埼玉 県 知事 選挙 投票 率。 最近の知事選の投票率の都道府県ランキング

翔んで埼玉知事選、与野党激突 投票率で試される地元愛:朝日新聞デジタル

埼玉 県 知事 選挙 投票 率

概要 [ ] 現職の知事の任期満了に伴う選挙。 なお上田は、2019年6月15日ので、知事選に立候補せず、知事の退任を表明した。 これにより16年ぶりの立候補者が全て新人候補による選挙となり、が多数を占めるとのねじれが解消されるかが注目された。 選挙戦直前までは、立候補届け出順 に、・・の各県政野党が支持、県委員会が自主支援する前参議院議員の 、無所属で元埼玉県立高校英語教諭の 武田信弘、公認で専門医の 、無所属で元建設会社社員の 櫻井志津江、自由民主党・など県政与党が推薦する元プロ野球・選手での と、記者会見による立候補表明順 に、元の、旧民主党系で前参議院議員のの、7人による選挙戦になると想定されていた。 しかし、告示日前日に行田が、告示日当日に山口が立候補を辞退し、大野、武田、浜田、櫻井、青島の、5人の争いになった。 同年7月に開催された以降では、最初の大型選挙であり与野党対決型の選挙ともなったことにより、与野党ともに党首および幹部クラスが応援に駆け付けた。 選挙終盤まで大野と青島の接戦が報じられ、最終的に歴代の埼玉県知事選挙で最も僅差となる約6万票差(大野92万3482票、青島86万6021票)で、大野元裕が初当選した。 選挙データ [ ]• 2019年(令和元年)8月30日任期満了• 2019年8月8日(木)告示• 2019年8月25日(日)投開票 投票時間帯:午前7時~午後8時(投票所により異なる場合あり)• 今回の選挙の啓発ポスター・CMには、埼玉県を舞台にした漫画『』の主人公・白鵬堂(実写映画版では「壇ノ浦」)百美と麻実麗を使用。 その後、でも起用。 候補者すべて新人。 大野元裕…• 武田信弘…• 浜田聡…埼玉県内における、NHKの放送電波の受信を希望しない人には電波を届けない、スクランブル放送化を推進。 接種の積極的勧奨再開、埼玉高速鉄道の延伸。 川越線の複線化。 櫻井志津江…など道路・歩道橋等の補修 ・整備や、の安全確保 をして、事故防止を図る。 社会福祉を充実させて、少子高齢化対策を推進。 など、子育て世代にかかるの増額支給。 賃貸世帯の家賃補助。 高齢者の年金や介護。 低額で入所できる介護施設を増設する。 県内のイベントや特産物を紹介するチラシや冊子の作成、配布により、県の魅力を高める。 地元テレビ局で、県の魅力の発信に努める。 県庁舎の建て替えについては、修繕修理を行ったうえで検討すべきである。 商工業・農林・産物も円滑生産。 さらなる発展と固定化に取り組んでいく。 青島健太… 立候補を取りやめた人物 [ ]• - 前参議院議員 2019年5月9日、自身のブログで立候補を表明。 同年6月23日、記者会見で立候補を表明。 同年8月6日、の疑いで入院し、翌7日、立候補を取りやめた。 を参照。 - 元 2019年2月12日、記者会見で立候補を表明。 同年8月8日の知事選告示日、立候補を届け出なかった。 永瀬謙 - 無職 2019年7月9日、立候補予定者説明会に出席。 同年8月8日の知事選告示日、立候補を届け出なかった。 タイムライン [ ] 2019年• 2月12日 - 元不動産鑑定士の山口節生が、記者会見で立候補を表明。 5月9日 - 前参議院議員の行田邦子が、自身のブログで立候補を表明。 6月5日 - 前参議院議員の 大野元裕が、記者会見で立候補を表明。 6月5日 - 自民党埼玉県連が、スポーツライターの 青島健太に、立候補を要請する方針を固める。 6月15日 - 現職の上田清司が、不出馬を表明。 6月18日 - 青島健太が、記者会見で立候補を表明。 6月18日 - 埼玉が、大野元裕の推薦を決定。 6月19日 - 自民党埼玉県連が、青島健太の推薦を党本部に申請。 党本部が県知事選候補者を推薦するのは、16年ぶりとなる。 6月20日 - 日本商工連盟川口地区が、大野元裕の推薦を決定。 6月23日 - 行田邦子が、記者会見で立候補を表明。 また、自民党に支援を求めたが断られた経緯を明かした。 6月27日 - 公明党が中央幹事会で、青島健太の推薦を決定。 7月5日 - 上田清司知事が、大野元裕を全面的に支援すると表明。 7月9日 - 埼玉県が、県庁で知事選挙の立候補予定者説明会を開き、大野元裕、元埼玉県立高校英語教諭の 武田信弘、元建設会社社員の 櫻井志津江、青島健太、行田邦子ら7陣営が出席。 