日本 海 裂 頭 条 虫。 [面白日本] 寄生蟲不要來!生魚片中含蟲風險特別高的魚種總整理,三思而吃吧! (124617)

マンソン裂頭条虫

日本 海 裂 頭 条 虫

分布 [編集 ] 世界的に広く分布する。 下に示すように第2中間宿主が、、などの魚類であるため、これらをよく食べる地域に多い。 、、、、、、や沿岸諸国などで多く報告される。 日本では年間感染報告者数第3位の寄生虫である(第1位は、第2位は)。 日本周辺に分布するはの研究により、別種の Diphyllobothrium nihonkaiense と判明した。 陰茎嚢と外貯精嚢の位置関係が違い、肉眼での識別は困難である。 生活史 [編集 ] 小腸で産み出された虫卵は、糞便とともに外界へ出て発育し、虫卵の中にという幼虫を生じる。 やがてし、第1中間宿主であるに摂取されると、その体内で成長し、という幼虫にまで成長する。 感染したケンミジンコが第2中間宿主の魚類に食べられると、プロセルコイドは筋肉内に移動しそこで感染型幼虫であるになる。 これを終宿主が摂取すると、2-4週間で成虫になる。 宿主 [編集 ]• 第1中間宿主・・・• 第2中間宿主・・・、、、などの魚類• 終宿主・・・、、、、、などの哺乳類 症状 [編集 ] 広節裂頭条虫症の主な症状はやであるが、がないことも少なくない。 北欧では広節裂頭条虫貧血と称するが見られることがある。 正の効用 [編集 ] 広節裂頭条虫は人体内において反応を抑制する成分を分泌しており、副作用の問題などから実用化には至っていないものの、アレルギー症状の特効薬として期待されている。 このことから、やアレルギー抑制などに利用しようとする者が散見されるが、一般には病原体であり、成体・虫卵等を他人に与えることは刑事罰の対象となる。 俗説ではオペラ歌手のが寄生虫でダイエットしたされるが、事実ではない。 詳しくはの項を参照のこと。 予防 [編集 ] 第2中間宿主の生食によって感染するため、これらの魚類を生で食べないようにすることが重要である。 日本ではが重要な感染源になっているため、注意を要する。 治療法 [編集 ] 広節裂頭条虫症の治療にはの投与が駆虫に有効である。 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ].

次の

日本海裂頭条虫|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

日本 海 裂 頭 条 虫

分布 [編集 ] 世界的に広く分布する。 下に示すように第2中間宿主が、、などの魚類であるため、これらをよく食べる地域に多い。 、、、、、、や沿岸諸国などで多く報告される。 日本では年間感染報告者数第3位の寄生虫である(第1位は、第2位は)。 日本周辺に分布するはの研究により、別種の Diphyllobothrium nihonkaiense と判明した。 陰茎嚢と外貯精嚢の位置関係が違い、肉眼での識別は困難である。 生活史 [編集 ] 小腸で産み出された虫卵は、糞便とともに外界へ出て発育し、虫卵の中にという幼虫を生じる。 やがてし、第1中間宿主であるに摂取されると、その体内で成長し、という幼虫にまで成長する。 感染したケンミジンコが第2中間宿主の魚類に食べられると、プロセルコイドは筋肉内に移動しそこで感染型幼虫であるになる。 これを終宿主が摂取すると、2-4週間で成虫になる。 宿主 [編集 ]• 第1中間宿主・・・• 第2中間宿主・・・、、、などの魚類• 終宿主・・・、、、、、などの哺乳類 症状 [編集 ] 広節裂頭条虫症の主な症状はやであるが、がないことも少なくない。 北欧では広節裂頭条虫貧血と称するが見られることがある。 正の効用 [編集 ] 広節裂頭条虫は人体内において反応を抑制する成分を分泌しており、副作用の問題などから実用化には至っていないものの、アレルギー症状の特効薬として期待されている。 このことから、やアレルギー抑制などに利用しようとする者が散見されるが、一般には病原体であり、成体・虫卵等を他人に与えることは刑事罰の対象となる。 俗説ではオペラ歌手のが寄生虫でダイエットしたされるが、事実ではない。 詳しくはの項を参照のこと。 予防 [編集 ] 第2中間宿主の生食によって感染するため、これらの魚類を生で食べないようにすることが重要である。 日本ではが重要な感染源になっているため、注意を要する。 治療法 [編集 ] 広節裂頭条虫症の治療にはの投与が駆虫に有効である。 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ].

