デンマーク コロナ ウイルス。 女性リーダーだからコロナ対策に成功?北欧対策の特徴と日本との違い(鐙麻樹)

女性リーダーだからコロナ対策に成功?北欧対策の特徴と日本との違い(鐙麻樹)

デンマーク コロナ ウイルス

具体的には、 政府から75%(ただし、月37万円、時給労働者は41万円を上限とする)、企業が残りの25%を負担し、その代わりに労働者は年次有給休暇を5日返上するとの取り扱いとなります。 政府・企業・労働者間の当該三者間協定により、このたびの感染症の影響によって解雇されたであろう数千人の労働者の雇用維持と賃金保持が可能となる見込みです。 ドイツでは、2020年末まで短時間労働給付金制度を拡充適用 ドイツでは、新型コロナウイルス感染症の影響により経営危機に陥る企業における解雇回避策として、既存の短時間労働給付金制度を拡充して対応されます。 短時間労働給付金とは、雇用者が労働者に対し、解雇の代替案として「労働時間の短縮」を求め、 労働時間減少による給与減少分の一部については政府が保証するといった制度のこと。 従来「従業員数の3分の1に労働時間短縮を適用する場合」を要件としていましたが、今般の状況を鑑み、 「従業員の10%に適用する場合」に引き下げて適用できるようになります。 連邦雇用庁が、労働時間の短縮によって生じる賃金喪失分の60%(子供がいる場合は67%)を手当し、社会保険も同庁が全額補償します。 諸外国で進む、雇用維持のための新型コロナウイルス対応。 日本では? デンマークやドイツの例の様に、企業における雇用維持のための施策が、目下、各国で進んでいます。 こうした動きに対し、日本における対応はといえば、現状下記の助成があります(2020年3月19日時点)。 雇用調整助成金の拡充 休業を実施した際に支払う休業手当負担分に対する助成 【参考記事】• 時間外労働等改善助成金 特例コースの設置 「テレワーク導入」や「休暇取得促進」に努めた際の助成 【参考記事】• 小学校休業等対応助成金の新設 新型コロナウイルス感染症関連の臨時休業等に対応する保護者への給与補償に 活用可能な助成 【参考記事】• 小学校休業等対応支援金の新設 新型コロナウイルス感染症関連の臨時休業等に対応する保護者(個人で業務委託を 受けて働く労働者)への所得補償に活用可能な助成 参考: 前向きに活用していきましょう! 諸外国と比較してどうか、といった見解は個々にあろうかと思いますが、事業主であれば活用できるものは前向きに活用しながら、この緊急事態を乗り切る姿勢が肝心といえそうです。 この機会に是非もご活用ください。

次の

デンマーク紙が新型コロナウイルスの風刺画を掲載 中国大使館が謝罪を求める

デンマーク コロナ ウイルス

国内各地の診療所に検査キットを送る。 呼吸器症状がある患者は診療所に連絡し、親族を診療所に行かせて検査キットを自宅に持ち帰らせ、自宅でサンプルを採取する。 サンプルは診療所経由で検査機関に送る。 デンマークでは現在、新型コロナの検査が1日当たり700~800件行われているが、自宅でサンプルを採取する検査の実施件数は1日当たり数十件程度にとどまる見通しで、診断ツールの主力にはならない。 コーブクラウセ氏は、「病院に行っていない軽症者の間で感染がどのくらい広がっているか感触を持つことも重要だ」と述べた。 当局は来週までにこの方法を実施に移すことを目指している。 デンマークは感染抑制策として入国制限に踏み切ったほか、スーパーマーケットと薬局を除くほぼすべての店舗や学校を一時閉鎖し、10人を超える集まりを禁止している。 デンマーク当局は先週、国内の感染者が増え始めたため軽症者の検査をやめ、重症者の対応に集中することを決めた。 同国は18日現在で1092人の確定診断者と4人の死者が出ている。 c AFP.

次の

新型コロナ感染爆発は回避も、厳しい経済・社会情勢続く(デンマーク)

デンマーク コロナ ウイルス

具体的には、 政府から75%(ただし、月37万円、時給労働者は41万円を上限とする)、企業が残りの25%を負担し、その代わりに労働者は年次有給休暇を5日返上するとの取り扱いとなります。 政府・企業・労働者間の当該三者間協定により、このたびの感染症の影響によって解雇されたであろう数千人の労働者の雇用維持と賃金保持が可能となる見込みです。 ドイツでは、2020年末まで短時間労働給付金制度を拡充適用 ドイツでは、新型コロナウイルス感染症の影響により経営危機に陥る企業における解雇回避策として、既存の短時間労働給付金制度を拡充して対応されます。 短時間労働給付金とは、雇用者が労働者に対し、解雇の代替案として「労働時間の短縮」を求め、 労働時間減少による給与減少分の一部については政府が保証するといった制度のこと。 従来「従業員数の3分の1に労働時間短縮を適用する場合」を要件としていましたが、今般の状況を鑑み、 「従業員の10%に適用する場合」に引き下げて適用できるようになります。 連邦雇用庁が、労働時間の短縮によって生じる賃金喪失分の60%(子供がいる場合は67%)を手当し、社会保険も同庁が全額補償します。 諸外国で進む、雇用維持のための新型コロナウイルス対応。 日本では? デンマークやドイツの例の様に、企業における雇用維持のための施策が、目下、各国で進んでいます。 こうした動きに対し、日本における対応はといえば、現状下記の助成があります(2020年3月19日時点)。 雇用調整助成金の拡充 休業を実施した際に支払う休業手当負担分に対する助成 【参考記事】• 時間外労働等改善助成金 特例コースの設置 「テレワーク導入」や「休暇取得促進」に努めた際の助成 【参考記事】• 小学校休業等対応助成金の新設 新型コロナウイルス感染症関連の臨時休業等に対応する保護者への給与補償に 活用可能な助成 【参考記事】• 小学校休業等対応支援金の新設 新型コロナウイルス感染症関連の臨時休業等に対応する保護者(個人で業務委託を 受けて働く労働者)への所得補償に活用可能な助成 参考: 前向きに活用していきましょう! 諸外国と比較してどうか、といった見解は個々にあろうかと思いますが、事業主であれば活用できるものは前向きに活用しながら、この緊急事態を乗り切る姿勢が肝心といえそうです。 この機会に是非もご活用ください。

次の