7月23日 - 国民民主党埼玉県連が、常任幹事会で大野元裕の支援を決定。 7月25日 - 日本共産党が今回の埼玉県知事選で、独自候補擁立を見送る方針を固め、事実上系候補の支援に回ることが、の取材で判明。 7月25日 - 櫻井志津江が、埼玉県選挙管理委員会による立候補予定者の事前審査を通過。 7月25日 - 武田信弘が、埼玉県選挙管理委員会による立候補予定者の事前審査を通過。 7月26日 - 行田邦子が、の宝登山神社にて決起集会を開催。 、長瀞町、など9市町村の首長が推薦を表明。 7月28日 - 立憲民主党埼玉県連が、常任幹事会で大野元裕の支援を決定。 7月29日 - 放射線科専門医の 浜田聡が記者会見を開き、NHKから国民を守る党公認での立候補を表明。 7月30日 - 青島健太が、内で総決起大会を開催。 、県連会長、川口市長らが参加。 なお奥ノ木はのちに大野支持を明らかにした。 7月31日 - 日本共産党・社会民主党が、それぞれ大野元裕の支援・支持を表明。 8月2日 - 武田信弘が、記者会見で立候補を表明。 8月6日 - 行田邦子の体調不良による入院を受け、陣営が行田本人に立候補辞退を促す方針であることを表明。 8月7日 - 行田邦子が、熱中症の疑いで、立候補を取りやめ。 8月8日 - 知事選告示。 大野元裕、武田信弘、浜田聡、櫻井志津江、青島健太が立候補を届け出。 山口節生は、立候補を届け出ず。 8月16日 - 出馬を取りやめた行田邦子が、動画メッセージを公開し、病院での検査中に出馬取りやめの方針が決まったこと、県政運営のスタンスに最も近い青島健太に投票することを明らかにした。 8月25日 - 知事選投開票。 大野元裕が初当選。 開票結果 [ ] 投票締め切りの20時での出口調査では、野党系の大野と与党系の青島での接戦が伝えられたが、大野が青島を僅差で破り当選した。 出典・参考・脚注 [ ] []• 2019年8月16日閲覧。 - 時事通信、2019年8月8日• 立候補者 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月24日• - NHK• 立候補者 - 読売新聞埼玉版22面、2019年8月9日。 立候補者 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月24日• 櫻井志津江の新聞広告 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月21日。 櫻井志津江の新聞広告 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月24日• - 東京新聞、2019年8月9日• 19知事選 候補者アンケート 上 Q1 知事として最も力を入れて取り組む政策 桜井志津江さん - 読売新聞埼玉版24面、2019年8月15日• 19知事選 候補者アンケート 上 Q3 今後加速する少子高齢化への対処 桜井志津江さん - 読売新聞埼玉版24面、2019年8月15日• 19知事選 候補者アンケート 下 Q6 県庁舎の建て替えについて賛成か、反対か 桜井志津江さん - 読売新聞埼玉版22面、2019年8月16日• - 日本経済新聞、2019年6月5日• 長谷川陽子 2019年6月5日. 朝日新聞. 2019年6月27日閲覧。 産経新聞. 2019年6月18日. 2019年8月28日閲覧。 日本経済新聞. 2019年6月20日. 2019年6月27日閲覧。 産経新聞. 2019年6月19日. 2019年6月27日閲覧。 2019年6月23日. 2019年8月28日閲覧。 日本経済新聞. 2019年7月5日. 2019年7月8日閲覧。 埼玉新聞 2019年7月24日• 共同通信 2019年7月25日• 産経新聞. 2019年7月27日. 2019年8月27日閲覧。 - 日本経済新聞、2019年7月29日• 井上峻輔 2019年8月3日. 東京新聞. 2019年8月27日閲覧。 日本経済新聞. 2019年8月3日閲覧。 - 埼玉新聞、2019年8月3日• 産経新聞. 2019年8月6日. 2019年8月6日閲覧。 - 埼玉新聞、2019年8月18日• リンク先の上部に、『回答のあった大野元裕氏、武田信弘氏、青島健太氏からの回答内容を併せて掲載します。 』と記載• 映像の0:33~1:02に説明あり.

