君 の よう な 勘 の いい ガキ は 嫌い だ よ。 君のような勘のいいガキは嫌いだよとは (キミノヨウナカンノイイガキハキライダヨとは) [単語記事]

#3 サイキックポリス比企谷八幡3

君 の よう な 勘 の いい ガキ は 嫌い だ よ

君のような勘のいいガキは嫌いだよとは、が勘の鋭いに対してぶつけるである。 エド「この記事の概要ができたのはいつだっけ?」タッカー「2年前だね」 元は「」で登場した。 単行本2巻(第5話)でが口にした。 のを集めるため、である「命の士」を訪ねるエドとォンス。 タッは人を解する合成の研究でのを取得したが、2年前に妻にられ、の、大のと共に暮らしていた。 のに必要な研究成果として、再び合成に成功した「人を解する合成」を披露するタッに、合成の正体に感づいたエドが会話する場面である。 「タッさん。 人を理解する合成の研究が認められてとったのいつだっけ?」 「ええと…2年前だね」 「さんがいなくなったのは?」 「……2年前だね」 「もひとつ質問いいかな」 「と どこに行った?」 「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」 作数の胸であり、変したタッには少なからぬ衝撃を受けた。 強な印を植えつけた本は連載から10年以上経った今もの記憶に残り続けている。 変しやすく汎用性の高いであり、近年では上のやで小話やきの最後のとして用いられる機会が増加し、一時期となった。 する際は、1つと2つの質問の返答が結果的に同じになり、3つで核心に迫るものが度が高いとされる。 返答内容が同じでも、相対的か絶対的かを統一する必要がある。 用法 大体は、隠し事を見抜いてきた相手に対して不快感を露にしつつ応答したり、隠し事に関する相手の推測が当たっていることを暗に認めたりするときに用いられる。 または、質問をぶつけてきた相手に対して直接答える代わりに得体の知れない恐怖を漂わせながら返答するのにも適する。 以下に、などで用いられた用法をいくつか紹介。 用法1 親戚の集まりで「もいい歳だしいるだろ」ってになった。 は見栄をって「いる」と答えたら「名前は?」と聞かれたので咄嗟に「みくです」と返した。 するといとこののが「!!!」って叫んでて微笑ましかった。 君のような勘のいいガキは嫌いだよ• 用法2 「今年はのが何人くらい減ったんだっけ?」 「え~と、三万人だね」 「の年間者数って何人だっけ?」 「…三万人だね」 「もひとつ質問いいかな… 減ったはどこへ行った?」 「…君のような勘のいいガキは嫌いだよ」• 用法3 「さん、は何時開場だっけ?」 「え~と、からだね」 「まであと何時間?」 「約間だね」 「もう一つ質問いいかな? ここにいた人をえる…どこに行った」 「…君のような勘のいいガキは嫌いだよ」 「やりやがったな!でを錬成しやがったな!」• 用法4 「さん、イ級9番艦"ヌ"が失ったのってどの部分だっけ?」 「ええと、だね」 「同12番艦""が失ったのは?」 「艦尾だね」 「もひとつ質問いいかな このイ級" "とかいうの…どうやって建造した?」 「…君のような勘のいいガキは嫌いだよ」 エド「イラストがニコニコ静画に投稿されたのは?」タッカー「2年前だね」 エド「もひとつ質問いいかな あの商品どこで買った?」 タッカー「君のような勘のいい関連項目は嫌いだよ」• 「タッさん。 それ以上喋ったら今度はが切れる」.

