いびき 手術 体験談。 いびきの病院選び|いびきの話|睡眠時無呼吸なおそう.com

【効果の高いレーザー治療手術のまとめ】 鼻のレーザー治療で「いびき」が治るか?

いびき 手術 体験談

鼻のレーザー治療だけで「いびき」が治るか? 鼻のレーザー治療は鼻づまりを改善する為に行なうものですが、 鼻のレーザー治療だけで「いびき」がなおるのでしょうか? この質問に対する答えは? 「改善する場合もなおらない場合もあります。 」 しかし、鼻づまりがいびきの原因と考える耳鼻咽喉科の医師もいます。 私は、「鼻づまりだけがいびきの原因」と考える根拠が理解できません。 医学は科学なのですから曖昧さはゆるされません。 やはり、 いびきが何故起きるのか? その原因を明らかにしなくてはいけません。 いびきの原因については、エビデンス(証拠)にもとづく医療の先進国であるアメリカ耳鼻咽喉科学会のホームページに以下のように書かれています。 What causes snoring? The noisy sounds of snoring occur when there is an obstruction to the free flow of air through the passages at the back of the mouth and nose. This area is the collapsible part of the airway where the tongue and upper throat meet the soft palate and uvula. Snoring occurs when these structures strike each other and vibrate during breathing. 【翻訳】 何がいびきをひきおこすのか? 口腔や鼻の後方部位を通過する空気が閉塞されたときにうるさいいびきが発生する。 この部位は舌や上咽頭が軟口蓋と口蓋垂に接し閉塞しやすい場所である。 いびきはこの部位の構造が呼吸に伴いお互いにぶつかりあい振動することでおこる。 entnet. アメリカ耳鼻咽喉科学会のホームページを見る限り、いびきが起こる原因について「鼻づまり」のことは書かれていません。 何故なら、「いびき」は振動する部位である軟口蓋や口蓋垂が振動する起こる現象だからです。 いびきは音です。 音は振動が引き起こすものなのです。 但し、鼻がつまり口を開けて寝ているといびきをかきやすくなるのは事実です。 鼻づまりを治療し、口を閉じて寝ることが可能になれば、軟口蓋や口蓋垂が振動しづらくなり、いびきが改善することはあります。 しかし、咽頭部分(軟口蓋や口蓋垂)が気道を狭めている場合、鼻の通りだけよくしても鼻呼吸は本当に改善しない為、結局、咽頭部分の振動を回避することはできないのです。 また、鼻つまりがない場合や鼻の治療をしてもいびきのある場合はどうすればいいのでしょうか。 ここで、睡眠時無呼吸のないいびきだけの場合、持続的陽圧呼吸治療C-PAPやマウスピースを用いるが正しい医療か、検討する必要があります。 それらの機器の本来の目的は睡眠時無呼吸症候群の治療用なのです。 誤解を防ぐために明記しておきますが、いびきの患者さんが、全員、睡眠時無呼吸症候群ではないのです。 いびきの患者さんの集合の中に、睡眠時無呼吸症候群患者さんの集合が含まれるのです。 確かに、C-PAPを使用すると、空気が一定の速さで送り込まれるので、軟口蓋が振動しづらくなりいびきが軽減します。 また、マウスピースを装着すると、軟口蓋がささえられますので、振動しづらくなり、いびきが改善します。 しかしC-PAPの使用率の悪さや、マウスピースによる顎関節の痛みの問題が常におこります。 この振動しやすい口蓋垂とその周囲を切除し、いびきそのものの原因を取り除く「いびきの手術」は、日本人である 池松先生が世界に先駆けて編み出し、世界耳鼻咽喉科学会総会で表彰された優れた術式なのです。 現在のところこれに勝る術式はあみだされていませんし、 またこの術式を改良し 睡眠時無呼吸症候群の手術として用いた、同じく日本人である藤田先生の功績は大きく、現在でも、アメリカ耳鼻咽喉科学会で睡眠時無呼吸症候群の効果ある治療法として推奨されています また、アメリカ耳鼻咽喉科学会のホームページでは、いわゆる「いびきグッズ」は効果に疑問があると明記されています。

