多摩川競艇場予想。 多摩川競艇場の特徴を活かした予想方法を徹底分析&ご紹介!

多摩川競艇場の特徴を活かした予想方法を徹底分析&ご紹介!

多摩川競艇場予想

多摩川競艇場の特徴、各コース別勝率等をまとめました。 個人の主観も多少入っておりますが、ご了承ください。 競艇を始めたばかりの方や、多摩川で勝負される前に事前に確認されたい方は参考にどうぞ。 風も穏やかで潮の満ち引きもありません。 海とはつながっていないので淡水の競艇場ですね。 淡水の競艇場は、海水の競艇場に比べてモーターの差や体重差によるスピードの差が出やすいようです。 また、1Mバック側のスペースが広いため、スタート後はダッシュの選手も思い切り握っていきやすいようですね。 全速で回りやすいため、ターンスピードや機力差が結果に直結しやすい競艇場です。 3%しかありません。 2レースに一回以上は、外側の艇が勝っていることになります。 通年で見ても全24場の内で8位となっております。 過去1年のデータ(2018年6月~2019年5月)では、 3連単で10倍以下の配当が約14%に対して、100倍以上の配当の出現率は 18%もあるんです。 波が穏やかで、1Mバックが広い分スタートから思いっきり握ってぶん回していけるということでしょう。 boatrace-db. 穴党の私としては、住之江や大村のように、外側の選手が握っていっても「結局イン逃げかよ」ってならないという面で、予想し甲斐があります。 選手の出足やターンスピードは要チェックです。 スリット通過後の伸びがいい選手や、ターン回りの足がいい選手は積極的に狙っていっても良さそうです。 逆に、モーターが出ていなかったり、乗りずらそうにしている選手は外していってもいいかもしれませんね。

次の

多摩川競艇場の特徴を完全攻略【舟券予想のコツやポイント】|競艇万舟屋

多摩川競艇場予想

注文通りまくり差しに入るか。 インからスタート張り込み逃げる。 早差しで迫りそう。 インから力強く先制。 早差しで逆転を狙う。 外を牽制し早差し一閃。 強まくりに期待。 伸び任せにまくって出るか。 スタートに集中し逃げるか。 早差しで迫りそう。 インからスタート決め一気の逃げだ。 足比べも負けず一目散の逃げを打つ。 インを占め決着。 前検は前節最終日に比べ気温が低く、気圧は高め。 どうしても「合ってない」コメントが多くなる。 新エンジンになり7節目だが過去数年に比べエンジン差は大きい。 優出エンジンはまず良い。 楽しみがあるのは須藤隆雄 61号機 、南佑典 34号機 、伏田裕隆 74号機 か。 だが、6日間のロングシリーズ、江口晃生・馬袋義則・吉田俊彦・藤岡俊介の実力派が仕上げて来るだろう。 地元勢では梶野学志の上昇は必至だ。

次の

多摩川予想

多摩川競艇場予想

多摩川競艇場ってどんなところ? 多摩川競艇場は、 東京都府中市是政にあるボートレース場です。 1954年の開場当初は「府中競艇場」と命名されていたものの、翌1955年に「多摩川競艇場」に改名。 そして2010年より、現在の 「BOAT RACE多摩川」という名前で親しまれています。 また、全国24競艇場の中でも 特に女子戦に力を入れていることでも有名です。 現在までに、7回もの女子王座決定戦競走が開催されました 2020年6月現在。 そのほか、天気の良い日にはスタンドから富士山を望める競艇場としても知られています。 公式サイトは コースと水面について 多摩川競艇場の競走水面は 海や川に面していない造りになっており、 潮の満ち引きや川の流れの影響を受けないという特徴があります。 さらに防風林によって南風が吹き込みにくいこともあり、 季節に関係なく穏やかです。 ただし、水質が淡水と硬めなので、 モーターのパワーが重要なポイントになります。 節の中盤以降であれば、スタートタイムとモーターの良い選手に期待できるでしょう。 一方、海水と違って浮力が働かない分、 体重の重い選手にとっては少々不利といえます。 そんな多摩川競艇場のコースは、 全国24競艇場の中では比較的広めです。 ただし、出走ピットから第2ターンマークまでが89mと若干短く、 「枠なり進入」が多い傾向にある点に留意する必要があります。 レースのポイント 多摩川競艇場は、 4号艇からの「まくり」が多く見られることで知られていました。 しかし、 近年ではインコースがイン逃げを決める展開が多く、1号艇の1着率が上がりつつあります。 2020年6月現在、 インコースの1着率は16位ではありますが、 勝率は56. また、水面が安定していることから 波乱のレース展開は生まれにくく、選手やモーターの力がそのまま結果につながることがほとんどです。 風や波の影響を踏まえた予想をしなくてもいい分、 初心者でも比較的予想しやすい競艇場といえるでしょう。 多摩川競艇場のモーター交換時期 多摩川競艇場では、毎年8月にモーターの交換が行われます。 そのため、 8~10月頃のレースではモーターの勝率をそこまで重要視する必要はないでしょう。 各選手のランクや勝率、スタート感などを参考に予想することをおすすめします。 一方、交換時期から半年以上経過した頃であれば、モーターのデータも十分信用できる数字になります。 モーターの性能も加味したうえで予想を組み立てていきましょう。 舟券予想のポイント.

次の