店より細かい微調整が出来る分安定感が増します。 前髪以外はすきバサミを中心に量・長さを整える まず、セルフカットで失敗しないための最重要ポイントは「すきバサミ」です。 慣れないうちは基本的に前髪以外はすきバサミだけで十分です。 すきバサミのコツとしては、毛束をつかんで根本側から毛先に向かって2回に分けてハサミを入れることです。 それを鏡を見ながら左右のバランスをとっていきます。 耳の周りや襟足なども目標の長さまですきバサミで調整していって、最後に普通のハサミではみ出た髪を整えるくらいで十分です。 しかし、注意する点は前髪にはすきバサミを使わないことです。 前髪は長さをちょっと失敗したくらいなら取り返しがつきますが、量を減らし過ぎるとどうしようもなくなるので注意が必要です。 あと、どうしても後頭部はセルフカットだとバランスがとりにくいです。 しっかりと、手鏡等を使って姿見と合わせながらこまめに確認するのがおすすめです。 ただ、ある程度長さがあればザクザクとすきバサミを通して襟足だけ長さを合わせればそれなりになるので安心です。 とにかく、前髪以外は基本すきバサミで長さも整えるというのが一番大事です。 前髪はしっかり持ち上げて縦にハサミを入れる 先程、前髪以外はすきバサミを中心にとお話ししましたが、前髪は基本的にすきバサミは使わない方が無難です。 で顔の印象も大きく変わってしまう前髪の切り方ですが、以下のポイントを押さえておいてください。 ハサミと反対の手(指)で前髪を挟んで床と平行になるように持ち上げて切る。 ハサミは縦に入れる• 髪を流す方向と逆に流して切る まず、大事なのがハサミを持っていない方の手です。 利き手が右の場合は左手の人差し指と中指で前髪を挟んで、床と平行になる高さくらいまでしっかり持ち上げます。 よく、前髪を下ろしたままハサミを入れる方がいますが失敗の元です。 前髪をしっかりと持ち上げて切ることで、髪を下した時にレイヤーが付いて自然な感じになります。 逆に髪を下ろしたまま切るとグラデーションカットっぽくなってマッシュとかぱっつんみたいになりがちです。 そして切るときは絶対にハサミは縦に入れます。 間違っても横に入れないように! 最後に、髪をどちらかの方向に流している方は切るときは普段と逆方向に流して切りましょう。 前髪を流したい方向と逆に流しながら切ることで、流す向きに合った長さになります。 この3点を押さえて前髪を切るだけで失敗率は大幅に下がるはずです。 あとは、慣れるまではしっかりと時間をかけて少量ずつ切っていきましょう。 トップにすきバサミを入れ過ぎない 最後にセルフカットで気を付けなければいけないのがトップ(おでこから頭頂部にかけて)にすきバサミを入れ過ぎないことです。 ある程度セルフカットに慣れてくると、すきバサミなら安心!って感じでザクザクハサミを入れたくなります。 正直、サイドと後頭部はある程度ザックリと毛量を減らしていっても問題ないですが、トップのボリュームがなくなると一気に取り返しがつかなくなります。 なのでトップは軽くすきバサミを通して普通のハサミで軽くレイヤーを付けるくらいの感じでやるのがおすすめです。 個人的にはセルフカットでは前髪とトップを丁寧にやれば、あとはある程度適当でもどうにかまとまる感じがします。 簡単セルフカットまとめ というわけで今回は実際に私がかれこれ10年以上セルフカットを続けている理由や失敗しないためのコツなんかを書いてみました。 まぁ、私のように一切美容室や床屋に行かないという極端なことはしなくても家に髪切り用のハサミとすきバサミくらいあるとちょっとしたときに便利です。 わざわざ、美容室行くのは面倒だけど少し軽くしたいなぁとか。 セルフカットってハードルが高いような気がしますが、実際にやってみると冒険さえしなければ下手に新規の美容室とか行くより安全だったりします(笑) ちなみに私が実際に約10年間使い続けているハサミのセットはコチラ!.

