サバクトビバッタ 中国。 中国でイナゴ被害が確認 食糧危機への懸念が浮上

中国、バッタ襲来のリスク高まる 「6月までに500倍」

サバクトビバッタ 中国

パキスタンから入ってきたサバクトビバッタがインドの大都市ムンバイがあるマハラシュトラ州に入っくる恐れがあり、同州は農業が基幹産業のひとつとされているので、大変心配されているようです。 このサバクトビバッタは、どんどん世代交代され、さらに数を増しながら西へ、東へと移動しています。 もともと、サバクトビバッタは孤独相と呼ばれる、少数の数で生活するバッタなのですが、大量発生によって、群生相と呼ばれる集団での生活に適応したバッタに変わってしまい、色や大きさまでも変わるとされています。 孤独相から群生相に変わることを相変異と呼ばれ、群生相に変化したバッタは非常に危険で、東アフリカやインドで食物を食い荒らしているのはこの群生相のサバクトビバッタなのです。 相変異と群生相の記事です。 あわせてお読みください。 The changing climate conditions are linked with locust growth in east Africa. This from Panna. — Parveen Kaswan, IFS ParveenKaswan インドから中国に来るのか 気になるのが、サバクトビバッタが中国や日本に入ってくるのかってことですが、 今のところその可能性は低いとされています。 中国に来ない理由として、高いヒマラヤ山脈などの山をバッタが飛び越えられないかららしいのです。 しかし、パキスタンからの貿易でコンテナなどに付着したサバクトビバッタが中国に入ってきたとういう事例もあるようで、 中国が習近平国家主席の肝煎りで進めている巨大経済圏構想「一帯一路」で、パキスタンは重要な位置を占めているので、ヒマラヤ山脈は超えれなくとも、貿易で入ってくる可能性があるようですね。 なので、パキスタンで大量発生しているサバクトビバッタの対策を中国も熱心に取り組んでいるそうです。 一方、我が国、日本はどうでしょうか? まあ、中国に入れないのだから日本に来る可能性は低いだろうし、たとえ中国で大量に発生しても、さすがに日本海を渡って日本に飛んでくることは考えにくそうです。 でも日本海を渡ることが出来ないサバクトビバッタも、何か船やコンテナにサバクトビバッタが紛れ込んで、 そのバッタが日本で産卵し、日本生まれのサバクトビバッタが大量に増えてくる可能性も考えられるので、日本も今のうちからちゃんと対策を取っておいてほしいですね。 アフターコロナがバッタの襲撃なんてシャレにならないですよね。 サバクトビバッタ、今後も注意して見ていきたいと思います。

次の

アフターコロナの後の危機 サバクトビバッタがついに中国・日本に⁉

サバクトビバッタ 中国

パキスタンから入ってきたサバクトビバッタがインドの大都市ムンバイがあるマハラシュトラ州に入っくる恐れがあり、同州は農業が基幹産業のひとつとされているので、大変心配されているようです。 このサバクトビバッタは、どんどん世代交代され、さらに数を増しながら西へ、東へと移動しています。 もともと、サバクトビバッタは孤独相と呼ばれる、少数の数で生活するバッタなのですが、大量発生によって、群生相と呼ばれる集団での生活に適応したバッタに変わってしまい、色や大きさまでも変わるとされています。 孤独相から群生相に変わることを相変異と呼ばれ、群生相に変化したバッタは非常に危険で、東アフリカやインドで食物を食い荒らしているのはこの群生相のサバクトビバッタなのです。 相変異と群生相の記事です。 あわせてお読みください。 The changing climate conditions are linked with locust growth in east Africa. This from Panna. — Parveen Kaswan, IFS ParveenKaswan インドから中国に来るのか 気になるのが、サバクトビバッタが中国や日本に入ってくるのかってことですが、 今のところその可能性は低いとされています。 中国に来ない理由として、高いヒマラヤ山脈などの山をバッタが飛び越えられないかららしいのです。 しかし、パキスタンからの貿易でコンテナなどに付着したサバクトビバッタが中国に入ってきたとういう事例もあるようで、 中国が習近平国家主席の肝煎りで進めている巨大経済圏構想「一帯一路」で、パキスタンは重要な位置を占めているので、ヒマラヤ山脈は超えれなくとも、貿易で入ってくる可能性があるようですね。 なので、パキスタンで大量発生しているサバクトビバッタの対策を中国も熱心に取り組んでいるそうです。 一方、我が国、日本はどうでしょうか? まあ、中国に入れないのだから日本に来る可能性は低いだろうし、たとえ中国で大量に発生しても、さすがに日本海を渡って日本に飛んでくることは考えにくそうです。 でも日本海を渡ることが出来ないサバクトビバッタも、何か船やコンテナにサバクトビバッタが紛れ込んで、 そのバッタが日本で産卵し、日本生まれのサバクトビバッタが大量に増えてくる可能性も考えられるので、日本も今のうちからちゃんと対策を取っておいてほしいですね。 アフターコロナがバッタの襲撃なんてシャレにならないですよね。 サバクトビバッタ、今後も注意して見ていきたいと思います。

次の

中国政府、異常繁殖したバッタの大群侵入に厳戒態勢…農業と中国経済に壊滅的被害か

サバクトビバッタ 中国

イナゴによる蝗害で、すでに食糧危機が懸念( けねん )されるが、さらに心配になるのが、もしかして日本にも飛んでくるのでは?という一抹( いちまつ )の不安である。 If you are a farmer or work here in agribusiness, here is what you can do to protect 👇 — FAO FAO バッタは中国を横断後に日本に来るの? サバクトビバッタが日本へ飛来する前に、中国大陸を横断する必要がある。 このサイクロンはアラビア半島南部の広大なルブアルハリ砂漠に雨を降らせ、砂丘の間に多くの一時的な湖を出現させた。 こうした場所でサバクトビバッタがさかんに繁殖して最初の大発生が起きたと見られる。 同年10月にはアラビア海中部でサイクロン「 ルバン 」が発生して西に進み、同じ地域のイエメンとオマーンの国境付近に雨を降らせた。 サバクトビバッタの寿命は約3カ月で、その間に繁殖する。 繁殖の条件がよければ、次の世代のバッタは20倍にも増える。 つまり、サバクトビバッタは短期間のうちに急激に増加するのだ。 2018年の2つのサイクロンによって、わずか9カ月の間に大発生が3度起こり、アラビア半島に生息するバッタはざっと8000倍に増えた。 増えすぎたバッタの群れは移動を始めた。 2019年の夏までに、それは紅海とアデン湾を飛び越えてエチオピアとソマリアに渡り、その後、もう一度繁殖したとクレスマン氏は言う。 カテゴリー• 171• 1 最新投稿5記事 アーカイブ•

次の