次の

生後3ヶ月の頃から続く子どものいびき

いびき 手術 体験談

いびき手術の口コミ・体験談 — 効果はどうなの? いびきを治すために手術する場合は、お金がかかります。 また、手術がどれくらい時間がかかるのか気になるひともいるでしょう。 また、手術をしたら、実際にどのような効果が得られるのか、体験談などを踏まえて詳しく見ていきましょう。 いびきの手術 — レーザー治療 いびきをかくひとは、扁桃腺が肥大している場合があります。 いびきを解消するために、レーザーでのどちんこなどを焼き落とすのです。 これにより、いびきがなくなるといった効果があります。 レーザー治療というと、少し怖いと思うかもしれませんが、手術自体はすぐに終わります。 いびきの手術は保険が適用されるのか いびきの手術で保険が適用されるかどうかですが、、扁桃腺摘出などで保険が使えるのは、無呼吸症候群である場合や扁桃腺が肥大している場合などです。 ですから、いびきを解消するための手術の場合は、保険が下りないことの方が多いでしょう。 いびき手術は効果的なのですが、値段が高いのが難点です。 いびきの手術は1日で終わるのか いびきの手術がどれくらい期間がかかるかですが、何日もかからず、半日で終わることが多いです。 レーザー治療で切り落としたりするだけなので、それほど時間がかかりません。 平日1日、時間が取れれば十分治療を受けることができるでしょう。 サラリーマンなどの会社員でも、いびきの手術を受けることができます。 いびき防止の手術は痛いのか いびきの手術が痛いかどうかも気になるところだと思います。 手術中は麻酔が効いているので、痛みを感じることはないでしょう。 ただ、術後の麻酔が切れたあたりから、喉周辺に痛みを感じるひともいるようです。 ただ、数週間経てばだいぶ痛みも和らぐので、手術後の数日から1週間くらいが痛みを感じることがあるのでしょう。 いびきの手術は治るの?治らないの? 手術でいびきが治るか治らないかですが、ネットでは治らないという意見もありますが、多くのひとが、手術により効果を得ています。 やはり、きちんと専門医のもと、手術を受けることで、ある程度いびきが改善されているようです。 やはり、いびきを本当に治したいならば、手術を受けるのも良い選択でしょう。 いびきの手術費用はいくらなのか? 気になるいびきの手術費用ですが、なんだかんたで10万円近くかかります。 手術費用で数万円、術後の通院で数万円ちかくかかるので、トータルで10万円くらいはかかるようです。 そこそこ値段はしますが、その後の生活のことを考えると、それほど高くない投資かもしれません。 家族との生活もあるので、真剣に考えた方が良いでしょう。 いびきの手術で得られる効果 いびきの手術をすることで、得られる効果は多くあります。 いびきがなくなる まず、いびきがなくなることです。 手術をすることで、いびきをしなくなるようになります。 いびきがなければ、家族に迷惑をかけることがないので、ストレスを抱えずに安心して眠ることができます。 眠りが深くなり疲れにくい いびきがなくなることで、快適な睡眠を送ることができます。 いびきがない睡眠は、深く眠れて、疲れも取ることができるのです。 いびきをかくひとは、寝ていても疲れが取れない傾向にあります。 いびきがなくなることで、良質な睡眠をとることができるのです。 仕事の疲れがたまりやすいひとも、いびき解消は大きな効果が期待できるのです。 肩こりが少なくなる いびきをかく睡眠は肩こりの原因にもなると言われています。 いびきを解消することで、肩こりが少なくなる効果も期待できるのです。 昼間の眠気がない いびきなく、ぐっすり眠れているので、昼間に眠くなることが少なくなるのです。 それだけ、質の良い睡眠が取れていると言えます。 痰がたまりにくい いびきをかくひとは、痰(タン)が出やすく、たまりやすいのですが、いびきを解消することで、タンが出にくくなるので、快適な朝を迎えることができるのです。 いびきの手術の後遺症はあるのか? このように、いびきの手術をすることで、様々な効果が期待できます。 また、いびきの手術による後遺症があるかどうかですが、やはり、手術後はのどに痛みがあることです。 また、術後はアルコールなどを控える必要があります。 ただ、痛みは日にちが経っていくと治る傾向にあります。 なのでそれほど心配する必要はないでしょう。 ただ、のどちんこを切除する可能性もあるので、医師とは後遺症についてしっかり確認しておく必要があります。 手術以外にもいびきを治す方法はある このように、いびきは手術することで改善しますが、ただ値段が高いのと、喉の痛みが出る可能性があるので、やや躊躇するひとも少なくないでしょう。 それならば、枕を変えてみることもオススメします。 枕を変えて、横向きで寝ることで、気道が確保されていびきが出にくくなる効果が期待できます。 実際に横向き寝専用枕を使用して、いびきが解消されたケースもあるのです。 枕が合うか合わないかで、いびきが出やすいかにも影響してきます。 枕は毎日使うものなので、いびきと向き合うためにも、真剣に考えた方が良い寝具でしょう。 YOKONE以外にも、いびきケア専用枕の「天使の寝息」も、いびき対策として人気の高い枕です。

