あの 夢 を なぞっ て 歌詞。 あの夢をなぞって

YOASOBI:あの夢をなぞって ~点が線としてつながった瞬間~

あの 夢 を なぞっ て 歌詞

com」から登場した小説を、音楽と映像で具現化する活動を行ってきたYOASOBI。 原作となったのは、小説「夢の雫と星の花」。 未来を予知できる力を持つ少女と幼なじみの恋愛模様が描かれたストーリー。 小説の雰囲気を丁寧になぞって作られた『あの夢をなぞって』の世界を紐解いていきます。 幼なじみの一宮に告白されるという予知夢を見た楓は、予知夢の通りに進む現実に、心臓の鼓動を高鳴らせていきます。 夢で見た通りの景色を思い浮かべて、待ち焦がれる心情が描かれています。 なんと、彼も花火大会の日に楓に告白される夢を見ていたのです。 この歌詞は、お互いを思い合っていながら幼なじみという関係が邪魔をして、素直になれない甘酸っぱい二人のやりとりが鮮明に想像できるフレーズです。 『あの夢をなぞって』のサビは、ファンタジー的な要素もありながら、リアリティのある心情の変化を、セリフのように描く歌詞が特徴です。 しかし、幼なじみという関係が変わった先の未来に期待をしながら、少し怖がるような心情がうかがえます。 『あの未来』というフレーズは「告白される」その先まで想像させる力を持っているようにも感じます。 並んで花火を眺める二人が見た景色と夢が重なり合っていく様子を丁寧に描いた歌詞は、聴いているだけでストーリーが思い浮かぶようです。 技術的な巧みさだけでなく、物語が進むに連れて重なり合っていく二人の気持ちまで表現しているように感じます。 緊迫感を感じさせる歌詞は『あの夢をなぞって』が小説に書き下ろされた楽曲である由縁かもしれません。 楽曲に合わせて、小説『夢の雫と星の花』のストーリーを描いたMVも相まって、小説の世界観が魅力的に映るのかもしれません。 二人の関係性はどうなっていくのか。 小説を読む前に『あの夢をなぞって』を聴けば、そんなドキドキを味わうことができます。 そして、小説を読んだ後にこの曲を聴けば、歌詞の一つ一つに二人の想いを重ねて、より感情移入して聴くことができます。 そんなふうに「ストーリーを楽しむ」という音楽の聴き方は、YOASOBIが新しい音楽の在り方を確立させたのかもしれません。 第二章である『あの夢をなぞって』は、聴くだけで青春に戻れる力を持っている楽曲となっているのです。 あなたもこの曲と一緒に青春時代にタイムスリップしてみてはいかかですか。

次の

YOASOBI あの夢をなぞって 歌詞&動画視聴

あの 夢 を なぞっ て 歌詞

あの夢をなぞってYOASOBI 作曲:ikura 作詞︰Ayase -- 発売日:2020 01 18 YOASOBIの第2弾楽曲「あの夢をなぞって」が、2020年1月18日(土)より配信された。 「YOASOBI」は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する小説・イラスト投稿サイト「monogatary. com」から誕生した小説を音楽・映像で具現化する新生ユニット。 2019年11月に公開した彼らのデビュー曲「夜に駆ける」は、公開直後から瞬く間に注目を集め、公開1か月でYouTube100万回再生を突破、まもなく200万回再生に到達する。 今回の楽曲「あの夢をなぞって」は、monogatary. comにて「ソニーミュージック賞」で大賞作品の一つに輝いた物語「夢の雫と星の花」 いしき蒼太 著 を原作としており、印象的なイントロから一気に加速し駆け抜けていくようなポップな青春ナンバーだ。 生まれながらに「予知夢」を見ることのできる幼なじみ二人の思春期特有の揺れ動く胸の内が描かれており、Ayase史上最もピュアでドラマチックな楽曲とストレートな歌詞、そしてikuraのイノセントかつエモーショナルなボーカルによって表現されている。 なお同楽曲のミュージックビデオが、本日21時に公開されることも発表された。 映像を手がけたのは、クリエイター「頃之介古論」だ。 キャラクターの表情や美しい花火の演出まで、細部にわたって作品世界がビジュアライズされている。 さらに、明1月19日 日 の正午よりmonogatary. comにて、YOASOBIの今後の楽曲の原作小説を募集する企画がスタートする。 JPopLover0807.

次の

YOASOBI の新曲 あの夢をなぞって 歌詞

あの 夢 を なぞっ て 歌詞

」美大を卒業して離ればなれになったあなたとわたし。 理想と現実のギャップに打ちひしがれ、バックれた会社からの電話も鳴らなくなった頃に突然来たある連絡をきっかけに、わたしは再びカンバスの前に立つ...。 美しすぎた過去とも、ままならない現実とも向き合って、再び歩き出そうとする姿を繊細かつエネルギッシュに描いた現代のクリエイター・ノベル。 2017年に『スクロール』(講談社)でデビュー。 俳優の成田凌、飯豊まりえらも賛辞を寄せるなど話題の新人として注目を浴びた。 翌2018年に発表した第2作『楽しかったよね』(講談社)は収録の1篇「ファン」が松本花奈監督、本田翼主演により映像化された。 2020年、新潮社より新作「さよならですべて歌える」刊行予定。 さらに「スクロール」の映画化も決定している。 双見家の女性は皆さまざまな形で未来を予知できるらしい。 でもこの未来予知には一つ欠点があった。 予知した通りの未来にならなければ、その能力を失ってしまうということ... でも意識するあまり、気持ちとは裏腹な行動を取ってしまう。 ?青春の甘酸っぱさをギュッと詰め込んだ、少し不思議なひと夏の恋愛譚。 ある日突然目の前に現れ、一瞬で僕の心を奪った彼女は、死に対する欲動-タナトスに支配されていた。 ある日の諍いをきっかけに一気にスピードアップする展開、そして彼女の正体とは。 生と死、幸せの形を問う切れ味鋭い掌編。

次の