次の

「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」コピペネタまとめ

君 の よう な 勘 の いい ガキ は 嫌い だ よ

アキュラくん• 一人称:オレ• 二人称:呼び捨て、お前(通常)、キミ(親愛)、貴様(敵対)• 特徴:「…」が多い、難しい言葉とか使う、親しい人には優しく、敵や嫌いな人には辛辣に ゲームの雑魚キャラや仕事中のどうでもいい雑務のときなんかに使うと良き。 シーン:「第一データ施設」イベント• 用途:見覚え・聞き覚えのある時 「歪なニセモノめ…」• シーン:「スラム街2」イベント• 用途:歪なニセモノに対して 「こちらから打って出るしかない…か」• シーン:「スラム街2」イベント• 用途:戦況を覆す時 「お前にはまだ、そのカラダがある…後悔しているヒマがあったら、早く(動詞)んだな。 シーン:「スメラギ地下秘密基地1」イベント• 用途:自分の罪に苦しんでいる人を励ます時 「いま、オレが楽にしてやる…」• シーン:「スメラギ地下秘密基地2」イベント• 用途:愛する人を介錯する時 アキュラくんが乙女心を理解できないが故の天然発言なので、「何笑ってんだ」的な風に使うのはNG。 シーン:TYPE:3「トマト」• 用途:相手の表情が気になった時 「一般教養だろう?」• シーン:TYPE:3「トマト」• 用途:一般教養の時 「…なぜお前が自慢げなんだ…?」• シーン:TYPE:3「アキュラくんの話」• シーン:TYPE:「まっしろヨロイ」• 用途:誰かに褒められた時の照れ隠し 「ツンデレではない。 シーン:TYPE:3「まっしろヨロイ」• 用途:ツンデレだと言われた時 荒れている掲示板やSNSを見つけた時に。 実際の場所で使うとちょっと失礼かも。 「OK、ミッション開始だね!」• シーン:オープニングデモ• なーんかヘンな感じだね。 シーン:コハク達との出会い• あのウワサ、ここまで広まってたんだねー。 シーン:コハク達との出会い• シーン:コハク達との出会い• 用途:相手に彦摩呂的な褒め方をされた時 「いぇいっ!交渉成立だね!」• シーン:コハク達との出会い• シーン:EXウェポンのメンテナンス• 用途:相手がテクニシャンだった時 RoRoちゃんがコハクちゃん相手に声を荒げた数少ないシーンである。 『ムチャクチャだあいつ(ら)!』• シーン:マイナーズ殲滅宣告• 用途:相手がムチャクチャだと思った時 『そんな…効かない…?』• シーン:希望灯• 用途:自分の力が効かなかった時 『歌…ぼくの…歌…を…』• シーン:希望灯• ミッション前に改めて確認しとくね?」• シーン:「スラム街」イベント• 用途:ミッション前に何かを確認したい時 『ひゃっほー!さすがはぼくのマスターだね!』• シーン:「スラム街」RoRoナビ• シーン:「スラム街」イベント• 用途:相手の何とか反応がただものじゃない時 「しょーがない!いっちょ派手に暴れますか!」• シーン:「スメラギ第拾参ビル」イベント• シーン:「スメラギ第拾参ビル」イベント• シーン:「スメラギ第拾参ビル」イベント• 用途:文明の進歩に感謝する時 「……ぴろりーん!それっぽいデータ発見!」• シーン:「スメラギ第拾参ビル」イベント• 用途:それっぽい検索結果を見つけた時 「えー、タイミングわるー。 アイツ(ら)、ホントどこにでも現れるなぁ。 シーン:「自動増殖プラント」イベント• 用途:会いたくない人にたまたま会ってしまった時 「がってんだ!」• シーン:「メディカルセンター」イベント• 用途:がってんな時 事情が事情とはいえ、いきなり野獣みたいな声で知人の名前を叫ばれたら、いくらRoRoちゃんでもこうなる。 『ふう、ここまで来るの、大変だったね…』• シーン:「超級電波塔"ツクヨミ"」イベント• 用途:そこに至るまでに苦労した時 『おっと!いくらキミでも、~~たら一発アウトだから、注意するんだよ?』• シーン:「超級電波塔"ツクヨミ"」イベント• シーン:「超級電波塔"ツクヨミ"」イベント• シーン:「超級電波塔"ツクヨミ"」イベント• シーン:「第一データ施設」イベント• 用途:お目当てのデータをサルベージしたい時 厳密にいうとこの場合でのサルベージとは、破損したハードディスクなどからデータを取り出す事。 