手足 口 病 登 園 いつから。 手足口病の症状と対処、予防―手足や口に発疹が現れたら?

手足口病の保育園はいつまで出席停止?登園はいつから?

手足 口 病 登 園 いつから

スポンサードリンク 手足口病に登園許可証は必要? 手足口病にかかってしまった場合、医師の登園許可証(治癒証明書)が必要かどうかは、それぞれの保育園、幼稚園などによって違います。 というのも、手足口病は法律で決められた出席停止となる病気には含まれておらず、各学校と教育委員会の判断で対応を決めることなっている病気です。 そのため、地域や各保育園、幼稚園によって登園許可証が必要な所とそうでないところがあります。 そんなことから、病院では熱が下がれば行っていいと言われたのに、保育園からは治癒証明をもらってくださいと言われたということも起こります。 その場合は保育園に従いましょう。 子供の通っている保育園に登園許可証が必要かどうかは、入園案内などに書いてありますし、わからなければ保育園に確かめましょう。 手足口病はとても感染力の強い病気ですが、病状自体それほど重いものではありません。 また、手足口病の原因となるウィルスは60種類以上もあるため、どのウィルスに感染したかや個人の状態によって、湿疹や発熱の症状も軽かったり、重かったりさまざまです。 病院では、風邪と同じような考えで、熱が下がれば湿疹があっても登園して大丈夫ということが多いようです。 手足口病はいつから登園する? 手足口病は感染力の強いウイルス。 保育園や幼稚園で他の子供に移してしまわないかも気になり、いつから登園していいのか迷うところですね。 基本的には、熱がなく本人が元気なら登園できます。 (登園許可証が必要な保育園の場合は、許可が出てからです) 娘がかかったときにも、熱が下がれば行ってもいいとお医者さんには言われました。 手足口病の発疹、赤いぶつぶつの症状はだいたい1週間ほどで治りますが、その後も1か月ほどは便のからウイルスは排出されるため、その感は他の子供にうつしてしまう可能性があります。 とはいえ、最も感染力が高いのは熱や発疹の症状があるときであること、完治するまで1か月休ませるほどの病気かというとそれほどのものでもないため、風邪と同じように熱が下がれば登園可能となっています。 ただ、 口の中に発疹があり、痛くて食事ができない、ぐずるような状態であれば、熱が下がっていても様子を見てお休みしたほうがいいでしょう。 子供にとっても大変だし、食事ができないと脱水症状になってしまう可能性もあります。 登園許可が不要な保育園でも、熱がない、食事がしっかり食べられるを条件としているところが多いようです。

次の

手足口病って登園許可証は必要?いつから登園していい?プールは?

手足 口 病 登 園 いつから

夏になるにつれて、例年、 手足口病が流行します。 どの家庭でも、子供が1度はかかった事があるかと思います。 私の娘も現在手足口病にかかっており、熱はもうないのにずっとぐずっていて、いつになったら元気に遊んでくれるのだろうと思っています。 この手足口病の厄介なところは、 保育園は登園停止にならないので、どの程度お休みしたら登園できるかの明確な基準がないことです。 なので、1度かかってしまったら保育園に行けるかどうか最終判断するのはパパママです。 元気はあるけどまだ発疹がある。 口の中が痛いみたいでまだ食欲がない。 まだ保育園に登園できない?でも仕事もこれ以上休めない・・・というパパママもいるでしょう。 症状は残っていても登園出来ることがあるので、子供が早めに登園するにはどうしたら良いかまとめてみました。 明確な登園基準を保育園に聞いてみよう 私の娘の保育園には明確な登園基準がないようでした。 なので、これまで娘が手足口病にかかる度に「病院はなんと言っていましたか?」と問われます。 まずは、手足口病になった時点で保育園に連絡をしましょう。 保育園によっては、手足口病を 単なる風邪の一種と捉える保育園と、 重大な感染症として捉える保育園があるようです。 前者の場合は、熱が下がりましたので登園しましたで受け入れ可能かと思います。 しかし、後者の場合、病院のドクターの治癒判断がないと登園出来ないはずです。 治癒証明書がないと登園出来ないと言われても、手足口病は、学校保健安全法では提出の義務はありませんので、病院も治癒証明書は発行してくれません。 保育園とのトラブルにならないように、事前に、どういう状態になったら登園してもいいかの確認をしておくと早めに登園ができるでしょう。 子供の様子で登園の判断をしてみよう 手足口病は発疹以外の症状も多いかと思います。 なので、どこを見て保育園に登園させてもいいのかポイントをまとめてみました。 まずは、やはり 熱が下がっているかどうかです。 どんな風邪でも、発熱している時には保育園へ登園させませんよね。 発熱が続いている間は、子供も体力が落ちて疲れたり、ぐったりしているかと思うので、自宅でゆっくりと過ごすことが大切です。 次に、 手足に出来た水疱性の発疹が乾いてかさぶたになっているかどうかです。 水疱性の発疹はかゆみを伴うことがあります。 掻き壊して水疱をつぶしてしまうと、治りも悪くなります。 また、水疱の内容物にウイルスが含まれているとも言われています。 水疱がつぶれて内容物が他の子供に付いてしまったら、うつってしまう可能性があります。 掻き壊さないようにして乾いているのをしっかり確認することが大切です。 スポンサーリンク 見えない所や他の症状がないかしっかり観察してみよう 先に述べたように、手足口病の治ったかという大前提は発熱がなく、水疱性の発疹が乾いている事です。 しかし、これだけでは判断不足です。 子供だけでなく大人も、体調が優れない時には食欲がなくなるのは当たり前です。 ましてや、手足口病になると口の中にも水疱ができます。 その水疱が口の中でつぶれてしまうと、痛みで食事が取れなくなってしまいます。 食欲がしっかり戻っており、水分もしっかり自分自身で取れるかどうかも、家庭で観察をしてみましょう。 また、咳や鼻水、下痢をしていないかどうかを確認してみましょう。 手足口病の感染経路は3つあります。 ひとつは直接ウイルスに触ったことによる 接触感染です。 次に、咳や鼻水、唾液からかかる 飛沫感染です。 発熱、発疹が落ち着いても咳が酷かったり、鼻水が続いていたりしたら、念のため、お休みをして病院に受診した方が良いでしょう。 そして、排泄物から感染する 糞口感染です。 娘は手足口病の発疹が治まった後、ひどい下痢症状が現れました。 また、手足口病のウイルスはうんちなどの排泄物に流れると言われています。 下痢などが現れた場合は普段のお腹の風邪と同じように休んだ方が無難でしょう。 子供のペースでゆっくりしましょう 働くパパママにとっては、長く休んでしまうことで、職場で周りに迷惑がかかってしまうから、1日でも早く保育園に行かせたいと思うでしょう。 自分たちの判断で本当に登園させてもいいのか?と、不安になることもあると思います。 そういった場合は、無理をせず病院を受診して治ったかどうか判断してもらいましょう。 子供によって治癒のペースがあります。 無理をして登園させてしまっても、またぶり返して、保育園から呼び出しが来てしまっても元も子もありません。 子供のペースに任せてあげてゆっくりさせてあげましょう。 子供の手足口病に関してはこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