次の

意外と簡単!メンズセルフカットの上手な切り方のコツをご紹介【最新版】

セルフカット 毛先 整え方

kusegemounayamanai. point 92 com 最近、若者の間でセルフカットが流行しています。 そもそもメンズセルフカットとは、男性が自分でヘアスタイルをカットすることを言いますが、巷で大流行している理由としては、美容院に行かなくて済むため無駄な時間を使わない、お金がかからない、スタイルを維持できるなどがあげられます。 男性は、ショートヘアーの方が多いので、カットしてヘアスタイルを維持するのにはそれなりにお金もかかりますよね。 そんな皆様に紹介するメンズセルフカットの最新情報!現在流行するスタイルやセルフカットの必須アイテム、セルフカットの重要ポイントなどを確認してみましょう! point 360 1 pictaram. point 87 org メンズセルフカットには必要なアイテムが5つあります!このアイテムがあれば、自分だけでなく、子どものカットだってお手の物です。 伸びが気になりがちな、前髪も襟足も簡単にカットできます。 切り方のコツを掴んでプロ顔負けのカットをマスターしちゃいましょう!結櫛と呼ばれる、分け目を着ける時に使われる櫛がオススメです。 なるべく目の細かい物がセルフカットには使いやすいです。 カットする前に毛並みを整えるのに重宝します。 ヘアスタイルの最終確認でも使えます。 整えた後、切りそびれた毛がないかもよくわかります!100円ショップでも調達可能なので持ってない方は購入してみてください。 point 370 1 beauty. point 89 biglobe. point 97 ne. point 100 jp どんな服装にも合わせやすく人気なのがベリーショート(ソフトモヒカン)です。 ベリーショートの男性は爽やかに見えるので好感度も高く見えます。 もちろん、女性からのウケもいいですよ。 スタイリングも楽なベリーショートも、まずは上からブロック分けをします。 3ブロックに分けるのがオススメです。 下の部分から切っていきましょう。 ベリーショートを上手く見せるコツは長さが変わる場所でのバリカンの入れ方です。 下からすくうように入れましょう!間違えるとガタガタになってしまうので注意しましょう。 上手くいけば自然な丸みがオシャレなヘアスタイルに早変わりです。 point 369 1.