『またそのパターン?』• シーン:「第一データ施設」イベント• シーン:「第一データ施設」イベント• 用途:何かの何とかがトコトン腐ってる時 『…えーと、ふむふむ、なるほどねー…』• シーン:「第一データ施設」イベント• 用途:作業中の独り言 『これにてミッションコンプリート!』• シーン:「第一データ施設」イベント• シーン:「第二データ施設」イベント• シーン:「スラム街2」RoRoナビ• 用途:ぜんぜん似てない時 『しょせんニセモノはホンモノには敵わないってコトだね!』• シーン:「スラム街」RoRoナビ• 用途:ニセモノとホンモノの実力差を見せつける時 「アイツ…完全に理性を失ってる…」• シーン:「スメラギ地下秘密基地1」イベント• 用途:明らかに正気とは思えない人に対して 激情を乗せつつも声を押し殺すかのような発生がポイント。 ただ感情をこめすぎて喉を傷めないよう注意。 『そこら辺は心配ご無用!』• 用途:心配ご無用な時 『もー!ぼくはあんなんじゃないって言ってるだろー!』• シーン:「スラム街2」イベント• 用途:歪なニセモノと一緒にされた時 『この難関、突破することができるかなー?』• シーン:「SPミッション」詳細確認• 用途:相手のやる気に火を付けさせる時 『長丁場になると思うから、心して挑んでね』• シーン:「ボスラッシュ」詳細確認• 用途:長丁場になることを伝える時 『じゃーん!どう?似合ってる?』• シーン:TYPE:1「モード・アウェイクニング」• 用途:似合ってるか聞く時 『むっ。 それってもしかして、ぼくを責めてる?』• シーン:TYPE:1「モード・アウェイクニング」• シーン:TYPE:1「コハクの悩み」• 用途:相手がむつかしー顔をしていた時 『い、いやー、エンリョしておくよ…』• 用途:相手の好意などをかわす時 『どやーっ!』• 用途:ドヤる時、または変身完了した時 『しまった、専門用語すぎたかー…』• シーン:TYPE:1「ブリッツ」• 用途:文化の違いを感じた時 『まあ、もちろんタダじゃないんだけどね…』• シーン:TYPE:3「アビリティについて」• 用途:便利だけどお金がかかる物に対して 『へっへー!そうでしょそうでしょー!』• シーン:TYPE:3「アキュラくんの話」• 用途:ものすごい勢いで相手の言葉を肯定する時 自分には直接関係のないことであればなおGood。 シーン:TYPE:3「圧力ナベ」• シーン:TYPE:3「RoRoとの上映会」• 用途:ブームの予兆を感じた時 『つーんだ!「こんな」で悪かったですねー?』• シーン:TYPE:3「ロボットぽくない理由」• シーン:TYPE:3「ロボットぽくない理由」• 用途:もっとホメてほしい時 『…悪ノリしすぎちゃったかなぁ…』• シーン:TYPE:3「ロロP」• 用途:うなへな言動を反省する時 RoRoちゃん式誉め英語(?)• シーン:RoRoちゃんナビ(空中撃破)• 用途:相手を褒める・称賛する時 コハクちゃんのゆるふわボイスを意識して可愛らしく言おう。 上述の特徴を把握すればほぼコハクちゃんのエミュレータはできたようなもの。 本編におけるコハクちゃんは他人(特にアキュラくん)を褒めちぎる天才なので、彼女の模倣をすれば割とマジで好感度が上がるかと思われる。 「ほいさ!任された!」• シーン:コハク達との出会い• 用途:何かを任された時 「(闇)ネットのカキコミで見たことあるよ!」• シーン:コハク達との出会い• 用途:ネットのカキコミで見たことある時 「そんなこと、大人にだってムリだよ」• シーン:コハク達との出会い• 少なくとも、わたしはそう思う」• シーン:コハク達との出会い• 用途:相手を自分(達)の希望だと思った時??? 「俺が最後の希望だ」 「いいよ!〇〇で良かったらじゃんじゃん使って!」• シーン:コハク達との出会い• 用途:じゃんじゃん使ってほしい時 「へー、なんだかよくわからないけど、すごいね!」• シーン:EXウェポンのメンテナンス• シーン:EXウェポンのメンテナンス• 用途:相手の凄さに感動した時 「…おねえ…ちゃん…いかない…で…!」