次の

最近の知事選の投票率の都道府県ランキング

埼玉 県 知事 選挙 投票 率

選挙 埼玉県では、8月末に「埼玉県知事選」が行われる。 今年立候補しているのは、元選手の方や、元の方。 さらに、医師免許を持つドクターとして活躍されていた方だ。 埼玉県民にとって、どんな人が知事になるのかは興味深いところだが、残念ながらはあまり高くない。 知事によって埼玉県が住みやすい街になるかどうかがかかっているのに、なぜがあまり良くないのだろうか。 今回は、埼玉県民のが低い理由に迫ってみた。 まず、埼玉県知事選においての埼玉県民のをご覧いただきたい。 の埼玉県知事選における 8月9日(日曜日)に行われた埼玉知事選におけるは以下の通りだ。 男性: 27. また、7月31日(日曜日)に行われた埼玉知事選におけるも、同様にの平均が24. この数字は全国的に見て、歴代最低のワースト3位に入ることがわかっている。 なぜこんなに投票しない人が多いのか、不思議に感じたことはないだろうか。 4人に1人の割合でしか投票しない理由が、果たしてどこにあるのか、気になって検証してみると面白いことが判明した。 埼玉県知事選のが低い理由とは? まず、全国的にみて知事選のが高いのは。 つまり、民の2人に1人は確実に投票に行っていることになる数字だ。 のが高いのは、目的が明確だからである。 米軍基地移設などをめぐり、民意を問う戦いになったことで、民が投票しやすくなっている。 一方、埼玉県知事選に関して見てみると、選挙に投票する目的がわかりにくくなっている可能性が高い。 新たな埼玉県知事に何かをしてもらいたいという要望もなく、誰が知事になったとしても、現状とあまり変わらないと考える人が多いのだ。 また、を低くしている決定的な理由がもう一つある。 その理由とは、選挙を行う前から誰が新しい埼玉県知事として選ばれるのか、ある程度勝負が見えてしまっているから。 特に争う争点もなく、先の見えた戦いとなれば、そこに参戦したいと思う気持ちは限りなく低くなってしまう。 このような理由から、埼玉県知事選におけるは一向に高くならないのだ。 埼玉県知事選のを上げるためには「選択肢」が必要 個人的な意見とはなるが、埼玉県知事選におけるを、現状より高くしたいのであれば、民意を問う「選択肢」が必要だと思う。 埼玉をより良くするための具体的な工夫を明確にし、若者から高齢者まで参加しやすい、わかりやすい選択肢を与えてもらいたい。 そうすれば今よりも確実に関心が高くなるし、日曜日に家族や夫婦で投票しに行こうと思える人も増えるのではないだろうか。 また、今までの選挙選を大幅に覆すような、新しい風もあると投票しやすくなる。 ちなみに2019年の今年に関心を高めているのは、「」からの出馬だ。 そもそもとは、の受信料がなぜ義務なのかを追求している団体である。 「をぶっ壊す」といった過激なキャッチフレーズや、を視聴しない人に向けての「」の実現を求めることで、多くの人たちから支持を集めている。 さらに、目標達成すれば解党することも宣言しているため、趣旨がわかりやすい点に賛同の声が多い。 このような新しい党が、どこまで伸びるのかに注目してみると、今年の埼玉県知事選は、少し面白くなるのではないだろうか。

次の

埼玉県知事選、投票率32.31% 前回を5.68ポイント上回る :日本経済新聞

埼玉 県 知事 選挙 投票 率

東京都と埼玉県の県境に関所がある世界を描いて、今年ヒットした映画「翔(と)んで埼玉」。 その埼玉で目下行われている県知事選は、中央政界から見ると、事実上の「与野党一騎打ち」の構図で注目を集める。 自民、公明の両与党は新顔のスポーツライター青島健太氏(61)を推薦。 新顔で元参院議員の大野元裕氏(55)を立憲民主、国民民主、社民の各野党県組織が支持し、共産党県委員会が自主的に支援する。 NHKから国民を守る党の新顔浜田聡氏(42)らも絡む。 7月の参院選で勝利した与党に対し、野党は勢力再結集の途上にある。 10月27日投開票の参院埼玉補欠選挙を控え、前哨戦となる知事選は与野党双方にとって譲ることのできない戦いだ。 また、悲願の憲法改正を動かそうとする安倍政権にとって、秋の臨時国会の前に行われる知事選に勝って弾みをつけたい、という思惑も重なる。 「党は全力で支える。 いかなる要望にも党は応える」。 8月3日、青島氏の応援に駆けつけた二階俊博幹事長はこう声を張り上げた。 安倍政権の閣僚が続々と来援するほか、与党の応援を受ける森田健作千葉県知事、黒岩祐治神奈川県知事も連日駆けつけ、「首都圏タッグ」を印象づける。 一方、野党は埼玉がおひざ元の枝野幸男・立憲代表、玉木雄一郎・国民代表が17日に顔をそろえ、「大野さんのリーダーシップ、政策力があれば埼玉の未来は安心だ」と訴えた。 両代表はこの3日後の20日、衆参両院での統一会派結成をそろって発表した。

次の