次の

自分で出来る枝毛カット。セルフ枝毛カットをすると綺麗な毛先をキープできる

セルフカット 毛先 整え方

もくじ• 「髪を伸ばしたい場合やロングをキープしたい場合は、カットしなくていいのでは?」と思うかもしれません。 でも、実はそれは違います! 毛先を全くカットせずに放置してしまうと、毛先がパサパサしてきてしまうからです。 また毛先は摩擦等でどうしても傷みやすいので、毛先を全く切らないまま伸ばしてしまうと、せっかく伸びてもきれいになりません。 きれいに髪を伸ばしたい&ロングヘアを保ちたいなら、なおさら毛先を整えるようにオーダーするべきなんですよ。 とはいえ、伸ばしたいと思っているのに毎月のように毛先を切っていたら、なかなか伸びなくなってしまいますよね。 カットはそこまで頻繁にする必要はありません。 具体的には、 ロングヘアの場合や髪を伸ばしたいと思っている場合には、3か月~半年に1回くらいで十分なんですよ。 僕のお客様の中にも、半年に1回の頻度で来店される方もいます。 ベースのカットがしっかりしていれば、半年の1度のカットであっても、ヘアスタイルは崩れません。 重要なのは頻繁に美容院に行くことではなく、「正しいベースのカット」と「きれいに伸ばせるように毛先を整えること」なんです。 ただし「3か月~半年に1回」というカットの頻度については、例外もあります。 以下の場合は、もう少しこまめにカットする必要があります。 レイヤーをたっぷり入れた動きのあるスタイルにしている場合• 頻繁にコテやアイロンでセットしており毛先が傷みやすい場合• スカスカにカットされてしまっている場合 美容院に行くベストな頻度は、ケースバイケースなんです。 髪質や現在のヘアデザイン、ライフスタイル等によって異なります。 なので自分にとって「どのくらいの頻度でカットするのが良いか」は、担当の美容師と相談して決めるようにすることをおすすめします。 また頻繁にカットに通えない場合は「 モチが良い髪型にしてほしい」とオーダーするのも一つの方法です! 毛先を整えると髪がきれいに見える!before&after実例 毛先を整えると、髪がまとまりやすくきれいに見える効果もあります。 AFTERでは乾かす前のヘアオイルを使用しています。 髪質が良くてもカットによってはパサついてしまうということです。 だからロングヘアの女性の場合は特にカット後セットをしていない状態の後ろ姿を美容師様に見せてもらう必要があります。 美容院でしかできないトリートメント、髪質改善や縮毛矯正をしていません!メニューはカットカラーだけです。 トリートメントもブローもしていませんが、かなりまとまりとツヤが出ているのが、写真で見るだけでも分かるかと思います。 髪の毛がパサついていると「毛先が傷んでる!トリートメントしないと!」と思う方は多いですが、カットだけで改善できる場合が結構多いんです。 それに必ずしも毛先がパサパサしている=傷んでいる」というわけでもありません。 単に乾燥しているだけの場合もありますし、毛先が伸びてバラバラになっているせいでパサパサしているように見えているだけの場合もあります。 それから 「毛先の梳きすぎ」が原因で、ダメージヘアのように見えてしまっているケースも。 正しくないカットが原因できれいに見えないなら、なおさらカットで改善すべきです。 正しいカットをして、美髪を取り戻しましょう! 当然カットが完璧でもホームケアが間違っていると毎日綺麗な髪になることはできません! 髪の毛が傷んでお困りの全てのお客様には、プリュムヘアオイルをつけて補修し、最後にプリュムワックスでツヤをプラスしております。 詳細は下記をご覧ください。 \綺麗な髪になりたい方必見/ 毛先はセルフカットでは駄目? 「毛先を揃えるだけなら、美容院に行かずにセルフカットでもいいんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。 確かに毛先を自分でカットされる方も、中にはいるでしょう。 ですが「切れば何でも良い」というわけではないんです。 伸ばしてる最中だって、ヘアスタイルにこだわりたいはず。 少しでもおしゃれに見せたいですよね。 そのためには「 毛先がまとまるようにしつつ、デザイン性も考慮したカット」をする必要があるんですよ。 なので「毛先を整えるだけだから、なんでもいいや」とは思わずに、カットが上手い美容師に切ってもらいましょう。 その方が結果的に髪が良い状態になるはずです。 髪を伸ばしているときに気を付けたいこと ミディアムからロングに髪を伸ばす場合、気を付けたいこと&覚えておきたいことが色々あります。 まず肩につくくらいの中途半端な長さのときは、どうしても毛先のパサつき&ハネが気になりやすいです。 伸ばすためには仕方がないことなので、ヘアケア剤で保湿をしたりしながら乗り越えましょう。 (正しいケア方法は後程解説します!) それから最初にも書きましたが「髪を伸ばそう!」と思ったらまず毛先を揃えるカットをしてもらい、その後半年ほど毛先はカットしないでおくのがベストです。 髪は1か月で約1cm伸びます。 最初にカットして半年そのまま切らないでおけば、6cm伸ばすことができるんです。 たまに「毛先をこまめに整えた方が、伸びるのがはやくなりますよ」という美容師さんがいますが、1か月に1cm伸びる髪を、毎月整えるために2cmカットしてしまったら……髪は伸ばせませんよね。 むしろ短くなってしまいます。 ですから伸ばしたい場合は「 最初に毛先をカットして、その後しばらく毛先はカットしない」がおすすめなんです。 ちなみに、伸ばしている最中に現在の髪型に飽きてしまってイメチェンしたくなることもあると思います。 でも、 伸ばしている間はパーマや縮毛矯正はかけないでください。 きれいに伸ばすためには、できるだけダメージを与えないことが重要だからです。 ヘアスタイルの印象を変えたいときは、 巻き髪やまとめ髪など自分でできるアレンジに挑戦してみましょう。 ヘアアレンジは最初は難しく感じられるかもしれませんが、練習すれば必ずできるようになりますよ。 髪を伸ばしている最中に、楽しみながらヘアアレンジの研究をするのもおすすめです。 髪が伸びるのが、より楽しみになりそうですね! 前髪のカットはどうするべき? 髪を伸ばしているときは基本的に、カットは3か月~半年に1回の頻度で良いと書きました。 ですが、 前髪はもっとこまめにカットする必要があります。 前髪は少し伸びてきただけでも目にかかったりして、気になりますよね。 前髪はセルフカットでも良いですし、美容院で前髪カットのみを行うのも良いと思います。 僕の美容院にも「全体カットは約半年に1回だけど、月に1回前髪カットにご来店される」お客様がいます。 きれいなロングヘアにするためにはヘアケアも重要! きれいなロングヘアを作るためには、ヘアケアをしっかり行いましょう。 髪が長い&伸ばしかけのときは、毛先の乾燥が気になりやすいです。 なので、毎日セルフで 保湿ケアすると良いですね。 髪を乾かす前には保湿力が高くサラサラに仕上がるヘアオイル、朝のセット時にはツヤを出すことができるソフトワックスを使うのがおすすめです! before&after実例でも使用しているプリュムヘアオイルとプリュムワックスは、髪の保湿ケアに最適。 プリュムヘアオイルはサラサラのオイルなのでアウトバストリートメントとして、プリュムワックスは適度なセット力があるのでスタイリング剤として使うのがおすすめです。 プリュムヘアオイルとプリュムワックスの併用もおすすめですよ。 パサパサする髪も、しっとりツヤツヤの状態に近づけます。 べたつかないところもポイントですね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の