• シーン:「お姉ちゃん」• 用途:病にうなされている時に生き別れたお姉ちゃんの夢を見た時 「うーんっ、気力充実っ!パワーがみなぎるっ!」• シーン:コハク復活!• シーン:コハク復活!• シーン:コハク復活!(ホーム)• 用途:自分が病気になった時にお見舞いに来てくれた人や看病してくれた人に対して 「…わたし(たち)を、ついに滅ぼそうっていうの…?」• シーン:マイナーズ殲滅宣告• 用途:強大な力が自分(達)を滅ぼそうと力をふるってきた時 死んだと思い込んでいたお姉ちゃんが あんな格好で突然現れたら、そりゃそうなる。 「…わたしが終わらせるんだ…!」• 用途:自分の手で全てを終わらせる時 「あたれーーーっ!!!」• 用途:とにかく相手をお祝いし褒めちぎる時 「まいったなぁ…そろそろ、食料が尽きそうかも…」• シーン:「廃デパート」詳細確認• シーン:「スメラギ第拾参ビル」詳細確認• シーン:「自動増殖プラント」詳細確認• 用途:基地(自宅など)内の何かの残量が少なくなってきた時 「わたしにはないもできないかもしれないけど…応援してるから!」• シーン:「第一データ施設」詳細確認• 用途:相手に応援していることを伝える時 「わたし(たち)だって、こんな時ぐらい役にたってみせるよ!」• シーン:「スメラギ地下秘密基地1」詳細確認• 用途:相手の約に立ちたい時 「もちろん似合ってるよ!なんか神々しい!」• 用途:相手が服装などを似合ってるか聞いてきた時 「今夜は夜通し語り明かしちゃおうぜ!」• 用途:相手と夜通し語り明かしたい時 アキュラくん「…なん、だと?」 「わたしは少数派だー!悪いかー!」• 用途:自分がマイノリティであることを胸を張って開き直る時 「ふふっ。 へー、そっかぁ」• シーン:TYPE:3「なんでもないよ?」• 用途:相手が自分にとって嬉しい言葉を言ってくれた時の照れ隠し 「べつに、なんでもないよ?」• シーン:TYPE:3「なんでもないよ?」• 用途:上に同じく 「あ!言う機会がなかっただけだよ!仲間ハズレとかじゃないから、今度教えてあげるね?」• シーン:TYPE:3「トマト」• シーン:TYPE:3「まっしろヨロイ」• 用途:相手の気配りの良さを褒める時 「ほら。 そういうフォローするあたり、やっぱり優しいよ」• シーン:TYPE:3「まっしろヨロイ」• 用途:上に同じく 「そういうの、なんていうんだっけ?えーと…つんどら?」• シーン:TYPE:3「まっしろヨロイ」• 用途:相手がつんどら(ツンデレ)な言動をした時 ちゃんと気心知れた相手に対してやりましょう。 下手したらセクハラになります。 用途:相手がパワーストーンとかそういう感じの物を持っていた時 「みんなの笑顔がわたしのパワー!今日もがんばるぞっ!」• シーン:ホーム画面(デフォルト)• シーン:ホーム画面(デフォルト)• 用途:何かの性能が数倍に跳ね上がる可能性がある時 「お見事!すっごくカッコ良かったよ!」• シーン:ホーム画面(Sランク)• 用途:相手の活躍を褒め称える時 「とっておきのお赤飯、炊いた方がいいかな?」• シーン:特殊衣装(ハロウィン)• 用途:ハロウィンの時、相手にデュラハンの仮装を薦める時 デマーゼルのちょっと鼻声な低音美声、もしくはノイズのかかった片言を意識してハキハキした感じでトークしよう。 相変わらずグレイトな使いやすさを誇るが、ラスボスというポジション、メイントーク相手がヘイトターゲットであるアキュラくん、電子頭脳にエラーを起こしている、ということを考慮すると必然的にバッドなワードばかりになるので、そこだけはワーニングしよう。 『オマエ(タチ)ノ 生存ノ時ハ 今コノ時ニ終ワッタ。 シーン:マイナーズ殲滅宣告• シーン:マイナーズ殲滅宣告• 用途:何らかの攻撃で相手をイジェクト(eject:動詞:追放、放逐する)する時 『動キ出シタ ギアハ 止マラナイ…』• シーン:マイナーズ殲滅宣告• 用途:動き出したディシティニーのギアがノーストップな時 「(こちらこそ、)貴様が(過去進行形)とはとんだサプライズだよ。 シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• 用途:相手の言動や様子がとんだサプライズ(surprise:動詞:驚く)だった時 「こんな場所まで来たリワードだ。 特別にいいことを教えてやろう。 シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• 用途:リワード(reward:名詞:報酬)として特別にいいことを教える時 実用性的には、「こんな場所まできたリワードだ。 」の部分を割愛した方が使いやすいが、それだとデマーゼル感がなくなるので注意。 シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• 用途:かわりを調達できた時 「いまさらディスカッションをするつもりはない…」• シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• シーン「スメラギ地下秘密基地3」イベント• 用途:新しい呼び方に変わっていた時 「相容れぬ両翼の…代理戦争をッ!!」• シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• 用途:何かを自分がユニバース(恐らく<universe:名詞:万物、神羅万象>と<birth:名詞:誕生>を掛け合わせた造語。 シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• 用途:オールドエイジの(old age:名詞:文脈的には過去の廃棄物的な意味)何かがいま滅んだ時 「この世はすでに、我がエイジだッ!!」• シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• 用途:自分の時代が来たと確信した時??? 「おいエイジ!コンボはヤバいッ!」 【ムダナ アガキダ… ソンナモノハ 私ノ 幻影ニ スギナイ…】• シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• シーン:「スメラギ地下秘密基地3」イベント• 用途:雷属性の必殺技を使う時の前口上 アキュラ「お断りだ。 シーン:「ボスラッシュ」イベント• シーン:「ボスラッシュ」イベント• シーン:「ボスラッシュ」イベント• 用途:自分を含む何かがネヴァーエンド(never end:永遠に終わらない)な時 「スローイン…!」• シーン:戦闘ボイス(ラスボス第一形態)• 用途:何かをスローイン(throw-in:投げ入れる)する時 「イーター!トゥア!」• シーン:戦闘ボイス(ラスボス第一形態)• 用途:(対戦車用)ライフルで攻撃する時、もしくは雷属性かつ遠距離用の武器で攻撃する時 「チャージ!フッ!」• シーン:戦闘ボイス(ラスボス第一形態)• 用途:何かをチャージ(charge:動詞:充満させる)する時、もしくはチャージした何かを発射する時 要は「お前はもう死んでいる」的な感じ。 【マンダラー!】• シーン:戦闘ボイス(ラスボス第二形態or強化版)• 用途:何かを回転させる時 【デリートダ…!】• シーン:戦闘ボイス(ラスボス第二形態or強化版)• シーン:戦闘ボイス(ラスボス第二形態or強化版)• 用途:自分を鼓舞する時 【ヌォオオオ…! サンダー!】• シーン:戦闘ボイス(ラスボス第二形態or強化版)• 用途:雷を落とす時、もしくは雷属性の攻撃を行う時 【コノ… 遺物ガ…!】• シーン:戦闘ボイス(ラスボス第二形態or強化版)• 用途:「このクソ野郎」的な感じ 【ジャッジヲ クダス…!】• シーン:戦闘ボイス(ラスボス第二形態or強化版)• 用途:ジャッジ(judge:名詞:審判)を下す時、もしくはSPスキル(必殺技)の前口上 その他 「何この展開ッ!?」• 発言者:変態のオジサン(銅像)• シーン:「スラム街」隠し要素• 用途:突然の展開に驚きを隠せない時、もしくはオリジナルの声優さんを引っ提げて友情出演する時 「ア リ ガ ト ウ」• 発言者:バタフライエフェクト (神園ミチル)• シーン:「スメラギ地下秘密基地2」イベント• 用途:相手に感謝の気持ちを伝える時.