次の

手足口病、いつから保育所行こうか悩んでいます土日月と、手足口病の...

手足 口 病 登 園 いつから

目次 クリックするとスクロールします)• 手足口病になったら保育園は休む必要ある? 主に、 赤ちゃんや乳児、幼児がかかる病気として知られている手足口病です。 手足や、顔、口内に水泡が大量に発生します。 手足口病の 潜伏期間は3~6日間とされています。 このことから、手足口病にかかって、完治までは一週間から10日ということになります。 手足口病のウイルスは感染力が強く、人に簡単にうつるので、乳幼児が感染した場合、 保育園は休ませなければいけません。 完治までに 一週間から10日程度かかることから、この間は保育園には登園できないということになります。 もっとも、症状が治まって完治したかに見えても、ウイルスが全て死滅したわけではありません。 つばや唾液、さらには鼻水などには、 2週間程度残るとされています。 ですから、人に移さないようにするには、2週間は休んだほうがいいかもしれません。 これは 医師の指示に従うべきですね。 また、便にもウイルスが存在しています。 これは症状が治まっても便の中にウイルスが生きて存在していることが多いので、ここから空気感染あるいは、間接的に触れることで感染する可能性は大いにあるといえます。 便の中には1ヵ月程度ウイルスが存在するとされているので、ここをどう考えるかですが、これも医師の指示に従ったほうがいいでしょう。 手足口病は、夏かぜの一種ということからわかるとおり、夏に多く発症する感染症です。 そのため、小学校などでは プールの授業があると思いますが、感染の疑いがあった時点でプールに入るのも控えなくてはいけません。 また、便に1ヵ月程度ウイルスが残るということから、完治してもプールの授業に出るのは控えたほうがいいでしょう。 極端に言えば、 お風呂でもうつる可能性があります。 もっとも家の人も過去に手足口病になっていたら、抗体ができているので2度かかることはありません。 スポンサーリンク 手足口病に感染したら登園はいつから? 手足口病は子供のほとんどがかかる病気として知られています。 もっとも、かかってしまうと、高熱が出ますし、あちこちに水疱ができるので、親としてはかなり心配です。 そのため、完治したとわかって登園しても、周囲のママから白い目で見られるということもありそうです。 これは、手足口病が完治したと思っても依然として ウイルスのキャリアであることが一つの理由でしょう。 自分自身は、抗体ができているので、二度とかからないわけですが、まだまだこれから、という幼児を抱える親としてはやはり気が気ではないのです。 もっとも、考えようによっては、誰でも手足口病になるのでしたら、早いうちにかかっておいたほうがいいという意見もあります。 水疱などができるので、できるだけわかいうちに手足口病にかかっていたほうが、水疱の痕も残らずに綺麗に治るからです。 これはまさに新陳代謝、ターンオーバーについては、幼児の頃が最強だからです。 スポンサーリンク 手足口病の医師の登園許可証は必要? 手足口病は感染性疾患ですから、当然人にうつります。 潜伏期間がありますから、発症したら保育園は休まなければいけない・・そう思って当然です。 しかし、 手足口病は数年前に出席停止の対象から外れているのです。 これは 文科省が決めたのですから、何かはっきりとした根拠があるのでしょう。 かかるものなら保育園の時代にかかっておいたほうがいいという思いからなのでしょうか。 もっとも、国がそう決めていても保育園や学校によっては、それぞれの 内部規定で、登園、投稿禁止にしているところもあります。 これらの内部規定には、医師の診断書、さらには 登園許可証(これは学校や園が用意)への記入が必要になることもあります。 登校や登園をしてもいいという、医師の判断基準はまちまちです。 完治したらOKなのか、ウイルスのキャリアが外れるのを待つのであれば1ヵ月程度の休みになってしまいます。 手足口病は、感染期間が長い疾患です。 そのため、判断がまちまちになるのも仕方ない気がしますね。 見た目の判断基準としては、口内炎がおさまっているか、手足の水疱が乾燥してきているかどうかをとりあえずの判断基準としてもいいでしょう。 手足口病は簡単に、空気感染あるいは飛沫感染を引き起こします。 もっとも、個人差もありますから、完治したからと考えてすぐに登園登校をさせないようにしたほうがいいかもしれません。

次の