シャロー スイング。 シャローイング+地面反力の「GGスイング」:片山晋呉プロ、額賀辰徳プロの解説動画がわかり易い

シャローとスティープ

シャロー スイング

(Jacobs 3D Golf)では、マシュー・ウルフのように、クラブに自らトルクをかける意図的なシャローイングについて、である。 強靭なフィジカルが必要であると同時に、伸びしろのあるアにはまだ他に覚えるべきことがある、というのがその理由である。 とは言え、ドライバーの平均飛距離が 324ヤードというマシュー・ウルフの超個性的なスイングに、日本のプロたちは注目している模様。 彼のコーチはジョージ・ガンカス(George Gankas)、そのスイングは「GGスイング」として知られている。 日本語でもさまざまな解説記事が出ているし、先日、ジョージ・ガンカスから直接教えを受けた、藤本敏雪プロによる解説本『自分史上最高の飛距離が手に入るスイング』が出版された。 そこでは「ピヴォット・ターン」という名前で紹介されている。 その基本コンセプトは、「するな」「胸は開け」「膝は開く」「腕を返すな」。 要するに「GGスイング」「ピヴォット・ターン」では、「その場でのボディーターン」「地面反力」「シャローイング」を説く。 今の欧米のトッププロたちにとっては当たり前のスイングだそうだ。 回転するために「胸を開け」「手首を返さない(右の掌が上を向く)」という教えと、切り返しのきっかけで左足をガニ股にする動き(左足の付け根から外側にひねる動き)が特徴的である。 本の中では、Pシステムにおける P1-P10、それぞれのポジションでの動きを詳しく解説している。 P4(切り返し)において、右の腰がターゲット方向に動く• P5(左手が地面と平行)で、左足を外に回してガニ股にする:• 左足の外旋により上半身が引っ張られ、右手が P4 の位置に残る感覚がある中、右腕が外旋、クラブは寝てシャローに下りてくる。 この時、ダーツをターゲットとは反対方向に投げるイメージで、右ひじは絞らずに伸ばしていく。 P6(クラブが地面と平行)から P7(ト)にかけては、力強く地面を踏んで、そこからの反力で腰を回転させる。 個人的には、切り返しで右腰がターゲット方向に動き、ガニ股になる個性的な動きが、スイングフォームとして、今ひとつ「美しくない」と感じてしまうが、その場で腰を回転させ、フォローサイドでクラブが抜けるスペースを作るためには、これがリーズナブルなのだろう。 プロがオフのスイング改造で、「GGスイング」に取り組んでいて、その解説動画がわかり易い。 そして数年前から「シャローイング」を取り入れている額賀辰徳プロの解説動画を見ると、体の左への回転でクラブが倒れることがわかる。 そして「オープンフェースにしないこと」(フェースが開くとプッシュアウトする)、「左へのをしないこと」(腕と体が近づき、クラブを振るスペースがなくなる)が、シャローイングの絶対条件であると言う。 実際にスイングした時に、左足は動いている。 つまり右サイドで地面反力を使って、体を回転させていることがわかる。 額賀選手のジュニア時代は「クラブを立てろ」と言われていたが、最近は「クラブを寝かす」ことが世界の主流になりつつある。 額賀選手のようなプロでも、シャローイングを取り入れるのに、1-2年はかかったので、アは根気強く取り組む必要があると語っている。 それくらい難しい動きであるということだ。 もある。 胸郭を使った究極の「左ハンドル」テイクバックと評している。 最近の MITSUHASHI TV では、切り返しでターゲットとは逆の方向に力を使うこと、ダーツを投げるイメージ、グリップエンドを引き続けることなどを強調しているが、Jacobs 3D の知見や、「GG スイング」のエッセンスを取り入れていると感じる。 最近の科学的なゴルフスイングへの取り組みについて、解説している井上透プロの動画も必見である。 その中で「GGスイングは地面反力を使って、力を最大化するスイングである、しかし最高難度の演目でもある」と説明している。 そして「残念なお知らせ」として、と宣言してしまっている。 飛距離を伸ばし、長いトゾーンを実現する「シャローイング」に憧れる。 しかしプロが口を揃えて言うように、習得が大変難しい技術であることは間違いない。 「GGスイング」のような意図的なシャローイングはともかく、せめて受動的にクラブが背中側に倒れる「パッシブトルク」だけでも取り入れられないだろうか?いやいや、この「パッシブトルク」でさえも、うまくできているかどうか。 や、というイメージを参考にしているが難しい。 muranaga.