次の

「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」で有名なエピソードの疑問

君 の よう な 勘 の いい ガキ は 嫌い だ よ

君のような勘のいいガキは嫌いだよとは、が勘の鋭いに対してぶつけるである。 エド「この記事の概要ができたのはいつだっけ?」タッカー「2年前だね」 元は「」で登場した。 単行本2巻(第5話)でが口にした。 のを集めるため、である「命の士」を訪ねるエドとォンス。 タッは人を解する合成の研究でのを取得したが、2年前に妻にられ、の、大のと共に暮らしていた。 のに必要な研究成果として、再び合成に成功した「人を解する合成」を披露するタッに、合成の正体に感づいたエドが会話する場面である。 「タッさん。 人を理解する合成の研究が認められてとったのいつだっけ?」 「ええと…2年前だね」 「さんがいなくなったのは?」 「……2年前だね」 「もひとつ質問いいかな」 「と どこに行った?」 「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」 作数の胸であり、変したタッには少なからぬ衝撃を受けた。 強な印を植えつけた本は連載から10年以上経った今もの記憶に残り続けている。 変しやすく汎用性の高いであり、近年では上のやで小話やきの最後のとして用いられる機会が増加し、一時期となった。 する際は、1つと2つの質問の返答が結果的に同じになり、3つで核心に迫るものが度が高いとされる。 返答内容が同じでも、相対的か絶対的かを統一する必要がある。 用法 大体は、隠し事を見抜いてきた相手に対して不快感を露にしつつ応答したり、隠し事に関する相手の推測が当たっていることを暗に認めたりするときに用いられる。 または、質問をぶつけてきた相手に対して直接答える代わりに得体の知れない恐怖を漂わせながら返答するのにも適する。 以下に、などで用いられた用法をいくつか紹介。 用法1 親戚の集まりで「もいい歳だしいるだろ」ってになった。 は見栄をって「いる」と答えたら「名前は?」と聞かれたので咄嗟に「みくです」と返した。 するといとこののが「!!!」って叫んでて微笑ましかった。 君のような勘のいいガキは嫌いだよ• 用法2 「今年はのが何人くらい減ったんだっけ?」 「え~と、三万人だね」 「の年間者数って何人だっけ?」 「…三万人だね」 「もひとつ質問いいかな… 減ったはどこへ行った?」 「…君のような勘のいいガキは嫌いだよ」• 用法3 「さん、は何時開場だっけ?」 「え~と、からだね」 「まであと何時間?」 「約間だね」 「もう一つ質問いいかな? ここにいた人をえる…どこに行った」 「…君のような勘のいいガキは嫌いだよ」 「やりやがったな!でを錬成しやがったな!」• 用法4 「さん、イ級9番艦"ヌ"が失ったのってどの部分だっけ?」 「ええと、だね」 「同12番艦""が失ったのは?」 「艦尾だね」 「もひとつ質問いいかな このイ級" "とかいうの…どうやって建造した?」 「…君のような勘のいいガキは嫌いだよ」 エド「イラストがニコニコ静画に投稿されたのは?」タッカー「2年前だね」 エド「もひとつ質問いいかな あの商品どこで買った?」 タッカー「君のような勘のいい関連項目は嫌いだよ」• 「タッさん。 それ以上喋ったら今度はが切れる」.

次の