次の

わが国における条虫症の発生状況

日本 海 裂 頭 条 虫

曼氏裂頭絛蟲 界: Animalia 門: Platyhelminthes 綱: Cestoda 亞綱: Eucestoda 目: Pseudophyllidea 科: Diphyllobothriidae 屬: Spirometra 種: 曼氏裂頭絛蟲 Spirometra mansoni Spirometra mansoni et ,1928 曼氏裂頭絛蟲(: Spirometra mansoni),又稱 曼氏迭宮絛蟲 或 孟氏裂頭絛蟲,是一種,屬於。 ( 英语 : )的裂頭幼蟲(spargana),其引起的症狀稱為 ( 英语 : )(sparganosis) ,假葉目絛蟲之裂頭幼蟲(,plerocercoid或Sparganum) 會寄生於人的,導致( sparganosis mansoni)。 形态 [ ] 成虫 [ ] 长60~100厘米(24~39英寸),宽0. 5~0. 6厘米(0. 20~0. 24英寸),头节细小,呈指状。 其背腹面各有一条纵衡的吸槽。 颈部细长,链体有节片约1000个,节片一般宽度均大于长度。 但远端的节片长宽几近相等。 成节可孕节,均具有发育成熟的雌雄生殖器官一套,结构基本相似。 肉眼即可见到节片中部凸起的子宫,在孕节中更为明显。 睾丸呈小泡状,有数百个,散佈在节片中部,由睾丸发出的输出管在节片中央汇合成输精管,然后弯曲向前并膨大成贮精囊和阴茎。 再通入节片前部中央腹面的圆形雄生殖孔。 卵巢分两叶位于节片后部,自卵巢中央伸出短的输卵管,其末端膨大为卵模后连接子宫、卵模外有梅氏腺包绕。 阴道为纵行的小管。 其月牙形的外口位于雄性生殖孔之后。 卵黄腺散布在实质的表层,子宫位于节片中部,螺旋状盘曲,紧密重结,基部旷达而顶端窄小。 略呈发髻状,子宫孔开于阴道口之后。 7mm,头部膨大,末端钝圆,体前段无吸槽,中央有一明确凹陷,是与成虫相似的头节。 体不分节但具横皱褶。 生活史 [ ] 为成虫在猫等终宿主小肠产出虫卵—钩球蚴---(剑水蚤);曼氏迭宫绦虫成虫寄生在动物的小肠内,此虫排出的虫卵随粪便到了体外,在水中孵出幼虫,幼虫被水中的剑水蚤吞食后发育为原尾蚴,若剑水蚤被吞食后,随蝌蚪发育成蛙,原尾蚴也发育成裂头蚴。 裂头蚴具有很强的收缩和移动能力,常迁移到蛙的肌肉,特别喜寄居在蛙的腿部肌肉中。 終宿主除貓與之外,還有、、、與等貓科動物。 流行病學 [ ] 主要分布于温带,、、、、、與等地,、、與也有紀錄,有十幾病例的報告。 症状体征 [ ] 曼氏裂頭絛蟲 ( 英语 : ) B70. 1 123. 5 曼氏迭宫绦虫成虫偶然寄生人体,对人的致病力也不大,一般无明显症状,可因虫体机械和化学刺激引起中、上腹不适、微疼恶心、呕吐等轻微症状。 经驱虫后即消失。 裂头蚴寄生人体可引起曼氏裂头蚴病,较为多见,危害远较成虫大,其严重性因裂头蚴移行和寄居部位不同而异。 常见寄生于人体的部位依次是:眼睑部、四肢、躯体、皮下、口腔颌面部和内脏,另外也有裂頭蚴遊移至乳房的報告。 被侵袭部位可形成嗜酸性肉芽囊肿包,致使局部肿胀,甚至发生浓肿。 囊包直径约1—6 cm。 具囊腔,腔内盘曲的裂头蚴可从1条至10余条不等 參考來源 [ ].

次の