次の

シャローイング+地面反力の「GGスイング」:片山晋呉プロ、額賀辰徳プロの解説動画がわかり易い

シャロー スイング

イ・ボミ選手 以下の内容は、GGスイングや後ろ倒し、パッシブトルクなどの概念が普及していなかった2010年頃の、シャローとスティープの議論となります。 シャロースイング等に関しては、などをご参考になさってください。 英語だと「Shallow(浅い)」と書いて、「ダウンスイングのヘッド軌道がゆるやかな角度」のことをいいます。 (同じ単語を使う「シャローヘッド(シャローフェース)」というのは、クラブの形が平べったい作りのことです。 ヘッドの重心が低くなるので、ボールが上がりやすくなります)。 シャロー(スイング)の反対の用語はスティープ(Steep)といって、「急勾配」という意味から、ヘッド軌道が急角度(地面につきささるイメージで、上から下への急角度)であることを表します。 アマチュアにレッスンをするコーチの立場としては、「ヘッドを、急(スティープ)な軌道ではなくて、もっとゆるやか(シャロー)な角度で下ろしましょう(アウトサイドインを治しましょう)」と言いたくて、シャローなスイングが良いと言っているのだと思います。 ドローヒッターのイボミ選手のヘッドはインサイドアウト軌道です 10年前とかのゴルフの本をチラ見すると、以下の様なことが書いてあったりします。 ・シャローな軌道を実現するためには、ダウンスイングで、右足前の方向にコックをいったん完全にリリースします。 ・右前足に落ちたヘッドを、体を回転させることで(ボディターンで)、一気にインパクトまで持ちこみます。 ・これが、シャローでアッパーブローなヘッド軌道の本質であります、とか書いてあります。 最近は、プロのスイングを動画でいくらでも見られるし、さすがに間違いだと気がづいたのか、右足の前で完全にリリースしましょうとかいう話は聞かなくなりました。 昔パーシモンヘッドでフックで飛ばしていたような方かと思います。 ダウンスイングで背中の方にヘッドを落として、インからアウト方向にあおるように振るスイングは、ヘッドが地球の引力の影響を受けやすいスイングです。 (トップからダウンの初期にかけて、直線的にヘッドが地面に落下していくからです。 それを防ぐためには、ダウンスイングでローテーションすることでヘッドに上向きのベクトルを生じさせる必要があります)。 シャロー(ゆるやかな軌道)から、スティープ(急角度)な軌道へ変わっている(ヘッドが上昇している) インサイドアウトのスイングはダフりやすいので、(ダフりを防ぐために)ヘッドが地面に落下する前に、「体の右サイド(右手や右足等)」で押す動作が有効となります。 逆にいうと、右サイドでヘッドを急いでリリースしないと(押し出さないと)、ヘッドがインパクトに間に合わずにダフってしまいます。 この振り方だと、シャローではなくて、スティープの方向に(角度をつける方向に(地上から上方に))、ヘッドを動かしています。 つまり、なんでもかんでもシャローのスイングが良いというわけではなくて、スイング軌道によっては、スティープにした方が良いという場合もあるということです。 一時期、なんとかの1つ覚えでシャローという単語をよく聞きましたけれど、最近あまり聞かなくなったのは、「単純にシャローにすれば良いという訳ではない」ことが、アメリカ帰りのカリスマの皆さんも、ようやく分かってきたからでしょうか? ただ、根本的な解決をはかろうと思ったら、当然のことながら、極端なインサイドアウトの軌道は修正する必要があるかと思います。 コーチが、「スティープは問題である。 原因はスイングプレーンがアウトサイドインだから」とおっしゃるので、単純に「インサイドイン振れば解決するのではないか?」と思うのですが、なぜかコーチさんは、「リリースのタイミングを早めて軌道を下げろ」とか言うんです。 この言い方だと「スイングプレーンはリリースのタイミング次第で決まる」ということになりますけど、普通に考えておかしいですよね。 右足前でリリースしているツアープロなんていないんですからw 極端なインサイドアウトの軌道の人は、早めにリリース(右手のリストターン)することで、シャローからスティープに軌道を変えているのだから、一概に早めのリリースが、「スティープからシャローになる方法」とは言えないわけです。 (スティープのままだと、カット軌道でインパクトしてしまうため、ボールのスピン量が増えて飛距離が落ちてしまうからです) ・インサイドアウトの人は、スティープに(ヘッドの角度を上げて)振らないとダフってしまいます。 ・すなわち、ダウンスイングのヘッド軌道は、「シャローが唯一の正解ではない」ということであります。 いずれにせよ、目指すべきヘッド軌道は、シャローとかスティープとか、コーチの思いつきで決まるのではなくて、ましては、リリースのタイミングで決まるわけでもありません。 重心線にそった直線軌道が基準になるということです(飛球線後方からみて)。 なぜなら、そのように振れば、クラブの重心移動がスムーズに行なわれてヘッド軌道が安定するからです。 シャローとスティープの誤解は解けて、ヘッド軌道はインパクト時のライ角を基準にした重心線で決まるのではないか?という仮説が構築できたかと思います。 ただ、仮にそれが正しいとしても、「どうやったら重心線とやらに沿ったスイングできるんだボケ?」という課題が見つかりました(笑)。 **********.

