恋 と プロデューサー ハク。 動画配信プラットフォーム「sva.wistron.com」にて『TVアニメ「恋とプロデューサー〜EVOLxLOVE〜」放送開始直前sva.wistron.comスペシャル特番!』の生放送が決定!|株式会社CyberZのプレスリリース

#恋とプロデューサー #ハク WHiTE LOVER

恋 と プロデューサー ハク

さらに池袋マルイにオープンする期間限定ショップをはじめ、コラボカフェやデジタルスタンプラリー、「恋とプロデューサー展『BE SHINY DAY 2020』in baseyard tokyo」といったイベント情報も発表となった。 あわせてお披露目となったPV第3弾には主人公(CV. 金元寿子)のほかハク(CV. 小野友樹)、ゼン(CV. 杉田智和)、シモン(CV. 平川大輔)、キラ(CV. 柿原徹也)の台詞が多数盛り込まれ、シリアスなストーリーの一端がうかがえる仕上がりとなっている。 ストア ビデオマーケット DMM. com RakutenTV HAPPY! 予めご了承ください。

次の

#恋とプロデューサー #ハク WHiTE LOVER

恋 と プロデューサー ハク

「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない」 亡き父の跡を継いだわたしは、小さな映像会社「キセキエンタテイメント」の社長兼 プロデューサーとして、TV番組『奇跡発見!』を盛り上げようと日々奮闘していた。 そんなわたしの前に現れたのは立場も性格も違う4人の『Evolver(超進化人類)』。 天才科学者として知られるシモン。 人気絶頂のアイドルであるキラ。 警官としてEvolver犯罪対策局に勤めるハク。 そして、わたしの会社の出資者であるファーレイグループCEOのゼン。 彼らEvolverと出会うことで、わたしは父の死の真実と、自分が失った記憶、 そしてその裏に潜む巨大な陰謀へと巻き込まれていくことになる。 わたしと彼らが全力で走り続けた先にたどり着く真実とは…。 STAFF• 監督:境宗久• シリーズ構成:𠮷村清子• キャラクターデザイン:山口仁七• 総作画監督:桑原剛• エフェクトアニメーション:村松尚雄• 美術設定:田村せいき• 美術監督:森川裕史• 色彩設計:田辺香奈• 撮影監督:三舟桃子• 編集:後藤正浩 リアル・ティ• 音楽:加藤裕介• 音響監督:境宗久• 音楽制作:Digital Double• オープニングテーマ:三浦祐太朗「鈍色の夜明け」 Virgin Music• エンディングテーマ:恋とプロデューサー featuring Konomi Suzuki 「舞い降りてきた雪」 Digital Double• アニメーション制作:MAPPA.

次の

「恋とプロデューサー」最新キービジュアル&PV公開 コラボカフェなどイベントも開催決定

恋 と プロデューサー ハク

こうなることはわかっていた。 わたしの一方的な片想いであることも、「彼」には永らく付き合っている恋人がいることも。 全部わかった上で好きだったのだ。 それでも、溢れる涙は止まらない。 真っ暗な部屋とベッドで膝を抱えるわたしと。 いつか見た安っぽいトレンディードラマみたいだと思う。 気づいたらハクにメッセージを送っていた。 「ねえ、今からあえないかな」 「わかった。 クロで迎えに行く」 わたしはずるいのだ。 なぜなら彼がわたしの誘いを断らないことを知っていながら、そんなメッセージを送るのだから。 直ぐに受信した返信に少しばかりの罪悪感を覚えながら洗面所に向かう。 蛇口を勢いよく捻ってしまったせいか受け止めきれない水滴が洗面台の外に跳ねた。 フローリングの床に落ちた雫が小さなシミをつくっていく。 まるでわたしの溢れて止まらない涙のようだ。 支度を終えてマンションを出るとそこには当たり前のようにハクがいた。 バイクに寄りかかって、鋭い視線を伏せるように足元の小石を蹴り上げる。 前と何も変わらない光景がそこにある。 ああ、やばい。 また泣いてしまいそうだ。 涙をこらえて無理やり笑顔を作った。 「急にごめん」 「俺なら問題ない。 それよりーー」 言いかけた言葉は空を切る。 職業柄、とでもいうのだろうか。 ハクは勘がいいから何かが違うわたしに気づいたのかもしれない。 なかば無理矢理にヘルメットを受け取ると彼のバイクに跨った。 「ねえ、早く行こ」 「ああ」 わたしの異変に気付いていることも、戸惑っていることも、何か言おうとしていることも。 全部全部わかっている。 けれどわたしはあえて気づかないふりをした。 触れられてしまったら、今押し込めている想いが、溢れて止まらなくなってしまう。 ハクのことだから、きっと(いや絶対)受け止めてくれるだろうという確信はったけれど。 ハクは何も言わずにエンジンをかけた。 しょうがないな、とでもいいたげに微笑むいつものハクだ。 彼の優しさに甘えている自分がつくづく最低だと思いながら彼の広い背中に手を回す。 風を切って、夜を駆ける。 そんなフレーズがぴったりな気がした。 背中から伝わる彼の体温だけが頼りで、一人ではどこにも行けなくて。 闇の中から差し伸べられた最後の救いであるかのように、ハクの身体に回した腕に力を込めた。 「着いたぞ」 どれくらい走ったのだろうか。 ぶっきらぼうだけどどこか温かい声に我に返る。 夜が明け切らぬ街を抜け、着いたのはいつか来たことのある山の頂だった。 「見てみろ」 ハクが促した先にはまるで宝石を散りばめたかのような星空が広がっていた。 小さい星に、大きな星。 輝く星たちは様々だ。 瞬く星空の一部になったように不思議な感覚。 失恋して、落ち込んでいたはずの気持ちが持ち直していくのがわかった。 すうっと息を吸い込む。 「ありがとう」 「何がだ?」 ハクは本当に何のことかわからないのか、首を傾げた。 その様子があまりに可愛らしくて思わず笑ってしまう。 「やっと笑ったな」 「……なんのこと?」 「気づいていないとでも思ったのか?」 腕を引かれ、彼の胸に倒れこむ。 反射的に押し返そうとしても、たくましい腕に抱きすくめられて身動きが取れない。 ハクの吐息が耳をくすぐった。 「俺がいる」 熱い囁きとトクトクと刻む心臓の音から彼の本気が伝わってくる。 ふっと緩んだ腕から抜け出そうと見上げると、それを合図にあたたかなものがわたしの頬に触れた。 ほんの一瞬のこと。 けれどとても長く感じられた。 ハクを視界から追い出すようにもう一度空を見上げる。 何も言わない彼に甘えてばかりいてはいけないのだ。 わたしは砕け散った恋よりも大事なものを手放す覚悟を、密かに決めたのだったーー.

次の