次の

生後3ヶ月の頃から続く子どものいびき

いびき 手術 体験談

はじめに 私は長年いびきに悩んできました。 いびき防止テープ、マウスピース、いびき防止トレーニング・・・ 一定の効果を得られたものもありますが一番効果があったのがいびき手術でした。 いびき手術に至るまでに試した事や、いびき手術をするために準備しなければいけない事、いびき手術にかかった費用や時間、どんないびき手術の内容だったか、手術経過や、どんな効果があったのか、メリットやデメリットはあるのか・・・などなど詳しく書き残していこうと思います。 というのも、私が手術しようと決意した時、手術した人のブログを探して見ましたが、どこにも女性の体験談がなかったからです。 ですので私が人柱になろうと、資料など残しておく事にしました。 同じような境遇の人の役に立てれば嬉しいです。 スポンサーリンク いびきの手術を受けた人のブログを探すに至るまで 私は当時30代から40代に入ったばかりの年齢で、販売の仕事をしていました。 仕事では、同期や先輩などと泊りがけで研修を受けることがあり、相部屋になる事もあるのでとても気を使い苦痛でした。 というのが、いびきのせいです。 前から、友達と旅行に行くと、同じ部屋だと眠れないからと別の部屋をわざわざ取るようにしていました。 一緒に旅行に行くようになってから3回目で「一緒の部屋だと、ちょっときついんだよね・・・」と言われたんですよね。 それまでは我慢をしていたらしく、次の日の観光がきつかった、との事。 そりゃそうですよね。 これだけでもいびきを治したい!と思って「いびき防止テープ」やら「マウスピース」やら試すようになっていましたが、病院に行くまでには至りませんでした。 病院で原因を突き止め、治そうと思い至った決定的な事は「結婚」でした。 結婚を考えていた彼にもいびきの事を指摘され「結婚はするけど、寝るのは別の部屋が良い。 」って言われました;; 「君が泊まりに来た翌日は仕事がしんどくなる」・・・なんて、本当につらい事を言われてしまいました。 ですので、本格的に病院で治療する事を考え始めました。 病院は3件はしごしました。 いびきの手術の口コミを探して見たけど無かった・・・ 詳しいことは後日わかりやすく書いていこうと思いますが、検査の結果から、手術した方がいいよね、という事になりました。 ですので本格的に口コミや体験談を探し始めたのですが、女性の体験談が無い・・・ しかも40代女性のなんて全く無い。 知らないだけかもしれませんがだったら自分が書いてみようという事でいろんな資料を残しておきました。 私が知りたかったのは、手術に至ったのはなぜなのか、痛みはどうか、経過はどうか?という手術そのものの事と費用は?保険は?というお金の事、それにちゃんと効果があるのかという事。 それもちゃんと書いていこうと思っています。 スポンサーリンク いびき手術 女性の場合 いびき手術は女性にとったら、恥ずかしいとか、人に知られたく無い、とか美容的にどうなのか、手術の入院時にあった方がいいものとか男性と違った視点があると思います。 そんな点も含めて役立つように書いていきたいと思っています。 まとめ わかりやすいように、何個かの記事に分けて書いて行きますので後でまとめとしてリンク集などを追加していこうと思っています。 手術になると本当に不安でいろんな疑問なども出てくると思いますので、コメント欄やメールで質問くださったら公開せずに疑問に答えられるようにして行きたいと思っています。 一番簡単なのがコメント欄だと思いますので、活用していただけたらと思います。 こんなことが知りたい!ということがあれば教えてくださいね! 私は手術してよかったという立場で書いて行きますが、こんなことが不安、とか手術して後悔した、という方もいると思いますのでそんな声もいただけたら、内容を充実させてより役立つページ作りができますのでコメントお待ちしています!.

次の