次の

クラブを寝かせて下ろす「シャローイング」のメリットってなに? アマチュアもマネしていい? 人気のプロに聞いてみた

シャロー スイング

昨今、シャローに打つ、シャロースイングがトレンドとなっており、人気があります。 ゴルフスイングもトレンドがあり、流行り廃りがあります。 だからこそ、様々なゴルフスイング理論が存在するのだろうと思われます。 シャロースイング さて、シャロースイングですが、基本的には従来のスイングプレーンよりも、クラブヘッドが内側を通ってきますので、クラブシャフトは寝かせた状態で下りてきます。 ゴルフボールに対しては、横から、緩やかな角度でインパクトします。 そして、シャフトのトルクが活かされて、ボールがつかまって、ドローボールが打ちやすいです。 この打ち方を流行させたのは、マシュー・ウルフですね。 そして、GGスイングです。 たまたま、マシュー・ウルフがGGスイングを習得してたということもあり、GGスイングがトレンドとなりつつあります。 そして、マシュー・ウルフのスイング(GGスイング)の良いところを取り入れようとする人が増えてきました。 が、マシュー・ウルフ(GGスイング)は、シャロースイングと位置づけられており、バックスイング時の軌道よりも、ダウンスイングではかなりインサイド(内側)からクラブが下りてきます。 マシュー・ウルフ(GGスイング)のスイング マシュー・ウルフのスイングは、たしかにシャローに下りてきます。 が、もともとテイクバックでは、ゴルフクラブ(腕)をかなり外側に向けて上げてきます。 左脇を締めたまま、クラブフェースを閉じるように、左肩を下に向けるように縦に回旋させます。 そうすることで、ゴルフクラブと腕は縦に上がります。 ダウンスイングでは右脇を締める ダウンスイングからは、右脇が締まって、ゴルフクラブと腕が身体に巻き付いて、かなりインサイド(内側)に引かれます。 ゴルフクラブを上げてから、ハーフウェイダウンまでは、クラブヘッドの重さを効かせて、振り子の運動で下ろしてきてます。 かなり、強い脚力でダウンスイングを始動させると、自然と腕が巻き付きやすくなり、ゴルフクラブが寝る(シャロー)ような動きが顕著となります。 テイクバックの時の軌道とダウンスイング時の軌道を比べると、ダウンスイングの方がインサイドなので、視覚的にはかなりシャローになってるように感じます。 ループスイング、8の字スイングと同じ? さて、マシュー・ウルフのスイングが本当にシャローなのかどうか、判断は難しいところですが、視覚的にはシャローとなってます。 昔でいうところのループスイングのような感じでしょうか。 ループスイングというのは、8の字スイングです。 上げるときに、少し外側に向けて上げて、ダウンスイングはインサイドから下りますので、8の字スイングになります。 マシュー・ウルフのスイングも、シャロースイングというよりは、ループスイング(8の字)に近いイメージがあるのではないだろうかと考えてます。

次の